キハ261系1000番代の中間増結車 タイプ①(キハ260-1304)

昨晩(10/10)、編集と2人でささやかに「列伝シリーズ03 踊り子列伝」の打ち上げを行いました。

 
先月末から頭痛がひどくて日常生活が脅かされるほどで、ビールが美味しく楽しく飲めるか心配でしたが、悪化することなく杞憂に終わりました。

たまには都内に出ないとね〜
あと、「列伝シリーズ02 北斗列伝」の売れ行きがよいという話しを聞いたので、すっかり頭痛が吹っ飛んでしまいました。

 
列伝シリーズ02 北斗列伝

 

「北斗列伝」は、国鉄形のキハ183系はボリュームたっぷりだし、JR北海道オリジナルのキハ281・283・261系も可能な限り誌面を割いて形式写真を多数掲載したので、報われた感で頭がいっぱいになりました。

嬉しいですね〜

 
となると、さらに欲が出てくるもので、キハ261系のパートをあと1ページ分だけ枠取りしておけば、なんて思ってしまいます。

キハ261系の中間車は落成時期によって接客設備などの仕様が異なり、窓配置や準備工事だった簡易運転台の有無などのバリエーション、そして塗色の移り変わりもあったので、たくさんの形式写真が用意できます。

 
このような形態変化の大きい区分はキハ260形1200番代と1300番代の2つだったので、「北斗列伝」では形式写真の選定とキャプションを工夫してみました。

 
そのような事情があって、定員の多い1・2次車の中間車はキハ260形1200番代の形式写真(キハ260-1201)を掲載したので、キハ260形1300番代の1・2次車は掲載できませんでした。

今回アップする2007(平成17)年に落成した2次車の キハ260-1304(札サウ)は苗穂駅の留置線で撮影したものだったので掲載したかったのですが、「デジタル形式写真館」の横山さんが撮影した妻出しの キハ260-1309 を何としてでも掲載したかったので…

 
キハ260-1304

キハ260-1304(札サウ)  2017年11月4日 苗穂駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

来たる11月17日(土)に苗穂駅が札幌側に300mほど移設するので、このカットが撮れるのもあと1ヶ月だけですし、「スーパーとかち」の現車によりキハ260形1300番代の連結機会が減っていますので、札幌(札サウ)配置のキハ260形1300番代は撮るのが難しくなっています。

 
当たり前に撮れたと思っても、振り返ってみるとそれは期間限定だったというのはよくある話し。

ですから、これからも積極的に留置車両を撮っていきたいと思います。

過去のものとなった灰色スカートのキハ183形4550番代(キハ183-4560)

久しぶりの更新になります。

約1ヶ月のあいだ、ほとんどブログの更新ができなくて申し訳ありませんでした。

 
前回の「列伝シリーズ01 あずさ列伝」に引き続き今回も「名列車列伝」シリーズの形式解説を執筆していました。

かつての形式本の完全改訂版を兼ねた位置付けとして受け取っているので、かなり気合いを入れてまとめ上げました。

 
「列伝シリーズ02 北斗列伝」というタイトルですので、最近も話題のキハ183系だけでなく、キハ281系、キハ283系、キハ261系まですべてのJR北海道のディーゼル特急車両を網羅しました。

きちんと数えてみたところ、76枚の形式写真が掲載されていますので、本書の半分近くがJR北海道の国鉄/JR車両ガイドブックとして楽しめるようになっています。

 
列伝シリーズ02 北斗列伝

 

これなら、Amazon でオレサマ価格で流通している「国鉄型車両の系譜シリーズ 8 形式キハ183・185系」を無理して買わなくで済むでしょう。

 
1980・1990年代の形式写真も可能な限り別のカットをスキャンしましたし、キハ183系の形式図についても台割の関係で前回は掲載できなかった「サロベツ」用改造車の2枚も台割を工夫して何とか入れました。

いつものように、すべての形式写真の構図と色調ができるだけ同じになるように調整しましたので、写真集として見ても目に優しい本になっています。

ムック本の性格上、鉄道ピクトリアルのような突っ込んだ内容にはなっていませんが、キハ183系全体を俯瞰するにはちょうどいい内容になっています。

 
是非、キハ183系の入門書としてお手元に置いていただきたいと思います。

 
7月19日(木)の発売です。

すでに、Amazon では予約ができるようになっていますので、上の表紙写真をポチッとしていただけるとありがたいです。

 
 * * *

 
今回は「列伝シリーズ02 北斗列伝」では使わなかった形式写真をアップしたいと思います。

 
いつものように形式写真を掲載する場合はカーテンやブラインドが閉じていないカットを選択していますので、今回も泣く泣く未掲載となった写真がたくさんあります。

今回はその中の1枚、2016(平成28)年6月に重要機器取替工事によりキハ183形4550番代に改造されてしまった キハ183-4560(函ハコ)をアップします。

 
キハ183-4560

キハ183-4560(函ハコ)  2015年9月3日 登別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ281系「スーパー北斗」のデビューに合わせて特急「北斗」も130km/h化することになりましたが、キハ183系550・1550番代(NN183系)をすべて130km/h対応車(キハ183形の場合は3550番代)に改造してしまうと120km/h対応車の予備車が不足するため、先頭車のキハ183形については120・130km/h両用車の4550番代が用意されました。

キハ183形4550番代は苗穂工場で5両が改造されましたが、「北斗」に充当されたのは キハ183-4560〜4562 の3両です。
こちらは五稜郭車両所で全検を受けていたためスカートが灰色になっているのが特徴でした。

 
この3両は 2015・2016(平成27・28)年に重要機器取替工事が実施されて駆動用機関がキハ261系タイプに換装されたので、キハ183-9560〜9562 に改番されてしまいました。

写真の キハ183-4560 も現在は キハ183-9560 と名乗っており、下回りを中心に大きく改装されました(偶然ですが、改造後もほぼ同じ場所で撮影しています)。

キハ183-4560 時代に客室がグレードアップ指定席に改装されているので、2018(平成30)年3月の「北斗」運用終了後に苗穂運転所(札ナホ)に転属となり、この7月からは特急「オホーツク」に使用されています。

 
HET色と呼ばれるグレー系の塗色をまとっていますが、ブルー部分が現在のラベンダー色と違っていますので、これも改造前の「北斗」運用車の特徴となっています。

未改造のキハ183形4550番代は現在も元札幌配置車の2両が札ナホにいますが、このような特徴は見られませんので、この姿も過去のものとなっています。

 
キハ183系も細かく見てみると現在進行形で外観が変わり続けていますので、これからもその姿を記録していきたいと思っています。

7月から「オホーツク」「大雪」に投入されるNN183系(キロ182-7553)

2015(平成27)年3月に「安全投資と修繕に関する5年間の計画について」という発表がなされましたが、それ以降、JR北海道は着々とキハ183系の初期形車両を置き替えてきました。

・「オホーツク」の区間短縮(→「大雪」の誕生)
・「サロベツ」のキハ261系化(区間短縮)
・「北斗」のキハ261系化

これらの対策によってキハ183系の所要両数が大幅に減少したので、老朽化の激しい初期形車両のほとんどは廃車となりました。

 
現在、キハ183系が使用される列車は「オホーツク」「大雪」の4往復3運用だけです。

しかし、「オホーツク」「大雪」のグリーン車は半室タイプのキロハ182形が連結されているので、これを置き替えないと車齢35年超の車両はなくなりません。

6月まではキロハ182形が連結されるので、7月以降はどうなるのか?
JR北海道から発表はまだなのかと思っていたところ、ようやく7月以降の「オホーツク」「大雪」編成について発表がありました。

 
発表内容からハッキリと読み取れるのは、①ハイデッカー構造のグリーン車が連結されることと、従来は札幌方に指定席とグリーン車を連結していたのを ②「ライラック」と合わせるために遠軽方に指定席とグリーン車を連結するということだけでした。

プレスリリースでは接客サービスの説明だけすればいいので、これ以上を期待しても仕方ないのですね〜

 
「オホーツク」「大雪」の4往復3運用を機関換装したキハ183系7550番代(130km/h運転対応車のNN183系)でまかなうのは不可能ですが、かといってキハ183系500番代(N183系)のグリーン車2両(キロ182形500番代)を7550番代化するような動きは見られません。

ということは、2運用をNN183系編成、1運用をN183系編成にするなど、それぞれのタイプを使っていくことになるのでしょう。波動輸送はN183系編成でまかなう、とかね…

 
出力適正化改造車(パワーダウン)の400番代や旧「サロベツ」の指定席仕様車(シートピッチ拡大)もN183系に含まれますが、あまりに仕様がバラバラだと保守管理が大変なので、N183系は「北斗」で使用されていた原形に近いグループだけが残るのでしょうか?

7月1日の編成変更を待たないとその全容は分かりませんね。

 
ということで、今回は「オホーツク」「大雪」への転用が確定したNN183系のハイデッカーグリーン車、キロ182-7553 をアップしたいと思います。

 
キロ182-7553

キロ182-7553(函ハコ)  2017年11月4日 苗穂駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

「スーパー北斗」の札幌方に連結されている試作車(キハ281-901)

北海道遠征の3日目(4/3)の続きです。

 
この日の夕方にJR東日本の豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」のE001形が撮れてしまいましたが、これは完全に想定外…

当初の予定では、キハ281系の試作車(900番代)が撮れば御の字、そんなつもりでした。

 
ですので、今回は北海道遠征報告の最後に、1992(平成4)年1月に登場したキハ281系の試作車、キハ281-901(函ハコ)をアップしたいと思います。

地味な成果ですが、行先表示器がフルカラーLED化された最近の姿です。

 
キハ281系にはキハ281-901・902、キハ280-901と3両の試作車がいますが、いずれも量産車とともに特急「スーパー北斗」で使用されています。
しかし、この3両はリクライニングシートを取り替えた指定席仕様車ではないので、札幌方の自由席(6・7号車)に連結されています。

 
キハ281-901

キハ281-901(函ハコ)  2018年4月3日 登別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

今回の北海道遠征は撮影枚数を稼ぐ遠征にはなりませんでしたが、撮影するのが面倒な道南地区の車両を一通り押さえることができました。

函館〜札幌間を青春18きっぷで移動した甲斐がありました。

 
地味な車両しか撮影していませんが、このほかの車両についても追ってアップしたいと思います。

函館地区で活躍するキハ40形700番代初期車(キハ40 831)

またまた更新が遅くなってしまいましたが、先週の北海道遠征の続きです。

今回は遠征2日目(4/2)の話しです。

 
前回に少し触れましたが、この日も午前中は「はこだてライナー」の733系1000番代を桔梗(ききょう)駅で撮影してました。

当初は、桔梗駅での撮影が終わったらドン行と部分的に特急列車を利用して長万部や登別まで北上するつもりでしたが、当日朝になって道内全域が晴れ予報に変わってしまったので諦めました。

桔梗駅もそうでしたが、森駅まで上っても雲が厚く形式写真に絶好の天気だったので、無理はせずに森駅で撮影枚数を稼ぐことにしました。

 
森駅と駒ヶ岳

 

お昼過ぎまで天気予報はハズレ… おかげさまで、後継車の落成で先が見えてきたキハ40形をたくさん撮ることがました。

あとは、何度トライしてもうまく撮れなかった「スーパー北斗」の中間車 キハ260形1200番代が来るのを待ちました。

残念ながら今回もキハ260形1200番代はダメで、キハ40形が邪魔で撮れなかったり、晴れてしまったり… 登別まで行かないと安定的に撮れないようです。

 
今回は道南地区(函館本線函館〜長万部間)のローカル輸送で活躍する函館運輸所(函ハコ)のキハ40形700番代をアップしたいと思います。

窓配置がきれいに整っている1977(昭和52)年製の キハ40 831(函ハコ)です。

 
キハ40 831

キハ40 831(函ハコ)  2018年4月2日 森駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

今回アップした形式写真は キハ40 831 ですから、“831 – 725 = 106”。
つまり、キハ40 831 の種車は“キハ40 106”ということになります。

この辺りのことは キハ40 839 をアップしたときに整理しましたので、ご覧いただけると嬉しいです。

 
旧キハ40形100番代初期車(キハ40 826〜841)はもっと淘汰が進んでいると思っていましたが、廃車されたのはごく一部のみで、ほとんどが現存しています。

ただ、JR北海道標準色のベース色がクリーム色から灰色に変わっており、屋根上の水タンクも撤去されています。
水タンク残存の未更新車は道南地区で何両か見掛けましたが、初期車に限ってはもう残っていないような気がします。

もうしばらくは活躍すると思われますが、今のうちに記録しておいた方がいいグループでしょうね。