ちょっとブサイクなEH500形量産3次車の2001年度落成車(EH500-10)

今回は、こちらにアップするのを忘れていた形式写真をご覧いただきたいと思います。

 
昨年(2017年)6月に盛岡駅で撮影した仙台総合鉄道部(仙貨)の EH500-10 です。

 
EH500-10

EH500-10(仙貨)  2017年6月25日 盛岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

おもに首都圏から青森信号場までを東北本線経由で運用されている金太郎ことEH500形ですが、EH500-901 が1997(平成9)年に試作されてから量産3次車の2001(平成13)年度落成車(EH500-10〜14)までは車体塗色が変わったり“JRF”マークの大きさや貼付位置が変わったりで、なかなか外装デザインが定まりませんでした。

 
EH500形の量産車は2001(平成13)年8月に落成した EH500-10 から3次車に移行し、車体塗色が2次車のイメージから大きく変更されました。
ベース色の赤色が明るくなり、運転台まわりの黒色部分が窓枠のみに縮小され、前照灯の取り付け位置が高くなり同部分に白帯が入るようになりました。

 
EH500-10 以降の量産車はすべて3次車と呼ばれていますが、2001(平成13)年8月から翌年3月まで新製された5両はその後の増備車とは若干顔付きが異なります。

2002(平成14)年度以降に落成した EH500-15〜81 は前照灯カバーの縁部分が細くなって小さくなり、この影響で前頭部の白帯がわずかに細くなっています。

 
2001(平成13)年度落成車の EH500-10 と2009(平成21)年度落成車の EH500-63 の前照灯部分を並べて見比べてみるとその違いがよく分かります。

 
EH500-10 の前照灯カバーは縁部分の面積がやや広く、少し野暮ったいデザインになっています。
量産3次車は切り文字式の車号ナンバーの取り付け位置がすべて同じですが、前照灯カバーに合わせて白帯が少し太くなっているので車号ナンバーと白帯が近接しています。

 
EH500-10 の前照灯

EH500-10 の前照灯

 

一方、EH500-63 は前照灯カバーのガラス開口部分の四隅にRがあり、ステンレス無塗装の縁部分が狭くなっているのでシャープなデザインに仕上がっています。

 
EH500-63 の前照灯

EH500-63 の前照灯

 

どうでしょうか?

EH500形の中でも多数派の量産3次車ですが、東北本線で活躍する仙台配置車を細かく見てみるとこのような違いがあるのです。

八王子駅構内の入換運用に就いている HD300-17

昨日(9/19)から、やっと普通の生活に戻りました。

 
10月2日に発売予定の「列伝シリーズ03 踊り子列伝」(イカロス出版刊)の車両解説パートを8月から執筆していましたが、この日の朝に赤入れを編集に戻して脱稿。
これで執筆は終了しました。

 
列伝シリーズ03 踊り子列伝

 

普段なら徹夜明けのときは無理しないで仮眠するところですが、この日は先月末(8/27)の床上浸水の関係で保険屋さんの調査員が被害状況を確認に来るというので、仮眠できませんでした。

被害額の算定やちょっとしたお片付けをしなければならいし、この他に別件で役所手続きの準備もしなければならなかったのでね…

床上浸水の間接的な影響がジワジワと出始めてきました。

 
でも、見た目のレベルでは既に事務所はきれいに片付いていますので、面倒な残りの作業は年内に終わればいいかなぁ〜、という感じです。

 
 * * *

 
小言はこのくらいにしておきます。

すでに鮮度切れも甚だしいくらい古い情報ですが、 8月24日に“秋の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、10月からの撮影計画のためにリストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(リゾート列車)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線鉄道事業本部 福岡支社)

JR四国

JR九州

 
 * * *

 
睡眠負債を解消するために今日(9/20)はゆっくり休みたかったのですが、安定的に曇りそうな天気(予報)を無駄にはしたくなかったので、リハビリを兼ねてプチ出撃してきました。

 
この7月にE353系が投入された特急「かいじ」を撮りに甲府に行くつもりで出掛けましたが、途中の八王子駅で川越・八高線の209系3500番代が高麗川留置の運用に入っていることが分かったので、急遽出撃先を変更して高麗川に向かうことにしました。

高麗川に行くのならそんなに急ぐ必要がなかったので、八王子駅に留置されていたハイブリッド機関車のHD300形を撮って少し準備運動をしました。リハビリの本番は高麗川ですからね…

 
今回はそのときに撮影した HD300-17(新)をアップしたいと思います。

 
HD300-17

HD300-17(新)  2018年9月20日 八王子駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

八王子駅構内の入換運用は新鶴見機関区の HD300-8 が担当しています。

各車両ごとに装備が違うわけではないので、新鶴見区のHD300形が各地を巡る運用でもいいのですが、常備駅が広範囲に渡っているので緩やかに活躍の場所が決まっているようです。

しかし、最近は8号機だけでなく17号機も八王子駅の運用に入ることが多いようです。

 
どうせなら撮影が困難な試作車の HD300-901 が八王子に来てくれるといいのですが、それは流石に叶わないでしょうね…

3月17日ダイヤ改正で引退したJR貨物のコキ50000形(コキ52487)

先週末のダイヤ改正で引退した車両を2回連続で採り上げましたが、JR貨物のコキ50000形のことをすっかり忘れてました。

 
数年前からコンテナを搭載したコキ50000形を撮ろうと場所探しをしてましたが、結局ダイヤ改正に間に合いませんでした。

最後は東北本線、日本海縦貫線、北海道地区の貨物列車で使われていたので、中2線の引きが取れる駅ホームで撮れる機会を狙ってました。
奥羽本線弘前駅、石勝線追分駅などいくつかの候補地があり、実際に遠征のついでに行きましたが、ことごとく晴れ。

 
昔からの悪い癖で、晴れたら撮らないという間抜けな判断をしてしまったので、撮影できたのはこの1両。

しかも、タイガーロープが邪魔な、晴れたときに日陰で撮った苦し紛れの1枚。

 
死蔵してもしょうがないのでアップします。

1974(昭和49)年製の コキ52487 です。

 
コキ52487

コキ52487  2016年2月13日 石巻駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

600番代に改番されたオリジナルタイプのEF81形(EF81 716)

九州遠征初日(1/23)の話しの続きですが、その日の黄昏時に撮影したJR貨物の EF81 716(門)がうまくレタッチできましたので、予定を変更して初日の2枚目をアップしたいたと思います。

 
鳥栖貨物ターミナル駅に留置されている電気機関車のうち1両だけは田代駅のホームの横にいるので、パンタグラフが上がる時間まで待てばきれいな形式写真が撮影できます。

しかし、冬場だとすでに日が暮れてからの撮影になるので、曇っていると逆に露出が足りなかったり、前照灯の光が煌々とした写真になってしまいます。
それを避けるために晴れた日の黄昏時に形式写真を撮るようにしていますが、今回は夕焼けの名残りの赤さが強かったので、レタッチに時間が掛かると思ってました。

そのぐらいの覚悟だったのですが、勘所が分かってきたのか、夕焼けの赤みが強い部分をうまくニュートラルな感じに直すことができました。

どうです…
黄昏時に撮った形式写真には見えないと思いませんか?

 
ということで、今回は門司機関区の EF81 716(元EF81 116)です。

 
EF81 716

EF81 716(門)  2018年1月23日 田代駅(鳥栖貨物ターミナル駅)

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

国土交通省の「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」等によって、運転速度が100km/hを超える線区を走行する車両については運転状況記録装置等の搭載が義務付けられました(2016年6月30日が猶予期限)。

JR旅客会社が所有するEF81形には運転状況記録装置が取り付けられましたが、JR貨物のEF81形は同装置が追設されなかったので最高速度が100km/hに制限されています。

同じ形式にも関わらず保安装置の有無により最高速度が区別されているため、JR貨物所有のEF81形0番代は原番号に600にプラスする措置が取られました。EF81形には他にも300・400・450・500番代が存在しますが、こちらはJR旅客会社に所属車がいないので改番されませんでした。

 
EF81形600番代はこのような経緯で登場した区分ですが、このような措置が執られた2012(平成24)年には初期車のほとんどが淘汰されていたので、EF81形600番代のほとんどは700番代を名乗っています。

しかし、日本海縦貫線のEF81形がEF510形に置き替えられたため、EF81形600番代も稼働車は富山機関区から門司に転属した数両だけとなってしまいました。

 
JR貨物になってから更新工事が実施されたため車体裾部に白線が追加されていますが、JR東日本所属車では見られなくなった運転室側面の落とし窓の点検蓋が残っています。

流石に、客車用の電気暖房(EG)の表示灯は撤去されているので、乗務員扉横が寂しいですけどね…

EH500形量産車(ECO-POWER 金太郎)のトップナンバー機 EH500-1

半月遅れの遠征記録になってしまいましたが、今回は“大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)”を使った北海道・東北遠征の4日目、6/25(月)の話しです。

 
北海道遠征のつもりで6/22(木)に北海道入りした遠征でしたが、天気予報の翻弄された最初の2日間がほとんど成果なし。

でも、遠征3日目だった前日(6/24)の午前中が好調だったので何とか巻き返しましたが、天気予報不信が根深くて後半の予定が立てられなくなってしまいました。

もう幾日か北海道に滞在してもよかったのですが、手薄になっている東北地方のJR車両を撮っておいた方が得策ではないかと思い始めてきたので、前日は14時過ぎに深川駅での撮影を切り上げて岩手県の北上まで長距離移動しました。

 
4日目(6/25)は早朝から東北本線北上駅で北上線のキハ100形を撮影。

すぐに東北新幹線で盛岡に移動し、先に盛岡入りしていた形式写真仲間の冨田さんさんと一緒に盛岡車両センター(盛モリ)の701系電車とキハ110系を撮影しました。

盛岡駅で撮影するのは20数年ぶり。
「はつかり」の583系や赤帯のキハ58形1500番代を撮りに行ったとき以来でした。

 
現在の盛岡駅は10時過ぎになると撮影可能な車両がほとんどいなくなる寂しい駅です。

ですので、昼前に山形方面に移動するつもりでしたが、その日は14時過ぎにEH500形のトップナンバー機が盛岡駅に入線する運用情報が確認できたので、休憩ついでにそのまま盛岡駅に留まることにしました。

今回の遠征は毎日朝が早く夜が遅い日が続いたので、これ以上移動できるほど体力は残っていませんでした。今回は広域フリーきっぷを使ったので、曇りを求めての長距離移動ばかりでしたからね…

 
この日は半日の滞在でEH500形の3次車初期形の EH500-10・11 も撮影できたので、試作機の EH500-901 が撮れれば一通りのEH500形の形態区分が揃うところです。
でも、EH500-901 は東芝に無動力輸送されてしまったので、撮れず仕舞いになってしまうかも知れませんが。

 
先ずはEH500形量産車のトップナンバー機 EH500-1 が撮れて一安心ですので、今回は盛岡駅で撮影した同機をアップしたいと思います。

 
EH500-1

EH500-1(仙貨)  2017年6月25日 盛岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。