「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

“旭山動物園号”編成が充当された「フラノラベンダーExp」(キハ183-3)

line

撮影2日目、7/31(日)の話しです。

 
前日(7/30)に臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス」を撮りに行くのを諦めてキハ183形400番代を優先してしまったので、同列車に充当される“旭山動物園号”編成のキハ183系0番代を撮るチャンスが1日だけになってしまいました。

岩見沢に停車するときを狙って撮影することになるのですが、停車時間が短いので、ここで撮れるのはせいぜい2両。

“旭山動物園号”は5両編成なので、岩見沢に2回は通わないと1両1両異なった外装デザインの同車は撮れません。それでも撮れて4両。

 
でも、今回の「フラノラベンダーエクスプレス」で“旭山動物園号”編成が撮れるのは1回だけ。

こういうときに限って晴れてしまうことが多いのですが、やっぱり今回も空知地方は天気予報がハズレて概ね晴れ。

たくさんの雲が上空にありましたが、どの雲も日の光を長く遮るほど大きくないので、安定した曇天は期待できませんでした。

 
たまにしばらく曇るときがあって、こういうときに運よくインバータ改造車の クハ721-2207 が撮れるなんてサプライズがありましたが、それは希なことでほとんどの時間帯は晴れ。

岩見沢駅に留置されていた721系F-1009編成の モハ721-1009 を曇天の下でパンタグラフが上がった状態で撮りたかったので、夕方までの7時間のほとんどを岩見沢駅のベンチで過ごすという待ちの1日でした。

 
“旭山動物園号”編成が入線してきた8時32分ももちろん晴れ。

たまたま薄い雲が掛かってくれたので、“旭山動物園号”編成の旭川方の先頭車、キハ183-3(札ナホ)がきれいに撮れました。

でも、それは一瞬のことで、中間車が撮影できるほど曇ってくれなかったので、“旭山動物園号”編成で撮影できたのはこの1枚だけでした。

 
キハ183-3

キハ183-3(札ナホ)  2016年7月31日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrn_kiha183-3/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP