「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

烏山線のキハ40形1000番代(キハ40 1003)

line

烏山線に蓄電池駆動電車が投入されることがすでにJR東日本から発表されています。

2014年春ごろには2両編成の蓄電池電車が投入される予定ですので、8両のキハ40形が元気に走る姿が記録できる期間はあと1年だけです。

 
今だったら、国鉄末期に塗り替えられた“烏山線色”のキハ40形のほかに、烏山線開業88周年記念として旧国鉄一般気動車色(風)に塗り替えられた キハ40 1003・1007、烏山線開業90周年記念として首都圏色となった キハ40 1004 も走っていますので、絶好の被写体となります。

東京都心からも比較的近く、これから季節がよくなるので、キハ40系の走りを堪能してみては如何でしょう!

 
キハ40 1003

キハ40 1003(宮ミヤ)  2013年3月24日 宝積寺駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

去年から何度か宇都宮近辺をウロウロして烏山線のキハ40形1000番代を観察したところ、各車両ごとに外観上の特徴があることがわかってきましたので、下表のとおりまとめてみました。

室内や下回りについては要調査だと思いますが、今後の課題として残してあります。

 

形式番号 外部塗色 キャラクター 外観の特徴
キハ40 1001 烏山線色 布袋尊 水タンク横(3位側)に通風器なし
キハ40 1002 烏山線色 弁材天 水タンク横(3位側)に通風器なし
キハ40 1003 旧国鉄一般色 毘沙門天 水タンク横(3位側)に通風器なし
キハ40 1004 首都圏色 大黒天 水タンク横(3位側)に通風器なし
キハ40 1005 烏山線色 恵比寿神 水タンク横(3位側)に通風器なし
キハ40 1007 旧国鉄一般色 寿老人 水タンク横(3位側)に通風器なし
キハ40 1008 烏山線色 福禄寿 旧便所小窓→ユニットサッシ化
水タンク横(3位側)に通風器あり
キハ40 1009 烏山線色 七福神全員 水タンク横(3位側)に通風器あり
乗降口表示窓&車外スピーカーの位置変更

 
全車共通の特徴として、前面のタイフォンカバーは耐雪形でシャッター付きのものが取り付けられています。

ジャンパ栓受の取り付けスペースの凹み(助士席側)は前後で処理方法が異なっており、前位側(1位側)はKE93ジャンパー栓受けを装備していますが、後位側(4位側)はオリジナルのままで、凹み部分が鋼板で塞がれています。

このため、キハ40系などで一般的に使われているジャンパー連結器(KE53×2本)は使用されていません。

 
キハ40 1003(前位)のジャンパー連結器(KE93)

キハ40 1003(前位)のジャンパー連結器(KE93)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_kiha40_1003/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP