JR貨物に譲渡されたEF510形500番代(EF510-507)

今日(4/11)も新潟県内でJR車両を撮っていました。

昨日のうちに12系客車を撮っていましたので、早朝の新潟への送り込みでの撮影はやめて、1ヶ月ぶりに朝寝坊。
というか、昨晩から降った雨で足元が濡れているのが嫌だったのと、やっぱり今回も寝られなかった夜行バスでの寝不足を取り戻したかったので、6時過ぎに天気予報を確認してそのまま二度寝しました。

気持ちがいいですよね、二度寝って。

 
新津では、この4月に新潟の企業に就職したという二回り近く年下の形式写真仲間と落ち合い、情報交換を。

いつもFacebookでワイワイやっている形式写真仲間は皆さんアラフィフ。ブルトレ世代ですね。
若返りを図らなければ!ということで仲間に入ってもらった若手のサラブレッドさんでしたので、年の差を埋めるためにお会いしたのが真相といったところ、かな?

 
当初はお昼ごろまで新津駅に滞在する予定にしていましたが、E653系1000番代を好条件で撮るためには別の場所に移動しなければならないことが判明。後ろ髪を引かれる思いでえちごトキめき鉄道妙高はねうまライン(元信越本線)の高田駅に向かいました。

「いなほ」に使われている7両編成のE653系1000番代は形式写真を撮るのが困難ですからね。

なので、こういう機会に撮るしかないのですが、新津や長岡だけでは撮れない形式があったのです。

こういう移動が長い日にこそ青春18きっぷが使えるとよかったのですが、E653系1000番代が使われる快速「高田お花見号」は今週末と来週末だけの運転でしたので、今回は仕方なく通常の乗車券で移動。

 
これでE653系1000番代の撮影に失敗したら踏んだり蹴ったりのところでしたが、今日は霧雨もほとんど問題ないレベルでしたので、気持ちよく撮れました。

 
高田公園(新潟県上越市)の桜はちょうどこの週末が満開。

そして北陸新幹線効果もあったのか、とにかく鉄道利用客が多く、高田駅も人でごった返していました。

桜の写真を撮りに来ている人も多かったので、カメラと三脚を持っていても変な人に思われなかったみたいです。
いつもは変人のように思われながらの撮影ですが、今回は大丈夫のようでした。

こんなこともあるんですね…

 
 * * *

 
今回は高田に向かう途中の直江津駅で期せずして撮影できてしまったJR貨物のEF510形500番代をアップします。
富山機関区(富山)の EF510-507 です。

以前、こちらにJR東日本所属のEF510形500番代をアップしたことがありますが、今回の EF510-507 は平成25(2013)年にJR貨物へ譲渡された9両(EF510-501〜508・511)のうちの1両です。

 
EF510-507

EF510-507(富山)  2015年4月11日 直江津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

JR貨物に譲渡されてから車体側面の流星のイラストが消されていますので、JR東日本時代から外観の印象が少し変わりました。

 
いつまでも青色をまとっているかどうか分かりませんので、早めに撮っておきたいと思っていました。

今回は運よく撮ることができましたが、次に会うときは次位に連結されている EF510-14 のような赤色機に変わっているかも知れません。

分かりませんけどね…



この形式写真に関連するタグ: EF510形 , JR貨物

EF510形のトップナンバー EF510-1

先月の北陸遠征のときに撮影し、すぐにレタッチは終わらせていましたが、気の利いた文章が書けなくて放っておいた形式写真をアップします。
平成14(2002)年に登場したJR貨物のEF510形0番代のトップナンバー、EF510-1(富山)です。

 
EF510-1

EF510-1(富山)  2014年11月14日 敦賀駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

EF510形はEF81形の置き替えを目的として製造された交直流電気機関車で、直流機のEF210形を基本として開発されました。

すでにEF210形の開発のときに運用コストの適正化がなされていたので、EF510形については試作車は製造されず1号機が先行量産車となりました。

翌平成15(2003)年から量産が開始され、これまでにEF510形0番代は23両が製造されましたが、量産車で細かい所の手直しが行われたため、先行量産車の EF510-1 は量産車とは違っている部分があります。

 
パッと見で分かるレベルのものを挙げると以下のとおりです。

・車体裾部の白色帯が太い
・“レッドサンダー(RED THUNDER)”のロゴがない
・側面ルーバーの配置が異なる(非公式側)

 
でも、もう少しよく見てみるとさらに細かい部分で相違があるのが分かります。
2枚の写真を並べてみないと分からないレベルですが…

・前照灯ケースの向きが異なる
・前面の手掛け(手すり)の取付位置が異なる
・前面の標識灯掛(フック)の位置が異なる
・連結器の開放テコの形状が異なる
・区名札差しの位置が後退している(乗務員扉寄り)
・乗務員扉の手すりが長い
・乗務員扉上の水切り形状が異なる(乗務員扉後部の凹部に隣接)

 
まだ、EF510-2以降の量産車を撮影したことがないので、このブログで比較することはできません。

でも、JR東日本で製造されたEF500形500番代ならありますので、EF510-514 と比較してみては如何でしょうか。



この形式写真に関連するタグ: EF510形 , JR貨物

「北斗星」を牽引するEF510形500番代(EF510-514)

今回も先日の土曜日(9/20)の出撃で撮影した写真をアップします。

寝台特急「北斗星」用の牽引機として平成21・22(2009・2010)年に登場したJR東日本所属の EF510形500番代をアップします。

 
EF510-514

EF510-514(田)  2014年9月20日 大宮駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

EF510形はJR貨物が日本海縦貫線向けに開発した交直流電気機関車で、平成14(2002)年に誕生しました。

EF81形の後継機で、“ECO POWER レッドサンダー”の愛称が付けられて最近まで増備されまていました。

そのEF510形をベースに寝台特急「北斗星」「カシオペア」の牽引機仕様に変更して投入されたのがJR東日本のEF510形500番代です。

 
久しぶりの旅客用機関車の登場ということで話題を呼びましたが、平成25(2013)年3月に常磐線を中心とする貨物列車(安中貨物など)のJR東日本への委託が解消されて牽引機がJR東日本のEF510形500番代からJR貨物のEH500形に変更されたため、余剰となった9両(EF510-501〜508・511)がJR貨物に譲渡されました。

 
現在、JR東日本所属のEF510形は6両が田端運転所(田)に配置されています。

そのうち青色系の“北斗星”色は EF510-512〜515 の4両で、残りの EF510-509・510 は銀色系の“カシオペア”色をまとっています。



この形式写真に関連するタグ: EF510形 , JR東日本

「カシオペア」色の EF510-509

米国に住んでいる甥っ子(4歳)がリクエストしそうな車両をアップしてみました。

 
寝台特急「北斗星」「カシオペア」を牽引していたEF81形の置換用として2009(平成21)年から投入されたEF510形500番代です。
EF510-501〜515 の15両が田端運転所に在籍していますが、「カシオペア」専用機として落成した EF510-509・510 の2両はE26系客車に合わせて銀色に塗装されています。

 
EF510-509

EF510-509(田)  2012年3月8日 大宮駅

 
大宮駅で簡単にこのような写真が撮れますが、これまで客車ばかり撮影していたので、未撮影だったカシオペア色の牽引機を撮ってみました。



この形式写真に関連するタグ: EF510形 , JR東日本