2017年にリニューアルされた“ゆうゆうアンパンマンカー”(キロハ186-2)

とんぼ返りだった3月下旬(3/28)の四国遠征でしたが、キハ185系“四国まんなか千年ものがたり”の3両を撮り終えたあとに徳島線の阿波加茂駅に寄って“ゆうゆうアンパンマンカー”を撮影しました。

天気予報どおりに曇ってくれなかったので、温泉に行くなど3時間ほど時間潰ししてから撮影に望んだ渾身の1枚をアップしたいと思います。

何てことのない形式写真ですが、“ゆうゆうアンパンマンカー”の キロハ186-2(四カマ)です。

 
キロハ186-2

キロハ186-2(四カマ)  2019年3月28日 阿波加茂駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

“ゆうゆうアンパンマンカー”は、旧普通客室(写真左側)をプレイルームに改装した キロハ186-2 です。

2017(平成29)年10月に2回目のリニューアル工事が実施され、車内の一部に販売スペースが設置され、車体塗色がそれまでの青色系から黄色系に変更されました。

 
1回目のリニューアル工事後の青色時代に撮影していますが、2回目のリニューアル工事以降はまだ撮影してませんでした。

“ゆうゆうアンパンマンカー”は基本的に土日祝日と夏休み期間しか連結されませんが、3月下旬は春休み期間中ということもあって、ウィークデーにも“ゆうゆうアンパンマンカー”が連結されました。

 
平日の遠征の方がクルマが少ないので長距離運転は楽だし、のんびりムードの中で撮影できるので気楽でいいのですが、平日遠征ばかりが続くとどうしても撮れない車両というのが出てしまいます。

イベント用車両の多くは休日稼働なので、これからもこういう絶妙なタイミングを狙った撮影も採り入れていきたいと思っています。

その日に曇ってくれるかどうか… 結局はそれに尽きますけどね。

鮮やかな車体の“四国まんなか千年ものがたり”の1号車(キロ185-1001)

あと10日あまりで新しい元号“令和”に変わります。

3月下旬にも何回か遠征に行ってましたが、まだ撮影報告が終わっていないので、“平成”のうちに急いで終わらせたいと思います。

 
3月26日にE235系の公開試運転を撮りに新津まで行きましたが、その翌日(3/27)の晩には四国に向けて片道700kmほどのドライブに行ってきました。

今回の四国遠征の目的は3つ。

1つめは高松駅に留置されているJR四国の113系を撮ること、そして2つ目は前回の遠征のときに雨に見舞われた“四国まんなか千年ものがたり”のキハ185系を撮り直すこと。
さらに、黄色系の新塗色となった“ゆうゆうアンパンマンカー”の キロハ186-2 を阿波加茂駅で撮ることでした。数年前に下見して以来それっきりになっていたので、これも何とか撮りたいと思ってました。

 
曇りときどき雨の予報だったので四国遠征を決行しましたが、実際に曇ったのは午前中の早い時間帯だけで、お昼前から雲が少なくなってしまいました。いつものように、天気予報はハズレました…

ただ、高松駅と多度津駅は午前中に訪れたので、113系(4両)と“四国まんなか千年ものがたり”のキハ185系(3両)はきれいに撮れました。

しかし、阿波加茂駅は午後からの滞在で、ほとんどの時間は晴れてしまったので、太陽光線が弱くなる夕方まで4時間ほど待ってからの撮影となりました。

 
出発した時点では2日連続で曇る可能性もあったのですが、これもいつも通りのことで、今回も天気予報はハズレ。

撮影後すぐに帰路に就きましたので、今回は目的の車両だけをクルマ移動で撮りに行っただけ。

 
約30時間で往復約1,500kmを運転。かなり強行な遠征でした。

次の日も曇ってくれればゆっくりできたのですが…

 
 * * *

 
ということで、今回はJR四国の観光特急「四国まんなか千年ものがたり」で使用されている1号車の キロ185-1001(四カマ)をアップしたいと思います。

曇っているときに撮影しているので伝わらないかも知れないですが、鮮やかなカラーリングの車体で、きれいに輝いていました。すでに運行開始から2年が経ちますが、特別な観光列車然とした雰囲気が保たれています。

こんどは撮影機材を持たないで四国に行きたいですね〜

 
キロ185-1001

キロ185-1001(四カマ)  2019年3月28日 多度津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

3月17日ダイヤ改正で引退予定のJR四国2000系試作車TSE(2201)

明日、2018(平成30)年3月17日はJRグループを中心にダイヤ改正が実施されます。

 
細かい内容は時刻表や昨年(2017年)末の発表をご覧いただくとして、JR関係で引退や離脱する車両は以下のとおりとなります。

 
・特急「北斗」系統のキハ183系(函ハコ)
・八戸線のキハ40系(盛ハヘ)
・特急「スーパーあずさ」のE351系(長モト)
・高崎地区の115系(髙タカ)
・阪和線・羽衣線(阪和線支線)の103・205系(近ヒネ)
・特急「宇和海」の2000系気動車(四カマ)

 
これ以外に、直前になって引退が噂された車両があったので、昨晩(3/15)から車中泊で遠征に出掛けてきました。

その車両とは松本車両センター(長モト)の クモヤ143-52 です。

 
数年前から冬季の霜取り列車で動いているときに田沢駅(篠ノ井線)で撮影できそうなのは確認してましたが、ロケハンだけで実際に撮り行くのは後回しにしてました。

神奈川県在住が故に冬用タイヤを持たないことにしていたので、気軽に行けるようになるには3月まで待たないとなりませんでした。

今冬もダイヤ改正が終わったらゆっくり遠征の計画でも立てようかと思ってましたが、Twitterのタイムラインに改正以降はE127系に置き換わる、みたいなことが書かれてました。

 
クモヤ143-52 引退の真偽は分かりませんが、これを機に田沢駅に行ってみよう!

ということで、久しぶりにゴルフ ヴァリアントの車中泊で遠征に行ってきました。

 
が、しかし…

運転最終日の今日は、霜取り列車の運用を終えた クモヤ143-52 は長モトに戻らないで長野総合車両センターに回送されてしまったため、田沢駅には入線しませんでした。

完全に、空振り…

 
クモヤ143-52 を撮影する最後のチャンスだと思って行きましたが、何も撮れず帰ってきました。

フットワーク軽く、撮れると思ったらすぐに行動しないとダメですね…

反省です…

 
 * * *

 
今日はレタッチしたての クモヤ143-52 がアップできるものだと思ってましたが、まさかの空振りでネタ切れになってしまいました。

ならば、ダイヤ改正がらみのネタを投入!

ということで、今回は明日(3/17)の午前中に定期運用から離脱すると発表されているJR四国の2000系試作車(TSE)をアップしたいと思います。
TSE は3両編成ですが、先頭車の2両(20012101)はこちらで紹介済みなので、今回は中間車の 2201(四マツ)をアップします。

 
2201(JR四国)

2201(四マツ)  2014年6月7日 八幡浜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

引退するTSEの代わりにN2000系の3両(2426・2460・2523)が高松運転所(四カマ)から松山運転所(四マツ)に転属し、すでに「宇和海」運用に入っているようです。

「うずしお」で使用されているN2000系は形式写真の撮れる駅ホームがなかったので、これで各形式の量産車が撮れるようになります。

数年前にJR四国の車両を固め打ちしましたが、これ以降に登場した形式が増えてきたので、今年は四国に遠征に行ってみたいと思います。

「伊予灘ものがたり」の1号車 キロ47 1401

前回は父の出生地について知っていることをすべて書きましたが、これが有名人だと NHK の「ファミリーヒストリー」のようにドキュメント番組として仕上がるんですよね。

 
父方の祖母が高校時代に亡くなったのと、親戚が皆さん遠かったので小さいときに父の生い立ちを聞くタイミングを逸していました。

なので、出生地が現在の十日町市だったこと、そして鉄道官舎がそのときの住所だったとは!それを知るだけでも驚きでした。

会ったことのない祖父が鉄道関係を生業にしていたわけですからね…

 
一方、母方(佐藤家)は親戚に教育者が多く、佐藤家について調べたことのある叔父に聞けばだいたいのことが聞けます。

比較的近所に住んでいるので、分からないことがあったとしてもすぐに分かります。

 
そうそう、うちは弟は教育者です。

どちらかというと学者なのかな?

 
所謂理系だった私には分かりませんが、こんなインタビューが地元誌に掲載されていますので、ご覧になっていただくと本人も喜ぶと思います。

来週、また来日するので世界の経済情勢について聞いてみたいと思います。

 
そうそう、もう一つ書き忘れていました。

先日(11/29)の十日町遠征ですが、帰る途中、実家の比較的近所(相模原市)で前のクルマに軽く追突してしまいました。
高そうな BMW 6シリーズの高級車で、血の気が引けました。

すべて自動車保険で対応しましたが、反省しきりです。

クルマの遠征の場合は十分に睡眠を取ってから出掛けるようにします。トホ…

 
 * * *

 
ここ数回にわたって観光列車用の気動車をアップしてきましたが、冬が厳しい地域の車両ばかりでしたので、暖かい地方の暖色系塗装の車両をアップしたいと思います。

今回は、JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」で使用されている キロ47 1401(四マツ)です。

 
キロ47 1401

キロ47 1401(四マツ)  2015年5月23日 八幡浜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

「伊予灘ものがたり」は、予讃線の松山〜伊予大洲間と松山〜八幡浜間の2区間で運転されている観光列車です。

空気バネ台車を履いたキロ47形の2両編成が使用されています。

1号車の キロ47 1401 は夕日を連想させる“茜(あかね)色”に、2号車の キロ47 1402 はかんきつ類を思わせる“黄金色”に塗装されています。

各車とも、瀬戸内海側(写真と反対側)に海向き展望シートが、その他に2・4人用ボックスシートが配置され、さらに山側の床面をかさ上げしているので、山側のシートからも瀬戸内海の景色を楽しめるようになっています。

 
写真の キロ47 1401 は種車の キハ47 501 から受け継いだ水タンクが後位車端部の屋根上に設置されていますが、トイレそのものは車イス対応に改装されています。また、海向き展望シートの一部に車イスのスペースが確保されています。

 
JR四国はキハ40系の淘汰が他社よりも進んでおり、すでに松山運転所(四マツ)と徳島運転所(四トク)のキハ40系は通学通勤対応として最低限の両数しか残っていません。

かつてのオハ41形やオハ50系のような立場になってしまいました。
特に松山地区はキハ40系が少なく、四マツのキハ47形に乗車するのは至難の業です。

国鉄末期に新潟から転入した寒地仕様車が優先的に廃車となり、すでに同社のキハ47形500番代と1500番代は2011(平成23)年までに消滅しました。

しかし、JR四国は空気バネを履いた乗り心地のいい寒地仕様車を将来のために多度津工場で保管していたので、今回のような転用劇が生まれたということになります。

 
種車の キハ47 501 は第3ロットの昭和52年度第1次債務の予算で越後線・弥彦線用として1978(昭和53)年7月に新潟鐵工所で製造されました。

第3ロットの特徴がキロ47形に改造されても残っているのが面白いところで、以前アップした第1ロット車(昭和50年度第3次債務車)で北海道向けの キハ40 838 のようにペデスタル式の空気バネ台車のDT42(従台車はTR227)を履いています。
しかし、先頭部のスカートは切り欠き部分の隅が45°で処理されている一般的な形状のものが取り付けられています。

 
キロ47 1401 のスカートと台車(DT42)

キロ47 1401 のスカートと台車(DT42)

 

このような特徴は第3ロットの中でも寒地向けの車両にしか見られないもので、キハ47 501〜505・1501〜1505 でしか見られませんでした。

でも、これらの10両は2011(平成23)年までに廃車。

ところがところが、キハ47 501・1501が「伊予灘ものがたり」として車籍復帰してくれたので、キロ47 1401・1402 に形式変更されましたが、これらの特徴が再び営業列車で見られるようになりました。

 

がんばって欲しいJR四国の「伊予灘ものがたり」という観光列車ですが、このような車両史的な視点で見るとひと味違った旅が楽しめるのではないでしょうか?

「アンパンマン列車」仕様の2000系中間車(あかちゃんまん号の 2210)

2歳の姪っ子がアンパンマンが大好きで、その中でも“メロンパンナ”と“ロールパンナ”が好きだということだったので、どちらかのキャラクターがデザインされた車両を撮っていないか探してみましたが、残念ながらありませんでした。

 
「メロンパンナ号」は岡山・高松方の貫通形先頭車の 2113、「ロールパンナ号」は宇和島方の非貫通形先頭車の 2152 です。いずれも特急「しおかぜ」「いしづち」「宇和海」の一部の列車に連結されます。

この2両を撮っていれば姪っ子を喜ばせることができたのですが、空振りに終わりました。

 
JR四国管内には、日本テレビ系列の人気アニメ「それいけ!アンパンマン」のキャラクターがデザインされた「アンパンマン列車」がたくさん走っています。

昨年今年と続けて2回も八幡浜に訪れたましたが、ここにやってくる松山運転所(四マツ)の「アンパンマン列車」仕様の2000系気動車は高知運転所(四コチ)のように固定運用されていないので、特定のキャラクターを追いかけるのは大変です。

外装が普通の一般車両が連結されることが多いですし、2000系は停車後もなかなか揺れが収まらない車両なので、1列車で何両も撮ることができません。

そのことが原因だと思うのですが、この2回の四国遠征で四マツの「アンパンマン列車」仕様車をたくさん撮ったつもりだったのに、数えてみたら4両しか撮っていませんでした。四マツに11両も在籍しているのにね…

 
もう少しあったと思っていたのですが…

 
今回はそのうちの1両をアップしたいと思います。
本来は地味な地味な中間車ですが、「それいけ!アンパンマン」のキャラクターで賑やかな外装となった「あかちゃんまん号」の 2210 です。

 
2210(JR四国)

2210(四マツ)  2014年6月7日 八幡浜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

車体側面に「それいけ!アンパンマン」のキャラクターがたくさん並んでいますが、後位車端部にその車両のテーマ・キャラクターが大きく描かれています。

 
中間車の2200形は車端部にトイレがないためドア横のスペースが狭いので、隣の“カレーパンマン”や“ドキンちゃん”よりも控えめな大きさになっています。

そのため、“ばいきんまん”“ドキンちゃん”“カレーパンマン”など人気の高いキャラクターはトイレ付きの先頭車両(2000・2100・2150形)に、通好みのキャラクターは中間車の2200形に充てられています。

 
四マツには2000系が25両配置されていますが、そのうち11両が「アンパンマン列車」仕様車に改装されています。

「アンパンマン列車」仕様車となった中間車(2000形)は4両で、それぞれのキャラクターは次のようになっています。

・おむすびまん号:2204
・どんぶりまんトリオ号:2208
・あかちゃんまん号:2210
・パンこうじょうのなかま号:2217

 
なお、現在のキャラクター・デザインは4代目で、数年ごとにデザインがリニューアルされています。

 
あかちゃんまん