「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

JR東海に在籍していた低屋根タイプの中間電動車(モハ114-5824)

line

今日の日付(1月14日)に関した車両の形式写真がちょうど手元にありましたので、今回は御殿場線で使用されていた低屋根タイプの中間電動車、モハ114形5800番代をアップしたいと思います。

静岡車両区(静シス)の モハ114-5824 です。

 
モハ114-5824

モハ114-5824(静シス)  1996年3月10日 沼津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

モハ114形5800番代はJR西日本にも存在しましたが、今回はJR東海に在籍していたまったく別のグループです。

 
モハ114-5824 は見慣れない番号ですが、もともとは モハ114-824 を名乗っていました。

モハ114-824 は800番代ですから中央東線で有名な低屋根タイプの中間電動車です。
でも、こちらは波動輸送用として1967(昭和42)年6月に小山に新製配置されたグループで、クモハ115形とではなくてモハ115形とユニットを組んでいた横軽対策車(モハ114-818〜831)の1両です。ですから、スカ色を経験したことのないモハ114形800番代となります。

1979(昭和54)年に御殿場線用のスカ色の73系電車を置き替えるために沼津に転入しましたが、115系化によって御殿場線は湘南色に変わりました。

 
国鉄の分割民営化で12両のモハ114形800番代がJR東海に継承されましたが、211系5000番代の投入によって115系初期車のほとんどは冷房化されずに廃車されてしまいました。

しかし、115系初期車(3両編成)のうち3本だけは冷房改造対象車となり、コンバータ電源方式による簡易冷房改造が平成2・3年に行われました。

このときに補助電源をモハ搭載の電動発電機(MG)に頼らずにクハ115形6000番代の静止形インバータ(SIV)から供給される方式としたため、番号に5000が加えられて モハ114-824 は モハ114-5824 に改番されました。

 
115系初期車の車体に集約分散式の冷房装置(C-AU711B)という変わった組み合わせ、しかも低位屋根という特異な外観の持ち主。

広島地区の115系は“國鉄廣島”と揶揄されながらも人気がありましたが、こちらの115系も泣けず劣らずの変わり種でした。

しかし、1999(平成11)年に313系3000番代が投入されたため廃車となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrc_moha114-5824/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP