残り少なくなった485系ジョイフルトレイン( “ジパング” の クハ484-704)

「形式485系」を執筆した2012(平成24)年当時、485系のジョイフルトレインはJR東日本こんなにたくさん在籍してました。

 
NO.DO.KA(新潟支社)
リゾートエクスプレスゆう(水戸支社)
(東京地域本社)
(東京地域本社)
ニューなのはな(千葉支社)
・きらきらうえつ(新潟支社)
(長野支社)
リゾートやまどり(高崎支社)
・ジパング(盛岡支社)

 
この他に“リゾートやまどり”“ジパング”の種車となって消滅した“やまなみ”“せせらぎ”も高崎支社に在籍してましたので、485系ジョイトレは一つのグループを形成するほどの存在感がありました。

しかし、JR東日本管内の485系一般車の引退とともに保守部品の確保が難しくなったため、485系ジョイトレもその数を徐々に減らしてきました。

 
このリストのうち現在も現役の485系ジョイトレは“宴”“華”“きらきらうえつ”“リゾートやまどり”“ジパング”の5編成です。

“きらきらうえつ”はHB-E300系ベースのハイブリッド車“海里”の登場に合わせて引退する可能性が高いので、来年(2019年)の後半以降は残り4編成となりそうです。

 
現役の485系ジョイトレはほぼ撮影済みですが、“宴”の クロ484-3(1号車)と“ジパング”の クハ484-704(4号車)は橋上駅舎の下に停車ことが多かったので、これまで撮ることができませんでした。

東京地域本社の“宴”は首都圏で活躍しているので待っていれば撮れるような気がしますが、盛岡支社の“ジパング”は「ジパング平泉号」などの臨時列車がメインで、しかも稼働日数が少ないので未撮影のまま引退てしまいそうです。

 
“ジパング”の クハ484-704 を撮るには盛岡駅の3番ホームに入線する列車をウォッチングすればいいのですが、なかなかね〜

と思っていた矢先、11/8(木)に常磐線の浪江までの団体臨時列車の送り込みがあり、原ノ町駅で30分近く停車することが鉄道ダイヤ情報に掲載されていたので、これを撮りにクルマで遠征することにしました。

“ジパング”の撮影が失敗しても無駄な遠征にならないように福島県浜通りに11/7(水)から11/8(木)まで2日滞在し、湯本、いわき、四ツ倉、木戸、原ノ町の各駅で撮影することにしました。

 
保険を掛けて福島入りした初日(11/7)は天気予報がハズレて、概ね晴れ。

2日目(11/8)もいわき市内は概ね晴れでしたが、原ノ町駅のある南相馬市は前日の予報どおり曇ってくれたので、大本命の“ジパング”の3両だけはうまく撮れました。

 
これが撮れれば十分…

ということで、今回は“ジパング”の4号車、偶数向き制御車の クハ484-704(盛モリ)をアップしたいと思います。

 
クハ484-704

クハ484-704(盛モリ)  2018年11月8日 原ノ町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

書類上では、1969(昭和44)年製の クハ481-35 を“やまなみ”に改造した クロ484-6(1999年施工)が種車です。

このときの改造工事は新製した車体構体に485系の部品を取り付けたものでしたので、クハ481-35 の面影はまったくありません。

2012(平成24)年に現在の クハ484-704 に再改造されましたが、内装の改装と車体塗色の変更が中心だったので、2階建て車両とほぼ同じ形状の車体断面や特徴的な前頭部の形状は“やまなみ”時代と変わっていません。



この形式写真に関連するタグ: 485系 , JR東日本 , ジョイフルトレイン

「雷鳥」の晩年に活躍したパノラマ形グリーン車(クロ481-2001)

時間は嫌なことを忘れさせてくれると言いますが、まさにそのとおりで、事務所が床上浸水してから2週間が過ぎてだいぶ気持ちが楽になりました。

 
水没したものの処分がほとんど終わったこともありますし、先日(9/5)のブログ投稿を境に、今月下旬に発売される「列伝シリーズ03 踊り子列伝」の追い込みに戻らざるを得なかったので、それどころではなくなったいうのが正直なところ。

そして、今回は仕事場が床上浸水したのであって、生活の場所が奪われたわけではないですから、フィルムの救出さえ終われば最悪の場合は投げ出しても大丈夫な状況でしたらね…

 
でも、浸水被害に気付いた日(8/28)から9日間はとにかく大変で、浸水したものの運び出しで腰がいたくなるほどでした。

運び出しの作業中に証拠として何枚か撮影しましたが、水を吸ってダメになった本の山はこんな感じでした。

 
廃棄した本の山

廃棄した本の山(一部)

 

このカットの約2.5倍ほどが水濡れしました。

きちんとカウントしてませんが、廃棄した本はぜんぶ約500冊でした。

 
左側に2013(平成25)年に出した「形式485系」のカバーが見えますが、ちょうど「踊り子列伝」の執筆中だったので、机の足元に置いてあった国鉄特急形電車に関する資料が全滅しました。

