「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

特急「草津」くずれの回送列車の クハ185-201

line

土休日は「リゾートやまどり」の回送列車が羽根尾駅で特急「草津」の通過待ちをするので485系700番代を撮影することができますが、現行ダイヤでは曜日に関係なく185系200番代が日中2本も同駅で長時間待避してくれます。

 
鉄道ダイヤ情報 2012年5月号」に掲載されている185系運用図と折り込みの吾妻線ダイヤグラムを読み解けば、特急「草津」に充当されている185系200番代をいまのうちにゆっくりきれいに撮ることができると思います。

 
大宮車両センター(宮オオ)には185系200番代の7両編成が7本配置され、そのうちの2本が湘南色(OM03編成)、157系特急色(OM08編成)に塗色変更されています。

運がよければ塗色変更編成が2本とも羽根尾駅長時間待避の運用に入ることもあるでしょう。そんなタイミングがないか定期的にウォッチングしていれば1回の羽根尾駅出撃で湘南色と157系特急色の185系200番代を捉えることができます。

 
クハ185-201

クハ185-201(宮オオ)  2012年6月3日 羽根尾駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
昨日、Photoshopを CS5.1 から CS6 にバージョンアップしました。

PhotoshopでRAWデータを現像するときに使うプラグイン“Camera RAW”が大幅に機能アップしたというので、Photoshop CS6を使ってみました。
今までよりもハイライト部分の処理が細かく設定できるようになったので、現像後のレタッチが楽になりそうです。

ただ、やはり目立たない部分でデフォルトの設定が変わっているため、しばらくは CS5.1 と CS6 を併用し、問題がなくなったら完全切り替えになるでしょう。

 
“Camera RAW”はよくできたRAW現像プラグインです。
このプラグインがうまく使いこなせれば、現像処理後のレタッチを最小限にすることができます。
適当に操作しても“Camera RAW”は使えます。Photoshop や Lightroom ユーザーの中には“Camera RAW”を使っている自覚がない方がいるかも知れません。
でも、RAW現像のときに無意識に操作しているスライダの意味が分かっていると拡がる世界があります。

 
下の本は Photoshop CS6 の “Camera RAW 7” で機能アップした部分には対応していませんが、“Camera RAW”の基礎を学ぶには最良の教科書だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_kuha185-201/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP