「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

五能線色をまとう非ワンマン対応・衛星電話アンテナ搭載車の キハ48 1509

line

3月12日(土)のダイヤ改正まで残り5日を切りました。

 
こんどのダイヤ改正では、男鹿線が蓄電池電車のEV-E801系に統一されるほか、五能線などでは電気式気動車のGV-E400系への置き換えが完了するので、JR東日本のキハ40系は完全に淘汰されます。

同社の観光列車用改造車はまだ残りますが、こちらも少しずつ引退しているので、現役は“リゾートしらかみ(くまげら編成)”“クルージングトレイン”“越乃Shu*Kura”“びゅうコースター風っこ”の4編成のみとなりました。両数で言うと、たった11両。

本腰を入れるとJR東日本はやることが早いです。

 
ローカル線で掃いて捨てるほど走っていたキハ40系ですが、ダイヤ改正後もキハ40系が残るのはJRグループではJR北海道、JR西日本、JR四国、JR九州の4社。

JR九州もYC1系の増備にともなうキハ200系の転配でキハ40系の活躍の場が狭まるようなので、JR西日本を除くとキハ40系は稀少形式になりつつあります。

少なくともローカル運用で普通に使われているキハ40系のうち片開きドア付き・片運転台車のキハ48形は過去のものになりそうです。
観光特急「花嫁のれん」用の2両が残るので廃形式にはなりませんけどね…

 
ということで、今回は五能線色をまとった非ワンマン対応・衛星電話アンテナ搭載車の キハ48 1509(秋アキ)をアップしたいと思います。

 
キハ48 1509

キハ48 1509(秋アキ)  2020年9月15日 川部駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

ワンマン対応に改造されていないので、ドア開閉ボタン式の半自動ドアではありません。
それに客室の前後にデッキが残っているので、国鉄っぽさが滲み出ています。

JR北海道に残るキハ40形350・700・1700番代も同じような仕様になりますが、165系などの急行形電車と同じ上段下降・下段上昇のユニット窓との組み合わせとなると秋田車両センター(秋アキ)のキハ40系が現役最後。

 
えちごトキメキ鉄道にJR西日本の413系のサワB06編成が譲渡されるにしても、あちらはデッキなしですからね…

秋アキのキハ40系には敵いません〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_kiha48_1509/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP