3月ダイヤ改正で「北斗」から引退するNN183系(キハ183-9560)

昨日(12/15)、一部パートを執筆した「熱狂!ジョイトレ時代」(イカロス出版刊)が発売されました。

 
熱狂!ジョイトレ時代(あの熱かった日々がよみがえる!)

 

私にとっては大ニュースですが、鉄道ファンにとってこれよりも大きなニュースは、2018(平成30)年3月ダイヤ改正についての発表でした。

車両の置き替えに関する発表はあまり多くないですが、今後の撮影計画に関わるので、これから分析してみようと思います。

 
JR各社および支社からの発表(PDFファイル)に一通り直接リンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JRグループ

JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社《多摩版》)
JR東日本(八王子支社《甲府版》)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(近畿統括本部)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州(福岡エリア)
JR九州(長崎エリア)
JR九州(熊本エリア)
JR九州(大分エリア)
JR九州(宮崎エリア)
JR九州(鹿児島エリア)

JR貨物

 
 * * *

 

JR北海道では、キハ183系で運転されている特急「北斗」(3往復)がキハ261系1000番代に置き替えられ、函館〜札幌間の特急列車がすべて「スーパー北斗」に統一されます。

3月ダイヤ改正以降、「スーパー北斗」はキハ281系とキハ261系1000番代の2系統のみとなるので、函館運輸所(函ハコ)は少ない予備車で効率的に運用できるようになります。

 
次期ダイヤ改正までにキハ261系1000番代が20両の新製投入されるので、これにともないキハ183系0番代(200番代)の14両は順次廃車されるようです。

 
前回のダイヤ改正でキハ183系の「サロベツ」はキハ261系化され、「オホーツク」も一部列車を旭川発着の「大雪」に変更してキハ183系の所要両数を減らしたので、すでにキハ183系0番代(200番代)の多くが廃車となりました。

こんどのダイヤ改正で「北斗」がキハ261系化されると、キハ183系7550番代(NN183系)が一時的に余剰となります。

余剰となるキハ183系7550番代(NN183系)は他のキハ183系と連結できないので、何らかの準備が必要になります。
ここでどのような工事が行われるか分かりませんが、それが整った時点で「オホーツク」「大雪」に転用されることになると思われます。

この転用劇が終了すると、キハ183系0番代(200番代)が完全に淘汰されます。

 
現在、函ハコのキハ183系「北斗」は2運用で回していますが、グリーン車だけは1両しか予備車がありません。
しかし、「オホーツク」「大雪」は3運用で回しているので、定期運用をこなすだけでもグリーン車が3両必要です。そのまま「北斗」のキハ183系7550番代(NN183系)を「オホーツク」「大雪」にするとグリーン車が足りません。

キハ183系7550番代(NN183系)をキハ183系従来車と連結できるように改造するか、2両だけ残っているキロ182形500番代をNN183系対応に改造するか、キハ183系従来車とキハ183系7550番代(NN183系)の2系統で運用を回すか、とさまざまなケースが考えられます。

 
素人考えでは、キハ183系従来車を波動輸送用に回すのがいいと思いますが、キロ182形500番代も相当痛んでいるので転用改造するとは思えないですよね…

来年の6月くらいになると、キハ183系最後の転用劇が見えてくるものと思われます。

 
今回は、「北斗」で使用されているキハ183形9550番代、キハ183-9560(函ハコ)をアップしたいと思います。

 
キハ183-9560

キハ183-9560(函ハコ)  2017年5月26日 登別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ183-1560 → キハ183-4560 → キハ183-9560 と改番のたびにインフレ化し、現在は試作車のような番号となった機関換装車(重要機器取り替え工事施工車)です。

 
基本的に、「北斗」用のNN183系は130km/h運転対応改造(4550番代化)でブレーキ圧力が変更されたため、キハ183系従来車とは連結できません。
函ハコのNN183系が連結できるのは、グループ内のキハ183形4550・8550・9550番代、キハ182形7550番代、キロ182形7550番代だけです。
もし、このまま「オホーツク」「大雪」に転用されたとしても、ほぼ同期のキハ183系400・500番代とは連結ができません。

しかし、キハ183形9550番代はブレーキシリンダーに自動切替機能が付加された4550番代からの改造車なので、キハ183系従来車と連結できます。

 
圧力切替弁をどの車両に追加するのか?

気になります。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系

11月4日に引退した“ニセコエクスプレス”の3号車(キハ183-5001)

ここ2〜3年の頑張りでキハ183系の稀少区分車の撮影や撮り直しが進んで、現役車両の形式区分のほとんどが撮影済みになりました。

まぁ〜、これだけ何度も北海道に行っていればなんとかなるのかも知れません。

 
でも、これは実車が動かないと話しにならないわけでして、稼働実績のない“お座敷車両”のキハ183形6000・6100番代やキハ183形500番代の撮影はできません。

これらの形式区分はカラーポジ時代やモノクロ時代に撮っているので、これで我慢するしかないのですが、これとは別に、ほとんど稼働しない“ニセコエクスプレス”(キハ183系5000番代)の撮り直しというのも自分の中では大きなテーマでした。

 
JR北海道の事故・不祥事の頻発以来、すっかりリゾート列車の運転本数が減ってしまったので、他のリゾート車両に比べて3両と編成両数の短い“ニセコエクスプレス”はほとんど出番がなくなってしまいました。

 
そんな矢先、11月4日に“ニセコエクスプレス”が引退するという発表が9月中旬に出されました。

寝耳に水です…

 
ニセコエクスプレス・ラストラン

 

臨時特急「ニセコエクスプレス」(札幌〜蘭越間、倶知安〜蘭越間は快速列車)のさよなら運転でキハ183系5000番代を撮るしか選択肢がなくなってしまったので、10/29(日)、11/3(祝)、11/4(土)が曇ることを9月からず〜っと祈ってました。

 
こういうイベントで形式写真を撮るのは本来は避けたいところ。
でも、途中の倶知安駅と折り返しの蘭越駅は停車時間が長いので何とかなるかも知れない、そう思って渡道することにしました。

形式写真仲間の冨田さんも同じことを考えていて、彼も私も11/3(祝)に撮影する予定だったので現地で合流することにしました。

 
イベント列車が故に立ち入り禁止エリアが多く、当初の見込みどおりに撮影できませんでしたが、蘭越駅の折り返しでキハ183系5000番代の2両が撮れました。

これで一安心です…

 
キハ183-5001

キハ183-5001(札ナホ)  2017年11月3日 蘭越駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

普段は誰もいないところで自分のペースで形式写真を撮っていますが、この日は鉄道ファンが集まって撮影もままならない状態。

こういう環境に慣れていないので失敗しまくりでしたが、車体ブレもなく、乗客も少なく、おとなしい状態で記録できたので、無駄な遠征にはなりませんでした。

途中、土砂降りになったり晴れたり安定しない天気でヒヤヒヤしましたが、蘭越駅に停車中のほとんどの時間は曇ってくれました。

 
冨田さん、お疲れさまでした。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系 , ジョイフルトレイン

「クリスタルエクスプレス」の1号車 キハ183-5102

9/6(水)の午後から出掛けた北海道遠征ですが、北海道ではほとんど成果がなかったので、大館駅で撮影した花輪線の珍車 キハ111-152 をアップしただけ終わっていました。

結果的に無駄に終わった感の強い遠征でしたが、数少ない成果をアップしても罰は当たらないでしょう。

 
今回の北海道遠征は“旭山動物園号”編成のキハ183系0番代を撮るのがメインターゲット。

曇りベースの天気予報だった9/9(金)に道央地区に移動して撮るつもりでしたが、行ってみると晴れときどき雨。形式写真を撮るには最悪の天気。

 
天気の変わり目に曇ってくれる時間帯があれば何とかなりましたが、それもほとんどありません。

こういうときは深追いすると傷口が広がるので、その日のうちに旭川から特急列車と新幹線を乗り継いで帰ることを決断。

お昼過ぎの上り「ライラック」に乗って長距離移動することにしました。

残念でしたね…

 
でも、この日の午前中に臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス3号」に充当された“クリスタエクスプレス”の キハ183-5102 が撮れたので、完敗にはなりませんでした。

