特急「スーパー宗谷」のグリーン普通車(キロハ261-202)

本年は「店長のツブヤキ」をご購読いただき、誠にありがとうございました。

本当にお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

 
 * * *

 
基本的に、自宅にいる日はすべて古本屋「トレインブックス」を営業していますので、大晦日の今日(12/31)も数件分の梱包・発送を行っていました。

 
この冬は娘が高校受験なので妻の実家(栃木市)には行けませんし、遠征に出掛ける予定もありませんので、引き続きほぼ毎日、梱包・発送の作業を続けていこうと考えております。

お正月の明日(1/1)だけは発送をお休みする予定にしていますが、すき間時間に梱包・発送の作業ができそうだったら、仕事をしているかも知れません。

 
このような状況ですので、申し訳ございませんが、年末年始の営業案内については告知いたしません。

基本的には平常通り、ということになります。

 
年末年始は妻がお休みで主夫から解放されますし、週に2回ほど通っているスポーツクラブはお休みですし、さらにクリスマスを過ぎたあたりから注文が激減しているので、鉄道雑誌や書籍の表紙をスキャンしてコンテンツの充実化を図るために時間を使ってみようと思っています。

古本屋は在庫管理業みたいなもので、ほとんどの時間がそれに費やされていますので、こういうときにサイトの構築を進めてみます。

 
 * * *

 
今年最後の形式写真ですが、今回は特急「スーパー宗谷」で使用されているキハ261系0番代のグリーン普通車、キロハ261-202(札ナホ)をアップしたいと思います。

 
キロハ261-202

キロハ261-202(札ナホ)  2014年5月13日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ261系0番代は14両すべてが苗穂運転所(札ナホ)に配置されています。

キハ261形 + キハ260形(SE-101〜SE-104編成)または キハ260形 + キロハ261形(SE-201〜SE-203編成)の2両ユニットを組み合わせて4両または6両編成が組成され、札幌〜稚内間の特急「スーパー宗谷」で使用されています。

1998・1999(平成10・11)年に落成した12両は北海道高速鉄道開発が所有しJR北海道に貸し付けられたかたちになっていますが、予備車なしの状態を解消するために2001(平成13)年に増備されたSE-203編成の2両はJR北海道の所有に変わりました。

 
しかし、JR北海道のキハ183系車両の老朽化対策として、こんどの2017(平成29)年3月ダイヤ改正で「スーパー宗谷」の1往復と「サロベツ」が旭川発着に変わるため、それ以降は1往復の「宗谷」(札幌〜稚内間)と2往復の「サロベツ」(旭川〜稚内間)に再編されます。

 
札幌から稚内までの直通列車が減るので感情的な意見が出るのは否定しませんが、旭川で乗客の多くが入れ替わったり、列車遅延の影響で札幌〜旭川間の列車間隔が乱れることがありますので、この施策は致し方ないのではないかと思っています。

現行「サロベツ」を含めた稚内発着の特急列車がすべてキハ261系に統一されるメリットも大きいですからね。

でも、札幌から1本の列車で稚内に行けないのは寂しいですけどね…



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ261系

キハ261系1000番代の中間増結車 タイプ③(キハ260-1317)

前回に引き続き北海道遠征の地味な成果を今回もアップしたいと思います。

今のところ最終増備タイプに分類されるキハ261系1000番代の中間増結車の キハ261-1317(札サウ)です。

 
キハ260-1317

キハ260-1317(札サウ)  2016年5月6日 苫小牧駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ261系1000番代は、石勝線・根室本線系統の特急「とかち」で使用されてきたキハ183系を置き替え、さらに高速化を図るために2006(平成18)年から製造されています。

「スーパーとかち」の代名詞的存在だったキハ261系1000番代ですが、北海道新幹線開業に合わせた3月26日のダイヤ改正以降は特急「スーパー北斗」の3往復にも使用されるようになりました。

 
キハ261系1000番代は、帯広・函館方にキロ261形1100番代(先頭車)とキハ260形1100番代(中間車)が必ず1ユニット(ST-110X編成)連結され、札幌方にはキハ261形1200番代(先頭車)とキハ260形1200番代(中間車)の1ユニット(ST-120X編成)が連結されるかたちで運用されます。

キハ261系1000番代が4両編成で運用されることはないので(2010年10月〜2013年10月は4両が所定編成でした)、所定編成の両数となるようにST-110X編成とST-120X編成のあいだに中間増結車のキハ260形1300番代を組み込むのが運用上の特徴となっています。

 
現行ダイヤでは、「スーパー北斗」は8両編成が所定となっているので、中間増結車のキハ260形1300番代を4両組み込むのが基本となっています。

しかし、キハ261系「スーパー北斗」は、北海道新幹線開業の乗客増加を見込んでゴールデンウィークが終了するまで10両編成で運用されたので、キハ260形1300番代を6両も連ねた長大編成となっていました。

ということは、乗客がほとんどいない状態でキハ260形1300番代が撮れるのでは?
と、目論んで苫小牧で撮影してきたのが今回の写真です。

予想どおり、まったく乗客のいない車両が1両だけ連結されていました。

 
客室の後位寄り(写真左側)に狭窓が配置されていない最終増備タイプの キハ260-1317 です。

落成して間がないので車体が綺麗。
なのに、旧塗色…

 
地味な成果ですが、こういうのがいいんです。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ261系

室蘭本線・千歳線で試運転していたキハ261系1000番代(キロ261-1103)

今回は北海道遠征の4日目、11/20(金)の話しです。

 
この日は道内全域で曇り予報だったので、こういうときはカーテン閉の可能性が低い長距離列車を狙うのがいいと思い、苫小牧に前泊しておきました。

当日になって天気予報が変わったり、前日の道東のように予報が大きくハズレることがよくあります。
でも、苫小牧が拠点なら「北斗」「スーパー北斗」を撮りにすぐに登別に行けますし、「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」の追分(勇払郡安平町)にもすぐに移動できます。

こんな理由で前泊地を苫小牧にしました。

 
遠征4日目(11/20)は天気予報どおり朝から曇り。

期待を胸に「スーパーおおぞら」のキハ283系、「スーパーとかち」のキハ261系1000番代を撮りに追分に移動。

ここで数本の列車を撮るつもりでしたが、到着してからしばらくすると晴れ間が広がってきたので、撮れたのは「スーパーとかち」のキハ261形1200番代の2両だけでした。
たったの2両でしたが、“Tilt 261”のロゴが残る従来車と“HET 261”に変更された増備車が1両ずつだったので、効率的な追分滞在でした。

前日(11/19)の釧路往復でキハ283系が撮れそうな駅を見付けたので、もう追分にこだわらなくていいでしょう。

 
晴れてしまった追分をあとにして、すぐに登別に移動。

でも、ここもお昼前ごろまで晴れ。

そのうち曇が厚くなって形式写真日和に変わったので、キハ183系やキハ281系を撮ってましたが、函館方面が晴れていたためカーテン閉の車両ばかりで窓まわりが騒がしい写真しか撮れません。

 
結局、登別駅に長居しても撮れそうな感じがしなかったので、早めに切り上げて翌日のために函館に移動。

単に移動してもつまらないので東室蘭までは789系の「すずらん」に乗ろうと荷物を片付けていたところ、下りホームに時刻表に載ってない列車が到着する案内放送が。

そして、何と何とキハ261系の5両編成が入ってきたのです。

 
急いで三脚とカメラをセットして撮影しましたが、とっさのことで三脚の設置場所が定まらない。一方で、これから乗車する「すずらん」が上りホームに入ってきて被りそう。
そんな状況で急いで撮ったので、シャッターは切ったけど789系のライトや影が車体に映り込んでいるなぁ〜 と諦めながらも、滑り込みで「すずらん」に乗車。

乗車後すぐに写真を確認したところ、1枚だけは何とかほぼ適正露出。しかも、その1枚は789系のライトが車体に映り込んでいないきれいな形式写真でした。

 
今回はそんな状況で急いで撮影した キロ261-1103(札サウ)をアップしたいと思います。

恐らく、来年3月ダイヤ改正の「スーパー北斗」増発に備えた乗務員の習熟運転だったものと思われます。

 
キロ261-1103

キロ261-1103(札サウ)  2015年11月20日 登別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

このとき走っていたキハ261系1000番代は5両編成で、札幌方の3両は新潟トランシスで落成したばかりのピカピカのST-1206編成(とキハ260形1300番代)、函館方2両はステンレス車体がくすんだST-1103編成でした。

現在、キハ261系1000番代は「スーパーとかち」のみで使用されているため、帯広方(函館本線では函館方)に連結されるキロ261形だけは形式写真が撮れる駅が見当たらない撮影困難形式です。

 
今回はそのキロ261形が撮れたのでラッキーでしたが、「スーパー北斗」に充当されるようになると状況が一転して簡単に撮れる形式になると思われます。

でも、乗客のいない状態のキロ261形が撮れたのをヨシとして、しばらく満足感にしたりたいと思います。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ261系

試運転で函館に入線していたキハ261系1000番代(キハ261-1205)

去年の今ごろは北陸新幹線の金沢延伸開業で動きのありそうな車両の動向をチェックしていましたが、やはり今年も同じようなことをしていて進歩がないです。

 
北海道新幹線の新函館開業で特急「北斗」系列が増発され、並行在来線が第三セクター化されてキハ40形が道南いさりび鉄道に譲渡されます。

特急「北斗」系列が9往復から12往復に増発されることがすでに発表されていますが、これはキハ283系が「スーパー北斗」に充当されていたときよりも多い運行本数です。

去年までキハ183系のトラブルで車両不足が続いていたことを考えると相当思い切った増発。

 
恐らく、「スーパーとかち」で運用されているキハ261系1000番代の一部が「北斗」系列に回されると思われますが、キハ261系1000番代はまだ5本分の両数しか整っていません。

「スーパーとかち」は現在3運用で回っているので、「北斗」系統の増発分をキハ261系でまかなうと予備編成がなくなってしまいます。

来年3月までにもう1本くらいは用意すると思いますが、そうなると予備編成は「北斗」「スーパーとかち」共通でたった1本。結構厳しいですよね。

 
来年3月を過ぎてから2本目が増備されると思いますが、それでやっと余裕が出そうです。

でも、現在「北斗4・15号」で使用されているキハ183系500番代(120km/h運転対応車)を置き替えるまでの両数が整うのはもう少し先(かな?)。

それまではキハ183系500番代が「北斗」系統から抜けられない。となると、「オホーツク」のキハ183系初期車の置き替えはもう少し先。

なら、今撮っておくべき車両は何なのでしょうか?

 
「スーパー白鳥」の789系電車…

 
でも、どこで撮るか?

 
もう少し悩んでみます。

 
キハ261-1205

キハ261-1205(札サウ)  2015年7月1日 函館駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

函館駅で試運転を行っているときに撮影したキハ261系1000番代ですが、来年3月以降は普通に見られるようになるのでしょうね。

 
先頭部側面のロゴマークが「Tilt 261」から「HET 261」に変更されていますが、これは車体傾斜装置の搭載をやめたからのようです。

キハ261系の従来車についても車体傾斜装置を撤去し、ロゴマークを順次「HET261」に変更するらしいです。

しかし、JR北海道からキハ261系1000番代の塗色変更が発表されたので、ロゴマークの変更は「スーパー宗谷」用のキハ261系0番代だけが対象で、キハ261系1000番代の「HET 261」ロゴは第5編成だけで終わってしまうかも知れません。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ261系 , プレス発表