H級直流電機の試作車 EH200-901

思い切って Zeiss Milvus 1.4/50 を買ったのに、撮りに行かないのはもったいないと思っていたところ、JR貨物のH級直流電機の試作車 EH200-901 が撮影可能な運用に入ることが分かったので、急遽、甲府に出掛けてきました。

 
雨のち晴れの微妙な予報。

しかも、晴れ始める時間帯は夕方。

こういう予報のときは早くから晴れてしまうのを覚悟し、晴れてしまっても次を待てばいいという軽い気持ちで現地入りしました。

 
案の定、笹子トンネルを抜けて甲府盆地に入ると晴れ。

甲府に到着するまで無駄足になることを覚悟してましたが、なんと甲府駅辺りに大きな雲が掛かってました。

運よく曇り空のもとで EH200-901 が2番ホームに停車してくれたのです。

でも、遅れていた下り列車が手前ホームに停車したので、ぬか喜びで終わるかとハラハラしましたが、EH200-901 が出発する直前に何とか撮ることができました。

 
実は昨年(2015年)9月にも EH200-901 を撮りに行ってましたが、午後から晴れてしまい撃沈したことがあったので、今回は2度目のチャレンジでの撮影でした。

 
EH200-901

EH200-901(高機)  2016年6月21日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

前回の出撃で量産機の EH200-2 を撮影していますので、今回の試作機と見比べてみてください。

さまざまな箇所が量産車と違っています。

“Blue Thunder”ロゴの有無、エンド番号の標記の有無、助士側の形式番号の標記位置、屋根昇降ステップの形状、車体裾部の塗り分け線、開放テコの形状(カバーの有無)、前面窓のピラーの有無、ワイパーの形状、などなど…

 
まるで間違い探しのようですが、目が慣れてくるともっとたくさんの変更点が見つかると思いますよ。



この形式写真に関連するタグ: EH200形 , JR貨物

中央東線で活躍するH級電気機関車 EH200-2

今回は、先日の甲府出撃のときに撮影した形式写真をアップしたいと思います。

高崎機関区(高機)の EH200-2 です。

 
EH200-2

EH200-2(髙機)  2016年4月13日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

かつて中央東線の電気機関車と言えば重連が力強いEF64形でしたが、それも今は昔。

現在は、国鉄電機とは違った魅力を持ったH級電気機関車 EH200形が貨物列車を牽引しています。

 
しかし、このEH200形の形式写真を近場で撮るとなると、撮影場所は限られてしまいます。

以前、EH200-10 を倉賀野で撮ったことがありますが、現在は撮れなくなってしまいました。
そもそも、倉賀野は我が家から遠いので何かと絡めていかないとならないので、気軽には行けませんでしたけどね…

 
そうなると、甲府駅の2番ホームに停車する貨物列車は大変魅力的です。

でも、ダイヤ改正後も以前と同じように乗務員交代をホームで行うか?

かつてのように中線停車に戻すか?

未撮影の EH200-901 を撮るためにはダイヤ改正の状況を確認しておく必要があります。

そのためにスタンバって撮ったのが今回アップした写真です。

 
こんどは EH200-901 がこの運用に就くときを狙って出撃してみたいと思います。



この形式写真に関連するタグ: EH200形 , JR貨物

高崎機関区のH級電気機関車 EH200-10

今日(6/3)は、土休日に曇ったら撮りに行こうと思い、ず〜っと毎週末は群馬県域の天気予報を気にしていました。

そして今日、ようやく“曇りときどき雨”の予報になりましたので、JR東日本のジョイフルトレイン「リゾートやまどり」の485系700番代を撮影するために昨晩からワゴンR車中泊で吾妻線の羽根尾駅まで行ってきました。

 
羽根尾駅までの途中、JR貨物の電気機関車が気軽に撮影できると聞いていた倉賀野駅に立ち寄り、EH200形0番代とEF210形0番代も撮影。

今回ははじめての倉賀野駅でしたが、土休日運休の貨物列車が多く、午後から晴れてしまい形式写真が撮りにくい環境になってしまったので、残念ながら機関車は2両しか撮影できませんでした。

 
今回アップするのはそのうちの1枚で、EF64形0番代の置換用として開発されたH級電気機関車、高崎機関区(高機)のEH200形です。

 
EH200-10

EH200-10(高機)  2012年6月3日 倉賀野駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: EH200形 , JR貨物