播但線用のクモハ103形3500番代(クモハ103-3506)

この春は関西への遠征を強化していて何度か22X系を撮りに出掛けてました。

こちらでの報告は1回だけですが、先頭車への転落防止ホロの取り付けが進んでいるので、少々焦りを募らせながらも地道に撮ってました。

 
一方、引退が見えてきたJR西日本の103系についてはやや放置。

中判カメラ時代はもとよりデジタル一眼レフカメラに切り替えてからも撮り直しはせず…

 
そもそも103系は長らく撮影対象外。

ここまで撮ってないと意地でも撮らないと決めてもいいのですが、ここ10年ぐらいは撮影対象にこだわりを持たないことに決めていたので、阪和線に225系5100番代が投入される直前に撮りに行ってもいいかなぁ、と10日ほど前の6/28(火)に上野芝まで遠征してました。

 
残念ながら当日は予報よりも悪化して堺地区は雨。

しかも、雨雲レーダーに映らないのに看過できないほど強く降る霧雨。

完敗…

 
読書をしながら時間を潰しましたが、このまま長時間滞在しても撮れる気がしなかったので、昼過ぎに上野芝を発って姫路に移動。

そして、以前から気になっていた播但線の103系3500番代を撮ることにしました。

途中、神戸の辺りで晴れるなど不安定な天気でしたが、姫路はいい具合に曇り空。

これで成果なしからは免れました。

 
 * * *

 
今回は先日の関西遠征で唯一の成果となった播但線用のクモハ103形3500番代、クモハ103-3506(近ホシ)をアップしたいと思います。

 
クモハ103-3506

クモハ103-3506(近ホシ)  2016年6月28日 姫路駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

播但線の電化区間(姫路〜寺前間)はほとんどが103系3500番代で運用されています。

すべてが先頭車化改造車となっている103系3500番代は網干総合車両所(近ホシ)に配置されており、2両編成という最短の編成が組まれています。

 
写真の クモハ103-3506 はオリジナルのクモハ103形に体質改善工事を施したように見えますが、元を辿るとこの車両は中間車の モハ103-729 です。

1989(平成元)年4月に片町線用として先頭車化されて自動解結装置付きの クモハ103-5013 となり、JR東西線開業前に奈良へと転属となり、1994(平成6)年6月に自動解結装置が撤去されて クモハ103-2512 となりました。

クモハ103-2512 とユニットを組んでいた モハ102-885 の先頭車化改造に合わせて当車にも体質改善工事が施工されたので、1997(平成9)年12月に クモハ103-3506 に改番されました。

 
関西地区の103系の転用劇を物語るような改造遍歴を持つ車両ですが、当面は大阪環状線と阪和線の103・201系の置き替えが優先されるので、播但線ではもうしばらく103系の活躍が見られそうです。



この形式写真に関連するタグ: 103系 , JR西日本

岡山地区を走ったスカイブルーのクハ103形0番代(クハ103-30)

今朝から中学生の長男が京都・奈良へ修学旅行へ行き、我が家でマッタリとした時間が過ごせるようになったので、少しだけポジフィルムの整理をしました。

 
撮影メモを見ながらの整理でなかったので、撮影した覚えがない車両の形式写真が出てきました。
それほど精力的に活動してたわけではないのですが、一時期大阪の会社に知財コンサルタントとして通っていた関係で、大阪を起点に週末出歩いていたみたいです。改めてポジを見て「撮っておいてよかった!」みたいな形式写真がいくつかありました。

 
今回はそのなかの1枚、日根野電車区(大ヒネ)から貸し出されていたスカイブルー(青22号)の クハ103-30 です。

1964(昭和39)年に山手線用として製造された初期形車両ですが、1974(昭和49)年に鳳区に転属してからは長年にわたって阪和線で使用されました。
2008(平成20)年3月から岡山電車区(岡オカ)に貸し出され、H17編成として4両編成でローカル運用に就いていましたが、翌年の2009(平成21)年11月に廃車となりました。

 
クハ103-30

クハ103-30(大ヒネ)  2008年11月3日 庭瀬駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
阪和線時代に戸袋窓が埋められ、運転台の前面ガラスがHゴム式から金属押さえに更新され、簡易スカートが取り付けられています。



この形式写真に関連するタグ: 103系 , JR西日本

奈良線のクハ103形0番代(初期形冷房改造車)

飯田線の119系電車を撮影した写真はもう手持ちがありませんので、こんど四国のJR車両に戻ろう!と思っていましたが、古本屋業務優先のためフィルムスキャナ(Nikon SUPER COOLSCAN 9000ED)をPower Mac G5 から外した状態のままで使えません。
ネタを考えるも大変なので、2010年6月に奈良線長池駅で撮影した写真をアップしていきます。そんなに撮影していませんので、すぐにネタ切れになりますが、ご容赦ください。

 
撮影遠征でホテルを使ったのはこのときが最後で、それ以降は経費削減と機動性確保のためワゴンRで寝泊まりするようにしています。

車中泊、と呼ばれるスタイルです。

 
クハ103-149

クハ103-149(大ナラ)  2010年6月28日 長池駅

 
学生時代、103系電車は地元横浜線で毎日のように乗っていました。
国鉄末期にはウグイス色がメインになって、スカイブルーが淘汰されるかと思っていたら、オレンジ色やエメラルドグリーンなど、各地からさまざまな塗色の車両が集合してきたこともありました。
1985(昭和60)年から1991(平成3)年までの6年間、雑多な色の鋼製車体の103系がステンレス製車体の205系に変わるのを毎日見ていました。
キチンとシャッターを切っておけばよかったですね…



この形式写真に関連するタグ: 103系 , JR西日本

形式写真の垂直合わせ (1)

写真を撮ろうと思ったら、まず「どこから撮るか」が大問題です。

駅撮り形式写真の場合、だいたい自分好みの構図が決まっているので、制約がなければ好みの構図になるように三脚をセットします。

でも、構図決めの前に意外に大変なのは、被写体の垂直合わせです。被写体とは、もちろん鉄道車両です。

風景などを撮る場合は水準器を使いますが、鉄道車両が停車している場所は水平な場所とは限らないこと、レールに傾きがあるなどの理由で、車体自体が傾いていることの方が多いのです。なので、私は雲台に内蔵されている水準器を確認しますが、補助的に見るだけです。建築写真と共通点が多いのでは、と思っています。
一般的に、車体の断面形状は縦方向が垂直になっています。裾部分に絞りがある車両(近郊形・急行形車両など)でも、腰部より上部は垂直です。そのため、車体の側窓、扉、妻面の縦樋(雨樋)、どの部分も縦方向が垂直になっているので、苦労することなく垂直合わせができます。

 

クハ103-180

クハ103-180(大ナラ) 2010年6月29日 長池駅

 

赤線の各箇所で垂直合わせをします

車体各部に垂直成分が見えるので、垂直合わせが楽です!

 

車体上半部を少し絞っている特急形車両は、側窓がいくらあっても同部で垂直合わせができないので、妻面の縦樋や手すり位置で垂直合わせを行います。垂直合わせのポイントが少ないので苦労します。

 

サロ183-1115

サロ183-1115(千マリ) 2006年9月17日 甲府駅

 

車体の垂直成分は妻面の縦樋と手すり位置くらいです

車体の垂直成分は妻面の縦樋と手すり位置くらいです

 

このような感じで垂直合わせをするので、カメラの高さは縦樋の中心部に合わせて三脚を調整しています。地形や構造物、三脚など、さまざま制約でカメラ高さが調整できないときは、上すぼみや下すぼみを考慮しながら垂直合わせをすることで構図を微調整しています。

 

機関車などで迫力を持たせた形式写真にしたい場合はカメラを低めにセットし、パンタグラフ付きの中間電動車などではややカメラを高めにして、パンタグラフとその周辺部品の外観が分かるようにするなど、車種に合わせて工夫して撮影することもあります。

“鉄道写真の撮り方”みたいな記事や書籍で軽く扱われることが多い形式写真、仕上がりは平凡な写真ですが、それなりに撮るのは大変なのです。



この形式写真に関連するタグ: 103系 , 183・189系 , JR東日本 , JR西日本