福北ゆたか線仕様となった唯一の813系200番代(クモハ813-228)

今年のゴールデンウィークは結局何処にも撮りに出掛けませんでした。

週末の一昨日昨日(5/6・5/7)は場所を選べば関東地方でも曇った地域があった模様…
でも、そのチャンスを活かすことができず、非鉄かつシングルファーザーな日々で終わりました。

午前中だけで帰ってこれる場所を考えていたのですが、4月までの遠征疲れなのか… 動き回るだけの体力がありませんでした。

ゴールデンウィーク中はいつも以上に家事に追われていたので、仕方ないということで…
 
 * * *

 
ここ数日でだいぶ暑くなってきましたし、一部では真夏日のところも出てきていますので、この冬の成果を少しずつ整理していきたいと思います。

 
今回は、筑豊本線・篠栗線(福北ゆたか線)の直方駅で撮影した813系200番代の奇数向き制御電動車(Mc)の クモハ813-228(本カタ)です。

 
クモハ813-228

クモハ813-228(本カタ)  2017年2月22日 直方駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

813系は、九州北部の都市圏輸送で活躍するJR九州の近郊形交流電車です。

製造された期間が比較的長く、しかも増備ごとに改良されたため番代区分が非常に複雑になっています。
転換クロスシートを配置するなど一般の乗客にも評判のよい接客サービスを採用した車両です。

 
番代区分などの特徴を細かく挙げると分かりにくくなるので、エッセンスだけを下表のようにまとめてみました。

 

0番代
(1次車)
421・423系の置換用として1994(平成6)年に登場(JR九州では初のVVVFインバータ制御車両)
落成当初は“クモハ813 + クハ812”の2両編成、その後サハ813形400番代を中間に組み込み3両編成となる
100番代
(2〜4次車)
715系などの置換用として1995・1996(平成7・8)年に落成
落成当初は2両(クモハ813 + クハ812)または3両(クモハ813 + サハ813 + クハ812)の2種類の編成が存在。その後2両編成はサハ813形500番代(8次車)を中間に組み込み3両編成となる
200番代
(5〜7次車)
鹿児島本線の列車増発用として1997・1998(平成9・10)年に落成
すべて3両編成(クモハ813 + サハ813 + クハ812)で落成
300番代
(9次車)
事故廃車となった0・200番代編成の代替補充用として1995(平成7)年に落成
すべて3両編成(クモハ813 + サハ813 + クハ812)で落成
400番代
(10次車)
2両編成の0番代(1次車)を3両編成化するために2003(平成15)年にサハ813形400番代のみ登場
500番代
(8次車)
2両編成の100番代(3・4次車)を3両編成化するために2001(平成13)年にサハ813形500番代のみ登場
813系では唯一のロングシート車両
1000番代
(11次車)
輸送力増強用として2005(平成17)年に落成
登場当初からすべて3両編成であるが、電動車を編成中間に変更したため“クハ813 + モハ813 + クハ812”となった
1100番代
(12・13次車)
輸送力増強用および日豊本線小倉〜中津間のワンマン運転対応用として2007・2009(平成19・21)年に落成
すべて3両編成(クハ813 + モハ813 + クハ812)で落成
前面および側面の行先表示器が大形化

 

このように813系200番代は鹿児島本線の増発対応用として投入された3両固定編成ですが、製造された36本のうち1本だけは筑豊本線・篠栗線(福北ゆたか線)の電化開業(平成13年10月)の際に南福岡車両区(本ミフ)から筑豊篠栗鉄道事業部(本カタ)に転属しました。

このとき、本カタに投入された3両編成はほとんどが813系100番代に新製車のサハ813形500番代を組み込んだ100・500番代混合編成でしたが、所要編成本数の関係で1本だけは813系200番代(RG228編成)が転用されました。

その後、本カタの3両編成は2本増えましたが、813系1000番代が転入しましたので200番代の仲間は増えませんでした。

 
813系の本ミフ配置は先頭部と客用ドアを赤色としたJR九州らしい特徴的な塗色ですが、本カタでは赤色部分をシルバーに変更して落ち着いた塗色にまとまっています。

本カタ車は黄色の福北ゆたか線のロゴマークがドア横に貼付されているので、無彩色だけで終わらずいい感じのアクセントとなっています。

 
本カタでは唯一の813系200番代ですが、見分けるのは簡単です。

ドア横にリブがなく、客窓およびドア窓が黒色のスモークガラスになっていない透明ガラス窓の車両を確認すれば、それは813系200番代のRG228編成です。
少し引いて、中間車にパンタグラフがないことが確認できれば、絶対にRG228編成です。

 
上述したように813系はバリエーションが豊富なので、番代区分を見分ける方法を知っておくと撮影するときに役に立つと思います。



この形式写真に関連するタグ: 813系 , JR九州

転換クロスシートからロングシートに改造された鹿児島地区の キハ200-560

ここのところ九州に遠征ばかり行ってますが、先週も“曇りときどき雨”の予報が3日連続で出てましたので、フットワーク軽く3/29(水)から前泊を含めて3泊4日の計画で行ってきました。

今回は特に鹿児島地区を中心に撮影するつもり。現地に3日滞在すれば1日くらいは曇るだろうと軽い気持ちで行きましたが、天気予報がアテにならないというのを痛感する遠征となりました。

 
鹿児島地区のローカル運用を鹿児島中央駅で撮影すれば鹿児島車両センター(鹿カコ)に配置されている電車と気動車が一網打尽できるつもりで行きましたが、今回も惨敗。

 
3/29(水)は移動日だったので撮影初日は3/30(木)でしたが、曇ったのは初日の午前9時から11時過ぎまでの2時間ちょっとだけ。
明け方までの大雨で線路端は水浸し、雨があがってからは曇るのをスッ飛ばしてほとんど晴れベースの天気に移ってしまったので、形式写真を撮るうえでは最悪の状況。

昨年12月下旬に目撃した鹿児島中央駅の線路を覆っていた立ち枯れた雑草は落ち着いていましたが、曇ってくれた2時間を有効的に使うしか手立てはありませんでした。

今回も鹿児島中央駅とはあまり縁がなかったようで、3日連続の“曇りときどき雨”予報も残り2日が一日中雨と晴れに変わってしまったため、撮影初日のお昼過ぎには九州新幹線に乗って東方に長距離移動することにしました。

 
鹿児島地区のお天気が安定的に曇って欲しいと望むのは欲張りでしょうか?

 
それでも鹿児島中央駅に2時間滞在して数両の鹿カコ車が撮影できましたので、今回はそのうちの1両をアップしたいと思います。

おもに指宿枕崎線(鹿児島中央〜山川間)で使用されているキハ200形のうちの1両で、座席が転換クロスシートからロングシートに改造された キハ200-560(鹿カコ)です。

 
キハ200-560

キハ200-560(鹿カコ)  2017年3月30日 鹿児島中央駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ200-560(トイレ付き)と キハ200-1560(トイレなし)の2両編成は、約1年前の2016(平成28)年3月に通勤通学輸送対応として客室の座席が転換クロスシートからロングシート改造されたものです。

このときに、原番号に550がプラスされて改番されましたので、種車は キハ200-10 と キハ200-1010 の2両ということが分かります。

新製時からロングシートに仕様変更されたキハ200形500・1500番代も鹿カコに配置されていますので、キハ200形のロングシート車はぜんぶで2両編成5本が配置されていることになります。

鹿児島県在住の形式写真仲間のふじさんによると、キハ200-560・1560 は500・1500番代と共通で運用されているようなので、今回アップした キハ200-560 を撮るとなるとそれなりに気合いが必要だということです。
そう考えると、今回は運がよかったのかも知れませんね…

※ ふじさん、貴重な情報ありがとうございました。

 
なお、ロングシート改造のキハ200形550・1550番代は佐世保車両センター(崎サキ)にも2両編成1本配置されていますが、こちらは鹿カコ車と異なり1本のみで限定運用されています。
曇ってくれれば簡単に撮れる車両のはずですが、長崎に行くたびに曇り予報がハズレるので、こちらは今のところ未撮影に終わっています。

 
九州遠征は不運続きですが、こういう地味な成果を積み重ねていかないといけないみたいですね。

こんどは期待値を下げて遠征に臨むようにします。
そうしないと精神的に辛いですからね…



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ125・200系

非電化区間を走る蓄電池電車のBEC819系量産先行車(クモハBEC819-1)

今回は九州遠征2日目(2/23)の話しです。

 
この日は、午前中から筑豊本線(若松線)の架線式蓄電池電車(DENCHA)のBEC819系量産先行車を撮りに行きました。

 
二島駅は1月の九州遠征のときに2回行きましたが、雪または晴れてしまったために撮ることができませんでした。
今回の遠征でも前日(2/22)に寄ったものの、こんどは雨。

ここでは、クモハBEC819形のほかにも3月4日ダイヤ改正で引退予定のキハ47形とキハ31形も撮りたかったのですが、みごとに天気にはハズされっ放し。

うまく曇ってくれれば2時間ぐらいの滞在で済むはずですが、何しろうまく曇ってくれません。特にトイレなしのキハ31形は他線区への転用が難しいので、ここで撮っておきたかったのですが…

 
でもこんな執念が通じたのか、ようやく4度目の正直で二島駅の滞在中に安定して曇ってくれました。

座席の大部分がロングシートに交換された キハ31 10(定員:111名)とドア付近だけ座席が撤去された キハ31 15(定員:98名)、そしてキハ47形8000番代を撮影。

そのあと、今回アップする クモハBEC819-1(本チク)も撮影。

すぐに直方に移動し、普段は日田彦山線で使用されている キハ140 2041 が何故か撮影でき、今回も大満足。

 
門司港に移動して811・813・817系を撮るつもりでしたが、お昼からの晴れ予報どおり雲が薄くなってしまいました。

門司港での撮影は期待していなかったので、すぐに小倉に戻って博多発の「のぞみ」に乗車。1月に引き続き新幹線の5時間の長旅を堪能して帰路に就きました。

 
クモハBEC819-1

クモハBEC819-1(本チク)  2016年2月23日 二島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

明日(3/4)からは筑豊本線の非電化区間(若松線)がすべてDENCHA(BEC819系)化されるので量産先行車が撮れる確率が低下します。でも、一方で直方駅で撮れる可能性も生まれるので急いで量産先行車を撮る必要もありませんでしたが、筑豊篠栗鉄道事業部(本チク)のキハ31形撮影の副産物ですので、ありがたく撮影させていただきました。

 
パンタグラフを降ろして非電化区間を電車が走る光景にはまだ慣れませんね…
つい目を疑ってしまいます。

明日(3/4)のダイヤ改正でJR東日本の烏山線も全列車が架線式蓄電池電車に置き替えられます。このような動きが進んでいくので、そのうちに馴染んでくるのでしょうね。



この形式写真に関連するタグ: BEC819系 , JR九州

筑豊本線に投入された蓄電池電車のBEC819系量産先行車(クハBEC818-1)

先月末の九州遠征の撮影報告をしている途中でしたが、確定申告の準備と買い取りした本山の整理に没頭してしまい、遠征2日目(1/23)の報告が延び延びになってしまいました。

すみません。

青色申告書の作成がだいたい終わったので、こちらの更新を再開したいと思います。

 
当初から、今回の九州遠征は福岡県内という狭い地域を1泊2日で撮影する行程を考えていました。

前回アップしたように遠征1日目(1/22)は福岡空港到着後にすぐに香椎線宇美駅に向かいましたが、2時間少々の滞在で少数派の キハ40 2037 と一通りの番代区分のキハ47形が撮影できてしまったので、こんどは20数年ぶりに直方に立ち寄り筑豊本線の非電化区間(若松線)に移動しました。

曇り予報で実際に曇る確率ってかなり低いと思っているので、雪雲の動きを気にしながら電化された筑豊本線(福北ゆたか線)を北上しました。

 
以前、筑豊本線に乗車したときは直方気動車区(本カタ)のキハ66・67形が頻繁に走っていた時代ですからね…

まだ、屋根上機器が原形のまま。箱形の押込式通風器とラジエーターが残っていた時期で、塗色だけ九州地域色になっただけ。国鉄分割民営化のときの外観が残っていた最末期のときだったと思います。

 
キハ66 10

キハ66 10(本カタ)  1994年5月4日 直方気動車区

 

そんな筑豊本線(篠栗線)も今では福北ゆたか線なんて愛称が付いた電化路線になっています。

非電化で残っていた若松〜折尾間(若松線)も、架線式蓄電池電車(DENCHA)の先行投入区間として2016(平成28)年10月からBEC819系量産先行車が走っています。

さらに、来月のダイヤ改正には若松線のすべての列車がDENCHA化される予定で、この区間を走るキハ40系とキハ31形はBEC819系に置き替えられます。

 
ということで、香椎線宇美駅のあとに若松線の二島駅に向かいましたが、遠征1日目(1/22)は残念ながら雪が強くて撮れませんでした。

 
気を取り直して遠征2日目(1/23)にもう1回二島駅に訪問。

天気予報がハズレ気味でやや晴れベースの天候でしたが、何とかBEC819系量産先行車の2両が撮れましたので、今回は床下機器の主回路用蓄電池が印象的な クハBEC818-1(本チク)をアップしたいと思います。

 
クハBEC818-1

クハBEC818-1(本チク)  2017年1月23日 二島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

BEC819系は、JR九州が非電化区間で運行しているキハ40系などの国鉄形気動車の置き替えを目的に開発された世界初の交流方式による架線式蓄電池電車の新製車です。

817系改造の試作車による試験結果を踏まえて実用化した量産形式で、車体構造と接客設備は817系2000番代をベースとし、305系で採用された改良点も反映されています。

今のところBEC819系は、クモハBEC819-1 と クハBEC818-1 の1ユニット2両編成(Z001編成)の1本のみが在籍し、2016(平成28)年10月に営業開始しました。

「“D”UAL “EN”ERGY “CHA”RGE TRAIN」の頭文字をとった「DENCHA」の愛称も817系改造車から引き継いでおり、車体のロゴもクリーン・エネルギーをイメージした水色になっています。

 
BEC819系は交流電化区間では通常の交流電車として走行しますが、走行中や停車中に架線からの交流電力を蓄電池に充電するので、非電化区間では蓄電池を電源として走行し、ブレーキ時に回生エネルギーを蓄電池に充電することもできます。

JR東日本が烏山線に投入したEV-E301系も同様のシステムを採用しているが、こちらは直流用蓄電池電車となっています。

 
来月のダイヤ改正では、BEC819系をベースとして耐寒耐雪対策を強化したEV-E801系がJR東日本秋田支社の奥羽本線・男鹿線(秋田〜男鹿間)に投入されることになっているので、当面はこのタイプの架線式蓄電池電車が交流区間では標準となると思われます。

キハ40系も安泰ではなさそうですね。



この形式写真に関連するタグ: BEC819系 , JR九州 , キハ66系

香椎線では少数派のキハ40形2000番代(キハ40 2037)

ほぼ1週間前に九州遠征に出てましたので、今回はそのときのことを書きたいと思います。

 
冬から春にかけては駅構内の雑草の心配がほとんどない時期なので、今シーズンは九州遠征の固め打ちをしようかな〜、と。

その先陣として12月に九州遠征に出掛けましたが、残念な結果に終わってしまったので、もう一度作戦を練り直して遠征に出るタイミングを図っていました。

前回の遠征は天気予報がハズレたのが敗因でしたが、それ以外にも臨時列車の運転にこだわり過ぎたのもよくなかったようです。

 
なので、こんどは遠征期間を1泊2日に、さらに撮影エリアを狭く絞れば失敗を最小限に抑えられると考えました。

そのような条件で天気予報をウォッチングしていたところ、北九州地区で1/22(日)、1/23(月)と2日間連続で曇りときどき雪の予報が出ました。

 
日曜日出発なので羽田発福岡行きの早朝便の予約が簡単に取れる状況。
この時期の九州地方は日の出が遅いので、当日入りしても福岡近郊ならそれほどデメリットにはなりません。

これならば現地に前日入りする必要がないので、旅費を圧縮できます。

福岡近郊で思い浮かぶ撮影地として鹿児島本線の香椎駅か鳥栖駅がありますが、今回は以前から気になっていた香椎線の終着、宇美駅で撮ることにしました。

 
香椎線は次回のダイヤ改正では大きな影響を受けない路線だと思われますが、いつまでもキハ40系がのんびり走る路線だとは限らないので、昼間の運用に入っているキハ40形2000番代とキハ47形0・1000・8000・9000番代をターゲットとすることにしました。

香椎線で使用されるキハ40系は筑豊篠栗鉄道事業部直方車両センター(本チク)の竹下運用車ですが、筑豊本線や日田彦山線、後藤寺線で使用される直方運用車とは完全に運用が分けられています。

こちらのキハ40系は南福岡車両区竹下車両派出(竹下駅構内)に常駐しているグループで、キハ40形の2両とキハ47形の23両が基本的に2両編成を組成して香椎線内だけで運用されています。

 
香椎線用のキハ47形は、客室の座席を撤去して立席部分を広くしてクロスシートの一部をロングシート化するなどの通勤化改造が施され、さらに窓枠がオレンジ色で囲まれた部分に行先表示器を取り付けているのが特徴となっています。

一方、香椎線では少数派となるキハ40形は、キハ47形と異なる工事が施工されているので撮影の題材として面白い車両です。

そんな車両が撮れたらいいなぁ〜、と思っていたところ、運よく宇美駅で本チク竹下運用車の キハ40 2037 の形式写真が撮れたので、今回は特徴側となるトイレ側の4位側から撮影したものをアップしたいと思います。

 
キハ40 2037

キハ40 2037(本チク)  2017年1月22日 宇美駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

上述のとおり、香椎線用のキハ47形は目立つように処理された行先表示器が取り付けられているのでネタにされることがありますが、一方のキハ40形はどのような状況か分からないと思いますので、キハ40 2037 の行先表示器もアップしたいと思います。

 
キハ40 2037の行先表示器(車外側)

キハ40 2037 の行先表示器(車外側)

 

キハ47形やもう1両の キハ40 2053 のようにオレンジ色の枠がないので目立たない車両ですが、行先表示器はトイレ窓の2つ横の狭窓部分に取り付けられています。

キハ40 2037 は香椎線用のキハ47形のように座席の撤去が行われていないので原形どおりの客室で、定員96(座席66)名のままですが、下の写真のようにLED式の行先表示器が狭窓部分にビス止めされています。

 
キハ40 2037の行先表示器(車内側)

キハ40 2037 の行先表示器(車外側)

 

形式写真では気が付かないようなレベルの後年改造ですが、アクアライナー色と連結するちょっと変わったキハ40形は模型としてもいい題材のようなので、注目してみては如何でしょうか?

なお、この行先表示器は4位寄りの1ヶ所のみの設置となっています。



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ40系