「丹波路快速」で使用されている225系120km/h運用車(クモハ224-6013)

先月末の遠征は3日間鹿児島に滞在するつもりで九州内のJR車両や列車しか下調べしないで臨みましたが、結果は曇ったのは撮影初日(3/30)の2時間だけという散々な結果。

このまま鹿児島に滞在しても意味がないようだったので、お昼過ぎにはN700系「さくら」に乗って翌日が曇りそうな北近畿地区を目指すことにしました。
宿泊地は移動中に決めればいいというノープラン。青春18きっぷで鹿児島中央駅に入っていたので、これを無駄にしないために一部区間は在来線を利用するという理解不能なほど非効率な長距離移動でした。

何もかもがイヤになるくらいの失望感の中、翌朝早くから福知山線相野駅(兵庫県三田市)で撮影することにアタマを切り替えて何とか大阪に向かいました。

 
撮影2日目(3/31)、早朝から「丹波路快速」に乗って相野に移動しました。

「こうのとり4号」のクロ288形を撮るつもりで待っていたら、最後部の同車は撮影できないことが判明。
完全に下調べ不足です。やってしまいました…

完全に舞い上がってしまい、何を考えたのか天気予報を確認せずに和田山に向かうことを決心。篠山口に移動して225系6000番代を数両撮るまではよかったのですが、福知山に移動すると雨。

天気予報が雨に変わっているのに気が付かずに和田山方面に向かっていたのです。もうこうなるとすべてがダメダメ。

京都、米原、大垣と在来線を乗り継いで雨から逃げるように東方へ移動しましたが、もう何処に行っても雨だったので名古屋でこの日の撮影を諦めました。

静岡県内をドン行乗り継ぎで移動する気力も残ってなかったので、名古屋〜新横浜間はもちろん「のぞみ」。
“青春18きっぷ”の長距離移動には耐えられないアラフィフですからね… 名古屋からは早かったです。夕方には帰宅してしまいました。

 

成果のほとんどない撮影2日目(3/31)でしたが、篠山口で転落防止ホロを取り付けたクモハ224形6000番代がきれいに撮れましたので、今回は クモハ224-6013(近ミハ)をアップしたいと思います。

 
クモハ224-6013

クモハ224-6013(近ミハ)  2017年3月31日 篠山口駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

福知山線「丹波路快速」の225系は2012(平成24)年3月から運用が開始されました。

京阪神地区の「新快速」用の225系の一部が網干総合車両所(神ホシ)から宮原総合運転所(大ミハ)に転属して実現したもので、このときに最高速度を130km/hから120km/hに落とす措置が取られて6000番代に改番されました。

すでに「丹波路快速」用として使用されていた223系5500番代と同様に、先頭部の前面貫通扉と乗務員扉にオレンジ色の細帯が2本追加されているのが外観上の特徴です。

 
せっかくの相野遠征だったのに、この日の成果は3枚だけ。
雑草が生い茂る前にもう一度訪問したいと思います。

でも、そもそも今回は鹿児島遠征だったのですが…



この形式写真に関連するタグ: 225系 , JR西日本

「新快速」の中間電動車(モハ224-29)

京阪神地区で活躍する近郊形車両は今までほとんどうまく撮れたことがなくて、鉄道趣味が復活した10数年前から何かトライしています。

 
「新快速」に充当される車両の形式写真を駅ホームで撮る場合、かつては姫路駅が撮りやすくていい場所だったのですが、2006(平成18)年に高架化されたため撮れなくなってしまいました。

 
高架化される前に何度も姫路に遠征する計画を立てていましたが、(曇りという)天気に恵まれなかったり、両親の病気がひどかったりで、結局行けませんでした。

その後、会社員時代に大阪で知財コンサルをする機会があり、週末に出張の日程が絡むときは野洲駅に行けるかタイミングを図っていましたが、何度も何度も晴れてしまいダメ。

 
上り草津行きの列車が野洲の電留線(京都総合運転所野洲派出所)に入庫するときに、野洲駅の4番線(ホームなしの待避線)でしばらく停車するのを確認していたので、いつかここでリベンジを、と遠征できる機会を5年ほど伺っていました。

 
ようやく今月上旬の関西遠征でリベンジを果たすことができ、下の写真のようにうまく形式写真が撮れました。

 
モハ224-29

モハ224-29(近ホシ)  2013年3月2日 野洲駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 225系 , JR西日本

「新快速」の偶数向き制御電動車(クモハ224-10)

今年の1月に奥さんが移動になり、いままでの武蔵中原から台場に勤務地が変わり、ほとんど毎日深夜帰りが続くようになりました。これに伴い、平日は完全にシングルファーザーになってしまいました。

 
長男の高校受験が終わったので1日4食から開放されたので、1日中食事を用意しているかのような錯覚に陥るようなことはなくなりましたが、それでも娘が調子悪くなって通院が入ったり、週末になると奥さんが寝込んだり、いろいろな付き添いが続いたため、ブログの更新ができず仕舞いでした。

いつも、撮りためた形式写真をレタッチしてこちらにアップするのを楽しんでいますが、このような状況でしたので1週間以上もご無沙汰になってしまいました。

すみませんでした。

 

昨日(3/15)が提出期限だった確定申告もあって撮影に出られませんでしたので、今回は今月初旬の遠征で撮影した形式写真をアップします。
京阪神地区の「新快速」で使用されているJR西日本の新形車両225系の偶数向き制御電動車、クモハ224-10(近ホシ)です。

 
クモハ224-10

クモハ224-10(近ホシ)  2013年3月2日 野洲駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
223系の後継車にあたる新形車両ですが、正面のデザインが大幅に変更されて、前面の曲面ガラスが小さくなり、正面サイド寄りの後退角が小さくなったので不格好なマスクになってしまいました。

前面衝突対策などで制約が大きいかったのかも知れませんが、もう1歩というデザインになっています。
正面に斜めのラインを入れると相当個性的になりますので、万人受けするようなデザインにするのは難しいと思いますが、JR東日本の特急形車両のE257系500番代を連想してしまうだけに、ちょっと残念です。

 
スカートの形状でもう少しフォローできたと思うのですが、素人にはわからない制約が多いのでしょうね。



この形式写真に関連するタグ: 225系 , JR西日本