JR貨物新塗色のEF200形900番代(EF200-901)

先日(10/17)、EF210-173 をアップしたときに東海道本線が復旧したと書きました。

これで運休または別経路に振り返られていた東海道本線の貨物列車が平常運転に戻りましたので、電気機関車の運用ウォッチングを再開。

 
・EF66形100番代1次車(EF66 101〜108)
・EF200形900番代(EF200-901)
・EF210形100番代1次車(EF210-101〜108)

直流電気機関車はこの3区分をチェックしますが、早速 EF200-901 が富士にやって来る運用に。

でも、昨日(10/19)の時点で今日(10/20)の天気予報は晴れ。

やっぱり珍しい車両を撮るには年単位で時間が掛かるのかとあきらめていたところ、今朝になって天気予報が午後から曇りに。しかも、アメダスを確認すると昼前から曇り。

 
これで念願の EF200-901 が撮れるのでは!なんて期待していたところ、家族の用事で富士に行っている場合ではなくなり、出られず仕舞い。

 
まぁ〜不本意ながら半逆光で撮影したのがあるので、いつ来るのか分からない次の機会を待てばいいのですが…

 
ということで、今回は先月に撮影直前に晴れてしまい撃沈となった EF200-901(吹)の形式写真をアップします。

前面がスッ飛んだ元画像でひどい状態でしたが、いろいろとレタッチをして何とか見られる写真に仕上げました。

 
EF200-901

EF200-901(吹)  2014年9月19日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
EF200-901 は試作機なので、その後量産された EF200-1〜20 に比べて屋根上機器が大きく、一方で運転室上部の屋根が浅くなっています。EF200-5 と見比べてみるとその違いが分かると思います。

 

元写真もついでにアップしますが(下写真を参照)、手前に障害物があったので、だいぶ遠くから撮影した写真です。

でも、3630万画素というモンスター級の超高精細なカメラと、絞ったときのシャープさ&ピント範囲の広さがすばらしいレンズだったおかげで、トリミング作業に十分耐えてくれたので、何とか鑑賞に堪えられるレベルまで仕上げることができました。

 
EF200-901

レッタチおよびトリミング作業前



この形式写真に関連するタグ: EF200・EF210形 , JR貨物

EF210形100番代のラストナンバー機(EF210-173)

ちょっとプライベートでいろいろあった関係でブログの更新が滞ってしまいました。

すみませんでした。

 

台風18号にともなう土砂災害により今月6日(月)から東海道本線が一部不通となっていましたが、15日(水)までに土砂の撤去や線路の整備が終わったため16日(木)の始発列車から運転を再開しました。

当初は20日(月)が復旧予定日でしたので、4日も前倒ししての運転再開になりました。

 
土砂災害のひどかった由比〜興津間が不通であったため、旅客輸送については8日(水)からJR東海が東海道新幹線を使った代替輸送が実施され、10日(金)からは蒲原〜興津間でもバス代行輸送が実施されました。

しかし、貨物輸送は大混乱。

 
人的被害がなかったためか、7月に大雨で中央本線坂下〜野尻間が不通になったときのような報道は見られませんでした。

JR貨物の発表によれば、東海道本線は1日あたり約90本の貨物列車が走る大動脈で、輸送力は5tのコンテナで約11,000個(約55,000t)の輸送が止まったのです。

JR貨物が1日に全国で扱うコンテナが5tのコンテナで約22,000個(約111,000t)ということなので、全コンテナの半分に相当する量。すごいことです。

こちらの発表のように日本海縦貫線や中央本線を経由したり、代行トラックで補うなどで何とかやり繰りをしてましたが、不通区間における提供輸送力の約18%しか補えなかったようです。

 
モーダルシフト活動として貨物電車(M250系)による高速貨物列車「スーパーレールカーゴ」を東京貨物ターミナル〜安治川口間に走らせていた佐川急便は大打撃だったはずです。

うちの奥さんの勤め先は佐川急便を使っているのですが、テレビで東海道本線の不通が続いていることが流されなかった(ような)ので、このような事態になっていることに気が付いていませんでした。

 
日本の大動脈で物流がかなり危険な状況にあった。そのことをもう少しテレビで採り上げてもよかったのでは?
そんなことを思いながら運転再開後の電気機関車の運用見たままをチェックしています。

 

今回は東海道本線の全線復旧を祝し、同線区で普通に走っている貨物牽引機のEF210形100番代の EF210-173(新)をアップいたします。

 
EF210-173

EF210-173(新)  2014年10月2日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: EF200・EF210形 , JR貨物

EF200形0番代の塗色異端車(EF200-11)

昨日(10/2)は撮っておきたいと思っていたEF200形の塗色異端車が富士駅に入る運用に就き、しかも曇りの予報が出ましたので、またまた電気機関車を撮りに出撃してしまいました。

 
早速、入換作業のときにうまく撮影できた吹田機関区(吹)の EF200-11(吹)をアップします。

 
EF200-11

EF200-11(吹)  2014年10月2日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

EF200形は2006〜2009(平成18〜21)年に新塗色への塗り替えが行われましたが、最初に塗色変更された EF200-9・11 の2両は青色部分の色が薄く、その後の塗色変更車のように青色に赤みが入っていないため、水色系の塗色となっています(EF200-5 と見比べてみてください)。

さらに、11号機は車体側面の黒色部分が乗務員扉付近まで延びた塗り分け異端車ですが、このような姿は次の全検などで消滅してしまう可能性があります。

 
また、今回は公式側から形式写真が撮影できたので、明かり窓が並ぶ非公式側とは違った姿を記録することができました。

EF200形は機器室の機器類がすべて公式側に配置されているので、このようにサイドが変わると別形式であるかのように印象が変わるのです。

 
公式側には取り外し式の機器搬入口が3ヶ所あり、この部分に主電動機冷却用送風機の空気取入口が配置されています。

この他に中央の機器搬入口の両脇にも空気取入口があり、この部分の機器室にはインバータと抵抗器が設置されています。

一般に、空気取入口にはルーバーやメッシュが取り付けられますが、このEF200形の場合はパンチングメタルが取り付けられています。

しかも、デザインを重視しているため、パンチングメタルは2ヶ所の明かり窓部分を含む車体側面のほぼ全体に張られています。

 
JR貨物の電気機関車のほとんどは広域運用のため車体の向きがバラバラです。
そのためEF210形の公式側を撮りたいと思っても、行ってみないとどっち向きがやって来るか分かりません。

 
昨日は、EF200形だけに見られる特徴が記録できてホッとした、という出撃でした。



この形式写真に関連するタグ: EF200・EF210形 , JR貨物

JR貨物新塗色のEF200形0番代(EF200-5)

7〜8年前くらいから撮りたいと思っていたEF200形の形式写真がようやく撮れました。

 
ここでは何度も書いていますが、JR貨物の機関車をどこで撮るか?これが大問題で、遠出しなくても撮れる場所がないか?いつもアンテナを張り巡らせていましたが、適当な撮影場所が見つかりませんでした。

が、ようやく念願が叶ってEF200形0番代をカメラに収めることができました。

 
今回はそんな1枚を、吹田機関区(吹)の”INVERTER HI-TECH LOCO”のEF200形0番代、EF200-5 をアップします。

 
EF200-5

EF200-5(吹)  2014年9月5日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

雑誌などで電気機関車が紹介されるときはほとんどが走行写真で、EF200形の場合は形式写真があったとしても落成当初の報道公開時のものが多い印象があります。

EF200形はすでに2009(平成21)年までに新塗色への塗り替えが完了し、落成時とは色調も塗り分けも変わりましたが、新塗色の最近の姿をきれいに撮影した形式写真を見たことがありませんでした。

 
ということは撮れる場所がないのでは?

かつて撮れたという沼津駅は撮れなくなりましたし、富士川駅で撮れそうだった運用は今年の3月ダイヤ改正に消滅。

 
でも、諦めずに探していたところ、最近になって富士駅で撮れそうな運用があることに気付き、先日のロケハンで撮影可能であることを確認。

あとはEF200形が運用に入る日に安定して曇るのを待つだけ、そんな日が続いてましたが、やっと都合が付けられる日に曇ってくれました。

で、青春18きっぷの消化を兼ねてEF200形を撮りに行ってきたのが今日だった、というわけです。

 

たかが1枚の写真ですが、これだけの思いで撮影することもあるのです。



この形式写真に関連するタグ: EF200・EF210形 , JR貨物

下枠交差式パンタグラフのEF210形0番代(EF210-9)

この時期に青春18きっぷの消化率が1/5では残りの有効期限を考えると非常に危険です。

これだからここ10年くらいは青春18きっぷを買っていなかったのですが、今年は晴れの日数が少ない夏になったので、形式写真撮りにとってはシーズンオフになりせんでした。

こんどの週末過ぎまでは曇りベースの天気が続きそうなので、青春18きっぷは元が取れそうな気がしています。

 
 * * *

 
昨日(8/26)は徹夜明けだったにもかかわらず、新しい撮影地を探しに静岡県まで行ってきました。

 
前々から実際に撮れるのか気になっていた場所ですが、下の写真のようにきれいに撮れました。

こういう場所って貴重なので、何回か通って色々な形式の電気機関車を撮っていきたいと思っています。

 
今回は下枠交差式のパンタグラフ(PS22D)を搭載した岡山機関区(岡)のEF210形0番代、EF210-9 をアップします。

 
EF210-9

EF210-9(岡)  2014年8月26日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: EF200・EF210形 , JR貨物