国鉄時代からの電車編成表や、たまたまスキャン準備のために床置きしていた2009年以降の「Jトレイン」…

合本ファイル収納時の開き癖を取るために床置きしていた鉄道ピクトリアルの1990〜2002年は増刊号を含め全滅。1960年代の鉄道ジャーナルも…

 
ただ、トレインブックスの整理済みの在庫は本棚に収まっていたので、販売にはほとんど影響がなかったのが不幸中の幸い。

たまたま整理途中で浸水してしまった在庫がありますが、これについては確認ができしだい「カゴへ」ボタンを外しています。

 
やっぱり、一番悔やまれるのは、救出できなかったネガ・ポジフィルムの3本ですね…

 
水洗救出中のポジフィルム

水洗救出中のポジフィルム

 
乾燥中のネガ・ポジフィルム

乾燥中のネガ・ポジフィルム

 
どう頑張っても救出できなかったポジフィルム(120フィルムの645サイズ)

・2001(平成13)年の敦賀訪問(おもに485系、419系、クハ455-701)

・2000年代の佐倉訪問(千マリの113系AU712形搭載車、E217系未更新車)

・2000年代の平塚訪問(東チタの113系2000番代)

… 本当に悔やまれます。なんですぐに水洗しなかったのだろうか、と …

 
ネガ・ポジフィルム52本(15枚フィルム換算)は水没破棄は免れましたが、ベースフィルムがひどく波打ってスキャンできる状況ではないので、何らかの対策をしないといけないと思うと頭が痛いですね…

一時ほどではないですけども、しばらくは気が休まりそうもないです。

 
列伝シリーズ03 踊り子列伝」は赤入れが終われば脱稿なので、もう少しフィルムの完全救出について考えてみようと思います。

 
2001(平成13)年の敦賀訪問のときは、“青さぎ”と化した485系塗色変更車の撮影がメインでした。

パノラマ形グリーン車が“青さぎ”カラーに変わったときは驚きましたが、まさかその2年後にウソ電のような国鉄特急色になるとは夢にも思いませんでした。

 
今回は、そのウソ電のような国鉄特急色のパノラマ形グリーン車、クロ481-2001(京キト)をアップしたいと思います。
隔週刊「鉄道 ザ・ラストラン 第10号」に提供した写真です。

 
クロ481-2001

クロ481-2001(京キト)  2009年11月6日 敦賀駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 485系 , JR西日本

9月末に引退した485系「いろどり(彩)」の1号車(クロ481-5503)

またまた間が空いてしまいましたが、今回も最近引退または離脱した車両を採り上げたいと思います。

 
9/30(土)、長野総合車両センター(長ナノ)の485系5000番代(N201編成)の“いろどり(彩)”が団体臨時列車「ありがとう!いろどり号」を最後に引退しました。

この日は長野を起点に2方向でさよなら運転が企画され、中央線コース(長野→辰野→富士見・富士見→みどり湖→松本)、大糸線コース(松本→白馬・白馬→松本→長野)がそれぞれ運転されました。

 
N201編成の6両は新潟車両センター(新ニイ)のT21・T22編成を1本に組み替えてジョイフルトレインに改造したもので、485系オリジナルの車体構体を受け継いだ数少ないジョイフルトレインでした。

首都圏でよく見られる“”“”“リゾートやまどり”などは485系の足まわりを流用しているだけで、新しい車体を載せた新車のようなものですから、“いろどり(彩)”の引退で編成単位で485系オリジナルの雰囲気を味わえる車両はいなくなりました。

 
盛岡車両センター(盛モリ)の“ジパング”の中間車(モハ485-3014・モハ484-3014)が残っているので485系オリジナルは絶滅していませんが、これだけ少数派になると保守の問題などで呆気なく引退ということもあり得ます。

485系オリジナルの乗り心地を堪能するのなら「ジパング平泉号」などの臨時列車を早めにチェックしておくべきでしょうね…

 
今回は、“いろどり(彩)”の引退が報道された翌日(9/16)に撮影した1号車の クロ481-5503 をアップしたいと思います。

元を辿ると特急「いしかり」に暫定投入された1974(昭和49)年製の クハ481-1503 です。

 
クロ481-5503

クロ481-5503(長ナノ)  2017年9月16日 信濃大町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クハ481-1503 は、2007(平成19)年1月に“いろどり(彩)”化に際して1+2列の回転リクライニングシートに換装されて クロ481-1503 となりました。

これで485系の新番代区分はお終い。もうこれ以上増えないだろう!と思っていましたが、甘かったですね〜
北陸新幹線金沢延伸開業にともないJR東日本長野支社のまわりにJRの交流区間がなくなったので、2015(平成27)年7月に交直切り替え機能の使用が停止されて直流に固定化されたため、クロ481-1503 は クロ481-5503 に改番されました。

改番されてから2年で引退ですから、“クロ481-5503”はレアな番号だったということになるのでしょうか。

 
何処かに「ドラゴンボール」に登場するキャラクター“フリーザ”に似ているなんて書かれていましたが、これからはネタモノとして扱われていくのでしょうね…
実車を見たことのない人たちに。



この形式写真に関連するタグ: 485系 , JR東日本 , ジョイフルトレイン

引退が予定されているジョイフルトレイン「NO.DO.KA」の クモハ485-701

6/22(木)~7/4(火)の“大人の休日倶楽部パス”利用期間中に2枚パスを買って3度も遠征に出てました。

クルマでの遠征ほどではないですが、短期間のうちにこれだけ行くとやっぱり疲れますよね。好きだからできますけど…

 
もう遠征に出なくてもいいと思って、しばらくは出掛けないで古本屋さんとして在庫の整理に勤しんでいましたが、こんなときに新潟車両センター(新ニイ)のジョイフルトレイン “NO.DO.KA”が仙台から回送列車で南下するのを鉄道ダイヤ情報で知ってしまいました。

“シルフィード”としてデビューしてから27年、2001(平成13)年にカーペット車両に改造されて“NO.DO.KA”に改称されたパノラマカーも寄る年波には勝てず、来年(2018年)1月に引退することが発表されました。

定期列車としては運用されないので、早めに撮っておかないと撮り逃してしまいます。

 
これまでに何度か“NO.DO.KA”の485系700番代を撮りに行ったことがありますが、行くたびに振られまくり。

こんどは引退発表ですから縁のない車両かと諦めてましたが、7/31(月)の回送列車は撮影できそうな駅が福島、黒磯、小山と3ヶ所もあったので何とかなるかも知れない。

先ずは福島に行ってみて、このときに撮れれば夕方までには帰宅できる… そう思って青春18きっぷを購入して出撃することにしました。

 
青春18きっぷだと始発列車で行っても“NO.DO.KA”の福島停車に間に合わないので、宇都宮〜福島間だけ東北新幹線を使って行きましたが、曇り予報が完全にハズレたため福島はピーカン。

せっかくの新幹線乗車でしたが、完全に無駄足。

やっぱり“NO.DO.KA”とは縁がないのですかね…

 
でも、諦めずにすぐにドン行で黒磯まで戻りました。

黒磯は雨が心配なほどの曇天でしたが、何故か“NO.DO.KA”入線の直前になると雲が薄くなって、そのうちピーカンに。

 
やっぱり“NO.DO.KA”には縁がないのか…

でも、撮影したカットのうち何枚かは薄く雲が掛かっていたので、レタッチしてみたら先頭車の クモハ485-701 と クハ484-701 については問題のないレベル。

完全にピーカンになってから撮影した中間車(モハ484-701)は床下が真っ黒でダメでしたが、この1両は高崎駅で撮影したことがあったので問題なし。

これで“NO.DO.KA”の3両は無事に撮影することができました。しかも、3両とも回送列車での撮影なので文句なしです。

 
 * * *

 
今回は先日の出撃で撮影した2両のうち足元の雑草が落ち着いている奇数方の制御電動車(Mc)、クモハ485-701 をアップしたいと思います。

 
クモハ485-701

クモハ485-701(新ニイ)  2017年7月31日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 485系 , JR東日本 , ジョイフルトレイン

485系和式電車「宴」の クロ485-1

先週もまたまたブログの更新が疎かになってしまいました。

奥さんの仕事が忙しかった関係で、ブログの下書きをうまく仕上げることができませんでした。

すみません。

 
休日は家事から少し解放されるので、当初から曇り予報だった今日、甲府まで遠征してきました。

 
今回は215系の第1編成(コツNL-1編成)が「ホリデー快速ビューやまなし号」の運用に入りそうだったので、第2編成以降のNL-2〜NL-4編成とは先頭部などの仕様が異なる クモハ215-1 と クモハ215-101 をメインのターゲットにしました。

でも、残念ながら読みとは違ってNL-4編成が甲府にやってきたのでフラれてしまいましたが、念願だったジョイフルトレイン「宴(うたげ)」の クロ485-1 が花曇りの下で撮れたので大満足の1日でした。

中間車の4両(モロ485-2・3、モロ484-4・5)は2年前に小山駅で撮ってましたからね…

あっ、でもぜんぜんアップしていませんでした。

 
今回は、鉄仮面のような独特のお顔が特徴的な クロ485-1(宮ヤマ)をアップしたいと思います。

 
クロ485-1

クロ485-1(宮ヤマ)  2015年10月11日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クロ485-1 は奇数側の先頭車ですので、東北本線内では青森方に連結されます。

中央本線では東京・新宿方が奇数側になりますが、今回は入線経路の関係から松本方にこの クロ485-1 が連結されています。恐らく、新宿駅でスイッチバックしたのでしょう。

 
編成の向きと車両の向きは突っ込みのテーマとして面白いのですが、書き始めると長くなりそうなので今回はやめます。

でも、甲府界隈の編成の向きについては以前まとめたことがありますので、こちらをご覧いただけると嬉しいです。



この形式写真に関連するタグ: 485系 , JR東日本 , ジョイフルトレイン