大井川鉄道に譲渡された元「SLやまぐち号」の展望車(オハフ13 701)

今年の春は例年より暖かく、雑草の伸び始めが早いようなので、少し焦りながら撮影希望地の天気予報を見ています。

雑草が気になる場所柄ほとんどはローカル線で、しかも西日本方面。
しかも、土日にならないと動かない車両が多いので、なかかな稼働できません。

 
こんなことで1〜2年ほど遠征のタイミングを図っていたら、撮り逃してしまった車両がありました。

下関総合車両所(広セキ)に配置されていた元「SLやまぐち号」用の“レトロ客車”(12系700番代)です。

 
宿泊費を浮かせるために車中泊で遠征したとしても、片道800kmですからね〜
12系700番代の5両だけのために行くことはできないので、ほかの地域と抱き合わせた行程にしないと…

なんて考えていたら、「SLやまぐち号」の“レトロ客車”は新35系客車に置き替えられてしまいました。

 
12系700番代は2017(平成29)年9月2日の「ありがとうレトロ客車」をもって引退し、数日後には下関総合車両所に回送されました。

車体の老朽化が激しいみたいだし、このままあっさり解体されるものと思っていましたが、なんとなんと翌2018(平成30)年2月に大井川鐵道に譲渡されました。

しかも、大井川鐵道は受け入れた12系700番代を新金谷駅ホーム横にしばらく留置しているとのこと。車体はJR西日本時代のままで、留置場所も中2線空きという絶好のロケーション。

JR北海道から元「はまなす」用の14系500番代を2016(平成28)年6月に購入しているので、すぐに手を付けないとしても、車体色が褪せる前に撮影できればJR西日本時代の姿が記録できる。そう思って、新金谷駅で撮影するタイミングを図っていました。

 
4/6(金)に雨雲が流れてくる前に半日ほど曇るような予報が出たので、クルマで大井川鐵道の新金谷駅に行ってきました。

まだ青春18きっぷが1日分残っていましたが、ドン行で静岡県内をゆっくり移動する時間的余裕がなかったので、新東名高速道路でサクッと行ってきました。

 
ということで、今回は元「SLやまぐち号」の展望車、オハフ13 701(広セキ と標記)をアップしたいと思います。

 
オハフ13 701

オハフ13 701(広セキ と標記)  2018年4月6日 大井川鐵道新金谷駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

普段は手前の留置線に「きかんしゃトーマス号・ジェームス号」用の客車が止まっていますが、SL急行「さくら号」にその客車が充当されたので、雨が降る前に難なく12系700番代の5両を撮影することができました。

「SLばんえつ物語号」の “グリーン展望車 スロフ12 102 ものがたり”

「形式183・185・381系」を執筆しているときは遠征に出られませんでしたので、今日は1ヶ月半ぶりに遠征に出掛けてました。

と言っても、新潟県なので自宅から300km程度ですから、昨年来、何回かの北海道遠征に比べれば大した遠征ではありません。

でも、このあいだカメラもほとんど触りませんでしたし、Nikon D800E は見もしなかったので、久しぶりの撮り鉄モードに切り替えて行ってきました。

 
当初は日曜日(12/11)の晩に上越新幹線で長岡か新潟に入る予定でしたが、奥さんが札幌地区の大雪のため社員旅行から帰ってこられなってしまったので延期しました。

夜行バスを予約してましたがキャンセルし、撮影どころではなくて、月曜日(12/12)の深夜0時過ぎに羽田空港までクルマで迎えに行く羽目になってしまいました。

完全に、会社ラブの女性の付き人、という感じ。
奥さんの仕事に振り回されっぱなしです。

 
 * * *

 
長岡に前泊(12/12)。

早朝(12/13)に新津入りしてE129系や「SLばんえつ物語号」の12系客車をサッサと撮影し、すぐに長岡に戻る予定でしたが、今回も天気予報が当たらず、朝からピーカン。

 
新津駅のホームでぼけっとしているだけの無駄な時間を過ごしてましたが、9時ごろから雲が厚くなってくれましたので、たまたま5番ホーム近くの出発線に止まっていた「SLばんえつ物語号」の12系客車を撮影。

そして、お昼前にはクモハE128形100番代のトイレ側を撮影。

しかし、曇ってくれたのはほんの2時間程度。
雨が降り始めたので長岡に移動しましたが、こんどは雲が厚すぎて薄暗い駅構内。

これでは室内光の明るい形式写真になってしまうので、宮内に移動しましたが、こんどは雨。

 
こういうときは撮影を諦めてサッサと帰途に就いた方がいいと思ったので、“青春18きっぷ”を満喫するようにドン行を乗り継いで帰りました。

撮影時間2時間。

ほとんどが移動時間だった、リハビリのような遠征でした。

 
仕方がないですね…

 
今回は、十分な露出が得られる条件でグリーン展望車の スロフ12 102(新ニイ)が撮り直しできましたので、こちらをアップしたいと思います。

 
スロフ12 102

スロフ12 102(新ニイ)  2016年12月13日 新津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

以前アップしたときにも書きましたが、スロフ12 102 は スハフ12 102 をグリーン車に格上げした改造車です。

しかし、スロフ12 102 は、工場(総合車両センター)に入場して装備などを変更・工事する一般的な改造車ではなく、新潟トランシスが予め製作した車体に最小限の部品を種車から転用した、“改造名義”の実質的には“新製車”なのです。

そのため、車体には老朽化にともなう歪みや凹みがありません。

 
スロフ12 102 の後位出入扉付近

 

左隣の オハ12 315 は結構ペコペコで、出入扉付近のステップは特に老朽化すると綻びが目立ちますが、スロフ12 102 は2013(平成25)年に新製した車体なのでとてもきれいです。

 
2007(平成19)年春から2012(平成24)年秋までは、リニューアル工事は施したもののクロスシート(ボックスシート)が並んだ、単なる塗色変更車でした。

当初は、腰板部はチョコレート色、窓まわりはクリーム色をまとってましたが、その当時は撮影できませんでした。

その後、オリエント急行を思わせる紺色に変更されました。

 
スハフ12 102

スハフ12 102(新ニイ)  2008年5月11日 新津駅

 

もっと溯ると、老朽化した急行列車用の旧形客車の置き替えを兼ねて波動輸送用として1977(昭和52)年に製造されました。

スハフ12 102 は青色時代にも撮影していましたが、この当時は何処の客車区にも配置された普通の12系客車でした。

 
スハフ12 102

スハフ12 102(盛アオ)  1988年5月28日 青森駅

 

まさか、SL列車用に転用されて、さらに展望車に改造される、とはね…

 
一部再掲の写真を使いましたが、“スロフ12 102 ものがたり”みたいにまとめてみました。

「DL 青い12系客車号」で使用された スハフ12 162

鉄道ニュース”と“RMニュース”に「DL 青い12系客車号」に関連するニュースが記載されていました。

これは、4月1日から開催されている“ふくしまデスティネーションキャンペーン(DC)”に合わせて新潟~会津若松間で運転された臨時快速列車です。

JR東日本として初めて“普通の”12系客車を前面に押し出したイベント列車で、国鉄やJR移行直後を知っている世代にとっては“12系客車が青いというだけ”で珍しくも何とも思えないような気がする列車。

 
実際に運転初日(4/11)に新津駅で同列車を見ましたが、駅ホームで写真を撮っている人や見送りに来ていた幼稚園児さん御一行の人たちよりも乗客の方が少ないありさま。

指定席券の発行の都合だと思われますが、ほとんど乗客のいない車両もあって、寂しいイベント列車のような印象でした(4/12以降については分かりません)。

 
DE10形が12系客車を牽引する姿というのは、久大本線が1999(平成11)年にすべて気動車化されるまでは全国の何処かで見られた当たり前の光景でした。

でも、その後の客車列車の減少ぶりは信じられないほどで、現在、客車を使用した定期列車は急行「はまなす」の1本だけです。

 
1990年代以降、SLが全国各地で復活しています。
蒸気機関車については往時の雰囲気を残す努力が払われていますが、客車は付け足しの感が強く、現役時代と同じような車両を客車として使っているのは大井川鐵道とJR東日本の高崎支社だけです。

 
スハ43系以前の一般形客車は現在の法令に合わせるための改造などで費用がかさむので、動態保存をしていくこと自体が難しいのは理解できます。

でも、一方でこうやって“普通の”12系客車が走る機会があるのですから、もう少し目を向けてもいいのでは?と思ってしまいます。

 
偉そうなことを書きましたが、撮りたいと思っている車両を撮り終えるまでは“乗り鉄”することに時間は割けません。

 
結局のところ、DE10形と“普通の”12系客車の組み合わせは、“撮り鉄”的には面白くても“乗り鉄”的にはつまらないということなのでしょうね。

そうだとしたら、人気のない車両を鉄道会社が残しておく理由はありませんので、不人気車は撮れるうちに撮っておいた方がいい。
そういうことになるので、後位側(車掌室側)がきちんと出ている状態の形式写真を撮るために新津まで遠征したのは正しかったことになります。

 
この写真を撮り終えた時点で、12系客車の定期列車用車両はすべての形式区分(12系1000・2000・3000番代など)が揃いました。

1985(昭和60)年から12系の形式写真を撮っていますので、なんと足掛け30年… 長かったですね。

継続は力なり、かな?

あとはイベント列車用に改造された車両もありますので、12系客車についてはそちらの方を撮りに行こうと思います。

 
スハフ12 162

スハフ12 162(高タカ)  2015年4月10日 新津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

高タカの12系客車は高崎地区のSL列車で使用されている関係で、“JRマーク”が貼付されていません。

ドア部(客用折り戸と貫通扉)の白帯が省略されているので、12系客車については国鉄が分割民営化されるまでの数年間がプロトタイプになっています。

この部分の白帯を復活させると国鉄らしさが戻るので、次に入場する際には約30年前の姿に戻して欲しいと願っています。

「DL 青い12系客車号」で使用されるフリースペース車両(オハ12 367)

昨晩(4/9)から青春18きっぷの消化を目的に新潟地区にやって来ています。

今回の新潟遠征はダイヤ改正前後に登場した新しい車両と、この週末(4/11〜4/12)に運転される「DL 青い12系客車号」で使用される高崎車両センター(高タカ)の12系客車を撮るのが目的で、ついでに青春18きっぷの消化も兼ねてしまおうという遠征です。

 
しかし、今日(4/10)は朝から夕方まで新津駅に張り付いていたので、夜行バスを降りてから新津に向かうまでと、宿泊地の新潟に戻るときしか使わなかったので、金銭的な面ではもったいない遠征になってしまいました。

 
特急「しらゆき」で使用されているE653系1100番代を撮るために柏崎まで行くつもりでいましたし、青春18きっぷの最終日なので、目的の車両が撮れれば何でもいいんですよね。

新津駅でE653系1100番代の各車両が撮れてしまったので、柏崎に行かなくて済んだだけの話しで、もし行っていればその分だけ得をしていたというだけのことです。

まぁ〜、有効期限の最終日なので、撮れるか撮れないかの方が重要でしょう。

 
 * * *

 
今回は、明日(4/11)から2日連続で新潟〜会津若松間で運転される「DL 青い12系客車号」のために新津に回送された12系客車のうち、定員外のフリースペースとして使用される4号車の オハ12 367 をアップしたいと思います。

 
オハ12 367

 

通常、この区間で運転される「SL ばんえつ物語号」は1号車の スハフ12 101 にフリースペース“オコジョルーム”が設けられていますが、高崎からの応援車両も同じように“オコジョ”推しで行くみたいで、この オハ12 367 の固定クロスシート(ボックスシート)は“オコジョシート”と名付けられています。

そのため、“オコジョシート”の部分はキャラクター付きのシートカバーが被せられています。

高崎地区のSL列車で使用されているスハフ12形100番代(スハフ12 161)

本日(10/18)、12系客車を使用した「八高線80周年記念号」が八王子~高崎間で運転されたみたいで、DD51形のプッシュプルの写真がTwitterやFacebookでたくさんアップされていましたので、今回はこれに関連する形式をアップしようと思います。

 
高崎車両センターには動態保存の蒸気機関車だけでなく電気機関車やディーゼル機関車が多数配置されており、これらを活用したイベント列車が頻繁に運行されています。

しかし、牽引される側の客車はイベント用として残された旧形客車と12系客車しかいません。
旧形客車は車齢の関係から滅多矢鱈に使われるわけではないので、客車列車は青い車体の12系がほとんどです。

でも、その12系も高崎(高タカ)には1編成分の6両しか配置されていないので、繋がれる車両はいつも同じ。

 
編成両数を調整するために中間車のオハ12形は休みがもらえますが、編成両端のスハフ12形はオハ12形にサービス電源を供給するため休みがありません。

そのため、高崎地区でイベント列車が運転されると機関車の次位に必ず下の写真のスハフ12形100番代が連結されます。

 
スハフ12 161

スハフ12 161(高タカ)  2012年8月31日 横川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

スハフ12形100番代は63両が製造されましたが、最終ロットの昭和52年度第2次債務車の スハフ12 149~163 は埋め込み幌が廃止されて後方監視窓が縦長となりました。

 
客車列車がそれほど珍しくなかった時代に12系客車の各区分は一通り撮影しましたが、スハフ12形100番代は初期車を撮っただけで後期車については後回しにしてました。

高崎と宮原にイベント用に残ったので放っておいたのですが、最近は駅設備の簡素化で牽引機関車の機回しができなくなった駅が増えてしまい、スハフ12形の後位側(車掌室側)がきちんと出ている状態で撮るのが難しくなってしまいました。

完全に消滅したわけではないので、いつかは撮り直そうと思っていますが、どこに行けば乗客がいない状態できれいに撮れるのでしょうね?

 
いつどこで走るか分からないような回送列車で撮ればいいのですが、願望だけで終わりそうな気もしているので、もう少し真剣に撮影地探しをしなければと、少し焦っています。