筑豊本線で活躍していたオール転換クロスシート車のキハ31形(キハ31 8)

この週末のダイヤ改正で三角線のキハ31形は引退し、これによりキハ31形の定期運用は消滅しました。

滞泊運用があった関係で最後の運転はダイヤ改正当日の3/16(土)までズレ込んだようですが、キハ31形の運用はすべてキハ47形に置き替えられたようです。

 
読売新聞によると、現存のキハ31形はすべて3月中に廃車とのことですので、三角線で使用されていた熊本車両センター(熊クマ)の6両だけでなく、小倉総合車両センターへの伴走車として残っていた直方車両センター(本チク)の2両も引退となるようです。

3/23(土)に筑豊本線桂川〜原田間(原田線)で臨時列車によるラストラン(さよなら運転)が運転されるので、この1往復がキハ31形の最後の営業運転となるのでしょうね。

 
こちらでは、キハ31形引退のニュースが発表される直前に キハ31 10 をアップしましたが、同車は座席のほとんどがロングシート化された通勤通学対応車でした。

撮影した2017(平成29)年2月当時、筑豊本線(若松線)にはオール転換クロスシート車も残っており、こちらのタイプも キハ31 10 の直後にドア付近のみ座席を撤去した キハ31 8(本チク)を撮ってましたので、今回は同車をアップしたいと思います。

側窓越しに横引きカーテンが見えるのがオール転換クロスシート車の特徴です。

 
キハ31 8

キハ31 8(本チク)  2017年2月23日 二島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

写真の キハ31 8 は国鉄時代の1987(平成62)年2月に新潟鐵工所で落成し、大分運転所(分オイ)に配置されました。

キハ31形は将来のワンマン化に対応できるように出入扉を両端に設けた車内配置でした。

 
キハ31形の平面図

キハ31形の平面図(再掲)

 

分オイ時代の1991(平成3)年10月に小倉工場でワンマン運転対応に改造されましたので、恐らくこのときに出入扉付近の座席が撤去されたと思われます。

立席スペースが増えたので、定員は98名から99名に増えました。なお、ロングシート化された キハ31 10 は111名まで定員が増加しています。

 
キハ31 8(ワンマン対応改造車)の平面図

キハ31 8(ワンマン対応改造車)の平面図

 

写真右側に保護柵が取り付けられた側窓が3つ確認できますが、この部分の座席が撤去されています。
しかし、ロングシートには改装されてませんので、当時の特急用車両みたいな横引きカーテンは存置されました。

豊肥本線大分口などで長らく使用されましたが、赤い車体のキハ220形200番代が新製投入されたため2006(平成18)年8月に筑豊篠栗鉄道事業部(本チク)に転属となり、それ以降はおもに筑豊本線若松〜直方間(若松線)で使用されました。

 
2017(平成29)年3月に若松線が架線式蓄電池電車(DENCHA)のBEC819系に置き替えられたため、キハ31 8 はすぐに小倉総合車両センターに回送され、同年7月に廃車されてしまいました。

 
先輩のキハ40系よりも先の引退ですが、駆動機関(エンジン)は更新されてないですし、トイレも追設されてないので仕方ないでしょうね…

香椎線のDENCHA化で形式消滅となる可能性の高いキハ31形(キハ31 10)

ダイヤ改正を来週に控え引退が近いと予想される形式をアップしたいと思います。

 
香椎線のDENCHA化(BEC819系による置き替え)にともなう車両転配で淘汰される可能性の高いキハ31形です。

写真は筑豊本線(若松線)がDENCHA化される直前に二島駅で撮影した直方車両センター(本チク)の キハ31 10 です。

 
キハ31 10

キハ31 10(本チク)  2017年2月23日 二島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

1987(昭和62)年4月の国鉄分割民営化を前に、民営化以降も経営が厳しいと予想されたJR九州の経営基盤整備を目的に新製投入されたのがキハ31形です。

17m級のステンレス製車体に両運転台が設置されており、将来のワンマン運転に備えて出入台を車体の両端に設置しています。

駆動機関(エンジン)はキハ37形のDMF13S(210PS/2,000rpm)を横形(水平シリンダー形)に設計変更したDMF13HS(250PS/2,000rpm)を搭載しました。

 
しかし、コスト削減のため台車は廃車発生品のDT22G(動台車)とTR51E(従台車)。

運転室(乗務員室)は半室構造、乗務員用扉は運転台側のみ、前後の客用扉はバス用の2枚折り戸を採用、トイレは設置なし。

車内の座席は新幹線0系の廃車発生品の転換クロスシートが910mmのピッチで設置されましたが、2+1列の配置で通路用のスペースを考慮したものでした(民営化直後の1988年に増備された キハ31 21〜23 は0系の発生品ではなく新品の転換クロスシートを設置)。

 
ちょっと平面図を描いてみましたが、キハ31形の車内配置はこのような感じでした。

 
キハ31形の平面図

キハ31形の平面図

 

写真の キハ31 10 は国鉄時代の1987(平成62)年2月に落成し唐津運転区(門カラ)に配置されましたが、竹下気動車区(門タケ)への貸出というかたちで香椎線などで使用されました。
国鉄最終日の3月末付で竹下気動車区(門タケ)に転属し、名実ともに香椎線用の車両となりました。

しかし、翌年の1987(昭和63)年3月に長崎運転所(崎サキ)に転属となり、1992(平成4)年7月には大分運転所(分オイ)へと再度転属しました。
この時期はキハ125形やキハ200形の新製投入や快速「シーサイドライナー」(長崎地区)のアコモ改造が行われており、その他の形式についても配置区の集約などが進められていました。

 
キハ31 10 は分オイ時代の1997(平成9)年10月に座席のロングシート化が行われて、2人掛けの転換クロスシートを一部残して大部分のスペースがロングシートに改装されました。

このようなロングシート化改造は地方都市圏輸送でよく見られましたが、キハ31形の場合は車番の変更は行われませんでした。

 

キハ31 10(ロングシート改造車)の平面図

 

ロングシート化改造後もしばらく大分地区で使用されましたが、2006(平成18)年にキハ220形200番代が新製投入されたため、同年8月に筑豊篠栗鉄道事業部(本チク)に転属となりました。

このときの転配でキハ31形の約2/3が本チクに集約され(残りは熊本車両センターの配置)、老朽化したキハ58系が淘汰されたため同系列の稼働車は「TORO-Q」「あそ1962」の3両のみとなりました。

 
各地独自の仕様に改造されていたキハ31形が本チクの配置となったため、若松線や後藤寺線などでは座席のタイプ別に運用が分かれていたようです。

若松線ではキハ47形と共通で運用されていましたが、実際は朝の通勤通学時間帯の増結運用が多く、今回の写真のように跨線橋に掛からないように撮影するためには朝早く現地に行かないと叶わない状況でした。

 
キハ31 10 はこの写真を撮影した2週間後の2017(平成29)年3月に熊本車両センター(熊クマ)に転属し、現在は三角線(熊本〜三角間)で使用されています。

しかし、来週のダイヤ改正(3/16)で香椎線(西戸崎〜宇美間)のキハ40系が架線式蓄電池電車(DENCHA)のBEC819系に置き替えられるので、恐らく余剰となるキハ40系の玉突き転配で熊クマのキハ31形は置き替えられることになるでしょう。

本チクに残っているキハ31形の2両はすでに定期運用から離脱しているので、熊クマの6両が置き替えられると稼働車はいなくなります。

保留車として一部は残るかも知れませんが、そう長くは続かないでしょう。

 
同期のキハ32形(JR四国)とキハ54形(JR北海道・JR四国)はまだまだ現役なので比較されてしまいますが、中古品を多用した低コスト車両の割にはよく頑張った方だと思っています。

安全確認カメラの搭載工事により廃区分となりそうなクモハBEC819形0番代

九州遠征の撮影2日目(2/28)の話しです。

 
撮影初日(2/27)は石巻遠征(2/19)の幸運のお零れがあったのかレアな形式ばかり撮影できましたが、夕方からの雨が予報よりも強く降ったので2日目(2/28)は予報に反して晴れるかも知れないつもりで行動しました。

計画当初は、朝一番で直方に移動して併結運用にはいるBEC819系を撮るつもりでしたが、撮影できる確証がなかったので、確実に撮影できるチャンスを求めて朝の鳥栖駅を訪れることにしました。

 
目的は、特急「ゆふ」のキハ185系。

デジタル一眼レフに持ち替えてから撮ったことがなかったので、久しぶりに撮ってみようかと…

でも、同駅でのサプライズは415系1500番代がほとんど乗客のいないときに撮れることでした。

ちょうど雨がやんでバラストが乾いていた時間帯だったので、長崎駅の留置線では撮れなかった2両が障害物のない状態できれい撮れました。
どこで撮ろうか悩んでいましたので、お気軽に撮れたので助かりました。これでJR九州の415系各区分の撮り直しは終りました。

 
すぐに博多を経由して直方に移動し、撮れるだろうと予想していた時間帯にBEC819系を待ち構えていましたが、残念ながら停車位置などの関係で撮れないことが判明しました。

BEC819系の撮影をあきらめて門司港に移動しましたが、途中の中間(なかま)駅で敷地外から撮影できそうなポイントを発見。
すぐに下車して30分後の若松行きを待って構図を構えてみたら、意外にきれいに撮れることが確認できました。

さらに30分待ってBEC819系を撮るつもりでいたら、こんどは露出を心配するほど分厚かった雲がなくなってしまい、ピーカンに…

 
白い車体のBEC819系を晴れたときに撮りたくはなかったのですが、三脚をセットして構えていたら運よくはぐれ雲がうっすら太陽を遮り、そのときにBEC819系が入線したので車体がスッ飛ばすに済みました。

 
ということで、今回はチクZ003編成の クモハBEC819-3(本チク)をアップしたいと思います。

量産先行車の クモハBEC819-1 とは逆側となります。また、交流電化区間で運用中なのでパンタグラフを上げた状態になっています。

 
クモハBEC819-3

クモハBEC819-3(本チク)  2019年2月28日 中間駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

BEC819系は2016(平成28)年4月に量産先行車(Z001編成)が落成し、量産車の増備を経て2017(平成29)年3月改正から本格運用された架線式蓄電池電車です。

そんな新しい形式ですが、車体側面の前後に安全確認カメラを搭載して100番代に改造する工事が始まりました。

2018(平成30)年内にすでにチクZ007編成の2両は100番代に改番されました。

 
新しいJR車両だからいつでも撮れると思っていると大間違いです。

オリジナルの姿が見られたのはごくごく短期間だった、ということはよくあることです。

 
そう思って早めにBEC819系を撮りに行きましたが、きれいに撮れたのはこの1両だけでした。でも、撮れただけマシですけどね…

このカットを撮り終えたら再び雲がなくなってしまったので、北九州地区には長居せずに小倉から新幹線に乗って帰りました。

流線形から貫通形に改造されたクロハ782形400番代(クロハ782-407)

九州遠征の初日(2/27)の続きです。

 
同日は、前回の報告のとおり鹿児島駅で「海幸山幸」のキハ125形400番代と総合検測車のキヤ141系を撮影していましたが、鹿児島での目的は11時前に済んでしまったので、すぐに九州新幹線に乗って鳥栖に移動しました。

 
鳥栖駅は博多駅を発着するほとんどの列車が撮れるので、今回は閑散期のときに顔を出す783系「みどり」のクロハ782形をキッチリ撮ることを意識してみました。

「ハウステンボス」と併結運転をすると「みどり」のクロハ782形は中間に入ってしまうので、こういうときを活かさないとクロハ782形の顔出しは簡単に撮れませんからね…

 
博多〜佐世保間を結ぶ特急「みどり」は南福岡車両府(本ミフ)の783系4両編成(Cm11〜Cm15編成)が使用されていますが、5運用を5本の編成だけで回しているので、「みどり」単独では予備編成を用意していませんでした。

しかし、「かいおう」「きらめき」用の783系4両編成(Cm31〜Cm33編成)とはクロハ782形の仕様が一部異なるだけだったので、2006(平成18)年3月に「きらめき」用だったCm35編成の クロハ782-7 の前頭部が非貫通・流線形から貫通形に改造されて クロハ782-407 に改番されました。

 
このような経緯でCm35編成は共通予備編成となりました。

でも、“みどり”色の「みどり」とリニューアル色の「かいおう」「きらめき」の双方で使用されるため、“みどり”色とリニューアル色の折衷タイプの風変わりな塗色となりました。

 
貫通形先頭部ブロックの部分は「みどり」用のクロハ782形100番代と同じように緑色に塗装され、車体側面は標準塗色のように腰部と後位車端部にブロックパタンが描かれています。

でもよく見てみると、乗務員扉の横には“MIDORI EXPRESS”のロゴが入っています。

なんとも不思議な塗色です。

 
九州遠征の初日(2/27)の午後は残り1両となったサハ811形200番代(サハ811-202)の非トイレ側が撮れるなど、少々無理をして九州新幹線で移動した甲斐があった一日でした。

ということで、今回はミフCm35編成の クロハ782-407 をアップしたいと思います。

 
クロハ782-407

クロハ782-407(本ミフ)  2019年2月27日 鳥栖駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クロハ782-407 の種車の クロハ782-7 は「有明」用として1988(昭和63)年に増備された2次車です。

そのため、行先表示器が後位車端部ではなく中央部の出入扉の後位側に設けられています。
このような差異はとなりの2両目(6号車)に連結されている サハ783-7 にも見られます。

2次車は各形式とも両数が少ないので追いかけるとなると結構難儀します。

 
撮影中はどうしても1区分1両の珍車 クロハ782-407 に目が行ってしまいますが、外観の異なる仕様変更車を見落としていることが多々あるので、もう少し予習してから遠征に臨むようにしたいと思います。

高千穂鉄道からJR九州に譲渡された「海幸山幸」用のキハ125形400番代

3月16日のダイヤ改正を前に積極的に撮影に出ようと天気予報をチェックしていたところ、“DJ鉄道楽ナビ”の臨時列車運転情報に宮崎車両センター(鹿ミサ)の「海幸山幸」編成が鹿児島駅に3分停車する情報が掲載されていたので、これを絡めて2日間ほど九州に遠征してきました。

 
観光特急「海幸山幸」用のキハ125形400番代は、通常の運転区間(宮崎〜南郷間)ではきれいな構図で形式写真が撮れないので、「海幸山幸」運転日以外の団体臨時列車で撮影できないかウォッチングしていました。

夏場は駅構内の雑草がひどくなるので、この時期に団体列車が運転されないか気にしていたところ、キハ125形400番代とJR西日本のキヤ141系が1時間違いで鹿児島駅に入線することが分かりました。

ちょうどその日の天気予報は一日曇り。
お昼前に鹿児島中央を発てば鳥栖駅で415系1500番代が撮れるだろう、というプランが描けたので、急遽、2/26(火)夜の便で鹿児島入りすることにしました。

 
撮影当日の2/27(水)は天気予報どおり曇り。

申し分のない形式写真日和のもと、鹿児島駅に定刻どおりキハ125形400番代が入線し、3分間停車してくれました。

数年前から撮影機会を探っていた車両だったので緊張しながら三脚をセットしてシャッターを切りましたが、失敗することなく1号車“山幸”の キハ125-401 と2号車“海幸”の キハ125-402 を撮りました。

 
約1時間後のキヤ141系は入線時に晴れてしまいましが、こちらは6分停車だったので、停車中に雲が太陽を遮ってくれたときにうまく撮ることができました。

 
ということで、今回は観光特急「海幸山幸」で使用されているキハ125形400番代の キハ125-401(鹿ミサ)をアップしたいと思います。

 
キハ125-401

キハ125-401(鹿ミサ)  2019年2月27日 鹿児島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ125形400番代は、2005(平成17)年9月の台風被害により廃線となった第三セクターの高千穂鉄道(旧国鉄高千穂線)のTR-400形(TR-401・TR-402)をJR九州が2009(平成11)年9月に購入した18m級気動車です。

内外装のデザインはドーンデザイン研究所の水戸岡鋭治氏が担当し、ほかのD&S列車(観光特急)と同様の車内設備に改装されていますが、車体の側面に宮崎名産の木材(飫肥杉)を使用しているのが外観上の特徴となってます。

 
高千穂鉄道で「トロッコ神楽号」として使用れていた当時、側窓ははめ込みタイプで、座席も木製ベンチがボックス状に並んだものでした。

しかし、JR九州入籍後は側窓が固定窓に変更され、座席も1+2列の回転リクライニングシートに交換されています。

 
写真の キハ125-401(1号車“山幸”)は後位側(4位側)にバリアフリー対応の大形洋式トイレを追設しているため、定員は21名とやや少なっています。

2号車“海幸”の キハ125-402 はトイレがないので後位側にもリクライニングシートが9名分設置されていますが、同部分を自由席エリアとしているので指定席定員は2両とも21名で揃えられています。

 
外装の飫肥杉パネルがくすんできたので、表層を削るなどの処置を施して欲しいレベルのように感じます。

窓越しに見える車内の木材がきれいなのですから、そのくらいの手入れはした方がいいでしょうね…