過去のものとなった灰色スカートのキハ183形4550番代(キハ183-4560)

久しぶりの更新になります。

約1ヶ月のあいだ、ほとんどブログの更新ができなくて申し訳ありませんでした。

 
前回の「列伝シリーズ01 あずさ列伝」に引き続き今回も「名列車列伝」シリーズの形式解説を執筆していました。

かつての形式本の完全改訂版を兼ねた位置付けとして受け取っているので、かなり気合いを入れてまとめ上げました。

 
「列伝シリーズ02 北斗列伝」というタイトルですので、最近も話題のキハ183系だけでなく、キハ281系、キハ283系、キハ261系まですべてのJR北海道のディーゼル特急車両を網羅しました。

きちんと数えてみたところ、76枚の形式写真が掲載されていますので、本書の半分近くがJR北海道の国鉄/JR車両ガイドブックとして楽しめるようになっています。

 
列伝シリーズ02 北斗列伝

 

これなら、Amazon でオレサマ価格で流通している「国鉄型車両の系譜シリーズ 8 形式キハ183・185系」を無理して買わなくで済むでしょう。

 
1980・1990年代の形式写真も可能な限り別のカットをスキャンしましたし、キハ183系の形式図についても台割の関係で前回は掲載できなかった「サロベツ」用改造車の2枚も台割を工夫して何とか入れました。

いつものように、すべての形式写真の構図と色調ができるだけ同じになるように調整しましたので、写真集として見ても目に優しい本になっています。

ムック本の性格上、鉄道ピクトリアルのような突っ込んだ内容にはなっていませんが、キハ183系全体を俯瞰するにはちょうどいい内容になっています。

 
是非、キハ183系の入門書としてお手元に置いていただきたいと思います。

 
7月19日(木)の発売です。

すでに、Amazon では予約ができるようになっていますので、上の表紙写真をポチッとしていただけるとありがたいです。

 
 * * *

 
今回は「列伝シリーズ02 北斗列伝」では使わなかった形式写真をアップしたいと思います。

 
いつものように形式写真を掲載する場合はカーテンやブラインドが閉じていないカットを選択していますので、今回も泣く泣く未掲載となった写真がたくさんあります。

今回はその中の1枚、2016(平成28)年6月に重要機器取替工事によりキハ183形4550番代に改造されてしまった キハ183-4560(函ハコ)をアップします。

 
キハ183-4560

キハ183-4560(函ハコ)  2015年9月3日 登別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ281系「スーパー北斗」のデビューに合わせて特急「北斗」も130km/h化することになりましたが、キハ183系550・1550番代(NN183系)をすべて130km/h対応車(キハ183形の場合は3550番代)に改造してしまうと120km/h対応車の予備車が不足するため、先頭車のキハ183形については120・130km/h両用車の4550番代が用意されました。

キハ183形4550番代は苗穂工場で5両が改造されましたが、「北斗」に充当されたのは キハ183-4560〜4562 の3両です。
こちらは五稜郭車両所で全検を受けていたためスカートが灰色になっているのが特徴でした。

 
この3両は 2015・2016(平成27・28)年に重要機器取替工事が実施されて駆動用機関がキハ261系タイプに換装されたので、キハ183-9560〜9562 に改番されてしまいました。

写真の キハ183-4560 も現在は キハ183-9560 と名乗っており、下回りを中心に大きく改装されました(偶然ですが、改造後もほぼ同じ場所で撮影しています)。

キハ183-4560 時代に客室がグレードアップ指定席に改装されているので、2018(平成30)年3月の「北斗」運用終了後に苗穂運転所(札ナホ)に転属となり、この7月からは特急「オホーツク」に使用されています。

 
HET色と呼ばれるグレー系の塗色をまとっていますが、ブルー部分が現在のラベンダー色と違っていますので、これも改造前の「北斗」運用車の特徴となっています。

未改造のキハ183形4550番代は現在も元札幌配置車の2両が札ナホにいますが、このような特徴は見られませんので、この姿も過去のものとなっています。

 
キハ183系も細かく見てみると現在進行形で外観が変わり続けていますので、これからもその姿を記録していきたいと思っています。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系

7月から「オホーツク」「大雪」に投入されるNN183系(キロ182-7553)

2015(平成27)年3月に「安全投資と修繕に関する5年間の計画について」という発表がなされましたが、それ以降、JR北海道は着々とキハ183系の初期形車両を置き替えてきました。

・「オホーツク」の区間短縮(→「大雪」の誕生)
・「サロベツ」のキハ261系化(区間短縮)
・「北斗」のキハ261系化

これらの対策によってキハ183系の所要両数が大幅に減少したので、老朽化の激しい初期形車両のほとんどは廃車となりました。

 
現在、キハ183系が使用される列車は「オホーツク」「大雪」の4往復3運用だけです。

しかし、「オホーツク」「大雪」のグリーン車は半室タイプのキロハ182形が連結されているので、これを置き替えないと車齢35年超の車両はなくなりません。

6月まではキロハ182形が連結されるので、7月以降はどうなるのか?
JR北海道から発表はまだなのかと思っていたところ、ようやく7月以降の「オホーツク」「大雪」編成について発表がありました。

 
発表内容からハッキリと読み取れるのは、①ハイデッカー構造のグリーン車が連結されることと、従来は札幌方に指定席とグリーン車を連結していたのを ②「ライラック」と合わせるために遠軽方に指定席とグリーン車を連結するということだけでした。

プレスリリースでは接客サービスの説明だけすればいいので、これ以上を期待しても仕方ないのですね〜

 
「オホーツク」「大雪」の4往復3運用を機関換装したキハ183系7550番代(130km/h運転対応車のNN183系)でまかなうのは不可能ですが、かといってキハ183系500番代(N183系)のグリーン車2両(キロ182形500番代)を7550番代化するような動きは見られません。

ということは、2運用をNN183系編成、1運用をN183系編成にするなど、それぞれのタイプを使っていくことになるのでしょう。波動輸送はN183系編成でまかなう、とかね…

 
出力適正化改造車(パワーダウン)の400番代や旧「サロベツ」の指定席仕様車(シートピッチ拡大)もN183系に含まれますが、あまりに仕様がバラバラだと保守管理が大変なので、N183系は「北斗」で使用されていた原形に近いグループだけが残るのでしょうか?

7月1日の編成変更を待たないとその全容は分かりませんね。

 
ということで、今回は「オホーツク」「大雪」への転用が確定したNN183系のハイデッカーグリーン車、キロ182-7553 をアップしたいと思います。

 
キロ182-7553

キロ182-7553(函ハコ)  2017年11月4日 苗穂駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系 , プレス発表

スラントノーズの影でひっそりと引退したキハ182形0番代(キハ182-30)

Twitterのタイムラインを見たところ、キハ183系の“スラントノーズ”ことキハ183形200番代はダイヤ改正を待たずに定期運用から離脱していたようです。

 
「オホーツク」「大雪」運用に最後まで入っていたスラントノーズ車は キハ183-213・214・220 の3両で、いずれも札幌方に連結されていました。

キハ183-220 はキハ261系化される前の「サロベツ」時代に撮ったことがありますが、キハ183-213・214 は撮れず仕舞いだった可能性が高いですね。もしかしたら200番代に改造される前に撮っていたかも知れないですが…

 
「オホーツク」で使用されている車両は岩見沢駅で気軽に撮影できますが、同駅は停車時間が短いのと、乗客の乗り降りで停車中の大半は車体が揺れていてスローシャッターが切れないので、1列車で1両を撮るのがやっとというのがいつものパターンです。

そうなると、どうしても特徴的な先頭車(キハ183形200・1500・1550番代など)か半室グリーン車(キロハ182形)を狙うことが多くなります。これ以外にも稀少区分が「オホーツク」に入ることが多いので、気が付いてみたらほとんど撮っていなかった形式区分がでてしまいます。

なんの変哲もない中間車、キハ182形0番代です。

 
函館運輸所(函ハコ)からの転入車が「オホーツク」運用に入るようになって“とかち色”のキハ182形0番代はすぐに離脱してしまいましたが、スラントノーズ車のように話題にならずひっそりと消えてしまいました。

普通の中間車は地味ですからね…
仕方のないことです。

 
ということで、スラントノーズ車の近くにいつも連結されていたのにまったく注目されなかったキハ182形0番代をアップしたいと思います。

特急「オホーツク」の2号車(一部自由席)で使用されていたときの キハ182-30(札ナホ)です。この車両は、車体側面の車両番号標記が切り文字から国鉄書体の塗り文字に変更されています。

 
キハ182-30

キハ182-30(札ナホ)  2016年5月7日 深川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

現役最後のスラントノーズ車は「旭山動物園号」の キハ183-3・4 ですが、こちらも3月24・25日のお別れ運転で引退することが発表されています。

キハ183系初期形として最後に残るのはキロハ182形ですが、こちらも6月までの活躍のようで、「北斗」から転用されるハイデッカー車に置き替えられる予定です。

 
「オホーツク」「大雪」の3運用を3両のキロ182形7550番代(NN183系)で回すのは不可能なので、キロ182形500番代を7550番代に改造するのか、NN183系とN183系の運用を分けて対処するのか、どうなるのか気になるところです。

 
しばらくはキハ183系から目が離せませんね…



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系

3月ダイヤ改正で「北斗」から引退するNN183系(キハ183-9560)

昨日(12/15)、一部パートを執筆した「熱狂!ジョイトレ時代」(イカロス出版刊)が発売されました。

 
熱狂!ジョイトレ時代(あの熱かった日々がよみがえる!)

 

私にとっては大ニュースですが、鉄道ファンにとってこれよりも大きなニュースは、2018(平成30)年3月ダイヤ改正についての発表でした。

車両の置き替えに関する発表はあまり多くないですが、今後の撮影計画に関わるので、これから分析してみようと思います。

 
JR各社および支社からの発表(PDFファイル)に一通り直接リンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JRグループ

JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社《多摩版》)
JR東日本(八王子支社《甲府版》)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(近畿統括本部)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州(福岡エリア)
JR九州(長崎エリア)
JR九州(熊本エリア)
JR九州(大分エリア)
JR九州(宮崎エリア)
JR九州(鹿児島エリア)

JR貨物

 
 * * *

 

JR北海道では、キハ183系で運転されている特急「北斗」(3往復)がキハ261系1000番代に置き替えられ、函館〜札幌間の特急列車がすべて「スーパー北斗」に統一されます。

3月ダイヤ改正以降、「スーパー北斗」はキハ281系とキハ261系1000番代の2系統のみとなるので、函館運輸所(函ハコ)は少ない予備車で効率的に運用できるようになります。

 
次期ダイヤ改正までにキハ261系1000番代が20両の新製投入されるので、これにともないキハ183系0番代(200番代)の14両は順次廃車されるようです。

 
前回のダイヤ改正でキハ183系の「サロベツ」はキハ261系化され、「オホーツク」も一部列車を旭川発着の「大雪」に変更してキハ183系の所要両数を減らしたので、すでにキハ183系0番代(200番代)の多くが廃車となりました。

こんどのダイヤ改正で「北斗」がキハ261系化されると、キハ183系7550番代(NN183系)が一時的に余剰となります。

余剰となるキハ183系7550番代(NN183系)は他のキハ183系と連結できないので、何らかの準備が必要になります。
ここでどのような工事が行われるか分かりませんが、それが整った時点で「オホーツク」「大雪」に転用されることになると思われます。

この転用劇が終了すると、キハ183系0番代(200番代)が完全に淘汰されます。

 
現在、函ハコのキハ183系「北斗」は2運用で回していますが、グリーン車だけは1両しか予備車がありません。
しかし、「オホーツク」「大雪」は3運用で回しているので、定期運用をこなすだけでもグリーン車が3両必要です。そのまま「北斗」のキハ183系7550番代(NN183系)を「オホーツク」「大雪」にするとグリーン車が足りません。

キハ183系7550番代(NN183系)をキハ183系従来車と連結できるように改造するか、2両だけ残っているキロ182形500番代をNN183系対応に改造するか、キハ183系従来車とキハ183系7550番代(NN183系)の2系統で運用を回すか、とさまざまなケースが考えられます。

 
素人考えでは、キハ183系従来車を波動輸送用に回すのがいいと思いますが、キロ182形500番代も相当痛んでいるので転用改造するとは思えないですよね…

来年の6月くらいになると、キハ183系最後の転用劇が見えてくるものと思われます。

 
今回は、「北斗」で使用されているキハ183形9550番代、キハ183-9560(函ハコ)をアップしたいと思います。

 
キハ183-9560

キハ183-9560(函ハコ)  2017年5月26日 登別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ183-1560 → キハ183-4560 → キハ183-9560 と改番のたびにインフレ化し、現在は試作車のような番号となった機関換装車(重要機器取り替え工事施工車)です。

 
基本的に、「北斗」用のNN183系は130km/h運転対応改造(4550番代化)でブレーキ圧力が変更されたため、キハ183系従来車とは連結できません。
函ハコのNN183系が連結できるのは、グループ内のキハ183形4550・8550・9550番代、キハ182形7550番代、キロ182形7550番代だけです。
もし、このまま「オホーツク」「大雪」に転用されたとしても、ほぼ同期のキハ183系400・500番代とは連結ができません。

しかし、キハ183形9550番代はブレーキシリンダーに自動切替機能が付加された4550番代からの改造車なので、キハ183系従来車と連結できます。

 
圧力切替弁をどの車両に追加するのか?

気になります。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系

11月4日に引退した“ニセコエクスプレス”の3号車(キハ183-5001)

ここ2〜3年の頑張りでキハ183系の稀少区分車の撮影や撮り直しが進んで、現役車両の形式区分のほとんどが撮影済みになりました。

まぁ〜、これだけ何度も北海道に行っていればなんとかなるのかも知れません。

 
でも、これは実車が動かないと話しにならないわけでして、稼働実績のない“お座敷車両”のキハ183形6000・6100番代やキハ183形500番代の撮影はできません。

これらの形式区分はカラーポジ時代やモノクロ時代に撮っているので、これで我慢するしかないのですが、これとは別に、ほとんど稼働しない“ニセコエクスプレス”(キハ183系5000番代)の撮り直しというのも自分の中では大きなテーマでした。

 
JR北海道の事故・不祥事の頻発以来、すっかりリゾート列車の運転本数が減ってしまったので、他のリゾート車両に比べて3両と編成両数の短い“ニセコエクスプレス”はほとんど出番がなくなってしまいました。

 
そんな矢先、11月4日に“ニセコエクスプレス”が引退するという発表が9月中旬に出されました。

寝耳に水です…

 
ニセコエクスプレス・ラストラン

 

臨時特急「ニセコエクスプレス」(札幌〜蘭越間、倶知安〜蘭越間は快速列車)のさよなら運転でキハ183系5000番代を撮るしか選択肢がなくなってしまったので、10/29(日)、11/3(祝)、11/4(土)が曇ることを9月からず〜っと祈ってました。

 
こういうイベントで形式写真を撮るのは本来は避けたいところ。
でも、途中の倶知安駅と折り返しの蘭越駅は停車時間が長いので何とかなるかも知れない、そう思って渡道することにしました。

形式写真仲間の冨田さんも同じことを考えていて、彼も私も11/3(祝)に撮影する予定だったので現地で合流することにしました。

 
イベント列車が故に立ち入り禁止エリアが多く、当初の見込みどおりに撮影できませんでしたが、蘭越駅の折り返しでキハ183系5000番代の2両が撮れました。

これで一安心です…

 
キハ183-5001

キハ183-5001(札ナホ)  2017年11月3日 蘭越駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

普段は誰もいないところで自分のペースで形式写真を撮っていますが、この日は鉄道ファンが集まって撮影もままならない状態。

こういう環境に慣れていないので失敗しまくりでしたが、車体ブレもなく、乗客も少なく、おとなしい状態で記録できたので、無駄な遠征にはなりませんでした。

途中、土砂降りになったり晴れたり安定しない天気でヒヤヒヤしましたが、蘭越駅に停車中のほとんどの時間は曇ってくれました。

 
冨田さん、お疲れさまでした。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系 , ジョイフルトレイン