「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

E231系0番代の付随車(サハE231-13)

line

昨日(4/16)E231系900番代の サハE231-901 をアップしましたので、今回は試作車の2年後に登場した量産車E231系0番代の付随車 サハE231-13(八ミツ)をアップします。

 
サハE231-13

サハE231-13(八ミツ)  2012年10月3日 市川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

試作車のE231系900番代(元209系950番代)は209系500番代とほぼ同時期に登場したため、外観上の特徴はのちに製造されるE231系0番代よりも209系500番代に近くなっています。
先頭車を見れば前面のFRP製カバーの塗色で簡単に209系500番代とE231系を区別できますが、さらに車体側面や中間車だけを見ると209系500番代・E231系900番代とE231系0番代を区別することができます。

編成単位で見れば簡単に見分けられますが、個々の車両だけを見たときに区別するとなると話しは別です。

 
先頭車の場合は、前面のFRP製カバーが銀色に塗装されていて、黒色のJRマークが前位出入扉脇に貼付されているのがE231系900番代で、黄色帯にJRマークがあるのがE231系0番代です。

209系500番代は前面のFRP製カバーが白色なので、多分簡単に見分けられると思います。

 
でも、E231系900番代の中間車は209系500番代とほぼ外観をしているので、電装品を搭載していない付随車はサハE231形900番代とサハ209形500番代を見分けるのは困難です。

サハE231形900番代は開閉可能な側窓ユニットの並び方がサハ209形500番代と同じで、中間の側窓ユニットが固定窓となっています。

一方のサハE231形0番代は上の写真のように、開閉可能な窓が同じ方向になるように並んでおり(側面のドアコックの位置も変更)、窓ガラスが薄緑色の熱線・紫外線吸収タイプのものに変更されています。

 
昨日アップした サハE231-901 と見比べてみると試作車と量産車の違いがよく分かると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_sahae231-13/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP