秋田港駅に留置されている DE11 1032

30年来、途中非テツの時期はありましたが、国鉄形車両など去りゆく車両をメインに追いかけてきました。
何とか記録していかなければという気持ちから、ここ数年ほど精力的に遠征を続けてきた結果、ようやく最近になって新車を追いかける余裕が生まれてきました。

と言いつつ、新車だけのために遠征するのはもったいないので、数年後に引退が見込まれる車両と抱き合わせるようにしています。

今回はそのような心配がない地域に遠征してきました。

 
今回は、秋田地区の男鹿線に投入された蓄電池電車EV-E801系を撮りに行ってきました。

鉄道だけではアクセスの悪い地域を巡るつもりでしたので、久しぶりにクルマだけを使った遠征。

 
実際は秋田だけを遠征先に選んだのではなく、取り敢えず東北地方にクルマで出掛け、現地に入ってから天気予報を確認しながら、撮影地を決めるという車中泊ならでは機動性のよさを活かした遠征になりました。

結局、曇ってくれたのは当初から行きたいと思っていた秋田だけ。
そんなクルマ遠征でした。

 
遠征初日は4/15(土)。

「レトロ花めぐり号」の折り返し留置で旧形客車が撮れると見込んで郡山に行きましたが、昨年までのような車両撮影会のような留置にはならず、完全に失敗。
お昼過ぎに郡山に着くような行程で、郡山の失敗を跳ね返すような撮影場所が近所になかったので、遠征初日はほとんど成果なし。

今回の遠征は酒田駅を絡めた2泊3日くらいを想定していたので、その日のうちに日本海側に移動して車中泊しました。

 
遠征2日目、4/16(日)、山形県内全域は概ね晴れ予報。

前日に立てた計画を変更し、秋田地区で1日粘ることにしました。

先ずはEV-E801系を撮りに土崎駅へ移動し、ロケハンを開始。
意外に形式写真がきれいに撮れそうな駅構造だったので、午前中は土崎と秋田の両駅を行ったり来たりして撮影枚数を稼ぐことにしました。

その途中、土崎駅はJR貨物と秋田臨海鉄道の秋田港駅にほど近いことが分かったので、クルマで寄ってみることに。

 
なんとなんと、秋田港駅はDE10形タイプのディーゼル機関車が連なって留置されていました。

 
秋田港駅に留置されているディーゼル機関車群

秋田港駅に留置されているディーゼル機関車群

 

国鉄末期によく見た光景です。

機関車や客車の余剰車(第二休車)がこの何十倍もの規模で整理統合で廃止となった旧配置区所や操車場に留置されていました。

当時は現役を引退した事業用客車を追いかけて色んなところにお邪魔しましたので、このような光景を見るのはそれ以来です。

 
このディーゼル機関車群のうち一番手前側に止まっていたのが、DE11形1000番代。

絶滅危惧種です。

 
留置されているそばに事務所がありましたので、許可をもらってから撮影したのが DE11 1032 です。

 
DE11 1032

DE11 1032  2017年4月16日 秋田港駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

DE11形はDE10形を基本として操車場などの重入換用に特化したディーゼル機関車で、0・1000・1900・2000番代の4種類の区分が合計116両製造されました。
初期に製造された0・1000番代(111両)は大規模な操車場に集中配属され、入換用として残っていた蒸気機関車の置き替えました。

しかし、1984(昭和59)年2月改正で貨物輸送がそれまでのヤード式から直行輸送式に変更されて大規模操車場が廃止されたため、DE11形0・1000番代の多くは用途を失い廃車となりました。

 
国鉄分割民営化以降も車籍が残ったDE11形0・1000番代はわずか16両。

高崎に配置されていた3両の0番代は1990(平成2)年に廃車となりました。

DE11形1000番代は客車入換用として10両がJR東日本に引き継がれましたが、客車列車の減少によって廃車が進んだためJR東日本所属車は現在3両のみとなっています。
2010(平成22)年以降にJR東日本で廃車となった車両のうち4両がJR貨物に譲渡されましたが、それもすでに半数は廃車されています。

 
今回撮影した DE11 1032 は宇都宮運転所(宇)の配置を最後に2014(平成26)年に一度廃車された車両です。JR貨物に譲渡されたあとに車籍復活し、岡山機関区(岡)に配置されました。

復活後は新南陽駅(山口県)や広島貨物ターミナル駅の入換で使用されましたが、それも長続きしなかったようで、2015(平成27)年9〜10月には秋田港に回送されました。

どのような目的があって秋田港駅に留置されているのか分かりませんが、この機関車のそばには部品取りで無残な姿になったDE10形のダルマが置いてありましたので、留置されているディーゼル機関車群の行く末が気になります。

 
JR東日本の新形式を撮りに行った東北遠征ですが、珍しい国鉄形車両が撮影できて大満足な遠征となりました。

期待せずに行ったのでこんな気持ちになれたのでしょうね…



この形式写真に関連するタグ: DE10・DE11・DE15形 , JR貨物

「増毛ノロッコ号」を牽引したディーゼル機関車 DE15 1533

今回もレタッチ済みで公開するつもりだったのに、何故か放っていた蔵出し形式写真をアップしたいと思います。

昨年からこれまで以上に精力的に形式写真を撮りに行ってますが、何枚も同じ場所で撮影した写真をアップしていると飽きてきてしまうので、どうしてもアップし損ねた写真が溜まってしまいます。

 
これは遠征に出掛けたときに十分な成果が得られた証しでもあるので悪いことではないのですが、こういう場所でどんどん発表していかないと、撮影した本人も撮影したことを忘れてしまいます。

レタッチという面倒な作業をやっていると被写体の印象が強く残るので、取り敢えずブログにアップしなくてもレタッチだけ済ませてあった形式写真を今回はアップしたいと思います。

 
ということで、今回はゴールデンウィーク中に設定された「増毛ノロッコ号」を牽引したディーゼル機関車、旭川運転所(旭)の DE15 1533 です。

 
DE15 1533

DE15 1533(旭)  2016年5月7日 留萌駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
展望客車の オクハテ510-2 のときに掲載した「増毛ノロッコ号」の編成図をもう1回出します。
 
「増毛ノロッコ号」の編成表(左側が増毛方)

「増毛ノロッコ号」の編成表(左側が増毛方)

 

JR北海道のノロッコ号は、ディーゼル機関車に総括運転ができる機器を搭載し、最後尾の客車に設置された運転台からの遠隔操作でプッシュプル運転をすることで機回しを不要としています。

 
「増毛ノロッコ号」で使用された「富良野・美瑛ノロッコ号」編成の場合は、DE15 1533 と DE15 1534 の2両が専用機に指定されています。

この2両は、総括運転の搭載だけでなく、緑色を基本とした“ノロッコ号”専用色に塗色変更されているのが特徴となっています。



この形式写真に関連するタグ: DE10・DE11・DE15形 , JR北海道 , ジョイフルトレイン

1区分1両という地味にレアな元除雪用ディーゼル機関車の DE10 3001

少々日にちが経ってしまいましたが、前回(2/14)に引き続き南東北遠征の成果をアップしたいと思います。

 
今回は、日本製紙石巻工場(JR貨物石巻港駅)からのコンテナ列車を牽引しているDE10形です(この日は単機でしたが…)。

といっても、数は少なくなったものの現在でも全国で見られる一般的なDE10形1000・1500番代ではなく、客車用蒸気暖房装置(SG)付きの除雪用ディーゼル機関車DE15形1000番代(DE15 1001)をJR東日本から購入したうえでDE10形に改造編入したDE10形3000番代の DE10 3001 です。

 
DE10 3001

DE10 3001(仙貨)  2016年2月13日 石巻駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

2009(平成21)年にJR東日本で余剰となった除雪用ディーゼル機関車DE15形がJR貨物に14両譲渡されました。

このときに、ラッセル部分(前頭車)撤去部分がDE10形仕様に改造されたため、DE10形3000番代または3500番代という新たな形式区分が起こされました。

しかし、ほとんどの種車はSGなしのDE15形1500・2500・2550番代。

そのため、14両中13両はDE10形3500番代(DE10 3501〜3513)。

DE10形3000番代は今回アップした元 DE15 1001 の DE10 3001 の1両のみで終わりました。

 
すでにDE15形1000番代は区分消滅しているので、今後DE15形1000番代がJR貨物に譲渡される可能性はほとんどゼロ。

国鉄時代に単線両頭ラッセルに改造された DE15 2052(元 DE15 1002)がJR西日本の後藤総合車両所に配置されているのと、2015(平成27)年にJR西日本からあいの風とやま鉄道に移籍された DE15 1004 の2両が在籍しているので、今後、JR貨物に譲渡される可能性はゼロではありません。

でも、その可能性は限りなくゼロに近いでしょうね…

 

1区分1両で終わる可能性が非常に高いDE10形3000番代ですが、これだけのために石巻に遠征することはできません。

ですので、1回の遠征で抱き合わせで撮れるネタを模索していたところ、先週末は「みのり」の中間車(キハ48 549)が「風っこストーブ喜多方号」の先頭に立つ日。

これなら、少々奮発して東北新幹線を使っても元が取れると判断したので、レアな車両を1日のうちに2両狙うことにしました。

 
あとは天気。

この日は曇りだった予報が好転し、晴れベースの天気に。

 
でも、日ごろの行いがよかったのか?キハ48 549(@郡山駅)と DE10 3001(@石巻駅)を撮っているときだけは何故か曇ってくれました。

DE10 3001 のときは少し雲が薄かったので、やや逆光の形式写真になってしまいましたが、この程度なら問題ないでしょう!

 
2日目(2/14)は仙台地区で701系やE721系を撮る予定にしていましたが、こんどは予報より雨が酷くて撮影どころではなかったので、予定を大幅に切り上げてお昼過ぎに帰宅しました。



この形式写真に関連するタグ: DE10・DE11・DE15形 , JR貨物

新潟地区で活躍するJR東日本の DE10 1680

都市圏などで走っている一般的な電車の形式写真をアップしなくなって久しいですが、まだまだネタ切れになりそうにないので、珍しくないけれども撮ったあとの満足感が大きかった車両をアップしたいと思います。

長岡車両センター(長岡)に配置されているDE10形1500番代、DE10 1680 です。

 
DE10 1680

DE10 1680(長岡)  2015年4月10日 新津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

かつて長岡にはDE10形がたくさん配置され、入換作業やレール輸送の牽引機、そして冬季のDD14形(ロータリー式除雪車)の補機などで幅広く活躍をしていました。

国鉄が分割民営化した1987(昭和62)年4月現在でも7両が配置されていましたが、除雪用ディーゼル機関車が排雪用モーターカー(排モ)に置き替えられたため実質的に補機が必要だったDD14形はほぼ全滅し、長岡のDE10形も DE10 1680・1700 の2両だけになってしまいました。

 
長岡のDE10形はもともと信越本線黒井駅の入換くらいしか定期運用がなかったので、今回の写真のようにレール輸送用の貨車(長物車、このときはチキ6000形)を牽引するのに出会さないと形式写真を撮ることができません。

この写真を撮った日は奥に止まっている12系客車が本命だったのでず〜っと待っていましたが、DE10 1680 が手前のチキ6000形の前に止まっているのを見たときはかなり興奮しました。2つの意味でね… やっと12系の障害物がいなくなるのか、と、DE10形が撮れるぞ、の。

でも、このときはすべてのチキを引っ張ってくれなかったので、次の機関車が入ってくるのをさらに待つことになりました。結局、チキがすべていなるまで朝から8時間も待つことになったので、12系が撮れたのは15時過ぎでした。

 
12系のついでに撮れたDE10形ですが、ツララ切りに旋回窓が凜々しい元道産子のA寒地仕様車が撮れたので大満足でした。



この形式写真に関連するタグ: DE10・DE11・DE15形 , JR東日本

単線用ラッセル式除雪ヘッドを外して活躍している DE15 2521

まだ梅雨の最中、先週から急に暑くなり、この陽気がしばらく続いているので、もうヘロヘロです。

 
北海道遠征があったため、今月に入ってから実家の片付けが止まっていたので、それを挽回するために今月中旬から片付け作業に復帰。

これを始めてしまうとブログの更新が滞ってしまうのが困ったところで、そうならないために形式写真のレタッチを何枚か済ませておきました。でも、“平日のみシングルファーザー”の定時運転を止めることができなかったので、しばらくぶりのブログ更新になってしまいました。

すみません。

 
 * * *

 
少しでも涼しくなるような写真を!そう思って写真選定をしようと思いましたが、雪がない状態で撮るのがヨシとされる形式写真ですので、そのような写真は見つかりませんでした。

それならば雪に関係がある車両にしよう、ということで強引に単線用除雪車の夏場の姿をアップすることにします。
旭川運転所(旭)の DE15 2521 です。

 
DE15 2521

DE15 2521(苗)  2015年7月2日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

DE15形2500番代は、客車用蒸気暖房装置(SG)未搭載の機関車本体に単線用ラッセル式除雪ヘッドを両頭に取り付けて製造されたグループです。
SG非搭載のため第2エンド側のボンネット内に死重を搭載しており、運転室床下のSG水タンクが省略されています(機関車本体はDE10形1500番代とほぼ同一仕様)。

国鉄の分割民営化でも全27両がJR旅客会社に引き継がれましたが、排雪用モーターカー(排モ)の登場や近年の暖冬の影響、そしてローカル線の廃止によって半数以上が廃車になりました。

現在は稼働車のほとんどがJR北海道に配置されていますが、JR北海道の所属車は除雪期以外は除雪ヘッドを外して、入換作業や臨時列車、レール輸送の牽引機として使用されています。

 
この写真はレール輸送用の貨車(長物車)チキ6000形を牽引する準備のときに撮ったもので、除雪ヘッド用の電気連結器と密着連結リンクが剥き出した状態になっています。



この形式写真に関連するタグ: DE10・DE11・DE15形 , JR北海道