「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

ダイヤ改正で登場する快速「あいづ」用の指定席車両に改造された クハE720-12

line

3/14(土)のダイヤ改正で只見線のキハ40形がステンレス製車体のキハE120形に置き替えられます。

キハE120形の投入によって郡山総合車両センター(仙コリ)のキハ40形13両が置き替えられますが、この中に1両だけ他の車両とは窓配置と台車が異なる500番代初期タイプの キハ40 502 がいます。

 
キハ40 502 はキハ40系の第2ロットにあたる昭和51年度第2次債務車(キハ40 501〜520)のうちの1両です。
このグループ自体は盛岡地域色の キハ40 516(盛ハヘ)を撮影していたので問題ないのですが、ほとんどが廃車または改造されグループのなかで機関換装して延命した1両が キハ40 502 で、なんとしても撮りたいと思っていた1両でした。

キハ40 502 とは縁がないので引退直前になっても撮れないまま。このままでは実車を記録することなく廃車されそうだったので、昨年(2019年)11月から何回か会津若松に行ってますが、そのうち撮影が困難な2両編成の郡山・新津方(会津若松駅基準)に組まれてしまい、そのうち運用からも外れてしまいました。

 
あと数日で仙コリのキハ40形は引退ですから、キハ40 502 とは縁がないまま終わりそうです。

きれいに撮れた キハ40 502 をここにアップするつもりで何回か会津遠征してましたが残念ながら希望が叶いませんでしたので、今回はこんどのダイヤ改正で運用開始する快速「あいづ」の指定席車、クハE720-12(仙セン)を代わりにアップしたいと思います。

 
クハE720-12

クハE720-12(仙セン)  2020年2月25日 会津若松駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

2020(令和2)年3月14日のダイヤ改正から営業運転を開始する快速「あいづ」用の指定席車両として P-12編成の クハE720-12 の客室の一部が仙台車両センターで改造され、ダイヤ改正を前に2/22(土)から営業運転が開始されました。

 
指定席となるのは客室の後位側の4列(14名)で、同部分のみセミクロスシートではなくリクライニングシートが960mmのピッチで配置されています。

指定席車であることを明確にするため、同部分のみ側窓下部と戸袋部分に鶴ヶ城の桜をイメージしたデザインに変更されました。

こんな感じです。

 
クハE720-12 の指定席部分

クハE720-12 の指定席部分

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

ダイヤ改正の前日(3/13)までは自由席として乗車券のみで座れるので、遠征帰りに乗ってリクライニングを倒してゆったり郡山まで行きました。

ダイヤ改正以降、指定席料金は530円(閑散期330円)となるようですが、郡山〜会津若松間の指定席またはグリーン車はこれまでなかなか定着できなかったので、こんどこそ成功してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_kuhae720-12/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP