「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

新津運輸区で唯一のキハ110形100番代(キハ110-135)

line

珍しく日付(1/10)並びのつながりでキハ110形をアップしようと準備していましたが、2日遅れになってしまいました。

だったらキハ112形にすればいいのですが、狙おうと思ってもなかなか撮れないようなキハ110形の写真が手元にあったので、今回はこちらをアップしたいと思います。

新津運輸区(新ニツ)で唯一のキハ110形100番代、キハ110-135 です。

 
キハ110-135

キハ110-135(新ニツ)  2013年5月20日 新津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ110形はローカル線の輸送改善を目的に1990(平成2)年から製造されたキハ110系のうちの1形式です。

キハ110形は製造時期や目的によっていくつかのバリエーションがあって、0・100・200・300番代が新製されましたが、後継車の登場などによりJR東日本管内で配転が行われてきたため、配置区ごとに番代区分がまとめられています。

 
現在、新ニツのキハ110系は基本的に200番代が配置されており、キハE120形とともに磐越西線の会津若松以北や羽越本線酒田以西、白新線、米坂線で運用されています。

 
かつては新ニツにも磐越西線用としてキハ110系100番代が配置されていましたが、1992(平成4)年に水郡線がキハ110系化されたたため、このときに常陸大子運輸区に転出してしまいました。

その後、水郡線営業所(水スイ)に3ドア車のキハE130形が投入されたため、キハ110系100番代のほとんどの車両は盛岡車両センター(盛モリ)と小牛田運輸区(仙ココ)に転属しました。

しかし、キハ110-135 の1両だけは新ニツに転属となりました。

 
まるで秋田車両センター(秋アキ)の キハ40 1006 のようにガラパゴスな存在の車両ですが、キハ110-135 は車齢が若いため独自の進化を遂げているには至っていません。

でも、将来が有望?な条件を取り揃えた車両なので、異端車候補としてウォッチングをしておいて間違ないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_kiha110-135/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP