つい最近落成したばかりのクハE531形4000番代(クハE531-4003)

先週末は、土曜日(12/12)まで奥さんが泊まりで出張、日曜日(12/13)は来日した弟が我が家に来てくれて家族みんなでお墓参りで、充実した2日間でした。

十日町に遠征したのは半月も前の話しで、それ以来、こんな感じで非テツの週末が続いております。

 
週末はあれこれと用事が入っていますが、平日は比較的融通が利きます。

曇ってくれればいつでも出掛けるつもりでいたところ、週末明けの月曜日(12/14)は曇り。

しかも、12/10(木)から1ヶ月間は“青春18きっぷ”が使えるお得な期間。

このまま何処にも出掛けないのはもったいない。

 
ということで、12/14(月)にちょっと早起きをして、最近運用に入ったばかりの新車、勝田車両センター(水カツ)のE531系3000番代を撮りに茨城県まで行ってきました。

 
鉄道ニュースにあるように、E531系3000番代はトップナンバーのK551編成が12/6(日)から営業運用に入り、その後も第2編成のK552編成と第3編成のK553編成がそれぞれ12/7(月)と12/10(木)にデビューしました。

今のところ、これらの編成は限定運用ではなくE531系5両付属編成の一般運用に入っているので、すでに上野東京ラインで品川にも顔を出しているとのことです。

 
この日は土浦と水戸に行ってE531系3000番代の3編成を狙いましたが、撮影しようと待っていたら手前に貨物列車が入ったり、予想と違うホームに入ってしまい撮れなかったり、曇り予報に反して晴れてしまったりとなかなか思うように撮れない…

と諦めかけていたところ、最後のチャンスに クハE531-4003(水カツ)だけがきれいに撮れましたので、今回は落成したばかりでピカピカの同車をアップしたいと思います。

 
クハE531-4003

クハE531-4003(水カツ)  2015年12月14日 水戸駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

E531系3000番代は寒地仕様車のようで、車端部付近のロングシート下部の暖房装置が大形のものに強化されており、先頭車は(写真では分かりにくいですが)前位台車(TR255)にスノープラウが取り付けられています。

 
このほかに、乗務員扉の上部にあった幕板の継ぎ目がなくなり、屋根のランボードが先頭部付近まで延長されているのが従来車との差異のようです(屋根のビードが延長されているかは不明)。

 
クハE531-4003 の2位側

クハE531-4003 の乗務員扉上部(2位側)

 

比較のために2005(平成17)年3月に落成したクハE531形のトップナンバー(クハE531-1)の写真もアップします。

上下2枚の写真を比較してみると、今回の仕様変更のポイントがよく分かると思います。

 
クハE531-1 の2位側

クハE531-1 の乗務員扉上部(2位側)

 

この他に、後位側の屋根上に搭載されていたFMラジオアンテナが廃止されて屋根回りがスッキリしましたが、これは2014(平成26)年度の増備車(カツK423・K469編成)からみられる仕様変更ですので、寒地仕様車特有のものではありません。



この形式写真に関連するタグ: E531系 , JR東日本

常磐線上野口の2階建てグリーン車 サロE531形(サロE531-18)

昨日(6/1)に引きつづき常磐線上野口で使用されているE531系の2階建てグリーン車をアップします。

今回は5号車に連結されている便所付きのグリーン車 サロE531形(サロE531-18)です。

 
サロE531-18

サロE531-18(水カツ)  2013年5月30日 牛久駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
一昔前は、ほとんどすべての普通列車にグリーン車が連結されているのは東海道本線東京口と横須賀・総武快速線だけのサービスでしたが、首都圏の国鉄がJR東日本になってからは近郊形電車へのロングシート車の投入や普通車の座席のグレードダウンにあわせてグリーン車の連結が首都圏全体へと拡がっています。

今では中央線を除く各主要路線でグリーン車が普通列車に連結されるようになり、すべてのグリーン車が2階建て車両になりました。

 
これら首都圏各線に投入されているグリーン車はすべて211系のサロ213形とサロ212形のスタイルを受け継いでおり、2両のグリーン車が連結されています。

グリーン車は便所・洗面所と車掌室の有無により形式が異なっており、車掌室のない形式が基本形式を名乗っています。

 
E531系の場合は、便所・洗面所が設置されている車両が“サロE531”で、形式の末尾が基本形式とおなじ“1”となっています。一方、もう1両の“サロE530”には車掌室と業務用室が配置されています。

便所・洗面所と車掌室が真ん中にくるように2両のグリーン車を連結しているので、サロE531形の便所・洗面所は後位側車端部、サロE530形の車掌室は前位車端部にそれぞれ配置されています。



この形式写真に関連するタグ: E531系 , JR東日本

常磐線上野口の2階建てグリーン車 サロE530形(サロE530-17)

昨日(5/31)のブログでは、一昨日(5/30)の出撃は水戸地区で雨に降られたため失敗に終わったと書きましたが、そのまま完敗で帰宅するなんて寂しい結果にはしたくありませんでした。

当日は運良く茨城県北部よりも南部の方が雨の降りはじめが遅いと予報されており、それを信じて常磐線を南下したところ、荒川沖まで戻ると雨が上がってきたので、牛久駅で下車して形式写真を撮りました。

 
常磐線上野口の中距離列車はすべてE531系に揃えられていますが、E531系の各形式を撮るとなると橋上駅舎の影にならない場所がそれぞれ違うので、撮影可能な形式が駅ごとに異なります。

そこで、牛久駅ではこれまでの出撃で撮影できなかった上野方の1〜6号車に組み込まれている形式区分を優先的に撮影しました。

 
今回はそのうちの1両で、4号車に連結されているグリーン車 サロE530形(サロE530-17)をアップします。

 
サロE530-17

サロE530-17(水カツ)  2013年5月30日 牛久駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
E531系などJR東日本の最近の車両は各号車ごとに形式区分が異なるので、国鉄形車両やほかのJR旅客会社の車両よりも形式写真を揃えるのが大変なのです。

 
E531系の場合、編成端にセミクロスシート車が入るように編成を組んでいるので、形式番代と連結号車の関係が複雑です。

ちょっとE531系の形式区分を整理してみましたが、次のようになります。

 

先頭車
・クハE531形0番代(セミクロスシート車):1号車
・クハE531形1000番代(セミクロスシート車):11号車(付属編成)
クハE530形0番代(セミクロスシート車):10号車
・クハE530形2000番代(ロングシート車):15号車(付属編成)

中間電動車(パンタグラフ付き)
・モハE531形0番代(セミクロスシート車):13号車(付属編成)
・モハE531形1000番代(ロングシート車):3号車
・モハE531形2000番代(ロングシート車):8号車

中間電動車(パンタなし)
・モハE530形0番代(セミクロスシート車):2号車
・モハE530形1000番代(ロングシート車):12号車(付属編成)
・モハE530形2000番代(ロングシート車):7号車

付随車
・サハE531形0番代(セミクロスシート車):14号車(付属編成)と一部編成の9号車
・サハE531形2000番代(ロングシート車):一部編成の9号車
・サハE530形2000番代(ロングシート車):6号車

グリーン車
・サロE531形(便所付き):5号車
・サロE530形(車掌室付き):4号車

 
近郊形の3扉セミクロスシート車(113・115・415系)が走っていた区間に投入された最近の車両はみんな同じで、E231系(近郊形)もE233系(近郊形)も編成端のみセミクロスとロングシート車となっていて、座席配置により番代区分異なって分かれています。



この形式写真に関連するタグ: E531系 , JR東日本

常磐線上野口のクハE531形0番代(クハE531-6)

D800E は自分にとって初めての Nikon だったので、これまで持っていたアクセサリーのうち一部は流用ができませんでした。

と言っても、私の場合は形式写真以外まったく写真を撮らないので、アクセサリー類はケーブルレリーズしか持っていません。ストロボも使いませんしね…

 
これらが現在使っているケーブルレリーズです。
左からMamiya 645 AFD II 用、Canon EOS-5D Mark II 用、Nikon D800E 用。
ストレートケーブルのものは結び目を付けて長さを調整していますが、手探りで分かるように結び目の間隔などを変えています。

ケーブルレリーズ

 
Mamiya 645 AFD II と Canon EOS-5D Mark II は、メーカー純正の電磁リモートコードを使っています。

シャッターブレを避けるのが目的なので、シャッターボタンの代わりになればいい、極めて単機能のもので十分です。

長時間露出(バルブ)撮影時にシャッターボタンを押したままの状態で固定できますが、この機能は使ったことがありません。

だいたい純正品で4,000円、互換品だったら500〜1,500円くらいで手に入ります。

 

 
一方、D800E用のメーカー純正の電磁リモートコードは、インターバルタイマー付きの高機能のものしかラインナップされていません。

なんで単機能の純正品がないのか理解できませんが、サードパーティーにお任せのスタンスなのでしょうか?

 
形式写真を撮るのに高機能なレリーズ(リモートコード)は不必要ですので、私はケンコー製の互換品「リモートコード ニコン N1」を使っています。

“指の代わりにシャッターを切る”という必要最低限の機能を備えていればいいので、これで十分。

しかも EOS-5D Mark II で使っているレリーズ「リモートスイッチ RS-80N3」とほとんど同じかたちなので手に馴染みます。

 

 
撮影途中でレリーズレリーズが壊れることがあるので予備も持ち歩きますので、純正品が高い場合は互換品で十分だと思っています。

このほかに、リモコンでシャッターを切るという方法もありますが、シャッターを切り損なったことがあったので現在は使っていません。

 

最近は D800E と EOS-5D Mark II の2台のカメラで形式写真を撮っていますが、使い慣れた形状の電磁リモートコードを使うのがいいと思います。そして予備も一緒にカメラバッグに入れおくと完璧です。

 
クハE531-6

クハE531-6(水カツ)  2012年6月21日 水戸駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
クハE530形0番代は基本編成の仙台方に連結されているセミクロスシート車です。



この形式写真に関連するタグ: E531系 , JR東日本