JR九州の都市圏輸送で活躍する813系200番代(クモハ813-226)

撮影2日目(1/10)の話しの続きをちょっとだけ。

 
先週の九州遠征は鹿児島と長崎での撮影を予定してましたが、この日も天気が安定しなかったので、観光特急「指宿のたまて箱」の キハ47 9079 が撮れたのを機に“九州ネットきっぷ”を買って九州新幹線で熊本に移動に向かいました。

青春18きっぷを持っていましたので、熊本から先はドン行で移動し、鳥栖に行きました。

でも、鳥栖で曇ってくれたのはほんの数分だけ。すぐに吹雪になってしまったので、この日の午後は撮影を諦め、お尻に根っこが生えるほどの思いをしながらドン行で長崎に移動しました。

約1年ぶりの長崎入り…

 
遠征3日目(1/11)に備えて長崎駅の雑草の状況を確認し、“ぶらり大村線きっぷ”を前もって購入。

あとは曇ることを祈るだけの状態にして、遠征3日目を迎えることにしました。

 

遠征3日目の 1/11(木)、前日まであれだけハズれまくった天気予報は何故かこの日だけ予報が当たり、長崎の街は白銀の世界。

雪予報が当たるとは思いもよらず… 完全に長崎入りしたのが無駄になってしまいました。

 
長崎駅で留置されているキハ66系(ハウステンボス色編成)

長崎駅で留置されているキハ66系(ハウステンボス色編成)

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

数cmレベルの積雪なので大した雪ではないですが、数年前の積雪で長崎空港が閉鎖されたことがあったみたいなので、帰りの飛行機をキャンセルし、前日に購入した“ぶらり大村線きっぷ”も払い戻して、“九州ネットきっぷ”を買い直して特急「かもめ」で博多に向かいました。

 
雪の降るなか、長崎駅2番ホームで発車を待つ「かもめ14号」

雪の降るなか、長崎駅2番ホームで発車を待つ「かもめ14号」

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

雪景色だったのは新線(市布経由)の長崎トンネルを出た辺りまでで、諫早に着くとほとんど雪はありませんでした。

有明海に面する肥前大浦の辺りは晴れていて、足元も湿っている程度。
福岡方面に向かったのは勇み足かと思ってましたが、肥前山口や鳥栖は吹雪。

 
博多はドン曇りの形式写真日和。

でも、博多駅で撮影するには準備不足だったので、一気に快速列車で門司港まで北上することにしました。

夕方の新幹線で小倉から帰るとしても4時間程度は滞在できそうだったので、811・813系のロケハンを兼ねて門司港駅で粘ることにしました。

 
外気温 約1度、吹きさらす強い海風のなか、門司港駅に4時間も居られません。

ときどき吹雪になったのと、三脚が揺れるほど強風が吹く厳しい条件でしたが、落ち着いた瞬間もあったので、無駄な一日にはなりませんでした。

でも、手はかじかむし、耳は切れるように痛い… 結局、3時間ほどでギブアップしてしまいました。

 
今回は、何とか凍えながら撮影した813系200番代の制御電動車(Mc)の クモハ813-226(本ミフ)をアップしたいと思います。

背景に写り込んでいる青帯車は811系のリニューアル工事施工車(1500番代)です。まだ、2編成しか落成していない811系1500番代の2本を繋げた8両編成が1番ホームに停車していましたが、残念ながら今回の遠征では撮影できませんでした。

 
クモハ813-226

クモハ813-226(本ミフ)  2018年1月11日 門司港駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

今回の九州遠征は降雪のため長崎地区の撮影撮影を諦め、1日早く戻ってしまいましたが、これからも何度か挑戦してJR九州の一般的な形式を積極的に記録していきたいと思っています。



この形式写真に関連するタグ: 787系 , 813系 , JR九州 , キハ66系

長崎地区で活躍している国鉄形車両 キハ67形(キハ67 14)

年末年始は自宅にいたので、休まずに毎日発送作業をしたり、新着を入れたりしていましたが、少々疲れてしまったようです。

書庫の整理に時間を使いすぎていたこともあって、年明け早々にブログの更新が少々途絶えてしまいました。
申し訳ありません。

 
 * * *

 
この冬は、夏場になると雑草が邪魔で撮れなくなる場所を中心に回ろうと思っています。

JR西日本以西は特に雑草の放置が酷いので、車両の置き替えが間近な車両をターゲットに遠征しようと考えています。

 
今回アップするキハ66系もすでにデビューしてから40年以上です。
1974(昭和49)年から2001(平成13)年までは筑豊地区で、それ以降は長崎地区で活躍しています。

キハ40系のように全国区の車両ではないので、何か惹かれるものがあります。

 
長崎〜佐世保間の快速「シーサイドライナー」もこの3月ダイヤ改正で一部列車が区間快速化され、普通列車が減便されます。

比較的、乗客の多い「シーサイドライナー」を区間快速化するぐらいですから、JR九州の決意は相当なものだと思います。
駆動機関(エンジン)、変速機を換装し、台車の交換まで行った車両があるからといってキハ66系は安泰とは言えません。

 
国鉄急行色になったキハ66系の2編成、意外に撮影するのが難しい長崎鉄道事業部佐世保車両センター(崎サキ)のキハ200形、長崎駅が高架化されるとゆっくり撮影できなくなりそうな特急「かもめ」の787・885系など、駅構内の雑草が落ち着いているこの時期に撮影しておこうと思っています。

 
キハ67 14

キハ67 14(崎サキ)  2016年2月23日 長崎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ66系

筑豊本線に投入された蓄電池電車のBEC819系量産先行車(クハBEC818-1)

先月末の九州遠征の撮影報告をしている途中でしたが、確定申告の準備と買い取りした本山の整理に没頭してしまい、遠征2日目(1/23)の報告が延び延びになってしまいました。

すみません。

青色申告書の作成がだいたい終わったので、こちらの更新を再開したいと思います。

 
当初から、今回の九州遠征は福岡県内という狭い地域を1泊2日で撮影する行程を考えていました。

前回アップしたように遠征1日目(1/22)は福岡空港到着後にすぐに香椎線宇美駅に向かいましたが、2時間少々の滞在で少数派の キハ40 2037 と一通りの番代区分のキハ47形が撮影できてしまったので、こんどは20数年ぶりに直方に立ち寄り筑豊本線の非電化区間(若松線)に移動しました。

曇り予報で実際に曇る確率ってかなり低いと思っているので、雪雲の動きを気にしながら電化された筑豊本線(福北ゆたか線)を北上しました。

 
以前、筑豊本線に乗車したときは直方気動車区(本カタ)のキハ66・67形が頻繁に走っていた時代ですからね…

まだ、屋根上機器が原形のまま。箱形の押込式通風器とラジエーターが残っていた時期で、塗色だけ九州地域色になっただけ。国鉄分割民営化のときの外観が残っていた最末期のときだったと思います。

 
キハ66 10

キハ66 10(本カタ)  1994年5月4日 直方気動車区

 

そんな筑豊本線(篠栗線)も今では福北ゆたか線なんて愛称が付いた電化路線になっています。

非電化で残っていた若松〜折尾間(若松線)も、架線式蓄電池電車(DENCHA)の先行投入区間として2016(平成28)年10月からBEC819系量産先行車が走っています。

さらに、来月のダイヤ改正には若松線のすべての列車がDENCHA化される予定で、この区間を走るキハ40系とキハ31形はBEC819系に置き替えられます。

 
ということで、香椎線宇美駅のあとに若松線の二島駅に向かいましたが、遠征1日目(1/22)は残念ながら雪が強くて撮れませんでした。

 
気を取り直して遠征2日目(1/23)にもう1回二島駅に訪問。

天気予報がハズレ気味でやや晴れベースの天候でしたが、何とかBEC819系量産先行車の2両が撮れましたので、今回は床下機器の主回路用蓄電池が印象的な クハBEC818-1(本チク)をアップしたいと思います。

 
クハBEC818-1

クハBEC818-1(本チク)  2017年1月23日 二島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

BEC819系は、JR九州が非電化区間で運行しているキハ40系などの国鉄形気動車の置き替えを目的に開発された世界初の交流方式による架線式蓄電池電車の新製車です。

817系改造の試作車による試験結果を踏まえて実用化した量産形式で、車体構造と接客設備は817系2000番代をベースとし、305系で採用された改良点も反映されています。

今のところBEC819系は、クモハBEC819-1 と クハBEC818-1 の1ユニット2両編成(Z001編成)の1本のみが在籍し、2016(平成28)年10月に営業開始しました。

「“D”UAL “EN”ERGY “CHA”RGE TRAIN」の頭文字をとった「DENCHA」の愛称も817系改造車から引き継いでおり、車体のロゴもクリーン・エネルギーをイメージした水色になっています。

 
BEC819系は交流電化区間では通常の交流電車として走行しますが、走行中や停車中に架線からの交流電力を蓄電池に充電するので、非電化区間では蓄電池を電源として走行し、ブレーキ時に回生エネルギーを蓄電池に充電することもできます。

JR東日本が烏山線に投入したEV-E301系も同様のシステムを採用しているが、こちらは直流用蓄電池電車となっています。

 
来月のダイヤ改正では、BEC819系をベースとして耐寒耐雪対策を強化したEV-E801系がJR東日本秋田支社の奥羽本線・男鹿線(秋田〜男鹿間)に投入されることになっているので、当面はこのタイプの架線式蓄電池電車が交流区間では標準となると思われます。

キハ40系も安泰ではなさそうですね。



この形式写真に関連するタグ: BEC819系 , JR九州 , キハ66系

ハウステンボス色で活躍する キハ66 12

今日は6月6日です。

Facebook や Twitter などの SNS では、ブルトレのヘッドマークを掲出したEF66形の写真がタイムラインを賑わせています。

ならばこちらのブログでも!と思ったのですが、ここ数年で撮影したEF66形の写真はすべて出し尽くしてしまったので、“66”繋がりの気動車ということでキハ66形をアップしたいと思います。

 
国鉄急行色に塗り戻したキハ66形(キハ66 1・110)は未撮影なので、今回は“ハウステンボス(Huis Ten Bosch)”仕様の特別色をまとっている キハ66 12(崎サキ)をアップします。

 
キハ66 12

キハ66 12(崎サキ)  2016年2月23日 長崎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ66系