「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

東海道本線東京口のモハ210形2000番代(モハ210-2016)

line

今回アップするのは、昨日(2/22)の モハ211-2016 とペアを組む モハ210-2016(東チタ)です。

 
国鉄時代に設計された211系の電動車はMM’ユニット方式を採用しているので、モハ211形(M)が主制御器、主抵抗器、パンタグラフなどを搭載しているので、このモハ210形(M’)は電動発電機(MG)、空気圧縮機(CP)などの補機類を搭載しています。

車体側面に空気取入口(ルーバー)が3か所設けられていますが、両端の2か所は主電動機(モーター)冷却用なのでモハ211形と同じですが、真ん中の1つは電動発電機用なので211系ではモハ210形にしか取り付けられていません。

このルーバーの真下(床下)に取り付けられた電動発電機が制御装置の駆動用電源や冷房装置・室内灯などの電源を供給しています。

電動発電機は電力変換効率が悪いので、民営化以降、1990年代以降は静止形インバータやDC-DCコンバータを使用するようになりました(211系の場合、JR東海の211系5000・6000番代はDC-DCコンバータを採用)。

 
モハ210-2016

モハ210-2016(東チタ)  2012年2月22日 平塚駅付近

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_moha210-2016/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP