「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

長崎本線で活躍するJR九州のクハ411形1500番代(クハ411-1514)

line

今回も九州遠征の中から数少ない成果をアップしたいと思います。

長崎本線の朝夕の通勤通学輸送を中心に活躍するクハ411形1500番代、クハ411-1514(本ミフ)です。

 
クハ411-1514

クハ411-1514(本ミフ)  2016年12月23日 長崎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

すでにJR東日本の415系は、ほぼ過去の形式となっています。

2016(平成28)年3月に定期運用から離脱しました。
車籍が残っている415系は、勝田車両センター(水カツ)に留置されている1500番代の4両編成4本だけという寂しい状況です。

 
しかし、JR九州にはたくさんの415系が在籍しており、まだまだ現役で活躍しています。

 
2016(平成28)年3月改正で小倉総合車両センター門司港車両派出(本コラ)の車両配置がなくなって415系が大分車両センター(分オイ)と南福岡車両区(本ミフ)に転属となりました。

これにともなう転配でJR九州の415系はセミクロスシート車とロングシート車の配置と運用が整理され、長崎地区を走る415系はすべて本ミフ車に変わりました。

 
本ミフの415系1500番代には、2009(平成11)年にJR東日本から購入したトップナンバーがいます。

国鉄〜JR東日本時代の青帯が転落防止ホロに残っている様子を撮りたかったのですが、本気で追いかけないとやっぱり難しいようです。

 
本ミフの415系1500番代は運用範囲が広く、しかも朝夕を中心とした限られた運用に就いているので、特定の番号の車両を撮るのは至難の業でしょうね。

でも、すぐに置き替えられるという話しも聞かないので、ゆっくりと追いかけていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrq_kuha411-1514/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP