「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

「あいづライナー」を代走する クハ481-1015

line

前回に引き続き快速「あいづライナー」で使用されている485系ですが、今回は長期の代走運用に入っている国鉄特急色のA1/A2編成の先頭車をアップします。

偶数方の クハ481-1016 はすでにアップ済みなので、今回は クハ481-1015(仙セン)にします。

会津若松駅は「あいづライナー」用車両を撮影するには好適な場所でしたが、残念ながら停車目標の標識が立ってしまったので、現在は撮影できなくなりました。

 
クハ481-1015

クハ481-1015(仙セン)  2012年10月2日 会津若松駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

仙台車両センター(仙セン)のA3/A4編成は国鉄時代の特急色をまとっているので人気の車両ですが、2006(平成18)年3月までは青森車両センター(盛アオ)に配置され、特急「はつかり」が廃止されてからも「つがる」の予備車として同センターに残っていた最後の485系1000番代でした。

「はつかり」で運用されていた クロハ481-1013 時代の1988(昭和63)年に青函トンネル乗り入れ車両に指定されたため、先頭部助士席下部にATC-Lが取り付けられました。そのときに空気圧縮機(CP)が床下に移設されたため、助士席下部のルーバーがなくなってのっぺらぼうになり、1-3位側中央部にCPが設置されました。

青函トンネル乗り入れ対応車はほとんどが485系3000番代に改造されましたので、オリジナルっぽい外観で残ったクハ481形1000番代はA1/A2編成のクハ481-1015・1016だけだったのです。

 
すでに485系は風前の灯火で、クハ481形1000番代そのものも3両だけになってしまったので、こうやって走っているだけでも奇跡です。

これからも、東北育ちのA3/A4編成をこれからも見守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_kuha481-1015/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP