観光列車「ながまれ海峡号」用の キハ40 1799(道南いさりび鉄道)

今日から7月です。
早いもので、2017(平成29)年も折り返し地点を過ぎてしまいました。

時が過ぎるのを早く感じるようになったのも、年々と歳を重ねてきたからなのでしょうか?

 
先日、クルマ購入記①のときに少し書きましたが、この2月にとうとう50歳になりました。

50歳になるとJR東日本の“大人の休日倶楽部”に入会できます。
会員限定のフリーきっぷが購入できるので、“大人の休日倶楽部パス”を使うとかなりお得な遠征に出れます。去年辺りから入会できるのを心待ちにしていました。

 
このフリーきっぷは利用期間が限られていて、今年度第1回の設定期間は6/22(木)〜7/4(火)となっています。

もうこの時期ですと、手入れをしていない駅構内は雑草が伸び放題になっていますが、北海道ならまだ間に合います。

JR北海道管内も乗り放題になる“大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)”を使えば、未撮影の形式をピンポイントで回るには好適なフリーきっぷです。しかも、東北新幹線や北海道新幹線などに乗れますからね。

 
5月の北海道遠征は“大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)”で再渡道することを前提に回ったので、北海道新幹線の終点、新函館北斗からのアクセスがいい地域は残しておきました。

6/22(木)〜7/4(火)に渡島・檜山地方が曇ってくれれば即遠征!!!

そう思って天気予報をウォッチングしていたところ、なんとなんと利用期間の初日(6/22)から数日間連続で曇り予報。家族内調整をさっさと終わらせ、「はやぶさ1号」を予約して遠征することに決めました。

 
ということで、6/22(木)から“大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)”を使って北海道遠征に行ってきました。

少なくともこの時点ではそのつもりでした…

 
「はやぶさ1号」と快速「はこだてライナー」を乗り継いで、11時ごろには函館駅に到着。

ここで733系1000番代を撮るつもりでいましたが、またしても天気予報がハズレました。

 
遠征初日(6/22)と2日目(6/23)は完全に遠征失敗!

曇ってくれませんでした。

またまた天気予報恐怖症に…

何を信じたらいいのでしょうか?

 
青函トンネルを挟んで函館や青森、はたまた特急「スーパー北斗」に乗って札幌地区に移動したりしましたが、ぜんぜんダメ…

この2日間で曇ってくれたのは一瞬だけで、満足に撮れたのは第三セクターの道南いさりび鉄道に譲渡された観光列車「ながまれ海峡号」用の キハ40 1799 だけでした。

 
期待値を下げて遠征に臨めばよかったと反省しています。

天気予報なんて当たるハズがない、とね…

 
キハ40 1799

キハ40 1799(道南いさりび鉄道)  2017年6月22日 函館駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

道南いさりび鉄道は、発足時にJR北海道から機関換装および特別保全工事を施工したキハ40形1700番代(キハ40 1793・1796・1798・1799・1807・1810・1812・1814・1815)を譲り受けました。

そのうち キハ40 1793・1799 の2両については真っ先に車体の塗装変更と内装の簡易改造が施工されて、観光列車「ながまれ海峡号」用の車両として整備されました。

そのうちの1両が今回アップした キハ40 1799 です。

 
実際に乗車して客室を見ましたが、キハ40 1799 はほぼ原形のままでした。

固定クロスシート(ボックスシート)とロングシートにテーブルを設置するための取付金具が装備されていましたが、客室の印象が変わるほどのものではありませんでした。テーブルは観光団体列車などのときに取り付けられるようです。

日本旅行主催の観光団体列車「ながまれ海峡号」で使用されますが、今回のように定期列車の運用にも就いています。

 
「ながまれ海峡号」用の2両が使用される定期列車は道南いさりび鉄道のサイトに掲載されています。

今回はたまたま撮れましたが、事前に調べてから撮影の臨めば乗客が少ない状態の同車を記録することができます。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ40系 , 第三セクター

北越急行時代の特急「はくたか」用車両(クハ683-8701)

今週はず〜っと奥さんが忙しくて毎日深夜帰り、なのに体調が悪くて倒れそうな状態だったので、いつも以上にシングルファーザーでした。

疲れましたね…

明日(6/28)から週末ですが、恐らく週末は奥さんがダウンして写真撮影どころではないでしょう。もし、出掛けたとしても近場のプチ出撃かな?という感じです。

 
「男女共同参画社会」を目指すこと自体は大賛成ですが、

子どもがいて、夫婦2人して残業が当たり前、そして通勤は片道1時間、なんて無理な話しなのです。

どちらかに家事をするだけの余裕がないと、家族は壊れてしまうと思います。

 
我が家はそれが嫌なので、夫婦の役割分担として、平日はシングルファーザーをやっています。

 
男女共同参画社会基本法なんて制定したって、社会が変わらないと子どもを持とうなんて思わないでしょうね。

 
 * * *

 
チョット疲れていますので、今回は手持ちの写真の中から3ヶ月前に撮影した、今となっては懐かしい感じがする形式写真をアップしたいと思います。

北越急行が所有していた「はくたか」用683系8000番代の クハ683-8701 です。

 
クハ683-8701

北越急行 クハ683-8701  2015年2月23日 魚津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 681・683系 , JR西日本 , 第三セクター

北越急行所有の特急「はくたか」用車両(クロ683-8001)

明日(3/14)、JR各社でダイヤ改正が実施されます。

 

寝台特急「トワイライトエクスプレス」は最終列車が上り下りともに目的地に到着し、無事に25年間の運転を終えました。
寝台特急「北斗星」は今夜が定期列車として最後の運転となり、(現在17時30分過ぎですから)もうすでに上下列車とも出発しました。

 
この他にも、北海道では711系が、金沢地区では475系がそれぞれ最後の運転を終えました。

いずれの形式もどちらかというと地味な存在でしたが、最終日の今日はお別れセレモニーが行われたようです。いいですね。

 
この他にも、北陸新幹線絡みで特急「はくたか」「北越」と快速「くびき野」「妙高」が今日でお別れで、この他に特急「スーパーひたち」「フレッシュひたち」「あやめ」も明日からは見られなくなります。

定期列車としての快速「あいづライナー」も今日が最終日で、同列車に使われていた485系のセンA3/A4編成は引退するようです。

 
例年、この時期は会社員時代は年度末のため、独立してからは確定申告の提出期限ギリギリで切羽詰まっていることが多いので、ダイヤ改正前後の盛り上がりがどうだったのかあまり記憶にありません。

でも、今年はダイヤ改正前に直接的に影響受けそうな車両を撮りに何度も遠征していましたので、改正関連のニュースに目が行ってしまいます。

先々週は2日間も「はくたか」用車両の撮影三昧でしたからね。

 
でも、着々と日本列島の主要幹線が新幹線に置き替えられ、一方で地域に密着する運行形態で並行在来線が残されています。

速達列車を剥ぎ取られているのに、第三セクター化された並行在来線はローカル運用だけでクルマ社会と戦っています。
かなりむごい状態。しかも、一夜にしてそのような状況に晒されています。

収益性の高い新幹線を運行するJR線、一方、補助金頼みで何とか細々と運行する並行在来線。

 
この図式が何年保つのか… 国鉄の二の舞になるのではないか?

すごく気になります。

 
なくなってしまう列車に郷愁を求めたり、それほど利用していたわけでもないのに最後になって「ありがとう!」って列車に叫ぶのもいいですが、なんでこの列車がなくなることになったのか?今一度考えてみては如何でしょうか。

 
 * * *

 
先月の北陸遠征で撮影した北越急行所有の特急「はくたか」用車両のうちの1枚をアップしたいと思います。

683系8000番代付属編成(N13編成)の1号車に連結されるグリーン先頭車(Tsc)の クロ683-8001 です。

 
在来線の特急としては最後に運転される「はくたか26号」は、この写真の クロ683-8001 が先頭を務めることになっています。

「はくたか」を自社所有のスノーラビットで締めるなんて、粋な計らいを見せてくれますね、北越急行は…

 
クロ683-8001

北越急行 クロ683-8001  2015年2月23日 魚津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 681・683系 , JR西日本 , 第三セクター

「花咲くいろは」ラッピング車両に改装された のと鉄道のNT200形気動車

小さいときからあまり漫画を読んだことがなく、テレビでもアニメも見てきませんでした。

子どもたちとの付き合いで古いアニメを特集したテレビ番組を見ることがありますが、リアルタイムで見ていてもおかしくないアニメのハズなのにぜんぜん分からないのです。名前は知っているけど… みたいなものばかりです。

 
最近はアニメのキャラクターを鉄道車両にラッピングすることがありますが、何が何だか?という感じで、まったく興味がありません。

とは言っても、車両にラッピングを施して話題になり、それで鉄道会社の収益増に繋がるのならどんどんやって欲しい。そう思っているので、否定的な意見は持っていません。

ただ単に興味がないだけです。

話題になって、ニュースに採り上げられれば鉄道会社の知名度が上がりますからね。
地方鉄道の場合は知ってもらうこと自体が重要ですから、こういった施策はどんどんやるべきだと思います。

 
ラッピング車両だからといってカメラを向けたわけではありませんが、先月の北陸遠征のときにのと鉄道の“花咲くいろは”ラッピング車両を撮影していましたので、そのときの写真をアップします。のと鉄道のNT200形(NT202)です。

 
のと鉄道 NT202

のと鉄道 NT202  2014年11月16日 七尾駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

「花咲くいろは」は2011(平成23)年に放映されたアニメで、のと鉄道が取材協力をしたそうです。

作中に出てくる“湯乃鷺駅”がのと鉄道の西岸駅をモデルにしたので、NT200形気動車の総勢7両のうち3両が「花咲くいろは」のラッピング車両に改装されました。

ラッピングは2012〜2014(平成24〜26)年に行われましたが、1号車の NT201 は一般塗色に戻されたので、現在は2・3号車の NT202・NT203 の2両のみとなっています。



この形式写真に関連するタグ: 第三セクター , 軽快気動車