これが撮れただけでも遠征に出てよかったと思えましたからね…

 
ということで、今回は結果的に渾身の1枚になってしまった形式写真をアップしたいと思います。

“クリスタエクスプレス”の1号車、キハ183-5102(札ナホ)です。

 
キハ183-5102

キハ183-5102(札ナホ)  2017年9月9日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

50歳になって“大人の休日倶楽部パス”が買えるようになったので今回も使ってみました。

でも、このフリー切符、使ってみると大きな問題がありました。

 
“大人の休日倶楽部パス”の利用期間は、駅近くのホテルの予約が気軽に取れません。

格安航空券を使って閑散期に渡道するのに慣れてしまうと、ホテルの予約が直前で取れないというのが結構辛い。

天気予報に合わせて撮影地を転々とできないので、天気を味方に付けることができません。

 
予約しておいたホテルの宿泊地が晴れ予報に変わってしまうと、もうこれで為す術がないという状況に。

鉄道移動の場合、駅近くのビジネスホテルしか選択肢に入らないですから、もともとホテルを探すのにハンディを背負ってます。

 
今回のように格安のフリー切符を使ったために撮影の歩留まりが悪くなるというのは本末転倒です。
いくら交通費が安くても撮影できなければ意味がないですからね…

使ってみて痛感したので、次回以降はもっと自由に動き回れるようなスタイルを採っていきたいと思います。

 
でも、予定していた場所(JR北海道・JR東日本エリア)が予報どおりに曇ってくれるのなら、“大人の休日倶楽部パス”ほど形式写真に相応しいフリー切符はありませんよ。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系 , ジョイフルトレイン

「オホーツク」の遠軽方に連結されるキハ183形1550番代(キハ183-1555)

少し間が空いてしまいましたが、今回は“大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)”を使った北海道遠征の3日目、6/24(土)の話しです。

 
遠征3日目は予報どおりに曇りそうな予感がしたので、今回の遠征の目的だった789系0番代が気軽に撮れるように岩見沢に詰めることにしました。

前日(6/23)は曇りを求めて弘前から札幌まで広域移動してましたが、岩見沢に早朝入りしたかったので旭川で前泊しました。
岩見沢でビジネスホテルに泊まれればよかったのですが、旭川からなら「ライラック2号」に乗れば 6:17には岩見沢に行けますからね…

 
遠征3日目(6/24)の早朝、岩見沢駅はガスが少し出ていましたが、予報どおりの曇り。
お昼前から雨が降りそうでしたが、まずまずの天気。

この日の朝は721系の稀少区分車が岩見沢に勢揃いしており、9時までの2時間半のあいだは入れ食い状態でした。

 7番ホーム横の留置線にはF-2007編成(721系2000番代)、
 早朝の岩見沢発の721系6両固定編成はF-3123・3222編成(721系3120・3220番代)、
 岩見沢発の札幌方面行きにはF-1009編成(721系1000番代)、
 岩見沢で増結される編成にはF-5001編成(721系5000番代)…

 
これ以外に、「オホーツク」の遠軽方(4号車)に連結されているキハ183形1550番代を撮影。
形式区分としてはそれほど珍しくないですが、これまでフラれっぱなしだったので、地味に大きな成果。

789系も一通り撮るつもりでいましたが、「ライラック」の上下列車が岩見沢を同時刻に発着していたので撮れませんでした。

 
10時以降はゆっくり789系を撮っていこうと思っていた矢先、雨が降り始めてしまったので横たわった雨雲を北側に抜けて深川に移動。

14時過ぎまで789系をマッタリ撮影し、これで北海道遠征は終了。

 
もっと道内に留まりたかったのですが、翌日は予報よりも雨側に転びそうな予感がしたので、岩手県の北上まで長距離移動することにしました。せっかくの“大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)”なので、東北・北海道新幹線を駆使してみようかと…

北海道については現地での撮影が1日だけという消化不良な遠征でしたが、今のうちに東北地方のロケハンをしておくのが得策だろうと判断しました。

 
 * * *

 
今回は、遠征3日目(6/24)の成果から地味な金星となった1枚をアップしたいと思います。
特急「オホーツク」の遠軽方(4号車)に連結されているキハ183形1550番代、キハ183-1555(札ナホ)です。

 
キハ183-1555

キハ183-1555(札ナホ)  2017年6月24日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ183形1550番代は、JR北海道移行後の1988〜1990(昭和63〜平成2)年に増備された120km/h運転対応車(NN183系)のトイレなし先頭車です。

「北斗」の120km/h運転化に備えて16両が製造されましたが、これまでに半数以上が3550・4550・6100番代に改造されてしまったため1550番代のままで残るのは6両となっています。

 
特急用車両というのは存在感の割りに両数が少ないものなので、1区分6両のグループならば簡単に撮れそうなものです。

でも、このキハ183形1550番代に限っては、一昨年以降、何度北海道遠征に行っても撮れず仕舞い。困ったグループでした。

 
ここ数年のキハ183形1550番代充当列車を整理すると以下のようになります。

 
キハ183形1550番代は「オホーツク」「サロベツ」用車両として苗穂運転所(札ナホ)に配置されていました。

しかし、一昨年(2015年)までは「オホーツク」の両端(1・4号車)にスラントノーズ車のキハ183形200番代が所定で連結されていたので、貫通形のキハ183形1550番代は予備車的な役回りでした。

一方、「サロベツ」にはキハ183形1500・1550・4550番代(キハ183-1504・1555・1556・4559)が札幌方(3号車)に連結されてましたが、1号車(キハ183形1500番代指定席仕様車)と2号車(キハ182形500番代指定席仕様車)の優先順位が高かったので1号車まで手が回りませんでした。3号車に1550番代が連結される確率は1/2でしたから、深追いはできませんでした。

 
その後、2016(平成28)年3月改正で「オホーツク」の遠軽方先頭車(4号車)がキハ183形1550番代に変更となり、「サロベツ」の札幌方(3号車)がスラントノーズ車のキハ183形200番代に変更されました。

この変更によってキハ183形1550番代が撮りやすくなりましたが、何故か北海道遠征になると“白ボウズ”こと キハ183-104 が遠軽方に連結されたり、狙ったとおりにキハ183形1550番代が来ても直前になったら晴れたり雨が降ったりと、思うように撮れませんでした。

 
この3月のダイヤ改正で札幌発着の「オホーツク」が2往復となり、岩見沢駅で撮影できるチャンスは限られるようになりました。

そうなると天気に翻弄されることになるので、撮影チャンスはかなり限られます。
ですが、遠征3日目(6/24)は雨の降り始めが10時前だったので、「オホーツク1号」の先頭に立った キハ183-1555 をカーテン全開の状態で記録することができました。

 
キハ183形1550番代は「スーパーとかち」時代にモノクロで撮影していますが、HET色になってからの姿も撮っておきたかったので、これで一安心です。

また、これでJR北海道のキハ183系は一通り形式区分を押さえたことになるので、これで一旦お終いにしたいと思います。

 
HET色になってからのキハ183形500番代に後ろ髪引かれますが、ほとんど稼働していないようなので先送りしたいと思います。首都圏在住者には難易度が高そうなのでね…



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系

重要機器取り替え工事により誕生したインフレ区分車の キハ183-8563

今回は北海道遠征3日目(5/26)の話しです。

ゆっくりと遠征記録を書いてますので、もう1週間以上も前のことになります。

 
遠征3日目こそ岩見沢に行くぞ!と、特急「ライラック」の789系0番代を撮る気満々でいましたが、前日(5/25)の時点で天気予報が好転。

道央・空知地区が曇ってくれないのなら“札幌フリーパス”のフリー区間を飛び出して旭川近郊の車両を撮るつもりでいましたが、道南方面に行かないと雲に掛からない予報でした。
札幌の連泊なので函館に行っても撮影時間が限られるし… と色々と考えましたが、3日目も登別駅に詰めることにしました。

登別もフリー区間外ですが、片道1,000円以内の距離なので、まぁ〜何とか許容できるレベル。

苫小牧駅では撮れない札幌方に連結される車両がここでは撮れるので、片っ端から撮るつもりで望みました。

 
当日は、苫小牧以南は安定的な曇り。

苫小牧では撮れないキハ261形1200番代とキハ260形1200番代を狙って三脚をセットしましたが、修学旅行生でいっぱいの車内。流石に撮る気が失せてしまったので、この2区分は次の機会に先延ばしすることに。

でも、今回の遠征はキハ183形3550・4550番代の重要機器取り替え工事(機関更新など)が完了した後だったので、特急「北斗」のキハ183形8550・9550番代もきっちり撮影しました。

昨年までの遠征では未改造車が運用に入っていたので、機関更新車を狙うのが大変だったのでね…

 
ということで、今回はキハ183形3550番代に重要機器取り替え工事を施工して番号が8550番代となった キハ183-8563(函ハコ)をアップしたいと思います。

写真の キハ183-8563 は、1990(平成2)年5月に キハ183-1563 として新製されましたが、1993(平成5)年4月に「北斗」の130km/h運転に対応するために キハ183-3563 に改造されました。そして今回、重要機器取り替え工事により キハ183-8563 に改番されました。

 
キハ183-8563

キハ183-8563(函ハコ)  2017年5月26日 登別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

重要機器取り替え工事が施工された元130km/n運転対応車は従来の番号に5000がプラスされたため、先頭車のキハ183形は8550・9550番代に、中間車のキハ182形とキロ182形は7550番代にそれぞれ改番されました。

この工事により駆動用機関(エンジン)はキハ261系1000番代と同系統の N-DMF13HZK(460ps/2,100rpm)換装され、変速機も N-DW16A に変更されました。
先頭車のキハ183形は330PSから460PSに出力アップとなりましたが、中間車のキハ182形とキロ182形は660PSから460PSに出力ダウンとなったため、工事完了後は編成としての機関出力が若干低下しました。

これを受けて130km/n運転対応車系統の「北斗」の速度種別が“A25(125km/h)”から“A3(103km/h)”に変更されたため、130km/h運転が不可能な列車運用となりました。

しかし、ジャンパー連結器上部の車体妻部には“130”の標記があります。

 
キハ183-8563の“130”標記

キハ183-8563の“130”標記

 

重要機器取り替え工事が行われる前は最高速度を意味する数字でしたが、現在は“130”という数字の意味合いが変わっています。

130km/h運転を開始したときにブレーキ装置の圧力が変更されことを意味しており、キハ183系の従来車(110・120km/h対応車)とは混結できないことを表しています。

 
キハ183系従来車と連結できるようにブレーキシリンダー圧力切替弁を取り付けたキハ183形9550番代(元キハ183形4550番代)は、これまでどおり“130/120”と標記しています。
キハ183形9550番代は「北斗」の予備車として函ハコに残っているキハ183系500番代(N183系)と連結できますが、N183系の定期「北斗」がなくなった現在はブレーキシリンダー圧力切替弁を活用する場面はなくなりました。

 
キハ183-9560の“130/120”標記

キハ183-9560の“130/120”標記

 

それほど大きくないキハ183系というグループに、最高速度とブレーキ装置の違いで3種類もの車両が存在しているのが事態をややこしくしています。
でも、このような非効率的な車両運用も「北斗」からキハ183系が撤退し、重要機器取替工事車が「オホーツク」「大雪」に転用されるまでの辛抱です。

国鉄形車両ファンとしてはキハ183系の活躍を期待したいところですが、ノスタルジーだけでは解決しない問題ですので、キハ261系の増備で以て車両運用の問題が解決されることを期待したいと思います。

 

なお、今回はブログ“北海道の鉄道情報局”を参考にさせていただきました。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系