「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

湘南色時代と長野色変更後に撮影した モハ210-1

line

今朝は深谷に行くかどうか悩んでましたが、ここ数日の忙しさで体が思うように動かせず断念しました。

一部の側窓が固定窓に改造された サロ185-11 が深谷駅で曇りの日に撮れる、そんな条件を待っていると年単位になりかねないので行っておきたかったのですが… でも、まぁ〜、たまには休息が必要でしょう、と自分に言い聞かせます。

なので、今日撮影したは新しい写真がありません。

 

こういうときは何らかの理由で写真選定をしないといけないのですが、EF210-1クハ210-1 と“210-1”が付く車両の写真を続けていましたので、こんどは地味な中間車の モハ210-1 をアップすることにしました。

 
モハ210-1

モハ210-1(長ナノ)  2014年6月25日 高尾駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

この車両は先日アップした クハ211-1クハ210-1 とともに長野総合車両センター(長ナノ)のN601編成に連結されており、元々は田町車両センターのN1編成(基本編成)に組み込まれていました。

東海道本線東京口で使用されていたため暖地向け仕様でしたが、中央東線への転用にともなって押しボタン式の半自動扉に改造されました。

 
下の写真は東海道本線から撤退する数日前に撮影したものですが、上の写真は非公式側(1-3位側)で、下は公式側(2-4位側)ですので、撮影した向きが違います。

上下の写真を見比べると、転用改造後には車内のドア横のロングシートに半透明のソデ仕切が追加されているのが分かると思います。

 
モハ210-1(湘南色時代)

モハ210-1(東チタ)  2012年4月20日 早川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_moha210-1/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP