「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

特急「草津」くずれの回送列車の サロ185-201

line

昨日に引き続き185系200番代のグリーン車をアップします、サロ185-201(宮オオ)です。

「はまかいじ」で使用されていた宮オオB5編成の サロ185-205・207・210 のように台車の軸受が密閉コロ軸受に改造されていません。こちらの姿が一般的なサロ185形200番代になります。

 
サロ185-201

サロ185-201(宮オオ)  2012年6月3日 羽根尾駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

185系200番代は高崎線急行列車用の165系を置き替えるために新前橋電車区(高シマ)に投入された車両です。

高シマの165系は信越本線横川〜軽井沢間を通過していたので、長野運転所(長ナノ)の169系と同様に碓氷峠の麓側(横川方)に重量のある制御電動車(Mc)を連結するために編成全体が方向転換されていました。

そのため、後継車の185系200番代についても編成全体を方向転換し、碓氷峠の頂側(軽井沢方)にグリーン車を配置した7両編成で、165系時代の編成を踏襲していました。

 
1985(昭和60)年3月に高崎線急行と「新幹線リレー号」が廃止されたため、高シマの一部編成が田町電車区(南チタ→東チタ)に転属し、特急「踊り子」に転用され、これらの編成は転属時に方転されました。

一方、高シマに新特急用(現在の「草津」「あかぎ」系統)として残った車両は引き続き東北本線上野口・高崎線などで運用されました。
2006(平成18)年3月に大宮総合車両センター(宮オオ)に移管されましたが、車両の向きはそのままでした。

 
サロ185-201 を組み込んだ高シマS201+S202編成(現・宮オオOM01編成)を例に挙げますが、185系200番代は次のような7両編成でした(右側が上野方)。

高シマS201+S202編成

 

2013(平成)3月ダイヤ改正で田町車両センター(東チタ)の185系が宮オオに転入し、旧高シマの「草津」「あかぎ」系統が旧東チタの「踊り子」系統の7両編成が共通で運用されることになりましたが、両者の編成の向きが統一されていなかったので、「草津」「あかぎ」系統で使用されていた旧高シマ編成(OM01〜OM09編成)は順次方転されました。

このときにグリーン車の位置が旧東チタ編成に合わせられました。

 
サロ185-201 を組み込んだ宮オオOM01編成は現在下のように方転され、グリーン車の位置が真ん中に変更されました(右側が上野・伊豆急下田方)。電動車ユニットの位置関係が逆になったため、パンタグラフの位置も変わりました。

宮オオOM01編成

 
 * * *

 
今回の サロ185-201 は方転前に撮影したものです。

 
国鉄/JR電車電車の場合、ブレーキ関連の配管(元空気ダメ管・ブレーキ管・直通管)はジャンパ連結器と同じ山側(東海道本線基準)の床下にあるのが標準です。

上述のとおり旧高シマの185系200番代は編成単位で方向が転換されているので、(東海道本線基準で)海側から撮影したにもかかわらず車端部にブレーキ関連の3本の配管と締切コックが写っています。

現在は方転されているので、車両の向きが反対に変わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_saro185-201/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP