白い車体の817系2000番代の偶数向き制御車(クハ816-2004)

九州への遠征プランをいろいろと考えるために、撮りためたJR九州の車両を整理しています。

 
最終的に写真がうまく撮れるかどうかはお天気次第ですが、それでもこちらの動きが悪いとそのチャンスに巡り会えないですから、先ずは撮影済みの形式写真をレタッチしてみたいと思っています。

そうしないと、撮影が済んだ形式区分かどうかの記憶も曖昧になってしまいますからね…

 
ということで、今回は未掲載だった福北ゆたか線(筑豊本線・篠栗線)用の817系2000番代の偶数向き制御車、クハ816-2004(本チク)をアップしたいと思います。

 
クハ816-2004

クハ816-2004(本チク)  2017年2月22日 直方駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

白い車体の817系ロングシート車は2012(平成24)年から製造されましたが、編成両数の違いにより福北ゆたか線用の2000番代(2両編成)と九州北部の都市圏輸送用の3000番代(3両編成)の2つのグループに分けられます。

 
817系2000番代はすべて先頭車の2両固定編成で運用されるため、3000番代とは異なり側面の行先表示が3位車端部のみで、編成の側面に1ヶ所のみの配置となっています。

編成が短いので前面の行先表示器もすぐに確認できるので、車体側面の行先表示器は1ヶ所あれば十分、という考え方なのだと思います。

 
本チク VG2004編成

チクVG2004編成表(左側が門司港)

 

また、当面は811・813系と併結運転して鹿児島本線の快速運用に入る予定がないので、台車のヨーダンパは省略されています。

 
このような違いは目が慣れないと分からない程度の差異なので、ドア横に貼付されている四角いシンボルマークの色を確認するのが一番です。

黄色のシンボルマークは福北ゆたか線用の車両なので、白い車体の場合は817系2000番代ということになります。今のところはこれが一番の識別方法だと思います。

JR各社の“冬の臨時列車のお知らせ”について(写真は キハ140 2041)

昨日(10/19)、“冬の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、12月からの撮影計画のためにリストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表に直接リンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線鉄道事業本部 福岡支社)

JR四国

JR九州

 
 * * *

 

いよいよ日本列島も秋が深まってきて、輸送密度の低いローカル線でも駅構内の雑草が落ち着きそうな時期に入ったので、西日本方面をメインに撮影行脚に出ようかと画策しているところです。

 
一昨年(2016年)からJR九州の車両を撮っていますが、畜電池搭載形のハイブリッド気動車(YC1系)が量産される前にキハ40系などの国鉄形車両をしっかり撮っておきたいと思っています。

JR九州のキハ40系は自然災害で被災した2両が廃車されただけで現在も142両が健在なので、一通りのバリエーションを記録するには最後のチャンスかも知れません。

 
ということで、今回は1990〜1993(平成2〜5)年に機関換装してパワーアップしたキハ140形をアップしたいと思います。

 
キハ140 2041

キハ140 2041(本チク)  2017年2月23日 直方駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

機関換装車のキハ140形はJR九州に9両が在籍していますが、そのうち2両は「いさぶろう・しんぺい」「指宿のたまて箱」用に改造された観光用車両です。そのため、従来からの九州標準色で残るキハ140形は7両しかいません。

現在は配置区が3ヶ所に分かれていて、他形式と共通で使用されていることが多いので、キハ140形をピンポイントで追いかけるのは至難の業です。

 
九州標準色のキハ140形は鹿児島まで行かないと撮れないとあきらめていましたが、後藤寺線または日田彦山線に入るキハ31形の運用にキハ140形が入ることが分かったので、直方駅で入れ換えを行うタイミングに目を付けていました。

直方駅構内に邪魔がいなくなる時間帯に入れ換えでキハ140形が入ってきたので、これを撮影したのが今回の1枚になります。

 
すでに「いさぶろう・しんぺい」用の キハ140 2125 は撮っていますので、「指宿のたまて箱」「はやとの風」用共通予備車の キハ140 2066 が撮れればキハ140形の3形態がすべて記録できることになります。

キハ140 2066 は雑草の影響の大きい線区で使用されていますので、これからの季節が撮影シーズンということになります。

ですので、しばらく天気予報や雑草状況などをウォッチングしていこうと思っています。

鹿児島本線などで活躍する白い車体の817系3000番代(クハ816-3011)

前回、いきなり817系3000番代の中間車の写真をご覧に入れましたので、今回はその隣りに連結されている偶数向きの先頭車をアップしたいと思います。

いつもなら鉄道車両の顔にあたる先頭車から紹介するところですが、過去の写真データを探していたところ、駅撮りながらも妙に モハ817-3004 の構図がしっかりしてましたので掲載しました。EXILE風に言えば、掲載させていただきました… でしょうか?

 
でも、このままだと モハ817-3004 を組み込む編成の顔が分からないまま終わってしまいますので、今回はJR九州の817系3000番代の偶数向き制御車の クハ816-3011(本ミフ)をアップいたします。

 
クハ816-3011

クハ816-3011(本ミフ)  2017年2月23日 門司港駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クハ816-3011 を連結する南福岡車両区(本ミフ)のVM3011編成は817系3000番代の最終増備車で、VM3010編成とともに2015(平成27)年3月に日立製作所で製造されました。

本ミフ VM3011編成

ミフVM3011編成表(左側が門司港)

 

817系3000番代は817系で唯一の3両編成ですが、813系1000番代(11次車)のようにM車(モハ817形3000番代)を中間車に連結しています。そのため、門司港方をTc車に変更しているの関係で、817系唯一の奇数向き制御車クハ817形3000番代も連結されています。

しかし、今回アップしたクハ816形は817系のすべて編成に連結されているので、これを見比べると各区分の違いが見えてくると思います。

 
クハ816形のほかの区分についても順次アップしてみようと思いますので、目をこらして間違い探しのように仕様違いを探してみたいと思います。

鹿児島本線などで活躍する817系で唯一の中間電動車(モハ817-3004)

台風13号の接近にからんで2日間ほど最高気温30℃以下の涼しい日が続きましたが、これも予報どおり長続きしませんでした。

8/9(木)からは最高気温33度以上…

 
この夏も青春18きっぷと車中泊を併用して遠征しようと考えていましたが、これだけ暑いと趣味活動はできませんよね…

夜間の最低気温が25度を下回って、夜中に気持ちよく就寝できるようになるまでは無理そうです。

 
連日の熱帯夜をきっかけに不眠症から抜け出せなくなっているので、しばらくは不要不急の外出を避けようと思います。

 
 * * *

 
大糸線用のE127系に続いて涼しげなカラーリングのJR車両を用意しようと思いましたが、好適な形式写真が見つかりませんでしたので、今回からは寒いなかで撮影した写真をアップしていきたいと思います。

先日、NHKテレビの「ブラタモリ」で門司港駅が採り上げられていましたが、今年(2018年)1月に寒くて涙目になりながら数時間滞在してましたので、今回はそのときに撮影した真っ白な車体の817系を選んでみました。

九州北部の都市圏輸送用として鹿児島本線などで活躍する817系3000番代の中間電動車、モハ817-3004(本ミフ)です。

 
モハ817-3004

モハ817-3004(本ミフ)  2018年1月11日 門司港駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

JR九州の817系は2001(平成13)年から製造された近郊形交流電車ですが、アルミニウム無塗装車体(現在は銀色に塗装)に転換クロスシートを装備する0・1000・1100番代と、真っ白の車体にロングシートの2000・3000番代の2種類に大きく分けることができます。

白い車体のロングシート車は2012(平成24)年から製造されましたが、編成両数の違いにより福北ゆたか線(筑豊本線・篠栗線)用の2000番代(2両編成)と九州北部の都市圏輸送用の3000番代(3両編成)の2つのグループに分けられます。

 
2000番代グループ以前の817系はローカル線区に投入されたので2両編成を基本としていますが、1000番代以降は将来中間電動車が組み込んで3両化できるように容量の大きい主変圧器を搭載しました。今のところ、813系0・100番代のような3両化は行われていません。

817系3000番代は813系と同様に運用されることを前提に設計されたため、当初から中間車を電動車とした3両で組成され、新形式のモハ817形(3000番代)が中間に連結されました。

 
このグループは側面の行先表示が各車の車体中央部付近にあり、中間車のみ強制換気装置が屋根上に搭載されています。

従来車の813系とともに鹿児島本線(小倉〜荒尾間)の快速列車に充当されるため、ヨーダンパ付きの台車(DT404K)を履いています。

 
後継車と思われる腰高デザインの821系先行試作車が2018(平成30)年2月に落成したため、817系3000番代は3両編成11本だけのグループに終わりそうです。

811系のリニューアル工事車 クハ810形1500番代(クハ810-1504)

またまた更新が疎かになってしまいましたが、前回に引き続きJR九州の車両の形式写真をアップしたいと思います。

 
JR九州は昨年(2017年)から民営化直後に投入した811系をリニューアルをしています(JR九州のプレスリリース)。

車内をそれまでの転換クロスシートからオールロングシートに改装し、車体の赤帯を青帯にするなど、スタイリッシュな通勤形電車に生まれ変わりました。

制御装置と主電動機を一新し、SiCハイブリッドモジュールを用いたVVVF制御方式に変更したようです。
こちらがメインですが、技術的なことよりもエクステリデザインの方に目が行きますからね…

 
811系は、顔こそ違いますが国鉄211系の流れを組む車両でしたので、水戸岡鋭治氏が率いるドーンデザイン研究所が手掛けた813系ばかりになった九州北部では古くささが目立ってました。

今回のリニューアルは水戸岡鋭治氏が監修したということなので、813系に混ざって運用されても遜色のないようなデザインにまとめたということなのでしょう。

 
ネット検索しても811系1500番代の形式写真が出てこないようなので、今回は昨年(2017年)4月に落成したリニューアル第一弾、ミフPM1504編成の クハ811-1504(本ミフ)をアップしたいと思います。

 
クハ810-1504

クハ810-1504(本ミフ)  2018年1月23日 鳥栖駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

リニューアル車の1500番代は屋根上の冷房装置も最近の415系で見られるような大形のものに換装されています。

床下機器はこちら側(2-4位側)を見る限りでは変更がないので、空気圧縮機も換装されていないようです。今回のリニューアルは制御機器の取り替えなので補機類は交換されていないということなのでしょう。

 
以前だったら、翌年の鉄道ピクトリアル10月増刊号の「新車年鑑」や「鉄道車両年鑑」で確認すればよかったのですが、昨年版が最後でもう刊行されないということなので、こういう地味な更新工事はその内容が分からなくなるのでは… と危惧しています。

鉄道雑誌の新車ガイドで扱われない新形式はたくさんありますからね…

 
これからも、趣味的なレベルの技術仕様が別のかたちで公表されことを望んでます。