EF66形で唯一国鉄色をまとっている EF66 27

ヨーロピアンスタイルで人気の高い電気機関車 EF66形ですが、現在も国鉄色をまとっているのは“EF66 27”の1両だけです。

“ニーナ”なんて訳の分からない愛称が付けられている同機ですが、もともとEF66形の形式写真が撮れる場所が限られているうえに、なかなか順調に運用に入ってくれない。さらにトラブルなどで運用から外されたりで、これまで撮影できませんでした。

撮影できそうな運用に入るときはいつも晴れ。

 
2015(平成27)年6月に全般検査を通過したものの、EF66 27 とは縁がないのかなぁ〜、と諦めていたところ数日前に運用が変わり、順調にいけば今日(3/10)の運用で撮れる可能性が出てきました。

今日なら出撃可能。

あとは天気次第。

 
一昨日(3/8)から東海地方の天気予報をウォッチングしていたところ、曇り予報のまま変わらずに当日を迎えましたので、青春18きっぷを購入して富士駅に行ってきました。

 
今日は現行ダイヤになってから初めての富士駅訪問で、コンテナ車の入換作業の段取りが分からなかったので、作業途中に形式写真が撮れそうなチャンスを逃してしまいました。

でも、いつものようにややサイド寄りの構図で形式写真がうまく撮れましたので、今回は富士出撃の成果を早速アップしたいと思います。

吹田機関区(吹)の EF66 27 です。

 
EF66 27

EF66 27(吹)  2016年3月10日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

たった1両のために出撃するのは気が引けますが、1両のみの存在となった車両についてはそんなことは言ってられません。しかも、運よく青春18きっぷの利用期間内だったので、今回は出撃を決行いたしました。

今回の EF66 27 の撮影で、現存するEF66形の一通りのバリエーションがすべて記録できたことになります。

 
細かく見れば100番代で見られる水切りの有無なども押さえておかなければいけないのかも知れませんが、取り敢えずこれでEF66形の追っかけは一旦終了します。

JR貨物の機関車については、試作車の一部や九州地区配置車に未撮影区分がいくつかありますが、3年前までは未着手だったということを考慮すると、我ながらよく頑張っていると思っています。



この形式写真に関連するタグ: EF66形 , JR貨物

JR貨物独自仕様のEF66形100番代1次車(EF66 102)

今日は高尾駅までプチ出撃をして、最近になってようやく中央東線運用に入った長野総合車両センター(長ナノ)のロングシート6両編成の211系2000番代を撮りに行くつもりでしたが、家族の用事が入ってしまいNG。

 
出撃できず仕舞いで撮影報告ができなくなってしまったので、別の形式写真をアップします。

今月(11月)初旬にやっと撮影できたEF66形100番代1次車の EF66 102(吹)です。

 
EF66 102

EF66 102(吹)  2014年11月6日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

EF66形100番代が登場した経緯は EF66 120 のときに書きましたのでそちらを読んでいただくとして、1989(平成元)年に製造された EF66 101〜108 は100番代1次車として分類されており、1990・1991(平成2・3)年に増備された EF66 109〜133 とは一部仕様が異なっております。

パッと見で分かるような違いは前照灯・尾灯の形状とそのカバーの有無、そして車体裾部の青色帯の有無ぐらいかも知れませんが、丸形ライトを装備した1次車を撮るとなると両数が少ないが故に非常に困難です。

EF65形2000番代のように首都圏を中心に運用されているのであれば、追いかけていればそのうち撮れるような気がするのですが、EF66形はおもに東京貨物〜下関間の高速貨物列車で使用されているので、気軽に撮りには行けません。

 
こういう条件の車両は年単位で追いかけるしかないと諦めていますが、たまたま時間の融通が利く日にEF66形100番代1次車が富士にやって来てくれましたので、今回のようにきれいに形式写真が撮れました。

 
EF66形は国鉄形車両の0番代の方に人気が集中していますが、0番代が輝いていた時代は既に終わっています。

国鉄形の0番代を狙うのもいいですが、この先どれだけ活躍できるか分からない100番代も撮れるときに撮っておいた方がいいと思っています。



この形式写真に関連するタグ: EF66形 , JR貨物

JR貨物独自仕様のEF66形100番代2次車(EF66 120)

電気機関車ばかり続いていましたので、これを脱しようとクハ651形1100番代をアップしましたが、あとが続かなくて… すみません。

 
撮影地や情報収集の効率、撮影そのものの効率から、同じような車種を固めて撮っていると効率が上がります。
撮影場所探し、撮影可能な運用探し、運用に就いている車両のチェックなどなど、これらを全方位的に見るのは不可能ですからね。

特に電気機関車はそれまでメインに追いかけることをやってなかったので、それまでのやり方を変えるだけで急に撮れるようになった、それが8月下旬以降のできごとなのです。

 
でも、すべてが撮影対象車だった時期は終わり、これからは個別の車両を追いかけるという段階になってきましたので、

(1) 撮りたい車両が

(2) 撮れる場所にやって来る、

そして

(3) 曇り予報が出る、

この3つが揃わないと出撃しない、そんな待機状態に入ることになりました。

 
ただ電気機関車の場合は、個性のある車両が多いので、撮っておきたい車両が多いというのが問題です。

首都圏の電車については待機状態の車両ばかりで、先日のように土休日にしか撮れないクハ651形1100番代を撮る、そのようなスタイルが続いています。

今朝もプチ出撃するか悩みましたが、台風の影響で暴風雨になってしまったので見送りました。

 
数年前までは両親の介護、そして娘の入院ばかりで撮影なんて二の次の状態が長かったので、そのときに撮り逃した車両を追いかけているといったところです。

 
 * * *

 
今回は先日(9/19)の成果の中から地味に感動が大きかった1枚をアップします、吹田機関区(吹)の EF66 120 です。

 
EF66 120

EF66 120(吹)  2014年9月19日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

製造が終了してから14年も経過していたEF66形のマイナーチェンジ車として登場したのがJR貨物のEF66形100番代で、1989〜1991(平成元〜3)年に33両が製造されました。

 
民営化された直後の1989(平成元)年当時、JR貨物は次世代の新形機関車の開発を進めていましたので、本来ならばEF200形に相当する新世代量産機が登場する計画でしたが、バブル景気にともなう貨物輸送の増強が喫緊の課題になっていたため苦肉の策として登場したのです。

 
当時の機関車不足は深刻なもので、国鉄分割民営化のときにJR各社に引き継がれなかった国鉄清算事業団所有の車両を買い戻して車籍復活して機関車を調達していましたが、それでも足りなかったくらいだったのです。

関門トンネル用のEF81形450番代、日本海縦貫線用のEF81形500番代、青函トンネル用のED79形50番代も、同じような経緯で増備された車両でした。

 
なお、このような機関車の車籍復活はJR貨物だけでなく、貨物輸送を一部委託されていたJR旅客会社でも見られましたが、こちらは増備車を新製するには至りませんでした。



この形式写真に関連するタグ: EF66形 , JR貨物

新更新色で活躍するJR貨物のEF66形0番代(EF66 32)

電気機関車を追いかけるのはしばらくやめにして北陸新幹線絡みで転配が予想される車両を記録していこう、そのためには近場の出撃は抑えておこう、そう決めていました。

ところが、そんなとき撮影が年単位になるのを覚悟していた EF200-901 と、もうそろそろ引退が近いと思われるEF66形0番代の2両が富士駅で入換作業を行う運用に入ることに気が付いてしまいました。

でも、天気予報は晴れ。

もうちょっと調べてみると、アメダスでは晴れ予報にも関わらず朝から曇りで、太陽は顔を出していない模様。

 
撮れればラッキー!そんな気持ちで行けば現地が晴れても凹まないだろう。
そう自分に言い聞かせながら、最悪の結果を覚悟して出撃しました。

 
地元から沼津辺りまではだいたい曇り。

でも不吉な予感は的中で、EF200-901 が牽引する貨物列車が入線し、入換作業に入ったら雲が切れてしまいピーカンに。

やっぱりダメでした。

悔しかったので一応撮りましたが…

そして、iPhone でも苦し紛れに1枚。

 

EF210-901

 

覚悟していたものの、直前に晴れてしまうとやっぱり凹みます。

 

その後、新鶴見機関区(新)の EF210形がやって来たときから安定的に曇るようになり、吹田機関区(吹)の EF66 32 が入換作業を開始したときにはいい具合に花曇りの形式写真日和になりました。

 
今回は入換作業のときにうまく撮影できた新更新色の EF66 32(吹)をアップします。

 
EF66 32

EF66 32(吹)  2014年9月19日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

EF66 32 は2010(平成22)年頃から休車だったようですが、今年(2014年)4月に奇跡的に復活しました。この時点でEF66形0番代は9両が稼働車となり、一時期は2両まで減っていたのが嘘みたいな状況になりました。

その後、国鉄色の EF66 27 が運用から外れたので稼働車は8両となりましたが、それでもEF66形100番代1次車(EF66 101〜108)やEF210形100番代1次車(EF210 101〜108)と同数です。

 
どうしても運用範囲が広い少数派グループは撮影が困難で、これらをどう撮影いくかが課題になります。

かつては485系や24系客車などにも少数派グループがたくさんいましたが、最近は地域密着の後継車に置き換わってしまったので、少数派狙いは少なくなりました。

こんな感覚もたまにはいいかも知れません。



この形式写真に関連するタグ: EF66形 , JR貨物

JR貨物になってから増備されたEF66形100番代後期形(EF66 128)

昨日(9/5)に引き続き今日(9/6)もスッキリしない天気予報でしたので、またまた青春18きっぷの消化を兼ねて富士駅までEF66形を撮りに行ってきました。

天気予報だと夕方から天気が悪くなって雨が降るかも知れない、ということでしたが、現地はほとんど雲のない快晴。

 
昨日から富士入りしていた EF66 128(吹)と 国鉄形の EF66 21(吹)の2両が一度に撮れるかも知れないと期待して行きましたが、撃沈しました。

 
高崎地区の出撃(8/31)以来、ここ最近の出撃は曇り続きでしたが、いいことはそんなに続かないものですね。

吹田機関区(吹)のEF66形が撮れるということが確認できました、という成果しかありませんでした。

 
何も撮らないで帰ってくるのはもったいないので、下の写真のように EF66 128(吹)を撮りましたが、晴れているときの形式写真なのでひどい写真です。申し訳ありません。

 
EF66 128

EF66 128(吹)  2014年9月6日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: EF66形 , JR貨物