Nikon D850 を購入しました(写真はモハE232-8005)

突然ですが、Nikon D850 を購入しました。

 
Nikon から D850 が発売されるという発表は知ってましたし、いずれ D800E からその後継機にスムーズに切り替えられるように50mm標準レンズを COSINA Carl Zeiss Planar から COSINA Carl Zeiss Milvus に変えて準備していました。

でも一方で、新機種に飛びつくような性格ではないので、評判を確認してから落ち着いた時期に買おうと思ってました。

すでに D850 は予約販売が好調で、Nikon からは D850 が発売されても入荷待ちになるとの発表がありました。

 
今月初旬、ヨドバシカメラ町田店に出掛けたときも D850 のことはすっかり忘れてました。

でも、発売日前なのに D850 の実機展示が…

 
Nikon D850

 
基本的に D800E と操作性が同じなので好感触。

気になる仕様を確認してみたところ、ライブビュー使用時に電子シャッターでブラケット撮影ができること。高解像度のフルサイズカメラだと、シャッターブレが気になりますからね。

しかも、D800E を11万円以上で下取りしてくれるキャンペーンが目に入ってしまったので、(予約を破棄しても構わないという条件で)ついつい D850 を予約しまいました。

D800E のときのように1ヶ月以上待たされるから、そのうち買いたい気持ちが落ち着くだろう。そう思ってましたが、予約を取り消す前に入荷の連絡が9/13(木)に来てしまいました。

発売日が9/8(土)でしたから、5日しか待たなかったことになります。

 
D850 をお店に行って受け取るか1日悩んでから、翌9/14(金)に購入を決心しました。

気軽に買える金額のカメラではないですからね…

 
ということで、D800E を手放して D850 を手に入れました。

しかも、発売から6日後に。

お店に聞いたところでは、予約した翌々日には1〜2ヶ月待ちになったらしいのでタイミングがよかったとのこと。まぁ〜、本当かどうか分かりませんが…

 
Milvus 50mm を取り付けた D850

 

天気予報に反してその日(9/14)は曇り。

早速手に入れた D850 に標準レンズの Milvus 1.4/50 ZF.2 を取り付け、武蔵溝ノ口駅に出掛けてきました。

試し撮りのモデルは中原電車区(横ナハ)のE233系8000番代の中間車。Milvus のときと同じです。

 
モハE232-8005

モハE232-8005(横ナハ)  2017年9月14日 武蔵溝ノ口駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

このときは、珍しく始業前点検が終わったら室内灯が消されたので、ややコントラストが高いきれいな形式写真になりました。

同じ標準レンズを取り付けているので写りは同じ。極端にダイナミックレンジが広くなった印象は受けませんが、相変わらずおとなしい色調です。レタッチ耐性に繋がるので大事なことです。

 
前位車端部付近(写真左側)に標記されている所属と定員の小さな文字も等倍で切り出してみましたが、「横ナハ」と「定員160名」がきちんと読み取れます。

 
前位車端部付近の車体標記(D850 + Zeiss Milvus 1.4/50 にて撮影)

前位車端部付近の車体標記(D850 + Zeiss Milvus 1.4/50 にて撮影)

 
ステンレス製車体の標記シールはボヤッとしやすいですが、これだけシャープな絵なら十分です。

 
一つのページに比較写真を収めた方がいいので、D800E時代の試し撮りした写真を貼っておきます。

レンズは今回と同じ COSINA Carl Zeiss Milvus 1.4/50 ZF.2 です。

 
モハE233-8013

モハE233-8013(横ナハ)  2016年6月17日 武蔵溝ノ口駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
前位車端部付近(写真左側)の標記部分の等倍切り出し写真も貼っておきます。

解像度の関係で切り出し部分の面積が異なっています。

 
前位車端部付近の車体標記(D800E + Zeiss Milvus 1.4/50 にて撮影)

前位車端部付近の車体標記(D800E + Zeiss Milvus 1.4/50 にて撮影)

 

Zeiss Milvus 1.4/50 の解像感は素晴らしく、抜群の安定感です。でも、これ以上カメラが高解像度化してもクリアに表現できるかどうかは微妙ですね。D850 との組み合わせが限界かも知れません。

とは言っても、これだけ描写できるレンズの相棒として Nikon D850 が仲間入りしましたので、どんどん使い倒したいと思っています。

 



この形式写真に関連するタグ: E233系 , JR東日本

京浜東北線のモハE233形1400番代(モハE233-1427)

12月の九州遠征以来まったく撮影に出てませんでしたが、ようやく重い腰を上げて行ってきました。

1ヶ月ぶりなので完全にリハビリですね…

 
3月ダイヤ改正で撮りにくくなる車両を各方面でウォッチングしていますが、一部の車両については背の高い三脚があった方がいいこともしばしば。

超大形三脚はSLIKのグランドプロ CF-4 を持っています。
雲台なしで、エレベーターを伸ばさなくても 2.25m までの高さに。エレベーターを伸ばすと 2.54m。

線路を見上げるような場所でも脚立とセットで使えば難なく形式写真が撮れます。
そこまでの場所でなくても、簡単にカメラ高さを2mくらいに上げた状態にできます。

クルマ遠征のときは必ずこれを積んで出ていました。

 
しかし、一昨年の暮れに追突事故を起こして以来、クルマの遠征は可能な限り控えるようにしました。

再発防止策が思い当たらないのと、クルマでの遠征が有利な撮影場所はほとんど行ってしまったというのが理由です。

そうなると、クルマ移動を前提としたグランドプロ CF-4 の稼働率が低下し、これが重すぎるのと脚を伸ばすときの使い勝手の悪さがネックになるケースが多くなってきました。

脚を伸ばすときの負荷が大きいので三脚をセットするだけで数分掛かってしまうこともあったり…

 
そこで、使い勝手のよさそうな、もう少し軽い超大形三脚を探していたのですが、価格がネックで一歩前に踏み出せない状態が1年くらい。

一方で、最大高さ2m超の軽いしっかりした三脚となると選択肢が限られます。

メインで使っている GITZO GT3542LS の使い勝手のよさを知ってしまった今では、ジッツォ(GITZO)一択というのが現実的。

値段も高いのです… なかなか手が出ない。

 
背に腹は代えられず、今年に入って GITZO GT3543XLS という鉄道移動でギリギリ持って出られる大きさの三脚を買ってしまいました。

システマティック 3シリーズのエクストラロングのモデルです。
拡張部品は手持ちの GT3542LS と同じなので、部品の共通化ができます。

 
GT3542XLS

(GITZO HPより)

 
エレベーター(センターポール)なしで最大高さは 2.02m。

手持ちの“GITZO ラピッド・センターポール GS3512S”を取り付けると、最大高さはだいたい 2.4m。

これなら十分です。

しかも若干軽量化。

 

 
 * * *

 
ということで、すぐにこれを持って遠征に出たかったのですが、12月の九州遠征がトラウマになってしまい天気予報がまったく信用できなくなっていたので、近場の磯子駅で使い勝手を確認してきました。

すでに何回も来たことのある場所で、柵の高さもこの三脚を使うほどではないのは重々承知のうえ。先ずは使ってみないと、ということで、軽く出撃してきました。

 
Gitzo GT3543XLS に Nikon D800E をセットして撮影した形式写真をアップしたいと思います。

京浜東北線で使用されているE233系10両編成の8号車 モハE233形1400番代、モハE233-1427(宮サイ)です。

 
モハE233-1427

モハE233-1427(宮サイ)  2017年1月20日 磯子駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

磯子での撮影では三脚として完全にオーバースペックでしたので、ブレなくカッチリ撮影できました。

感想などは追々書いてみようと思います。



この形式写真に関連するタグ: E233系 , JR東日本

Zeiss Milvus の50mm標準レンズを購入しました(モハE233-8013)

6/5(日)ごろに関東地方で梅雨入りが発表されたので、駅ホームなどで形式写真を撮るには駅構内の雑草が看過できない状況になっているだろう、そう思ってしばらく出撃しませんでした。

でも、鉄道ダイヤ情報の最新号によると、秋田車両センター(秋アキ)の総合軌道試験車 キヤE193系(East i-D)の3両編成が木更津に来ていること。

しかも、昨晩(6/16)の時点では今日の天気予報は曇り。

行かない手はないですよね… ということで、プチ出撃の準備をしてました。

 
残念ながら今日になったら予報が晴れベースに変わり、出撃できず。

久しぶりに出撃報告ができると思ってましたが、今日も過去の写真をアップすることになってしまいました。

世の中そう甘くはないですね…

 
とブログの下書きを書いていたところ、夕方から曇るような気配を感じたので、今朝届いた新しい標準レンズの試し撮りのため、急遽、武蔵溝ノ口駅に出掛けることにしました。

試し撮りのモデルは中原電車区(横ナハ)のE233系8000番代の中間車、新たにカメラに取り付けた標準レンズはこの2月に発売された COSINA Carl Zeiss Milvus 1.4/50 です。

現在常用している COSINA Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 の後継モデルになります。

 
COSINA Carl Zeiss Milvus 1.4/50 ZF.2

 

身の丈に合わない高額な標準レンズですが、49歳という自分の年齢と今後の現役年数とを照らし合わせると最後のチャンスかも知れないので、清水の舞台から飛び降りるつもりで購入を決心しました。

 
まだ、E233系8000番代を数枚撮影しただけなので総合的な評価はできませんが、Nikon のティルト・シフトレンズ(PC-E 45mm)のようなダマされた感はなく、描写性が優れていることもすぐに確認できました。

 
早速、Nikon マウントの COSINA Carl Zeiss Milvus 1.4/50 ZF.2 で撮影した南武線用の モハE233-8013(横ナハ)をレタッチしてみましたので、アップいたします。

 
モハE233-8013

モハE233-8013(横ナハ)  2016年6月17日 武蔵溝ノ口駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

前位車端部付近(写真左側)に標記されている所属と定員の小さな文字も等倍で切り出してみましたが、「横ナハ」と「定員160名」が読み取れます。

ステンレス製車体の標記シールがこれだけ読み取れれば十分です。

 
前位車端部付近の車体標記(Zeiss Milvus 1.4/50 にて撮影)

前位車端部付近の車体標記(Zeiss Milvus 1.4/50 にて撮影)

 

TAMRON SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)と COSINA Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 で撮影したときの等倍切り出し写真を掲載したことがありますが、これらと比べるとやはり Zeiss Milvus 1.4/50 の解像感の方が優れています。

等倍で見比べないと分からない程度なので、この違いをどのように判断するかは人それぞれですが、そこまで拘らないのなら併売されている COSINA Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 で十分なのかも知れません。

白色系の鋼製車体など、コントラストの高い車体で評価したら違ってくるかも知れませんが…

 
ピント位置の最適化や撮影時のブレ対策など、他にも検討しないとならない部分がありますが、先ずは値段に見合ったシャープな形式写真が撮れることだけは確認できました。

しばらくは、常用レンズを Milvus 1.4/50 に切り替えて撮影してみようと思います。

 



この形式写真に関連するタグ: E233系 , JR東日本

E233系3000番代初期編成の3号車に連結されている モハE234-3402

前回、E233系3000番代の第2編成に組み込まれている稀少区分車について書きましたので、今回も少し引きずってみたいと思います。

 

E233系3000番代は2編成のみの初期車と、その後大量に投入された第3編成以降とでは中間電動車の連結位置が異なっています。

 
これは基本編成の普通車のトイレが編成の両端の2ヶ所だけで少なかったため、小山車両センター(宮ヤマ)のE231系3000・8000番代と同じ連結位置にトイレ付き車両が追加されたためです。

ただ、補機類の搭載スペースに限りがあるのでトイレ付き車両を増やすだけでは収まらず、基本編成の中間電動車のほとんどが組み替えられることになってしまいました。

E233系3000番代初期車の編成図をイラストにしてみましたので、先ずはご覧ください。

 

横コツE233系 E-02・E52編成(右側が沼津・伊東方)

横コツE233系 E-02・E52編成(右側が沼津・伊東方)

上の写真をクリックすると大きな編成図が表示されます。

 

E233系3000番代初期車は第1・2編成(コツE-01・E-02編成)の2本ですが、このイラストは先日追いかけたE-02編成にしてみました(付属編成は便宜上E-52編成)。

これを見ても分かるように、グリーン車を除くとトイレが設置されている車両は1・10・11号車の3両しかありません。

 
国鉄の大赤字が問題になっていた昭和50年代に増備された113系2000番代はトイレ付き車両が少なく、このときにオール113系2000番代編成があったらグリーン車を除くと1・12号車にしかトイレがないという事態が発生しました。

でも、実際には113系従来車と混結させて編成内の普通車のトイレ数を3ヶ所以上に調整したので問題ありませんでした(最大5ヶ所)。

 
しかし、国鉄末期に登場した211系0番代はトイレが1ヶ所減ってグリーン車を除くと1・11号車だけ。
サービス低下で標準化されてしまいました。

これでは問題があったようで、2004(平成16)年から投入されたE231系3000・8000番代は1ヶ所増えて1・10・11号車の3ヶ所となりました(グリーン車を除く)。

2007・2010(平成19・22)年に投入されたE233系3000番代初期車もE231系3000・8000番代に倣いました。

これが上の編成図になります。

 
2011(平成23)年に211系置換用としてE233系3000番代が本格増備されましたが、このときにサービス向上がさらになされて6号車にもトイレ付き車両が連結されました。

これで普通車のトイレが4ヶ所になりました。

113系のときは付属編成に2ヶ所あったので数のうえでは及びませんが、編成ごとにトイレ数が異なる問題も発生しませんでした。

 
以上が東海道本線東京口の編成内トイレ数の変遷ですが、結局のところトイレの数で見ると国鉄時代のサービスに戻りつつあるというだけの話しです。

そもそも、国鉄時代は汚いトイレが放置されている例が多かったので、現在の清潔なトイレと比較できないですが…

 

このように、E233系3000番代は増備編成からトイレが6号車に1ヶ所増えましたが、単に6号車をトイレ付き車両にすればいいというレベルではありませんでした。

新たに6号車に連結されたのは新区分のモハE232形3800番代。3位車端部に洋式トイレが設置されています。

しかし、6号車(モハE232形3800番代)にトイレ用の汚物処理装置を搭載したため、補助電源装置のSIVが搭載できなくなりました。

これでは編成内の補助電源が足りなくなってしまうので、SIV付きのモハE232形3000番代を6号車から8号車に変更し、モハE232形3200番代が非連結となりました。

一方、予備パンタグラフを搭載するモハE233形3000番代は、ペアを組む6号車(モハE232形3800番代)にSIVがなくなってしまったため、SIV付きの2号車(モハE232形3400番代)とペアを組むため連結位置が7号車から3号車に変更されました。

逆に、モハE233形3400番代は3号車から7号車に改められました。

 
その結果、E233系3000番代増備車は編成は次のようになりました。

 
横コツE233系 E-03・E53編成(右側が沼津・伊東方)

横コツE233系 E-03・E53編成(右側が沼津・伊東方)

上の写真をクリックすると大きな編成図が表示されます。

 

この編成図イラストは便宜上第3編成(登場当時のチタNT1・NT51編成、現在のコツE-03・E-53編成)としています。

 

編成図を入れると分かりやすくなったと思うのですが、どうでしょうか?

自分自身でも撮っていてよく分からなくなるので整理してみました。

 
 * * *

 
このような編成変更があると本格増備前後で形式写真が撮れる形式区分が変わります。

そのため、E233系3000番代初期車が宇都宮駅で留置されたときだから撮れるという形式区分が出現します。

具体的には、モハE233形3400番代とモハE232形3000番代の2区分。

 
首都圏の車両でもゆっくり撮りたいとの気持ちで先日出撃しましたが、残念ながら同駅は構内の6月下旬なのに雑草がほぼ放置状態。

せっかく宇都宮まで行ったのに、コツE-02編成の3号車のモハE233-3402(横コツ)の足元は雑草でいっぱいで、残念な形式写真になってしまいました。

 
この留置線は冬場に行った方がいいようです。

 
モハE233-3402

モハE233-3402(横コツ)  2015年9月27日 宇都宮駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: E233系 , JR東日本

E233系で唯一の稀少形式区分 モハE232形3200番代(モハE232-3202)

JR東日本のE233系は、E231系の改良版として2006(平成18)年から製造された通勤形および近郊形電車です。

投入路線ごとに仕様を変更しながら増備されてきたので番代区分が多いのが特徴で、活躍する路線が多くなった現在はE233系全体を把握するのが困難なくらい雑多な系列になりました。

ざっと番代区分と投入線区を羅列するだけでも以下のようになり、これまでに4,000両以上のE233系車両が製造されました。

 
0番代(中央線快速・青梅線・五日市線など)

1000番代(京浜東北線・根岸線)

2000番代(常磐緩行線・東京メトロ千代田線)

3000番代(東海道本線東京口・東北本線上野口・高崎線など)

5000番代(京葉線など)

6000番代(横浜線・根岸線)

7000番代(埼京線)

8000番代(南武線)

 

ほとんどのE233系は、短い期間に20X・211系などを置き替えてきたので、1つの番代区分の中で大きな仕様変更は見られません。

しかし、東海道本線東京口・東北本線上野口・高崎線用として投入された近郊形のE233系3000番代は車両需給の関係で投入時期が長く、しかも増備途中で方針変更にともないトイレ付き車両の組み込み位置が変更されたため、途中で製造をやめてしまった形式区分が出てしまいました。

 
これは、東海道本線(東京口)・伊東線の113系置き替えのために国府津車両センター(横コツ)に転入していたE217系が、横須賀・総武快速線の予備車不足や増発のために再び鎌倉車両センター(横クラ)に戻るやりとりが2度にわたって行われ、その補充分として製造されたのがE233系3000番代の始まりだったからです。

このときに落成したのが 基本編成10両 + 付属編成5両 のそれぞれ2本で、2007(平成19)年と2010(平成22)年に横コツに配置されました。

コツE-01編成(基本)、E-02編成(基本)、E-51編成(付属)、E-52編成(付属)です。

 
当時、横コツの配置はほとんどがE231系でしたので、少数派のE233系3000番代はE217系と共通に細々と運用されていました。

 
その後、田町車両センター(東チタ)の211系と高崎車両センター(高タカ)の211系を置き替えるためにE233系3000番代がまとまって投入されましたが、中間車のトイレ付き車両の組み込み位置が横コツ配置車ではなく小山車両センター(宮ヤマ)のE231系に合わせられたため、2011(平成23)年以降に増備されたE233系3000番代の第3編成(現在のコツE-03編成)以降は10両基本編成の構成が変わってしまいました。

その結果、コツE-01・E-02編成の8号車に組み込まれていた空気圧縮機(CP)付きのモハE232形3200番代(M’)は、2011(平成23)年以降の増備編成ではCP・トイレ付きに変更されてモハE232形3800番代(M’)となったため、モハE232形3200番代は2両のみの稀少区分車となりました。

逆に、モハE232形3800番代は第3編成(現在のコツE-03編成)から製造されたたため、モハE232-3801・3802 は欠番となってしまいました。

 
 * * *

 
2010(平成22)年以前に新製されたE233系3000番代は初期形として区別することができますが、上野東京ライン(東京〜上野間)の開業まではE217系とともに東海道本線東京口で共通運用されていたため、好条件で形式写真を撮ることができませんでした。

しかし、今年(2015年)の3月以降は上野東京ラインを通じて東北本線や高崎線にも乗り入れるようになったので、できるだけ早い機会に撮っておこうと思っていました。

でも、こんどはE231系3000・8000番代と共通運用になったので、撮影可能な駅に入るタイミングを図るのが大変になってしまいました。

 
E233系3000番代初期車の運用を追いかけるにしても、こちらの都合があるのでいつでも撮れるわけではありません。

お天気のこともありますし…

 
そんなときに宇都宮駅の留置線で長時間停車する運用にコツE-02編成が入ってくれたので、宇都宮に行く途中の久喜駅で モハE232-3202 を撮ることができました。

しかも、曇りの日に…

 
外観上これといった特徴はありませんが、2両しか存在しないモハE232形3200番代のうちの1両なので、今回は モハE232-3202(横コツ)をアップすることにいたします。

 
モハE232-3202

モハE232-3202(横コツ)  2015年9月26日 久喜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: E233系 , JR東日本