「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

“春の臨時列車のお知らせ”について(事故代替車の クモハ885-403)

line

かなり鮮度落ちになってしまいましたが、先月の 1/17(金)に“春の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されました。

3月ダイヤ改正をはさんだ 3/1(日)から6/30(火)までの運転計画で、新ダイヤを予測するのに好適な情報になりますので、リストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表に直接リンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線鉄道事業本部)

JR四国

JR九州

 
 * * *

 

今回は、長崎遠征の2日目(1/7)を書きたかったのですが、大学受験の娘と仕事人間の奥さんをもつ主夫が故に名もなき家事で手一杯になってしまったので、数年前に撮影した885系の稀少車をアップしたいと思います。

 
JR九州の885系のSM3編成に組み込まれている400番代のうちの1両、クモハ885-403(本ミフ)です。

 
クモハ885-403

クモハ885-403(本ミフ)  2016年2月22日 鳥栖駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

2003(平成15)年7月に長崎本線肥前長田~小江間で発生した脱線転覆事故で門司港・博多方の3両が大破し廃車となったため、当車は2004(平成16)年に クモハ885-3 の代替車として製造されました。

 
885系は、「かもめ」用の1次車(2000年製)と「ソニック」用の2次車(2001年製)とでは一部の仕様が違っていますが、400番代は「かもめ」用のSM3編成に組み込むために1次車の準じた仕様となっています。

しかし、先頭車の クモハ885-403 についてはワイパーが2次車と同じ2本取り付けられるなど、1.5次車と呼ばれてもおかしくない仕様になりました。

 
代替車の3両はSM3編成のほかの車両と末尾番号を揃えるため“403”を名乗っているので、885系400番代はトップナンバーが存在しません。

 
ミフ SM3編成

門司港・博多方に400番代を組み込むミフSM3編成

 

SM3編成は「かもめ」用として使用されていたため裾部に黄帯を巻いていましたが、その後「ソニック」との共通化が実施されたので、今回アップした写真のように帯色が青色に変更されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrq_kumoha885-403/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP