「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

「みすゞ潮彩」の指定席車(2号車) キハ47 7003

line

昨日(4/1)の当ブログ開設1周年のごあいさつで、臨時観光列車「みすゞ潮彩」に使用されている キハ47 7004(広セキ)の形式写真をアップしました。

 
「みすゞ潮彩」は、2007(平成19)年から新下関(下関)〜仙崎(滝部)間で運行されている臨時観光列車で、下関方に連結される 1号車(自由席)のキハ47 7004 と、2号車(指定席)の キハ47 7003 の2両編成が使用されています。

キハ47形7000番代は広島運転所(広ヒロ)に呉線の臨時快速「瀬戸内マリンビュー」用に改造された キハ47 7001・7002 がすでに存在しているので、「みすゞ潮彩」用の2両は「瀬戸内マリンビュー」の続番になっています。

 
「瀬戸内マリンビュー」は専用快速列車のスジが引かれていますが、「みすゞ潮彩」は普通列車としても運行されるので、外部塗色のみハデ仕様の自由席車(キハ47 7003)が連結されています。

キハ47 7003 の室内はJR西日本の延命工事施工車と同じ仕様ですが、指定席車に便所がないため従来の和式から洋式便所に改装されています(キハ47 7003 の種車は キハ47 46)。

 
本日アップする指定席車の キハ47 7003(広セキ)は、山陰本線で日本海側となる2-4位側に向かってソファが並ぶように配置されて側窓も拡大されています。
「みすゞ潮彩」はビューポイントで列車が停止するので、美しい日本海の景色に向かってソファに腰掛けられる車両になのです。

 
広窓が並んだ2-4位側(この写真の反対側)も数年前に撮っていますので、ポジがスキャンできたらアップします。

 
キハ47 7003

キハ47 7003(広セキ)  2012年3月17日 下関駅

 
キハ40系はたくさんの車両がJR各社で走っています。
下の「キハ40系」をクリックすると当ブログに掲載したキハ40系車両がご覧になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrw_kiha47_7003/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP