「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

「新快速」のクハ222形2000番代(クハ222-2102)

line

関西地区は関東よりも鉄道会社間の競争が激しく、特に京都~大阪〜神戸(三ノ宮)間は複数の私鉄が同じような路線を走っているので、各鉄道会社はスピードや車内設備などでお互いに対抗しています。

 
かつては私鉄王国と呼ばれるくらい強力な地盤を作り上げてきてましたが、一方の国鉄は周辺に非電化区間をたくさん残っていた関係で完全に押されっぱなしでした。

しかし、国鉄も昭和50年代から徐々に反撃を開始し、関西本線、奈良線、山陰本線、福知山線などを相次いで電化し、さらに民営化してJR西日本になってからは各路線に快速列車をたくさん走らせるなどネットワークの利便性を向上してきました。

 
京阪神地区でたくさんの快速列車が走る先駆けとなった「新快速」は、2000(平成12)年3月に当時の関東地区では信じられないような130km運転を開始しました。2006(平成18)年10月には運転区間を北陸本線の敦賀にまで拡大。

この時期に大量に製造された車両が「新快速」用の223系2000番代です。

「新快速」用の223系2000番代は 4・6・8両と編成両数のバリエーションが多く、電動車のなかには1両あたりのモーター数を3個に減じた車両が含まれるなど、さまざまパターンの編成が存在していますが、いずれの編成も下関方には必ずクハ222形2000番代が連結されています。

 
クハ222-2102

クハ222-2102(大ホシ)  2010年11月3日 敦賀駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrw_kuha222-2102/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP