「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

会津若松〜喜多方間の区間運用で使用されているGV-E400形(GV-E400-3)

line

9月中旬の青森・北海道遠征のあとも性懲りもなく遠征に出掛けていますが、過去の形式写真のレタッチが進んできたので、今回はその一部をアップしたいと思います。

 
かつて全国どこへ行っても見ることができた一般形気動車のキハ40系ですが、2016(平成28)年3月に引退したJR東海に続いてJR東日本でも徐々に新形車両への置き替えが進んでいます(観光用車両への改造車を除く)。

JR東日本では電気式気動車 GV-E400系が新津運輸区(新ニツ)に投入され、さらにキハE120形が新ニツから郡山総合車両センター(仙コリ)に転属となったため、2020(令和2)年3月改正までに新潟地区と只見線(会津若松口)のキハ40系は引退となりました。

 
仙コリのキハ40系が受け持っていた磐越西線会津若松〜喜多方間などの区間運用はすべて新ニツのGV-E400系に変更され、仙コリに転入したキハE120形は只見線内のみの運用に変わるなど、3月ダイヤ改正では運用の効率化もおこなわれました。

 
キハ40系の運用をそのまま引き継ぐものと思っていましたが、ダイヤ改正以降は両運転台のGV-E400形のトイレ側が簡単に撮れるようになりました。

こんな感じですが、如何でしょうか?

 
GV-E400-3

GV-E400-3(新ニツ)  2020年5月25日 喜多方駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_gv-e400-3/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP