JR発足当初に増備されたEF81形450番代初期形(EF81 451)

昨日(3/1)、税理士に一通り用意した帳簿類を渡してようやく普通の生活に戻りました。

時間的に厳しいとかはなかったのですが、一つのことしかできない無能力者なので、ついついブログの方が疎かになってしまいました。

 
実は、ダイヤ改正前にキハ31形の撮影と実車調査をしたかったので、1週間前の話しですが、現地 2/22(水)〜2/23(木)の1泊2日で九州に遠征してきました。

今回は現地に朝入りしたかったのと、直前に九州行きを決めたため飛行機のチケットが間に合わなかったので、新神戸までは新幹線、三ノ宮からは夜行バスという少々無茶な行程で行ってきました。

 
阪急観光バス

 

ちょうど小倉に降り立った翌日(2/23)に今回乗車した「ムーンライト号」が3月末を以て運行休止となると発表がありましたので、私にとっては最初で最後の乗車になりました。

といっても、いつものように降車する小倉までまったく寝られなかったので、いつものように夜行バスを利用しなければよかったという後悔でいっぱいの乗車に終わりました。

 
現地1日目(2/22)は高速道路の火災事故の影響で少し遅れてのスタートでしたが、日田彦山線で田川後藤寺に寄ってキハ147形が撮れるか確認し(残念ながら撮影できず)、後藤寺線を経由して先月もお邪魔した直方に行きました。

お昼過ぎにキハ31形が構内回送で1分くらい駅ホームに停車するので、それまで813・817系のうち前回訪問のときに撮影できなかった区分を一通り曇天のもとで撮影。

そのうちに雨が降り始めたため、キハ31形の撮影をあきらめて筑豊本線(若松線)の二島に移動しましたが、雨があがらないためここでは撮影できませんでした。DENCHA のクモハBEC819形を撮り直したかったのですが、ダメした。

 
こんどは黒崎に移動。

1月訪問時は晴れベースの天気だったので下車せずに駅ホームからED76形を撮りましたが、こんどは太陽が顔を出す心配がなかったので下車して敷地外で待機。

運よく雨はあがってくれましたが、今回は手前に止まった貨物列車のコンテナ車の連結両数が長いため撃沈。
でも、入線してきた牽引機が所定のED76形ではなくEF81形450番代のトップナンバー機 EF81 451(門)だったので、あきらめずに急いで駅に戻って前照灯が点灯する前に2カットほど撮影。

雲の流れが変わってしまったので少し雨が降り始めてしましたが、気にせず撮ったのが今回アップする写真です。

 
EF81 451

EF81 451(門)  2017年2月22日 黒崎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

1991(平成3)年に関門トンネル通過用のEF81形400番代の増備車として落成したEF81形450番代の1両です。

このとき EF81 451・452 の2両が日立製作所で製造されました。1989(平成元)年に日本海縦貫線用として増備されたEF81形500番代を基本に重連総括制御装置を追加した仕様ですが、EF81 451・452 は前照灯と尾灯(標識灯)を一体のケースに収納して前面下部に配置した独特の顔立ちとなりました。

平成4(1992)年に EF81 453~455 が増備されましたが、こちらの3両はEF81形500番代と同様のデザインに戻されて従来車のイメージへ変更されましたので、おでこの両サイドに前照灯のない見慣れないデザインは EF81 451・452 の2両だけの特徴となりました。

 
不思議なデザインのEF81形。九州地区でしか見られない珍しいこのブログに相応しい車両ですので、撮れたときは他人に見られないように小さくガッツポーズ。

 
九州遠征の現地1日目(2/22)は、直方駅で筑豊本線(福北ゆたか線)を走るJR九州の電車が一通り撮影できたので、久しぶりに成果の大きい1日でした。こういう日は気持ちがいいですね…



この形式写真に関連するタグ: EF81形 , JR貨物

九州地区で活躍するED76形1000番代更新機(ED76 1022)

九州遠征の2日目(1/23)は、前日に雪で撮れなかったJR九州の架線式蓄電池電車(DENCHA)BEC819系がメインターゲットでした。

 
前回アップした写真のように筑豊本線(若松線)の二島駅でBEC819系量産先行車の2両を撮影しましたが、今のところDENCHAの運用は昼間の4往復のみ。

15時前には現地での撮影を終えたので、小倉から東京行きの「のぞみ」に乗ってゆっくり休みながら帰ろうと鹿児島本線のドン行で移動していたところ、黒崎駅の側線に20ftコンテナ用のコキ200形が数両停車しているのを目撃したので急遽途中下車。

コンテナ車の形式写真をゆっくり1両ずつ撮影できる環境はありがたいですからね…

 
10分くらい駅ホームに滞在していると、こんどは門司機関区(門)の ED76 1022 が入換作業のため入線。
そのうち、コキ200形に連結、そして、待機。

門司区の電気機関車の運用はまったく下調べしてなかったので、ED76形の登場は完全にサプライズ。

なのに、こういうときに限って雲が切れる。

 
黒崎駅に停車中のED76形1000番代

 

二島駅にいたときよりもたくさん雲が浮かんでいたのに、何故か太陽のまわりだけ雲がありません。

しかも、太陽との位置関係から、曇ってくれないと ED76 1022 の車体正面は真っ黒。

このまま黒崎駅で待つか悩んだのですが、予約してあった「のぞみ」まで1時間ほど余裕があったので、接続する列車の1本前まで粘ることにしました。

それまでに曇ってくれなかったら、縁がなかったというだけ…

 
そんな状況でもめげずに駅ホームで45分ほど粘ってみたところ、車体のテカリがほとんど消えるまで雲が厚くなってくれたので、絶滅間近となった少数派形式のED76形1000番代、ED76 1022(門)が撮影できました。

 
ED76 1022

ED76 1022(門)  2016年1月23日 黒崎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

今回は1泊2日の短い九州遠征でしたが、〆はエクスプレス予約のグリーンプログラムで人生初の新幹線グリーン車を堪能し帰路に就きました。



この形式写真に関連するタグ: ED76形 , JR貨物

北海道新幹線開業の陰で地味にデビューしたEH800形(EH800-9)

撮影3日目(10/12)から青森地区で撮影を開始した北海道遠征ですが、4日目(10/13)は羽越本線の酒田駅で撮影する予定にしていました。

酒田は新幹線から乗り継ぎ後の在来線が比較的長いので、つきみ野から行くには面倒だし、帰りに新庄に出ればついでに山形新幹線も完乗できそう。

そんな感じで25年ぶりに酒田に寄る予定にしてましたが、今回も天気予報が定まらず、行くべきか判断ができませんでした。

 
そういうときは無理をしないのが一番。

このまま青森地区に滞在していればEH800形と「リゾートしらかみ」用車両が撮れるかも知れないですしね…

ということで、撮影4日目(10/13)も青森地区で撮影することに決めました。

 
この時期は天気が不安定なのが普通なんでしょうかね?

10/13(木)も天気が不安定。
天気予報はどの機関も概ね曇りの予報だったのですが…

 
青い森鉄道の東青森駅と奥羽本線・五能線の川部駅を行ったり来たりしてましたが、川部駅で「リゾートしらかみ2号」の“くまげら”編成が来ると雨。まったく撮影できませんでした。

奥羽本線と青い森鉄道を乗り継いで東青森に移動すると、こんどは晴れ。

がっかりする暇もなく川部に戻ると、こんどは遠くに雲が見える程度でピーカン。

待ち時間が結構あったのでその間に曇ってくれましたが、秋田方面が晴れていたみたいで「リゾートしらかみ1号」のHB−E300系“橅(ブナ)”編成はブライドが見苦しい状態。

なかなかうまくいかないものです。

 
今回の遠征は4日間すべて天気が不安定で、完全に消化不良な状態で終わりました。

安定的に曇ってくれる日が1日くらいあってもよかったのですが、天気予報不信を深める残念な4日間でした。

 
 * * *

 
東青森駅は、青函トンネルを通過する貨物列車の牽引機を付け替える場所になっています。

青森信号場と役割を分担しているので電気機関車が頻繁にやって来るわけではありませんが、うまく時間帯を選べば数種類の電気機関車が撮れるようなので、今回はそのロケハンを兼ねて行ってみました。

 
今回は、東青森駅で撮影できた電気機関車のうち初めて撮影できた最新鋭の交流電気機関車EH800形をアップしたいと思います。

2016(平成28)年3月の北海道新幹線開通にともない青函トンネルが新幹線(交流25kV/50Hz)と在来線(交流20kV/50Hz)の共用区間となったため、複電圧など双方の交流区間の設備に対応するため新たに開発されたJR貨物の交流電気機関車です。

 
EH800-9

EH800-9(五)  2016年10月13日 東青森駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

営業運用に入ってからのEH800形の形式写真を見たことがなかったので撮れるかどうか心配でしたが、貨物列車の出発する時間帯に合わせて訪れれば今回のようにきれいの撮れることが確認できました。

首都圏から遠く、しかも第三セクターの無人駅なので気軽に行くことはできませんが、こんどは試作車の EH800-901 を狙いに行ってみたいと思います。

 
ED79形50番代と100番代が現役だったときに行けなかったことが悔やまれます…



この形式写真に関連するタグ: EH800 , JR貨物

広島更新色で活躍する新鶴見機関区の EF65 2127

こちらのブログの右サイドバーに “人気の投稿” のベスト10 を掲載しています。

今月に入って オロ12 10 などJR四国に在籍していた12系客車に関連する投稿のアクセス数が増えていますが、これは東武鉄道のC11形運転開始にともなう車両譲渡や甲種回送に関係したものです。

このブログも開設して5年が経ち、掲載しているJR車両もかなり網羅的になってきましたので、全国でJR車両に関わるできごとがあるとアクセス数というかたちで響いてきます。

 
一方で、鉄道とは何ら関係なく一定のアクセス数を稼いでいるのが、「三脚を買い替えました、3か月前の話しですが(クモハ211-5619)」「スポンジグリップを取り付けた GITZO GT3542LS(クモハ114-1518)」の2つです。

現在常用している三脚、GITZO GT3542LS を購入したときと、この三脚に格安のスポンジグリップを取り付けたときの投稿です。

 
やはり、ジッツオ(GITZO)の三脚は人気があるんですね。

GITZO はこれ1本しか持っていないのですべての GITZO を語ることはできませんが、少なくとも GITZO システマティック・シリーズはとても使いやすい三脚です。

値段が10万円以上と高いので気軽に試すことができないから、こちらの投稿をご覧になるのだと思いますが、使ってみると分かりますが、セットしたときの安定性と脚を拡げたり伸ばすときのトルクは絶妙で、しかもまったくヘタリがありません。

三脚は使っていればヘタるものだと思っていましたが、GT3542LS にはその兆しが感じられません。

 
でも、一つだけ問題があります。

これは金属製スパイク石突がすぐにすり減ってしまうことです。

小さな消耗品ですし、いざとなったらゴム製石突きをはめればいいのですが、もう少し一般的な硬性の高い金属を採用してもよかったのでは、と思っています。

 
GT3542LSの金属製スパイク(使用前)

GT3542LSのスパイク石突き(GIZOホームページより)

 
GT3542LSの金属製スパイク(使用後)

使用後の金属製スパイク石突き

 

 * * *

 
以前アップしていたはずなのに、過去ログを見返してみても見当たらない形式写真がありました。

現在、右サイドバー “人気の投稿” の10位にランクインしている「広島更新色の塗り分けで活躍するEF64形1000番代(EF64 1049)」と同じように岡山時代の広島更新色をまとっている新鶴見機関区(新)の EF65 2127 です。

 
これを撮るためだけに新小岩に行っているので、すぐにアップしたと思うのですが…

 
EF65 2127

EF65 2127(新)  2015年8月10日 新小岩信号場

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: EF65・EF67形 , JR貨物

JR貨物になってから増備されたEF81形450番代(EF81 453)

団体臨時列車「カシオペアクルーズ」「カシオペア紀行」が走るたびにEF81形が牽引する長大編成の走行写真がTwitterやFacebookのTLに溢れて賑やかになります(今週は EF64 37 に牽かれて信州に行ってましたが…)。

寝台特急「カシオペア」時代の末期にEF510形500番代が牽引していたのは何だったのだろう、なんて思ったりしますが、北斗星色のEF81形が先頭に立つ姿を見るとやっぱり応援したくなりますね。

見慣れている、ただそれだけなのですが、やっぱりね…

 
でも今回は、このブログらしくJR東日本エリアでは絶対に見られないEF81形をアップした方が面白いと思いましたので、乗務員扉をローズピンク(赤13号)にしたJR貨物標準色をまとったEF81形450番代をご覧に入れようと思います。

関門トンネルを通る本州〜九州間の貨物列車の増発に合わせて1991・1992(平成3・4)年に増備されたEF81形450番代、EF81 453(門)です。

 
EF81 453

EF81 453(門)  2016年2月22日 田代駅(鳥栖貨物ターミナル駅)

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

国鉄末期に関門トンネル通過用として転用改造されたEF81形400番代の増備車になりますが、こちらはJR貨物になってからの落成車で、旅客列車の牽引を考慮していないので電気暖房装置は搭載していません。

動力性能などの基本仕様は、ほぼ同時期に登場したEF66形100番代やEF81形500番代と同じように国鉄時代に落成した最終増備車を踏襲していますが、各部の機器類は当時の状況に合わせて新しいものに変更されています。

また、塗色もJR貨物標準色に変更されており、前面の飾り帯が廃止され、車号ナンバーが切り文字式に戻されて、ナンバーの取り付け位置も変更されました。

運転室の居住性向上のため落成当初から冷房装置が搭載され、助士側の側窓下部にルーバーが取り付けられています。このため助士席は廃止されて、同部分の窓が下降式から内開き式に変更されています。

 
1991(平成3)年製の EF81 451・452 は、前照灯と尾灯(標識灯)を一体のケースに収納して前面下部に配置してましたが、平成4(1992)年に増備された EF81 453~455 は従来車のイメージに近いEF81形500番代と同様のデザインに戻されました。

EF81 451・452 が撮影できていれば異色なデザインの不思議ちゃんがアップできたのですが、未撮影ですのでこんど九州遠征のときに狙ってみたいと思います。



この形式写真に関連するタグ: EF81形 , JR貨物