「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

東北本線を走る湘南帯のモハ205形600番代(モハ205-604)

line

プライベートの諸問題が終わり、ようやく今までのような頻度で入荷のご案内や形式写真のアップができることになりました。

 
ほとんどのアクセスがブログトップではなくて検索で訪れたページですが、やはりトップページが1か月近くも更新されていないと忘れ去られてしまいます。
誰にも期待されずにブログを公開するというのは辛いものですので、これからはマメに更新していきます。

よろしくお願いいたします。

 

今回アップする形式写真は前回と同じ、9/2(月)のプチ出撃で撮影した湘南帯の205系600番代です。シングルアーム式のダブルパンタ車、モハ205-604(宮ヤマ)です。

 
モハ205-604

モハ205-604(宮ヤマ)  2013年9月2日 宝積寺駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
この車両については、黒磯駅の跨線橋で前位側の霜取り用パンタグラフ(PS33F)を撮影しましたので、模型作りの参考になりそうなのでアップしておきます。

 
種車のモハ205形(モハ205-298)はパンタグラフ(PS21)を後位側に1台のみ搭載していましたが、今回の転用改造では霜取り用パンタグラフの増設とシングルアーム化が実施されました。

107系では、霜取り用パンタは一部の編成のみ集電可能でしたが、205系600番代ではすべての編成が集電可能となっています。

 
モハ205-604の予備パンタグラフ周辺

モハ205-604の霜取り用パンタグラフ(PS33F)

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
上の写真のように霜取り用パンタグラフは増設パンタなので、屋根上のビードがパンタおよび避雷器の取り付け部分で途切れていません。そのため、スペーサーを介してそれらの機器が取り付けられています。

仙石線用のモハ205形3100番代も一部の車両で霜取り用パンタグラフが増設されていますが、同じような処理がなされているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_moha205-604/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP