600番代に改番されたオリジナルタイプのEF81形(EF81 716)

九州遠征初日(1/23)の話しの続きですが、その日の黄昏時に撮影したJR貨物の EF81 716(門)がうまくレタッチできましたので、予定を変更して初日の2枚目をアップしたいたと思います。

 
鳥栖貨物ターミナル駅に留置されている電気機関車のうち1両だけは田代駅のホームの横にいるので、パンタグラフが上がる時間まで待てばきれいな形式写真が撮影できます。

しかし、冬場だとすでに日が暮れてからの撮影になるので、曇っていると逆に露出が足りなかったり、前照灯の光が煌々とした写真になってしまいます。
それを避けるために晴れた日の黄昏時に形式写真を撮るようにしていますが、今回は夕焼けの名残りの赤さが強かったので、レタッチに時間が掛かると思ってました。

そのぐらいの覚悟だったのですが、勘所が分かってきたのか、夕焼けの赤みが強い部分をうまくニュートラルな感じに直すことができました。

どうです…
黄昏時に撮った形式写真には見えないと思いませんか?

 
ということで、今回は門司機関区の EF81 716(元EF81 116)です。

 
EF81 716

EF81 716(門)  2018年1月23日 田代駅(鳥栖貨物ターミナル駅)

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

国土交通省の「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」等によって、運転速度が100km/hを超える線区を走行する車両については運転状況記録装置等の搭載が義務付けられました(2016年6月30日が猶予期限)。

JR旅客会社が所有するEF81形には運転状況記録装置が取り付けられましたが、JR貨物のEF81形は同装置が追設されなかったので最高速度が100km/hに制限されています。

同じ形式にも関わらず保安装置の有無により最高速度が区別されているため、JR貨物所有のEF81形0番代は原番号に600にプラスする措置が取られました。EF81形には他にも300・400・450・500番代が存在しますが、こちらはJR旅客会社に所属車がいないので改番されませんでした。

 
EF81形600番代はこのような経緯で登場した区分ですが、このような措置が執られた2012(平成24)年には初期車のほとんどが淘汰されていたので、EF81形600番代のほとんどは700番代を名乗っています。

しかし、日本海縦貫線のEF81形がEF510形に置き替えられたため、EF81形600番代も稼働車は富山機関区から門司に転属した数両だけとなってしまいました。

 
JR貨物になってから更新工事が実施されたため車体裾部に白線が追加されていますが、JR東日本所属車では見られなくなった運転室側面の落とし窓の点検蓋が残っています。

流石に、客車用の電気暖房(EG)の表示灯は撤去されているので、乗務員扉横が寂しいですけどね…

JR発足当初に増備されたEF81形450番代初期形(EF81 451)

昨日(3/1)、税理士に一通り用意した帳簿類を渡してようやく普通の生活に戻りました。

時間的に厳しいとかはなかったのですが、一つのことしかできない無能力者なので、ついついブログの方が疎かになってしまいました。

 
実は、ダイヤ改正前にキハ31形の撮影と実車調査をしたかったので、1週間前の話しですが、現地 2/22(水)〜2/23(木)の1泊2日で九州に遠征してきました。

今回は現地に朝入りしたかったのと、直前に九州行きを決めたため飛行機のチケットが間に合わなかったので、新神戸までは新幹線、三ノ宮からは夜行バスという少々無茶な行程で行ってきました。

 
阪急観光バス

 

ちょうど小倉に降り立った翌日(2/23)に今回乗車した「ムーンライト号」が3月末を以て運行休止となると発表がありましたので、私にとっては最初で最後の乗車になりました。

といっても、いつものように降車する小倉までまったく寝られなかったので、いつものように夜行バスを利用しなければよかったという後悔でいっぱいの乗車に終わりました。

 
現地1日目(2/22)は高速道路の火災事故の影響で少し遅れてのスタートでしたが、日田彦山線で田川後藤寺に寄ってキハ147形が撮れるか確認し(残念ながら撮影できず)、後藤寺線を経由して先月もお邪魔した直方に行きました。

お昼過ぎにキハ31形が構内回送で1分くらい駅ホームに停車するので、それまで813・817系のうち前回訪問のときに撮影できなかった区分を一通り曇天のもとで撮影。

そのうちに雨が降り始めたため、キハ31形の撮影をあきらめて筑豊本線(若松線)の二島に移動しましたが、雨があがらないためここでは撮影できませんでした。DENCHA のクモハBEC819形を撮り直したかったのですが、ダメした。

 
こんどは黒崎に移動。

1月訪問時は晴れベースの天気だったので下車せずに駅ホームからED76形を撮りましたが、こんどは太陽が顔を出す心配がなかったので下車して敷地外で待機。

運よく雨はあがってくれましたが、今回は手前に止まった貨物列車のコンテナ車の連結両数が長いため撃沈。
でも、入線してきた牽引機が所定のED76形ではなくEF81形450番代のトップナンバー機 EF81 451(門)だったので、あきらめずに急いで駅に戻って前照灯が点灯する前に2カットほど撮影。

雲の流れが変わってしまったので少し雨が降り始めてしましたが、気にせず撮ったのが今回アップする写真です。

 
EF81 451

EF81 451(門)  2017年2月22日 黒崎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

1991(平成3)年に関門トンネル通過用のEF81形400番代の増備車として落成したEF81形450番代の1両です。

このとき EF81 451・452 の2両が日立製作所で製造されました。1989(平成元)年に日本海縦貫線用として増備されたEF81形500番代を基本に重連総括制御装置を追加した仕様ですが、EF81 451・452 は前照灯と尾灯(標識灯)を一体のケースに収納して前面下部に配置した独特の顔立ちとなりました。

平成4(1992)年に EF81 453~455 が増備されましたが、こちらの3両はEF81形500番代と同様のデザインに戻されて従来車のイメージへ変更されましたので、おでこの両サイドに前照灯のない見慣れないデザインは EF81 451・452 の2両だけの特徴となりました。

 
不思議なデザインのEF81形。九州地区でしか見られない珍しいこのブログに相応しい車両ですので、撮れたときは他人に見られないように小さくガッツポーズ。

 
九州遠征の現地1日目(2/22)は、直方駅で筑豊本線(福北ゆたか線)を走るJR九州の電車が一通り撮影できたので、久しぶりに成果の大きい1日でした。こういう日は気持ちがいいですね…

JR貨物になってから増備されたEF81形450番代(EF81 453)

団体臨時列車「カシオペアクルーズ」「カシオペア紀行」が走るたびにEF81形が牽引する長大編成の走行写真がTwitterやFacebookのTLに溢れて賑やかになります(今週は EF64 37 に牽かれて信州に行ってましたが…)。

寝台特急「カシオペア」時代の末期にEF510形500番代が牽引していたのは何だったのだろう、なんて思ったりしますが、北斗星色のEF81形が先頭に立つ姿を見るとやっぱり応援したくなりますね。

見慣れている、ただそれだけなのですが、やっぱりね…

 
でも今回は、このブログらしくJR東日本エリアでは絶対に見られないEF81形をアップした方が面白いと思いましたので、乗務員扉をローズピンク(赤13号)にしたJR貨物標準色をまとったEF81形450番代をご覧に入れようと思います。

関門トンネルを通る本州〜九州間の貨物列車の増発に合わせて1991・1992(平成3・4)年に増備されたEF81形450番代、EF81 453(門)です。

 
EF81 453

EF81 453(門)  2016年2月22日 田代駅(鳥栖貨物ターミナル駅)

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

国鉄末期に関門トンネル通過用として転用改造されたEF81形400番代の増備車になりますが、こちらはJR貨物になってからの落成車で、旅客列車の牽引を考慮していないので電気暖房装置は搭載していません。

動力性能などの基本仕様は、ほぼ同時期に登場したEF66形100番代やEF81形500番代と同じように国鉄時代に落成した最終増備車を踏襲していますが、各部の機器類は当時の状況に合わせて新しいものに変更されています。

また、塗色もJR貨物標準色に変更されており、前面の飾り帯が廃止され、車号ナンバーが切り文字式に戻されて、ナンバーの取り付け位置も変更されました。

運転室の居住性向上のため落成当初から冷房装置が搭載され、助士側の側窓下部にルーバーが取り付けられています。このため助士席は廃止されて、同部分の窓が下降式から内開き式に変更されています。

 
1991(平成3)年製の EF81 451・452 は、前照灯と尾灯(標識灯)を一体のケースに収納して前面下部に配置してましたが、平成4(1992)年に増備された EF81 453~455 は従来車のイメージに近いEF81形500番代と同様のデザインに戻されました。

EF81 451・452 が撮影できていれば異色なデザインの不思議ちゃんがアップできたのですが、未撮影ですのでこんど九州遠征のときに狙ってみたいと思います。

寝台特急「さくら」を牽引していたJR九州の EF81 411

今月発売のイカロス出版刊の「季刊 Jトレイン」に形式写真を提供することになりましたので、ここ数日は久しぶりにフィルムスキャナ(Nikon SUPER COOLSCAN 9000ED)をセットして、懐かしい写真をきれいにスキャンしてました。

昨年3月の書庫の引っ越し以来、フィルムスキャナは使えない状態で、動くかどうか心配でしたが、特に問題なく写真データを編集にお渡しすることができました。

 
このときに過去のネガやポジを整理してみたところ、ほとんど撮影した記憶のない形式写真がたくさんできてきましたので、これを機にいつくかをスキャンしてみることに。

ただ、Mac周りのスペースの関係で数日後にはスキャナを撤去せざるを得ないので、今回は電気機関車を中心にスキャンしようと思っています。

 
今回は、昨晩(2/6)1枚だけスキャン&レタッチしてみた形式写真をアップしてみたいと思います。

JR九州に引き継がれた大分鉄道事業部大分車両センター(大)の EF81 411 です。

寝台特急「さくら」を下関〜門司間だけ牽引していたときに撮影した写真で、この区間はヘッドマークを掲出していませんでした。

 
EF81 411

EF81 411(大分)  2000年11月12日 下関駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

EF81形400番代は、関門トンネル区間(下関〜門司間)を担当していたステンレス機 EF30形を置き替えるためにEF81形0番代を重連総括制御に改造したグループで、日立製作所製の中期形車両を種車として EF81 401〜414 の14両が小倉工場で改造されました。

落成時期が国鉄民営化を見据えた1986(昭和61)年11月ダイヤ改正以降だったため、JR貨物へ継承予定の EF81 401〜408 は門司機関区に、JR九州に継承予定の EF81 409〜414 は大分運転所(のちの大分鉄道事業部大分車両センター)にそれぞれ配置されました。

なお、写真の EF81 411 は400番代に改造される前の EF81 52 のままで田端から大分に転入していたため、原番号のままブルートレインなどの旅客列車限定で運用されていました。

 
EF81 409~414 はJR九州に継承されたため、JR九州所属を意味する赤色のマークが第1エンド寄りの車体側面にJRマークが貼付されました。

関門トンネル区間では、EF81形は第1エンドを下関方に統一して重連総括制御用のジャンパ連結器やホース類を片渡りにして簡略化しています。
さらに、JR九州機はJRマークを第1エンドに寄せているので、JRマークの位置を見ればすぐに車両の向きが分かるようになっています。

ですから、下関駅ホームの構造が分からなくても、この写真を見ると車体左側に赤いJRマークが貼付されているので、下り列車だということが簡単に分かります。

 
大分配置のEF81形400番代は寝台特急「あさかぜ」などの旅客列車や一部の貨物列車にも使用されましたが、その後の寝台特急列車の廃止にともない徐々に両数を減らしました。

「あさかぜ1・4号」の臨時格下げ、「みずほ」の廃止にともない、1996(平成8)年3月に EF81 412・414 が廃車。

 
2005(平成17)年10月に「彗星」が廃止となって大分への送り込み運用がなくなってJR貨物門司機関区の常備となり、その時点での稼働車は EF81 410・411 の2両のみとなりました。

2006(平成18)年4月に保留車だった EF81 409・413 が廃車。

 
そして、最後まで残っていた九州ブルトレの「富士」「はやぶさ」が2009(平成21)年3月に廃止。

これによってJR九州所属のEF81形400番代は定期運用が消滅し、最後に残っていた2両も平成22(2010)年12月に廃車となりました。

 

そう言えば「さくら」という列車愛称は九州新幹線に引き継がれて久しいみたいですね。

でも、九州新幹線にまだ乗車したことがないので、「さくら」という愛称が新幹線に引き継がれているのが実感できません。

 
息子の大学受験が終わったら西に行こうと考えているので、新幹線「さくら」を体験してアップデートしたいと思います。

「トワイライトエクスプレス」を牽引する EF81 43

遠征2日目(2/23)の話しです。

前日(2/22)のうちに高岡入りしていましたので、当日は朝から高岡駅ホームで「トワイライトエクスプレス」の専用牽引機のEF81形を撮影しました。

 
あと2週間ちょっとで寝台特急「トワイライトエクスプレス」が廃止になるので、こういうときに牽引機を撮影するのは気が引けると思っていました。

しかし、当日は同列車を対向側から撮る同業者はほとんどなく、“激パ”とは別世界。普段通りにゆっくり三脚をセットして構図を調整しながら形式写真を撮影しました。

ただ、機関車のまわりには幾人かが写真を撮っていましたので、その人たちが写らないようにタイミングを図らないとならなかったのが、いつもと違うのかも知れません。

でも、人気列車というのは大体そういうものですけどね。

 
今回は、このときに撮影した「トワイライトエクスプレス」専用牽引機、敦賀地域鉄道部敦賀運転センター(敦)の EF81 43 をアップします。

 
EF81 43

EF81 43(敦)  2015年2月23日 高岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

敦賀にはEF81形が7両配置されていますが、「トワイライトエクスプレス」の牽引を担当するのは EF81 43・44・103・113・114 の5両です。

この5両は「トワイライトエクスプレス」用の24系客車と同じ深緑色をまとっており、乗り心地向上のため連結器が自動連結器から腹心装置付きの密着自動連結器に交換されています。

 
寝台特急「トワイライトエクスプレス」のヘッドマーク

愛称別トレインマーク事典より)

 
 * * *

 
今回の遠征は北越急行所属の681・683系(スノーラビット)をしっかり撮るのが目的でしたので、高岡駅での撮影はほどほどにして、すぐに魚津に向かいました。

 
9時過ぎには魚津に到着していたので、同駅には8時間ほど滞在。

列車が来たら対向ホーム側から写真を撮る、この作業をず〜っと繰り返していました。

 
途中で飽きてしまいそうになりましたが、北陸新幹線の金沢延伸開業で第三セクター化されて同駅が“あいの風とやま鉄道”になってしまったら撮りたい車両が来なくなるので、とにかく体力の限界と戦いながら写真を撮っていました。