735系の中間電動車(モハ735-101)

シルバーウィークは如何お過ごしだったのでしょうか?

今回の5連休は全国的にいい天気の日が多かったので、形式写真仲間で遠出したのは北海道に行った1人だけで、その他の仲間は普通に非テツの休日を楽しんだようです。

 
シルバーウィーク中、当店は通常通りの営業をしていましたが、連休による大きな注文減もなく無事に乗り切ることができました。

普段は土休日に注文が多いのに、盆暮れやゴールデンウィークなどの連休は注文がサッパリ!なんてことがよくあるので安堵しております。

 
庭の手入れや、実家から持ち帰った荷物をしまう場所作りもできましたので、有意義な連休でした。

先週までは実家の片付けが優先。このため、自宅の方が疎かになっていましたのでね…

 
 * * *

 
シルバーウィークのシルバー繋がりで何かアップできそうな形式写真がないか探してみたところ、JR車両で唯一、カラー帯もステッカーも何も一切貼付されていない車両がありましたので、シルバー塗装の車両をアップしたいと思います。

アルミ製車体の試作車、735系の中間電動車の モハ735-101(札サウ)です。

 
モハ735-101

モハ735-101(札サウ)  2015年7月2日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

先日、アップした クハ735-101 の次位に連結されていますが、中間車のため先頭部のような萌黄色のカラー帯がまったくありません。

735系は車体側面にカラー帯が巻かれていないので、中間車だけを見るとシルバー一色の不思議な外観に仕上がっています。

しかも、アルミ無塗装ではなく車体全体にシルバーが塗装されているので、JRでは類を見ないような不思議な印象の車両です。

 
側面にロゴでも入れればいいのにと思っていますが、唐突にロゴを入れるのも何なので、そのうち733系のようにカラー帯が巻かれることになるかも知れません。

いずれにしても、私鉄車両のような不思議な中間車です。



この形式写真に関連するタグ: 735系 , JR北海道

735系の奇数向き先頭車(クハ735-101)

北海道遠征の4日目(7/3)です。

 
前日のうちに八雲入りして寝台特急「北斗星」のDD51形の撮影に備えてましたが、朝からいい天気。

北海道入りしてから気持ちのよく晴れた日がなかったので、生理的にホッとしたのは揺るがない事実。毎日ぐずついた天気でしたからね。

でも、撮影するときくらい曇って欲しかったのですが、それもほとんど叶わなかったので、八雲滞在の半日の成果は散々でした。

 
もう1日道南で粘っても曇りそうではなかったので、当初の予定どおり帰ることにしました。

帰ると決めたら早い方がいいので、予め買っておいた東京着最終の「はやぶさ38号」の指定券を、1席だけたまたま残っていた東京20:32着の「はやぶさ30号」に変更。そして、すぐに485系3000番代の「白鳥80号」に乗って帰途に就きました。

 
今年3月に直江津から長岡まで快速「くびき野」に乗ったのが最後の485系かと思ってましたが、まだまだ津軽海峡線の「白鳥」では現役なんですよね。

今回の遠征は成果が散々で、北海道新幹線開業で影響の出そうな車両をすべて撮ることができなかったので、あともう1回は485系の「白鳥」にお世話になりそうです。

でも、この時期にしか撮れない車両だけはキチンと押さえられたので、そういう意味では充分な成果が得られたと言ってもいいのかも知れません。来年に撮り直しできないですからね。

 
 * * *

 
遠征4日目はアップできるような写真が撮れなかったので、前日に撮れた珍しい車両の形式写真をアップしたいと思います。

アルミ製車体の試作車、735系の奇数向き先頭車の クハ735-101(札サウ)です。

 
クハ735-101

クハ735-101(札サウ)  2015年7月2日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 735系 , JR北海道