「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

東海道本線東京口のサハ211形2000番代(サハ211-2005)

line

東海道本線東京口の211系は2012年4月下旬に運用離脱しました。

東京口は田町車両センター(東チタ)の211系0・2000番代が運用されていましたが、離脱後は全編成が疎開留置され、そのうちチタN1編成が秋田総合車両センター(むかしの土崎工場)に入場されたようです。

 
どこの地区で転用されるか分かりませんが、いずれにしても短編成でないと活用できないので、疎開前に“サ”が付く形式の“サロ”と“サハ”は編成から抜きとられてしまいました。

東京口の“サロ”は全車2階建て車両だったので注目されていましたが、一方の“サハ”は何号車に連結されていたか分からないくらいスルーされていたと思います。

 
211系は国鉄末期から民営化された直後まで製造されていたため、“サハ”にもいくつかのバリエーションがありました。
でも、駆け込みで東チタの211系を撮ったので、写真が撮れた“サハ”は2両だけした。

 
今回はロングシートの“サハ”、サハ211-2005(東チタ)です。

 
サハ211-2005

サハ211-2005(東チタ)  2012年4月20日 早川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
セミクロスシート車のトップナンバー、サハ211-1 はアップ済みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_saha211-2005/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP