鹿児島本線などで活躍する白い車体の817系3000番代(クハ816-3011)

前回、いきなり817系3000番代の中間車の写真をご覧に入れましたので、今回はその隣りに連結されている偶数向きの先頭車をアップしたいと思います。

いつもなら鉄道車両の顔にあたる先頭車から紹介するところですが、過去の写真データを探していたところ、駅撮りながらも妙に モハ817-3004 の構図がしっかりしてましたので掲載しました。EXILE風に言えば、掲載させていただきました… でしょうか?

 
でも、このままだと モハ817-3004 を組み込む編成の顔が分からないまま終わってしまいますので、今回はJR九州の817系3000番代の偶数向き制御車の クハ816-3011(本ミフ)をアップいたします。

 
クハ816-3011

クハ816-3011(本ミフ)  2017年2月23日 門司港駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クハ816-3011 を連結する南福岡車両区(本ミフ)のVM3011編成は817系3000番代の最終増備車で、VM3010編成とともに2015(平成27)年3月に日立製作所で製造されました。

本ミフ VM3011編成

ミフVM3011編成表(左側が門司港)

 

817系3000番代は817系で唯一の3両編成ですが、813系1000番代(11次車)のようにM車(モハ817形3000番代)を中間車に連結しています。そのため、門司港方をTc車に変更しているの関係で、817系唯一の奇数向き制御車クハ817形3000番代も連結されています。

しかし、今回アップしたクハ816形は817系のすべて編成に連結されているので、これを見比べると各区分の違いが見えてくると思います。

 
クハ816形のほかの区分についても順次アップしてみようと思いますので、目をこらして間違い探しのように仕様違いを探してみたいと思います。



この形式写真に関連するタグ: 817系 , JR九州

鹿児島本線などで活躍する817系で唯一の中間電動車(モハ817-3004)

台風13号の接近にからんで2日間ほど最高気温30℃以下の涼しい日が続きましたが、これも予報どおり長続きしませんでした。

8/9(木)からは最高気温33度以上…

 
この夏も青春18きっぷと車中泊を併用して遠征しようと考えていましたが、これだけ暑いと趣味活動はできませんよね…

夜間の最低気温が25度を下回って、夜中に気持ちよく就寝できるようになるまでは無理そうです。

 
連日の熱帯夜をきっかけに不眠症から抜け出せなくなっているので、しばらくは不要不急の外出を避けようと思います。

 
 * * *

 
大糸線用のE127系に続いて涼しげなカラーリングのJR車両を用意しようと思いましたが、好適な形式写真が見つかりませんでしたので、今回からは寒いなかで撮影した写真をアップしていきたいと思います。

先日、NHKテレビの「ブラタモリ」で門司港駅が採り上げられていましたが、今年(2018年)1月に寒くて涙目になりながら数時間滞在してましたので、今回はそのときに撮影した真っ白な車体の817系を選んでみました。

九州北部の都市圏輸送用として鹿児島本線などで活躍する817系3000番代の中間電動車、モハ817-3004(本ミフ)です。

 
モハ817-3004

モハ817-3004(本ミフ)  2018年1月11日 門司港駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

JR九州の817系は2001(平成13)年から製造された近郊形交流電車ですが、アルミニウム無塗装車体(現在は銀色に塗装)に転換クロスシートを装備する0・1000・1100番代と、真っ白の車体にロングシートの2000・3000番代の2種類に大きく分けることができます。

白い車体のロングシート車は2012(平成24)年から製造されましたが、編成両数の違いにより福北ゆたか線(筑豊本線・篠栗線)用の2000番代(2両編成)と九州北部の都市圏輸送用の3000番代(3両編成)の2つのグループに分けられます。

 
2000番代グループ以前の817系はローカル線区に投入されたので2両編成を基本としていますが、1000番代以降は将来中間電動車が組み込んで3両化できるように容量の大きい主変圧器を搭載しました。今のところ、813系0・100番代のような3両化は行われていません。

817系3000番代は813系と同様に運用されることを前提に設計されたため、当初から中間車を電動車とした3両で組成され、新形式のモハ817形(3000番代)が中間に連結されました。

 
このグループは側面の行先表示が各車の車体中央部付近にあり、中間車のみ強制換気装置が屋根上に搭載されています。

従来車の813系とともに鹿児島本線(小倉〜荒尾間)の快速列車に充当されるため、ヨーダンパ付きの台車(DT404K)を履いています。

 
後継車と思われる腰高デザインの821系先行試作車が2018(平成30)年2月に落成したため、817系3000番代は3両編成11本だけのグループに終わりそうです。



この形式写真に関連するタグ: 817系 , JR九州

811系のリニューアル工事車 クハ810形1500番代(クハ810-1504)

またまた更新が疎かになってしまいましたが、前回に引き続きJR九州の車両の形式写真をアップしたいと思います。

 
JR九州は昨年(2017年)から民営化直後に投入した811系をリニューアルをしています(JR九州のプレスリリース)。

車内をそれまでの転換クロスシートからオールロングシートに改装し、車体の赤帯を青帯にするなど、スタイリッシュな通勤形電車に生まれ変わりました。

制御装置と主電動機を一新し、SiCハイブリッドモジュールを用いたVVVF制御方式に変更したようです。
こちらがメインですが、技術的なことよりもエクステリデザインの方に目が行きますからね…

 
811系は、顔こそ違いますが国鉄211系の流れを組む車両でしたので、水戸岡鋭治氏が率いるドーンデザイン研究所が手掛けた813系ばかりになった九州北部では古くささが目立ってました。

今回のリニューアルは水戸岡鋭治氏が監修したということなので、813系に混ざって運用されても遜色のないようなデザインにまとめたということなのでしょう。

 
ネット検索しても811系1500番代の形式写真が出てこないようなので、今回は昨年(2017年)4月に落成したリニューアル第一弾、ミフPM1504編成の クハ811-1504(本ミフ)をアップしたいと思います。

 
クハ810-1504

クハ810-1504(本ミフ)  2018年1月23日 鳥栖駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

リニューアル車の1500番代は屋根上の冷房装置も最近の415系で見られるような大形のものに換装されています。

床下機器はこちら側(2-4位側)を見る限りでは変更がないので、空気圧縮機も換装されていないようです。今回のリニューアルは制御機器の取り替えなので補機類は交換されていないということなのでしょう。

 
以前だったら、翌年の鉄道ピクトリアル10月増刊号の「新車年鑑」や「鉄道車両年鑑」で確認すればよかったのですが、昨年版が最後でもう刊行されないということなので、こういう地味な更新工事はその内容が分からなくなるのでは… と危惧しています。

鉄道雑誌の新車ガイドで扱われない新形式はたくさんありますからね…

 
これからも、趣味的なレベルの技術仕様が別のかたちで公表されことを望んでます。



この形式写真に関連するタグ: 811系 , JR九州

JR各社の“春の臨時列車のお知らせ”について(クモハ813-303)

1月の九州遠征をダラダラ書いていたらJR各社から発表された “冬の臨時列車のお知らせ”をリストにしてまとめるタイミングを逸してしまいました。

消化不良だった九州遠征の報告が終わりましたので、心機一転、JR各社および支社の発表をリンク付きで整理してみましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(リゾート列車など)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州
JR九州(D&S列車)

 
 * * *

 
2年前から冬季を中心に九州に遠征するようになりましたが、少しずつ成果が積み上がって系統立ててアップできる形式が増えてきました。

私の場合、いつ遠征に行っても安定的に曇ることがほとんどないので、雨雲や雪雲がやって来る直前などに少しずつ撮っていくしかないと諦めています。

効率は悪いですが、こうやって遠征して撮っていくしかないのでしょうね。

 
今回は、九州北部の都市圏輸送で活躍するJR九州の813系近郊形交流電車の中でもレアな300番代の クモハ813-303(本ミフ)をアップしたいと思います。

813系300番代は、2002(平成14)年2月の鹿児島本線海老津〜教育大前間での衝突事故により廃車となった813系0・200番代編成の代替補充用として1995(平成7)年に製造された少数派グループです。

 
クモハ813-303

クモハ813-303(本ミフ)  2016年2月22日 鳥栖駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

813系300番代は200番代をベースとしたマイナーチェンジ仕様車ですが、側窓がUVカットのスモークガラスに変更され(ブラインドの廃止)、ドア付近のつり革が817系と同じくサークル状の配列に変わり、トイレは車イス対応の大形洋式トイレに変更されました。

落成当初は識別用として前照灯上部に赤帯が入っていましたが、現在は消去されたため200番代との外観上の識別ポイントは側窓のスモークガラスだけになりました。

 
JR九州の813系は1994(平成6)年から2009(平成21)年の15年にわたって製造されたため、基本番代となる0番代から仕様変更を経て100・200・300・400・500・1000・1100番代へと進化していきました。
一時期、1100番代の非ワンマン車を2100番代に改番したことがありましたが、こちらはワンマン対応改造により消滅しました。

その中でも813系300番代は前記の理由で3両編成が3本落成しただけで、1100番代を除くほかの813系と共通で運用されるので、これだけを追いかけて撮るのは至難の業です。

しかも、813系は併結されて運用されることが多いので、813系300番代の先頭車が中間に入っている場合もありますからね…

 
これから何度も掲載することになるかも知れませんが、この下表にある813系の各形式区分を少しずつ撮っていきたいと思っています。

 

0番代
(1次車)
421・423系の置換用として1994(平成6)年に登場(JR九州では初のVVVFインバータ制御車両)
落成当初は“クモハ813 + クハ813”の2両編成、その後サハ813形400番代を中間に組み込み3両編成となる
100番代
(2〜4次車)
715系などの置換用として1995・1996(平成7・8)年に落成
落成当初は2両(クモハ813 + クハ813)または3両(クモハ813 + サハ813 + クハ813)の2種類の編成が存在。その後2両編成はサハ813形500番代(8次車)を中間に組み込み3両編成となる
200番代
(5〜7次車)
鹿児島本線の列車増発用として1997・1998(平成9・10)年に落成
すべて3両編成(クモハ813 + サハ813 + クハ813)で落成
300番代
(9次車)
事故廃車となった0・200番代編成の代替補充用として1995(平成7)年に落成
すべて3両編成(クモハ813 + サハ813 + クハ813)で落成
400番代
(10次車)
2両編成の0番代(1次車)を3両編成化するために2003(平成15)年にサハ813形400番代のみ登場
500番代
(8次車)
2両編成の100番代(3・4次車)を3両編成化するために2001(平成13)年にサハ813形500番代のみ登場
813系では唯一のロングシート車両
1000番代
(11次車)
輸送力増強用として2005(平成17)年に落成
登場当初からすべて3両編成であるが、電動車を編成中間に変更したため“クハ812 + モハ813 + クハ813”となった
1100番代
(12・13次車)
輸送力増強用および日豊本線小倉〜中津間のワンマン運転対応用として2007・2009(平成19・21)年に落成
すべて3両編成(クハ812 + モハ813 + クハ813)で落成
前面および側面の行先表示器が大形化


この形式写真に関連するタグ: 813系 , JR九州 , プレス発表

「ソニック」のパンタグラフ付き付随車 サハ833形0番代(サハ883-3)

またまた遅くなってしまいましたが、先月の九州遠征の続きです。

今回は遠征3日目(1/25)の話しです。

 
この日は遠征最終日。
前日(1/24)のうちに佐賀入りして、当日の早朝に天気予報を見てから長崎か早岐(長崎県佐世保市)に移動するプランで臨みました。

長崎だったら787・885系の各形式、早岐だったら旧ハウステンボス色の783系とキハ66系を撮るつもり。

 
遠征3日目当日(1/25)、長崎も早岐もどちらも晴れそうな曇り予報。

天気予報は曇りベースのようなことを言ってましたが、晴れの予感。

長崎駅は前回の雪の遠征(1/11)で駅ホームの使用状況が確認できたので、今回は早岐に行くことに決めました。

 
曇り予報なのに晴れていた早岐駅

曇り予報なのに晴れていた早岐駅

 

でも、早岐に着いてみたら晴れ。

途中、嬉野温泉駅が曇っていたので期待しましたが、ダメでした。

写真には雲が写ってますが、太陽とはぜんぜん関係のないところだったので、30分も滞在しないで特急「みどり10号」に乗車して福岡方面を目指すことにしました。

 
香椎まで移動すると雲が多めになってきたので、ここで811系のトイレ付き中間車 サハ811形200番代を待つことに。
でも、香椎駅も太陽を遮る雲がなくなってきました。関係のない方向にはたくさん雲があったのですがね〜

ほとんど雲がないときに サハ811-202 が来ましたが、ベストな条件では撮れませんでした。証拠写真程度の低レベルな形式写真ではね…

 
その後、813系0番代を狙いに鳥栖まで移動しましたが、鳥栖駅も晴れ。

結局、この日に曇りのもとで撮れた写真はこの1枚だけ。

 
サハ883-3

サハ883-3(分オイ)  2018年1月25日 香椎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

14時過ぎには撮影を諦めて福岡空港に移動し、18時過ぎまで3月末に発売されるムックの原稿を書いてました。

 
今回も成果の少ない九州遠征で、天気予報不信がさらに酷くなる遠征で終わりました。

どのような予報のときに九州、特に長崎に行けばいいのでしょうか?

 
2月になると春節(旧正月)で中国人観光客が多くなって撮影が難しくなるし、3月になると青春18きっぷシーズンで普通列車の撮影が難しくなるし、4月以降は少しずつ駅構内の雑草が伸びてくるし…

悩ましいなぁ〜



この形式写真に関連するタグ: 883系 , JR九州