“やくも”色をまとっているモハ380形0番代(モハ380-69)

久しぶりの更新になります。

 
約1ヶ月半のあいだ、まったくブログの更新ができなくて大変申し訳ありませんでした。

2年ぶりに形式本を出すことになりまして、12/10(土)に発売予定の「国鉄特急形直流電車 形式183・185・381系」の執筆と形式写真の準備に集中していました。

 
おかげさまで、今回もたくさんの形式写真が掲載できました。

きちんと数えていませんが、178枚の形式写真を掲載した国鉄形車両のガイドブックに仕上がっています。
これだけの写真が載っていますので、鉄道模型好きの皆さんにも参考になる内容だと思います。

すべての形式写真の構図と色調ができるだけ同じになるように調整しましたので、写真集として見ても目に優しい本ではないでしょうか???

 
形式183・185・381系

 

今回も諸先輩方に昭和40〜60年代の貴重な形式写真を提供していただきました。

また、Facebook「形式写真会」メンバーの「I TRENI ~失われし鉄道車両を求めて」の冨田さん、「デジタル形式写真館」の横山さん、そしてIさんからも数多くの写真を提供していただきました。

 
形式図については、今回も「鉄道CAD製作所」の奥井さんに作図し直していただきました。

国鉄形式図やJR形式図は実車とはまったく違う位置に冷房装置が取り付けられているものも見られますが、「かけやま写真館」のかけやまさんから提供されたサイドビューをもとに、可能なかぎり実車に即したものに直していただきました。

 
そして、巻頭などのカラー写真では大学鉄研時代の先輩、吉原さんにもご協力いただきました。

 
皆さま、本当にありがとうございました。

 
10月下旬からこれに付きっきりで、溜まりに溜まった疲れを取っている最中ですが、少しずつ始動していこうと思っていますので、これからも「店長のツブヤキ」「トレインブックス」をよろしくお願いいたします。

 
 * * *

 
今回は、「国鉄特急形直流電車 形式183・185・381系」に掲載できなかった形式写真をアップしたいと思います。

最後の最後に差し替えてお蔵入りになった写真で、一時期「やくも」で見られた緑系の“やくも”色で活躍していたときの モハ380-69(米イモ)です。
2016(平成28)年3月に自動解結装置が取り付けられて モハ380-569 に改番されてしまいましたので、旧番号車を見ることはできなくなりました。

 
モハ380-69

モハ380-69(米イモ)  2007年12月15日 米子駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 381系 , JR西日本

スカートが紅くなった電連付きのクモハ381形500番代(クモハ381-508)

前回は米子遠征の1日目(7/15)に撮影した クロ381-138 をアップしましたが、今回は遠征2日目に撮影した381系の新区分、クモハ381形500番代をアップしたいと思います。

特急「やくも」のノーマル編成の岡山方に連結されている クモハ381-508(米イモ)です。

 
クモハ381-508

クモハ381-508(米イモ)  2016年7月16日 倉敷駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

先週末の米子遠征は2日間フルで米子に滞在する予定でしたが、米子で撮影したのは初日の午前中だけで、いつも通りにお天気に翻弄されたためほとんどは倉敷での撮影になりました。

倉敷駅は岡山方の先頭車を撮るには絶好の場所で、ここではノーマル編成のクモハ381形0・500番代と増結編成のクハ381形100番代が撮れました。

当初の予定では米子に入る岡山電車区(岡オカ)の2両編成(G編成)の各車両や後藤総合車両所(米トウ)のキハ40系をたくさん撮るつもりだったのですが、お天気にはやっぱり勝てませんね。

 
今回アップした クモハ381-508 ですが、「JR電車編成表 2016夏」や「鉄道ファン2016年7月号 特集:JR車両ファイル2016」の配置表には掲載されていません。
これはデータの反映が2016(平成28)年4月1日現在となっているためです。

この時点では、クモハ381形に自動解結装置を取り付けた車両は クモハ381-502(元クモハ381-2)の1両だけでしたが、先週末に実見した限りでは クモハ381-502・507・508 の3両が確認できたので、今年度に入ってから少なくとも2両が追加改造されたことになります。

中間増結ユニットのモハ380形0番代についても自動解結装置の取り付けが行われていますが、こちらについては上の2冊に掲載されている モハ380-569(元モハ380-69)しか確認できませんでした。

 
クモハ381形500番代は自動解結装置の取り付けだけでなく、強化形のスカートへの交換も行われています。

しかも、スカート部分の塗色を車体色と同じ赤色に変更しているので、遠くからでも改造車であることが確認できるようになりました。

 
クモハ381形500番代の出現によって0番代が廃区分になる恐れが出てきましたので、今回は急いで遠征に出掛けました。

この381系が最後の国鉄形特急電車になるのは間違いないので、今後の動向を注視していきたいと思います。



この形式写真に関連するタグ: 381系 , JR西日本

「やくも」ノーマル編成のクロ381形100番代(クロ381-139)

最後の国鉄形特急電車になりそうな特急「やくも」用の381系に少しだけ動きが見られてきたので、3連休の週末に絡めて米子遠征に行ってきました。

 
ここ最近になってからの動きではなくて、「くろしお」「こうのとり」用として吹田総合車両所日根野支所(近ヒネ)と福知山電車区(福フチ)に配置されていた381系の一部が後藤総合車両所出雲支所(米イモ)に転属してからのことで、しかも動きがゆっくり過ぎて未だに全容がつかめません。

この3月以降の動きをまとめてみるとこんな感じです。
 
・奇数向き(岡山方)のクハ381形100番代ばかりが転入(まだ運用に入っていない)

・奇数向き(岡山方)に自動解結装置付きのクハ381形500番代を組み込んだパノラマ編成の転入(まだ運用に入っていない)

・クモハ381形0番代に自動解結装置を取り付けたクモハ381形500番代の登場

・モハ380形0番代に自動解結装置を取り付けたモハ380形500番代の登場

 

モハ380形500番代が落成したので9連運転時に モハ380-569(元モハ380-69)が付属編成に連結される可能性が高いと思っていましたが、7/16(土)の「やくも22号」は従来どおり一般の連結器を備えた普通の381系だけで組成された9両編成でした。

モハ380形500番代が撮れると思って米子遠征に出掛けたのに、完全に当てはハズレ!

 
今のところ唯一のモハ380形500番代である モハ380-569 は、ノーマル編成の6連に連結。

モハ380-569 は撮れず仕舞いでした。

 
すでにクモハ381形500番代は3両が「やくも」運用に入っていましたが、これは4連にも6連にも充当されていました。

 
近ヒネと福フチから転入車は旧塗色のままとか… まだ運用に入っていないとのこと。

米イモの381系はこれからどうなるのでしょうか?

 
なんてことを考えながら米子で撮影したノーマル編成のグリーン車、クロ381-139(米イモ)を今回はアップしたいと思います。

 
クロ381-139

クロ381-139(米イモ)  2016年7月15日 米子駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

JR西日本では、2010(平成22)年3月にエル特急の種別が廃止されましたが、この クロ381-139 のトレインマークには“L”のマークが残っています。

この車両だけかと思ってその他の先頭車を見てみたら、確認したすべての先頭車(LED式のクロ380形を除く)に“L”のマークが入っていました。

 
特急「やくも」のヘッドマーク

愛称別トレインマーク事典より)

 

現在のように予備車が余りすぎている状況は少しおかしいので、ある時点で編成組み替えが行われれば「くろしお」「こうのとり」系統からの転用車も定期運用に入ると思われます。

元近ヒネ車は「やくも」のヘッドマークをすでに組み込んでいるので、これからも“L特急「やくも」”のマークが掲出されるのかも知れません。

しかし、元福フチ車の クハ381-109・113 は「こうのとり」転用の際にヘッドマークの幕を交換した可能性が高いので、“L”マークなしの「やくも」のヘッドマークを新調するかも知れません。

 
そうなると、“L”マーク付きのヘッドマークが当たり前だった「やくも」も、そろそろ次のステージに進んでいくのかも知れませんね。



この形式写真に関連するタグ: 381系 , JR西日本

381系「こうのとり」の最終日に撮影した クロ381-1114

10/31(土)に、北近畿地区の「こうのとり」系統と紀勢本線の「くろしお」が381系から289系(元683系2000番代)に置き替えられました。

 
これについては早い時期から発表されていましたので、381系を撮りに行く時間は十分にあったのですが、ほかの地域を優先して撮影していたため先延ばしにしていました。

ダメですね…

「こうのとり」系統の381系はクロ381形だけが撮り直したい形式。
ですので、「くろしお」色の381系を優先して撮りに行こうと2ヶ月ほどタイミングを図っていましたが、安定して2日連続で曇る予報が出てくれませんでした。

 
そして、先週金曜日(10/30)は381系「くろしお」の最終日。

晴れ予報でも無理して行くか悩みましたが、周辺についでに撮れる車両はなく、撮影効率が極端に悪い遠征になりそうだったので諦めました。

一方、北近畿地区は曇りそう…

クロ381形1100番代は1日3回も撮影チャンスがあるので、1日いれば1回ぐらい曇ってくれるだろう。
和田山駅なら、特急「はまかぜ」のキハ189系や「天空の城 竹田城跡号」の キハ40 2007 も撮れる。

ということで、急遽、和田山(兵庫県朝来市)に向かうことにしました。

 
曇ってくれれば最大2泊まで現地に滞在するつもりだったので、今回はクルマ移動の車中泊。

そして、2日目(10/31)は天気に合わせて日本海側を鳥取側に抜けるか、北陸に戻るか。
ここは出たとこ勝負。
もしかしたら、天気に恵まれず、トンボ返りの可能性もあり。

このようなゆるいプランで遠征しました。

 
でも、初日(10/30)は現地に着いてみたら予報機関によって晴れから雨まで天気予報がバラバラ。

実際は、朝からいい天気。

たまに西から雲がやって来てはしばらく曇る、そんな感じでしたので、朝から晩まで和田山駅に滞在しました。

 
今回は撮影枚数の少ない遠征になってしまいましたが、なぜか撮影の優先順位の高い車両がくるときだけは曇ってくれました。

ほとんどの時間帯は晴れベースの天気でしたが、今回アップする クロ381-1114(福フチ)のように、いいところで曇ってくれました。

 
周囲で晴れている地域が多かったので、カーテンがほとんど閉まっていて撮る気にならなかった287系は撮影枚数ゼロ。

でも、「天空の城 竹田城跡号」の キハ40 2007 や播但線色で唯一のキハ41形となる キハ41 2005 はしっかり撮れましたのでね、気持ちのいい遠征でした。

 
クロ381-1114

クロ381-1114(福フク)  2015年10月30日 和田山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 381系 , JR西日本

「こうのとり7号・22号」のクハ381形1100番代(クハ381-1113)

8月としては珍しくこの週末に車中泊2泊の強行日程で遠征に行ってきました。

ターゲットは車両を追いかけていない鉄道ファンにとってはネタのような外観変更のあった381系1000番代で、これを撮りに北近畿タンゴ鉄道の天橋立駅まで出掛けてきました。形式写真仲間では話題になっていた車両と場所です。

 
特急「こうのとり」系統で使用されている381系は福知山地区の183系800番代を置き替えるために「くろしお」系統から転用された振り子電車ですが、今年の6月から“乗り心地改善にともなう改造”が施工されて381系1000番代に改番されました。

この改造内容はいまのところ詳細不明ですが、使用停止となっていた振り子制御を乗り心地改善のために車体傾斜角を5°から3°に変更するなどの調整が行われたのだと思います。

 
特急「こうのとり」のヘッドマーク

愛称別トレインマーク事典より)

 
福知山地区は振り子電車が通過することを想定していないので、このような一般電化区間では381系のようにパンタグラフが屋根に固定された振り子車両が曲線区間を通過すると、振り子制御により大きく車体が傾くためパンタグラフが架線から外れてしまいます。

そのため、381系は振り子走行に対応している区間以外では振り子制御装置が使えません。

 
今回の“乗り心地改善にともなう改造”は、曲線区間を通過してもパンタグラフが架線から外れないギリギリの車体傾斜角に再調整し、福知山地区でも振り子制御装置を使用して運行できるようにしたのかも知れません。

 
北陸新幹線長野〜金沢間の開業にともない「サンダーバード」「はくたか」系統の681・683系がJR西日本管内で転配されて381系が淘汰されると思われるので、そのときに鉄道雑誌が381系1000番代の詳細について解説すると思われます。

 
そう考えると381系1000番代をゆっくり撮っておこう!なんて言ってられない状況なのです。
また、天橋立駅の留置線に381系が止まるのは盆暮れの「こうのとり7号・22号」の延長運転のときくらいですので、今回は少々無茶をして天橋立駅まで行ってきました。

 

今回はそのときに撮影した「こうのとり7号・22号」のクハ381形1100番代、FE63編成のクハ381-1113(福フチ)をアップします。

 
クハ381-1113

クハ381-1113(福フチ)  2014年8月16日 北近畿タンゴ鉄道天橋立駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

この撮影中は霧雨が降っていましたが、次第に雨が大粒になり、そのうち豪雨に。
温泉に入るために舞鶴へクルマで移動しましたが、1時間あたり50mm以上と思われる雨が止まなくなり、雷もひっきりなしで、クルマの運転が怖くなるほどでしたので、温泉行きをあきらめて19時過ぎには舞鶴若狭自動車道の舞鶴P.A.で車中泊しました。

 
今回撮影したFE63編成は「こうのとり22号」として天橋立を発って新大阪に向かいましたが、福知山線丹波竹田駅で冠水事故に見舞われてしまったそうです。

 
大雨により被災された福知山・丹波地区の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。



この形式写真に関連するタグ: 381系 , JR西日本