「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

785系の制御電動車 クモハ785形0番代(クモハ785-3)

line

今回もJR北海道の定例記者会見に関する車両として、民営化間もない1990(平成2)年に登場した785系の制御電動車、クモハ785形0番代をアップしたいと思います。

札幌運転所(札サウ)の クモハ785-3 です。

 
クモハ785-3

クモハ785-3(札サウ)  2014年5月13日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

785系は交流電車初のVVVFインバータ制御を採用した軽量ステンレス製の特急形車両で、4両基本編成と2両付属編成がそれぞれ製造されました。

1990(平成2)年9改正から特急「スーパーホワイトアロー」として運用され、札幌〜旭川間では781系の特急「ライラック」と交互に30分間隔で特急列車が運転されるようになりました。

2002(平成14)年には、グリーン車並みの設備を有する座席指定席車の“Uシート”を連結するためにモハ784形500番代とモハ785形500番代が増備され、前者は4両基本編成に、後者は2両付属編成2組にそれぞれ組み込まれて全編成が5両編成に揃えられました。

 
785系は比較的車齢の若い系列で、しかも2007(平成19)年までにリニューアル工事が実施されて機器更新されているのでしばらく安泰かと思っていましたが、今回の発表で置き替えられることが表明されました。

 
2016(平成28)年3月の北海道新幹線新青森〜新函館北斗間の開業で特急「スーパー白鳥」が廃止となり789系0番代が余剰となります。
その転用先として789系0番代が「スーパーカムイ」「すずらん」に回されることは予想していましたが、こんなに早い時期に発表されるとは思っていなかったので、今後の撮影計画を見直していこうと思い始めたところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrn_kumoha785-3/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP