先頭部に転落防止ホロが取り付けられている クハ222-1001

今回も約2週間前、5/16(月)の遠征報告です。

 
5/15(日)に九州北部で臨時特急「あそぼーい!91・92号」のキハ183系1000番代を撮影しましたが、もともと撮影両数が稼げる遠征ではありませんでした。

それならば、新幹線で戻って途中関西で1泊して撮影することを考えてみたところ、当日は日曜日で格安航空券がそれほど低価格ではなかったので、新幹線移動で関西に1泊して翌日(5/16)も撮影することにしました。

 
ターゲットは京阪神地区で普通に走っている223系です。

 
これまで約30年も形式写真を撮ってきましたが、大阪地区とは天気との巡り合わせが悪くて、ほとんど縁がありませんでした。

曇り予報だったのに大阪に来たら晴れ、、、この繰り返しばかりで、そのうち京阪神地区で撮るのを諦めてしまいました。

なので、数年前まで大阪駅で形式写真が撮れたのですが、緩行線の201・205系は撮れず仕舞い、221系はほとんど未撮影。
「新快速」用の223系も敦賀で撮れただけという散々な結果でした。

 
でも、こうしている間に221・223系先頭車の先頭部に転落防止ホロが取り付けられています。

これは、2010(平成22)年12月17日に山陽本線舞子駅で発生した転落死亡事故の原因として、先頭車同士の連結部付近にすき間があったことが挙げられたためです。

このすき間部分に人が侵入できないように安全対策を強化するのは鉄道会社としては当然のことで、この流れを止めることはできません。

 
遠征2日目(5/16)は、転落防止ホロが取り付けられる前の姿を記録するために野洲駅で1日粘ることにしました。

 
当日は曇りのち雨の予報でしたので、朝から野洲駅に滞在し281系や223系を撮影してましたが、午前10時過ぎには雲がなくなってピーカンに。

バリエーション豊かな223系をたくさん撮るつもりでしたが、ピーカンのうえにカーテン閉の車両ばかり。

夕方まで野洲駅に滞在しても意味がなさそうだったので、お昼ごろには帰途に就きました。

やはり、関西地区では天気が味方に付いてくれません。
相性が最悪のようです。

 
でも、数時間の滞在で何両かは撮ることができましたので、今回は転落防止ホロが取り付けられている223系1000番代のトップナンバー、クハ222-1001(近ホシ)をアップしたいと思います。

 
クハ222-1001

クハ222-1001(近ホシ)  2016年5月16日 野洲駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 223・125系 , JR西日本

「新快速」のクモハ222形2000番代(5次車)

またまた関西地区ではお馴染みの223系ですが、今回は京阪神地区の「新快速」で活躍している網干総合車両所(大ホシ)の クモハ223-2102 をアップします。

 
クモハ223-2102

クモハ223-2102(大ホシ)  2010年11月3日 敦賀駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クモハ223-2102は223系2000番代の5次車にあたる車両で、2007(平成19)年に増備されました。

2000番代5次車として増備されたクモハ223形は クモハ223-2095〜2110 で、「新快速」「快速」運用に入る4両編成のV058〜V064編成と6両編成のJ013・J014編成の米原(東京)方に組み込まれています。

 
クモハ223形2000番代の5次車は、外観上では次の点が4次車から変更されました。

・扉間の連続窓のうち開閉可能な2枚目と4枚目の窓を下降式に変更
・窓周りの茶色部分が天地方向に縮小(側窓の高さに揃えられた)
・前面貫通扉の窓を若干小形化

 
前位側の屋根上にはパンタグラフを増設するための台座がありますが、昨日(6/23)アップした クモハ223-6113(元クモハ223-2113) などの2000番代6次車はこの部分に新製当初から下枠交差式のWPS27Dパンタグラフを搭載した仕様ですので、パンタグラフ以外は同じ外観をしています。

しかし、クモハ223-6113 と クモハ223-2102 の写真を見比べてみると、床下機器の印象が少し違います。

これは車体中央部付近に搭載されているインバータ装置のメーカーが違うためによるもので、東芝製を搭載した クモハ223-6113 と日立製作所製の クモハ223-2102 とでは同部分の形状が異なっています。



この形式写真に関連するタグ: 223・125系 , JR西日本

「丹波路快速」のダブルパンタグラフ車(クモハ223-6113)

関西地区ではお馴染みの223系ですが、今回は福知山線で使用されている網干総合車両所宮原支所(近ミハ)の クモハ223-6113 をアップします。

223系6000番代は、130km/h運転が可能な2000番代と区別できるように前面貫通扉と乗務員扉にオレンジ色の細帯が追加されています。

 
クモハ223-6113

クモハ223-6113(近ミハ)  2013年5月11日 相野駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

近ミハの223系は、2008(平成20)年に開業したおおさか東線とJR東西線を経由する奈良〜尼崎間の「直通快速」で運用されていた車両で、2007・2008(平成19・20)年に4両編成20本が投入されました。
福知山線の「丹波路快速」にも充当されるようになったのは、増備途中の2008(平成20)年6月からです。

 
近ミハの223系は2000番代の6次車になりますが、JR東西線に入線するため223系としては初めて前位側にもパンタグラフを搭載しており、これが外観上の特徴となっています。

130km/h運転をおこなわない区間で運用されていたため、2008(平成20)年2〜6月に6000番代に改番されました。

その後、北新地駅にホームドア設置されてJR東西線が4扉車に統一されたため、2011(平成13)年3月改正で「直通快速」運用から撤退し、現在は福知山線の快速列車のみで使用されています。

 
地下鉄線区となるJR東西線での離線対策のためダブルパンタグラフとなっているので、地上運用に限定された現在は写真のように前位側の第2パンタグラフはいつもたたまれています。

前位側のパンタグラフは冬季の霜取り用として使えそうですが、実際に福知山線の北部運用ではダブルパンタで走っているのでしょうか?



この形式写真に関連するタグ: 223・125系 , JR西日本

「新快速」のクハ222形2000番代

関西地区は関東よりも鉄道会社間の競争が激しく、特に京都~大阪〜神戸(三ノ宮)間は複数の私鉄が同じような路線を走っているので、各鉄道会社はスピードや車内設備などでお互いに対抗しています。

 
かつては私鉄王国と呼ばれるくらい強力な地盤を作り上げてきてましたが、一方の国鉄は周辺に非電化区間をたくさん残っていた関係で完全に押されっぱなしでした。

しかし、国鉄も昭和50年代から徐々に反撃を開始し、関西本線、奈良線、山陰本線、福知山線などを相次いで電化し、さらに民営化してJR西日本になってからは各路線に快速列車をたくさん走らせるなどネットワークの利便性を向上してきました。

 
京阪神地区でたくさんの快速列車が走る先駆けとなった「新快速」は、2000(平成12)年3月に当時の関東地区では信じられないような130km運転を開始しました。2006(平成18)年10月には運転区間を北陸本線の敦賀にまで拡大。

この時期に大量に製造された車両が「新快速」用の223系2000番代です。

「新快速」用の223系2000番代は 4・6・8両と編成両数のバリエーションが多く、電動車のなかには1両あたりのモーター数を3個に減じた車両が含まれるなど、さまざまパターンの編成が存在していますが、いずれの編成も下関方には必ずクハ222形2000番代が連結されています。

 
クハ222-2102

クハ222-2102(大ホシ)  2010年11月3日 敦賀駅



この形式写真に関連するタグ: 223・125系 , JR西日本

JR西日本のクモハ125形

今回は、2003(平成15)年3月の小浜線の電化開業に合わせて投入された1M式電車、クモハ125-8(金ツル)です。

JR西日本新製車では唯一の両運転台電車ですが、小浜線のあとは加古川線、北陸本線(長浜〜敦賀間)へ投入されただけで、いまのところ増備は終わっています。もっと活躍の場はあると思うのですが…
 

クモハ125-8

クモハ125-8(金ツル)  2010年11月3日 敦賀駅



この形式写真に関連するタグ: 223・125系 , JR西日本