世界初の営業用ハイブリッド気動車のキハE200形(キハE200-1)

先日から電車の“車両/編成の向き”について書き始めていますが、見た目にもわかりやすい例が国鉄の新性能電車になるので、残り少なくなった国鉄形の鋼製電車の写真ばかりアップしていました。

特にここ数年、国鉄形車両は115系117系485系ばかり撮っていましたので、同じような車両ばかり。

しかも、地味な地味な中間車で…

本当に申し訳ありません。

 

なので今回は中間車ではなくて、世界初のハイブリッド気動車のキハE200形のトップナンバー、キハE200-1(長コミ)をアップします。

 
キハE200-1

キハE200-1(長コミ)  2010年5月30日 小淵沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

この写真は中央本線甲府〜小淵沢間で「SLやまなし号」が走ったときで、牽引機 D51 498 のまわりに人集りができたときに小海線ホームで撮影したものです。

通常、キハE200形は2両編成で運行されていますが、このときは臨時列車のため単行のお昼寝運用が組まれていたので、じっくり撮影することができました。キハE200形を撮影する絶好のチャンスでしたが、鉄道ファンの皆さんは D51 498 だけに夢中でした。

 
 * * *

 
JR東日本では2003(平成15)年にキヤE991形(その後、クモヤE995形に改造)“NE (New Energy) Train”を試作してハイブリッドシステムの研究試験が行われ、その技術を活用した量産先行車両として2007(平成19)年にキハE200形が登場しました。

キハE200形はハイブリッドシステムを搭載した営業用としては世界初の鉄道車両で、3両が小海線営業所に配置され、2007(平成19)年7月末に営業運転を開始しました。

 
最近のJR気動車のようにコモンレール方式の燃料噴射装置を使用した450PS(331kW)の機関(エンジン、DMF15HZB-G)を後位側の床下に搭載していますが、誘導発電機DM113でエンジン回転を電気的エネルギーに変換し(出力270kW)、そのエネルギーと前位側の屋根上に搭載したリチウムイオン蓄電池の電気的エネルギーを組合わせて主電動機(モーター、MT78)を駆動するシリーズハイブリッドシステムを採用しています。

 
キハE200-1の発電用機関(DMF15HZB-G)

キハE200-1の発電用機関(DMF15HZB-G)

 

このほかに、主だった機器としては制御用主変換装置(インバータ・コンバータ装置)が床下に搭載されています。

力行時は、発電機からの電力と蓄電池からの電力を用いてインバータによりモーターを駆動し、減速時はモーターを発電機として利用し、運動エネルギーを電気的エネルギーに変換して蓄電池に充電しています。

 
キハE200-1の主変換装置と空気圧縮機(右)

キハE200-1の主変換装置と空気圧縮機(右)

 

キハE200形は前位台車のみモーターを装架した動台車で、E531系のDT71を基本としたDT75を履いています(後位側の従台車はTR260)。
基礎ブレーキ装置は内側のみ(踏面片抱き式)で、車体端部寄りの軸には空転・滑走防止対策としてセラミック噴射装置(セラジェット)が取り付けられています。

エンジン駆動の気動車ではないので、下写真のようにエンジンから延びる推進軸は見当たりまりません。

 
キハE200-1の動台車(DT75)

キハE200-1の動台車(DT75)

 
キハE200形のハイブリッドシステムは、

(1) 発車時は蓄電池の充電電力を使用してモーターを回転させ(エンジン停止)、
(2) 加速時はエンジンを動作し、発電して蓄電池電力と合わせてモーターを回転させる。
(3) 減速時はモーターを発電機として利用して、回生させた電力を蓄電池に充電する(エンジンは停止または排気ブレーキを動作)、

となっています。

 
このシステムは「リゾートビューふるさと」のHB-E301形に活用されましたが、2015(平成27)年度に登場予定の“仙石線・東北本線接続”快速列車(仙台~石巻間)のHB-E210系にも引き継がれそうです。



この形式写真に関連するタグ: HB-E300系 , JR東日本 , ハイブリッド車両

「リゾートビューふるさと」のハイブリッド気動車(HB-E301-2)

昨日(5/20)もまたまた新潟地区の新津駅に行ってきました。

 
今回のターゲットは国鉄形の115系や485系ではなく、JR東日本の新津車両製作所で新製された埼京線用のE233系7000番代。

新津車両製作所で製造された車両が配置区所に配給列車扱いで輸送されるとき、出発直前に新津駅できれいに形式写真が撮れることがあります。今回はそれを期待して行きました。

 
配給列車ねらいは今回で2度目。3年前に山手線用のサハE231形を撮りに出たときは、予想に反して出発線が5番ホームのすぐ横で、引きが取れずに大失敗。

その後の配給列車は5番ホームから中2線の場所から出発することが多かったので、今回もいつものような構図で撮れるのを期待しましたが、またまたダメでした。

 
これまで2度の遠征で、2度目の大失敗。

凹みました。

せっかくの新潟遠征だったので、すぐに越後線の吉田駅まで移動しましたが、こんどは天気予報に反して雲がほとんどなくなりいい天気になってしまい、配給列車の撮影失敗をフォローすることもできませんでした。

昼間の吉田駅に行かないと撮れない便所付きのクモハ114形1500番代だけは何とか雲がかかった瞬間に撮りましたが、運がよかったのはそれくらい。

むなしい遠征に終わり、お昼過ぎには帰路に…

 

昨日は配給列車出発の45分前に新津駅から長野総合車両センター(長ナノ)のHB-E301形が回送されたので、そのために出発線がいつもと違っていたのか、それとも5番ホームのすぐ横から出発するように変わったのか不明ですが、今後は慎重に遠征すべきかを判断したいと思います。

 

HB-E301-2

HB-E301-2(長ナノ)  2013年5月20日 新津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
長ナノのHB-E301形は2両編成で、多客期の週末を中心に長野〜松本〜南小谷間の臨時快速「リゾートビューふるさと」で運用されています。

HB-E301-2 は信濃大町で撮影したことがあり、以前こちらにアップしたことがありましたが、昨日はまるで現場で撮影したかのようにきれいに撮れましたので、今回もアップしてみました。



この形式写真に関連するタグ: HB-E300系 , JR東日本 , ジョイフルトレイン , ハイブリッド車両

ハイブリッド・リゾート・トレインのHB-E301形

今回も大糸線信濃大町駅へ行ったときの写真で、ハイブリッド・リゾート列車「リゾートビューふるさと」のHB-E301形、HB-E301-2(長ナノ)です。

HB-E300系はハイブリッドシステムを搭載した新形リゾートトレインで、長野・秋田・青森地区に導入されました。長野地区は2両編成1本が長野総合車両センターに配置され、長野〜松本〜南小谷間の臨時快速「リゾートビューふるさと」で運用されています。
 

HB-E301-2

HB-E301-2(長ナノ)  2011年6月11日 信濃大町駅

 
このほかに津軽線・大湊線用の「リゾートあすなろ」に2両編成が2本、そして五能線の快速「リゾートしらかみ」の青池編成として4両編成が1本投入されています。

「リゾートあすなろ」は営業運転開始前に青森駅で撮影してますが、長野地区の「リゾートビューふるさと」とはカラーリングが異なり、赤(夏祭りの熱気)、黄(下北半島の菜の花畑)」、緑(青森県の豊かな森)の3色に変わり、先頭部は銀色に塗装されています。
 

HB-E301-4

HB-E301-4(盛アオ)  2010年11月26日 青森駅



この形式写真に関連するタグ: HB-E300系 , JR東日本 , ジョイフルトレイン , ハイブリッド車両