ダブルパンタグラフが凜々しいクモハE129形100番代(クモハE129-125)

3月に入ってから高校受験が終わった娘の片付けに付き合ったり、家族の予定が目白押しだったり、細かい用事がポツポツと入ったりですっかりブログの更新が後回しになってしまいました。

申し訳ありませんでした。

それでも少しだけ遠征に行ってましたので、今回はそのときの写真をアップしたいと思います。

 
その前に我が家のネコが可愛く撮れましたので、“モカ”の写真を貼ります。

決して人間様に媚びない姿勢が目つきに表れています…

 
ストーブの前から離れないモカ

ストーブの前から離れないモカ

 
話しを戻します。

もう20日近く前のことですが、クルマと青春18きっぷを組み合わせてダブルパンタのクモハE129形100番代を撮りに信越本線と上越線が分岐する宮内まで行ってきました。

新潟車両センター(新ニイ)には115系置換用として2両または4両編成のE129系が配置されていますが、2両編成(A1〜A30編成)のうち8本(A23〜A30編成)だけは奇数向き(新潟方)のクモハE129形の前位側にパンタグラフが搭載されたダブルパンタ車です。

前位側のパンタグラフは集電可能な霜切り用パンタグラフですが、新ニイのダブルパンタ車は冬季のみしか霜切りパンタは使用されません。

 
このような外観上の特徴となる前位パンタグラフを搭載した クモハE129-123〜130 については、上越線限定の運用となるこの時期に押さえておきたかったので、雪が落ち着いた今月上旬に宮内に行ったというわけです。

撮影地の関係で前位パンタグラフが目立たない構図になりましたが、横浜線のクモハ73形を見て育った身には馴染みのある“前パンタ”。

春になると後位側のパンタグラフだけの使用となり、限定運用も解除されるので、きっちり特徴的な姿が記録できたことに満足しています。

 
クモハE129-125

クモハE129-125(新ニイ)  2017年3月4日 宮内駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: E129系 , JR東日本

JR各社から“春の臨時列車のお知らせ”がありました(クモハE129-101)

1/20(金)に“春の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、リストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

※ リゾート列車などの運転計画はこちら

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

※ D&S列車の運転計画はこちら

 
 * * *

 
冬の時期にならないとうまく撮れない車両というのがいくつか存在します。

私の場合、霜取り用のパンタグラフを上げた車両がこの時期だけのターゲットになります。

 
寒冷地に投入されている直流電車のうち、115系や117系、E127系、E129系の一部車両に霜取り用パンタグラフが搭載されています。

これらの車両は降霜の心配がなくなると集電用パンタグラフのみの使用となるので、曇りの天気が多い春季に撮りに行っても特徴的な外観は記録できません。

豪雪地帯の大糸線を走るE127系100番代は撮影が難しそうですが、その他なら雪の少ないときに撮れると思っています。

 
年明けから信越本線の宮内駅に行くタイミングを図っていました。

もちろん、ターゲットはダブルパンタのクモハE129形100番代です。
新潟車両センター(新ニイ)のA23〜A30編成に連結されている クモハE129-123〜130 の8両だけは前位側にもパンタグラフを搭載した霜取り用車両です。

 
この車両はおもに上越線の水上〜長岡間で運用されているので、降雪が本格的になる前に宮内駅に行けば簡単に撮れるだろう、そう思って12月中旬に新潟遠征しました。

でも、このときは「SLばんえつ物語号」の12系客車の撮影を優先してしまった関係で、宮内駅に移動したときには雨が強くなってしまい撮影の機会を逸してしまいました。

雪のない冬季に宮内駅に行けば撮れる車両なのですが、そうはうまく行きませんね。

 
ということで、今回は一般的なパンタグラフ1基のクモハE129形100番代をアップしたいと思います。
トップナンバーのクモハE129-101(新ニイ)です。

 
クモハE129-101

クモハE129-101(新ニイ)  2016年12月16日 新津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: E129系 , JR東日本 , プレス発表

E129系100番代の偶数向き制御電動車(クモハE128-104)

今回も新潟遠征のときに撮影した形式写真をアップします。

あともう1枚を次にアップすると3月ダイヤ改正絡みの車両が紹介し終わるので、もう少々だけお付き合いいただけると助かります。

 
今回は、2014(平成26)年12月から営業運転を開始したE129系100番代の偶数向き制御電動車(M’c)、クモハE128-104(新ニイ)です。

 
クモハE128-104

クモハE128-104(新ニイ)  2015年4月10日 新津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

E129系は総合車両製作所(J-TREC)新津事業所で製造された新潟地区向けの近郊形電車で、今のところ2両編成の100番代のみが信越本線(長岡〜新潟間)、羽越本線(新津〜村上間)、越後線(吉田〜新潟間)などで使用されています。

新潟車両センター(新ニイ)の115系を置き替えるために開発されましたが、現在は北陸新幹線金沢延伸開業に合わせて第三セクターの“えちごトキめき鉄道”に譲渡されたE127系0番代(2編成×10本)の運用を補うために投入された2014(平成26)年度落成車しか運用に就いていません。

 
そのため、今のところ普通列車のほとんどは従来どおり115系が使用されているので、E129系は狙っていかないと遭遇できないほどの少数派となっています。

しかし、2017(平成29)年度末までに新ニイの115系がすべて置き替えられるらしいので、国鉄形車両が当たり前のように走っているのもあと2年でお終いです。

 
VVVF制御が普及してからは短編成用車両を中心に1M車が当たり前になっていたので、JR車両の多くはトイレ付きの偶数向き制御車にモーターなしのT’c車を連結していました。しかし、E129系はJR西日本225系287系などのように本格的に0.5M式を採用したため、偶数向きの上野方は制御電動車(M’c)のクモハE128形が連結されています。

E129系は各車とも前位側は従台車のTR255Dを履いており、主電動機(モーター)を内蔵した動台車(DT71C)は後位側のみとなっています。
そのため、0.5M式と呼ばれています。

 
また、E129系は仙台地区向けのセミクロスシート車のE721系に準じたドア配置を採用していますが、前位寄りをロングシート配置、後位寄りをセミクロスシート配置としているため、短距離と長距離利用の乗客がそれぞれ前後に別れて着席できるようにシート配置がアレンジされています。

新津始発の新潟行き区間列車で着席状況を確認しましたが、ほとんどの乗客はロングシートに着席していました。

上越線(水上以北)や信越本線長岡〜新潟間などのように中距離輸送にも本格的に運用されるようになると、ボックスシートの方が好まれると思われるので、バランスの取れたシート配置になっていると思います。

 
E721系のように飲み物容器の置けるデザインになった小テーブルになっていればよかったのですが… でも、小テーブルがあるだけマシと考えるようにした方がいいのかも知れません。



この形式写真に関連するタグ: E129系 , JR東日本