「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

新潟地区のキハ47形1500番代(キハ47 1521)

line

寝台特急「あけぼの」の定期運行最後の下り列車が、先ほど 21:16 に上野駅を発車したところでしょうか?

国鉄時代から残るブルートレインとしては最後の列車だったので、なくなるのを悲しむ人たちで上野駅がごった返しになったのでしょうね。

 
でも、固定編成(20系客車)を使った寝台特急が走り始めたときと社会環境が大きく変わり、それに従って鉄道輸送の役割も大きく変わりました。

なのに、昭和50年代製の車両を酷使しながら「あけぼの」という列車が運行され続けた、しかも、JR東日本の単独区間の長距離列車だけが国鉄スタイルのままで残った、という現実をもう少し考えないといけないのでしょうね。

 
 * * *

 
今回はこれといって特徴のない、新潟色をまとった新津運輸区(新ニツ)の キハ47 1521 をアップします。

こんな誰も見向きもしないような車両が、頑なに昔ながらのスタイルを守りながら普通に走っているのです。

 
キハ47 1521

キハ47 1521(新ニツ)  2013年4月19日 新津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
キハ47 1521 は旧新潟色をまとっていますが、赤系の新新潟色への塗色変更が進んでいないので稀少色ではありません。

キハ47形1500番代のラストナンバー車ですが、昭和53年度第1次債務車以降の キハ47 1506〜1521 は同じ仕様なので、最終増備車だから何かが違いということもありません。

 
今のところ、ごく普通のキハ47形1500番代です。

 
以前、こちらにアップした キハ47 1512 と見比べても、大きな違いはないと思います。

でも、キハ47 1129 のように撮影直後に廃車されるようなこともあるので、出会った車両は可能なかぎり撮影する、この姿勢はだいじのような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_kiha47_1521/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP