軌道検測車“マヤ35形”の牽引車に抜擢されるかも知れないキハ40形300番代

別の投稿を用意してましたが、少し気になる発表がJR北海道からありましたので、それに関する車両の形式写真をレタッチすることにしました。

 
JR北海道は、1978(昭和53)年製の高速軌道検測車マヤ34形(マヤ34 2008)を置き替えるために“マヤ35形”を投入することを発表しました。

こういう発表が出されたときに札幌運転所(札サウ)の マヤ34 2008 がアップできるとよかったのですが、残念ながら手持ちの写真ありません。
マヤ34 2008 は見たこともないです。
建築限界測定用試験車(オイラン車)の オヤ31 32 ならモノクロ時代に撮影してますけどね…

 
来月にはマヤ35形が落成する予定になっていますので、もうそろそろ北海道新幹線H5系と同系色のグリーンをまとった実車が見られることになります。

約1年後に マヤ34 2008 が置き替えらるのでそれまでに撮っておきたいところですが、いつ何処で走るか分からない車両なので、これを追いかけるのは無理でしょうね。

首都圏在住の身としては諦めるしかなさそうです。

 
JR北海道在来線用軌道検測車(マヤ35)

“マヤ35形”を組み込む3両編成(JR北海道発表資料より)

 

 
発表資料にはキハ40形が牽引する場合の編成図が描かれています。

 
この部分だけ抜粋してみましたが、ここに描かれているキハ40形は苗穂工場で構内入換用で使用されているキハ40形330番代(旧キハ400形)でないようです。

札沼線桑園〜石狩当別間の完全電車化で余剰となったもう1つのキハ40形である300番代(旧700番代)のサイドビューそのものです。

 
キハ40形330番代だったらトイレ寄りの客窓の一部が埋められていますが、イラストのキハ40形の窓配置はオリジナルのままです。

そして、屋根上中央部に一基だけ搭載された冷房装置(N-AU26)。

まさしく、キハ40形300番代です。

 
キハ40形300番代は4両すべてがまだ苗穂運転所(札ナホ)に車籍が残っていますので、そのうちの2両が牽引車として整備されることになるのでしょうか?

普段見ることのできないキハ40形300番代が注目されるチャンスですので、牽引車にも専用色が用意されると面白いことになるような気がしますが、JR北海道にはそのような余裕はなさそうですね。

 

キハ40形300番代はすでに キハ40 302 をアップしていますので、今回は キハ40 304(札ナホ)をアップしたいと思います。

 
キハ40 304

キハ40 304(札ナホ)  2014年5月13日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

2013(平成25)年7月の車両火災事故の関係で特急「サロベツ」のキハ183系が使用停止となったため、代替列車の「特別快速」に札ナホのキハ40形700・1700番代が充当されました。このとき、キハ40形が不足したため札幌~旭川間のローカル運用にキハ40形300番代が入りました。

今回の写真はそのときに撮影したものです。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ40系

香椎線では少数派のキハ40形2000番代(キハ40 2037)

ほぼ1週間前に九州遠征に出てましたので、今回はそのときのことを書きたいと思います。

 
冬から春にかけては駅構内の雑草の心配がほとんどない時期なので、今シーズンは九州遠征の固め打ちをしようかな〜、と。

その先陣として12月に九州遠征に出掛けましたが、残念な結果に終わってしまったので、もう一度作戦を練り直して遠征に出るタイミングを図っていました。

前回の遠征は天気予報がハズレたのが敗因でしたが、それ以外にも臨時列車の運転にこだわり過ぎたのもよくなかったようです。

 
なので、こんどは遠征期間を1泊2日に、さらに撮影エリアを狭く絞れば失敗を最小限に抑えられると考えました。

そのような条件で天気予報をウォッチングしていたところ、北九州地区で1/22(日)、1/23(月)と2日間連続で曇りときどき雪の予報が出ました。

 
日曜日出発なので羽田発福岡行きの早朝便の予約が簡単に取れる状況。
この時期の九州地方は日の出が遅いので、当日入りしても福岡近郊ならそれほどデメリットにはなりません。

これならば現地に前日入りする必要がないので、旅費を圧縮できます。

福岡近郊で思い浮かぶ撮影地として鹿児島本線の香椎駅か鳥栖駅がありますが、今回は以前から気になっていた香椎線の終着、宇美駅で撮ることにしました。

 
香椎線は次回のダイヤ改正では大きな影響を受けない路線だと思われますが、いつまでもキハ40系がのんびり走る路線だとは限らないので、昼間の運用に入っているキハ40形2000番代とキハ47形0・1000・8000・9000番代をターゲットとすることにしました。

香椎線で使用されるキハ40系は筑豊篠栗鉄道事業部直方車両センター(本チク)の竹下運用車ですが、筑豊本線や日田彦山線、後藤寺線で使用される直方運用車とは完全に運用が分けられています。

こちらのキハ40系は南福岡車両区竹下車両派出(竹下駅構内)に常駐しているグループで、キハ40形の2両とキハ47形の23両が基本的に2両編成を組成して香椎線内だけで運用されています。

 
香椎線用のキハ47形は、客室の座席を撤去して立席部分を広くしてクロスシートの一部をロングシート化するなどの通勤化改造が施され、さらに窓枠がオレンジ色で囲まれた部分に行先表示器を取り付けているのが特徴となっています。

一方、香椎線では少数派となるキハ40形は、キハ47形と異なる工事が施工されているので撮影の題材として面白い車両です。

そんな車両が撮れたらいいなぁ〜、と思っていたところ、運よく宇美駅で本チク竹下運用車の キハ40 2037 の形式写真が撮れたので、今回は特徴側となるトイレ側の4位側から撮影したものをアップしたいと思います。

 
キハ40 2037

キハ40 2037(本チク)  2017年1月22日 宇美駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

上述のとおり、香椎線用のキハ47形は目立つように処理された行先表示器が取り付けられているのでネタにされることがありますが、一方のキハ40形はどのような状況か分からないと思いますので、キハ40 2037 の行先表示器もアップしたいと思います。

 
キハ40 2037の行先表示器(車外側)

キハ40 2037 の行先表示器(車外側)

 

キハ47形やもう1両の キハ40 2053 のようにオレンジ色の枠がないので目立たない車両ですが、行先表示器はトイレ窓の2つ横の狭窓部分に取り付けられています。

キハ40 2037 は香椎線用のキハ47形のように座席の撤去が行われていないので原形どおりの客室で、定員96(座席66)名のままですが、下の写真のようにLED式の行先表示器が狭窓部分にビス止めされています。

 
キハ40 2037の行先表示器(車内側)

キハ40 2037 の行先表示器(車外側)

 

形式写真では気が付かないようなレベルの後年改造ですが、アクアライナー色と連結するちょっと変わったキハ40形は模型としてもいい題材のようなので、注目してみては如何でしょうか?

なお、この行先表示器は4位寄りの1ヶ所のみの設置となっています。



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ40系

今となってはピコ太郎にしか見えないJR九州の“或る列車”(キロシ47 9176)

あけましておめでとうございます。

2017(平成29)年のブログ「店長のツブヤキ」は本日より始まります。

あまりに当たり前すぎてスポットライトが当たらないJR車両などをどんどんアップして行きたいと思いますので、本年もよろしくお願いいたします。

鉄道専門の古本屋「トレインブックス」も、どうぞよろしくお願いいたします。

 
 * * *

 

12月に九州遠征に出掛けて以来、形式写真のメイン機 D800E には触れていません(サブ機はありませんが…)。

しばらく撮影していないと勘が鈍ってしまうので D800E を持って撮影に出たいのですが、気軽に日帰りで出掛けられる首都圏近郊はほとんど晴れ続き。

九州遠征で使い切れなかった“青春18きっぷ”の残りを消化したいのですが、今回は厳しそうです。

 
この年末年始に出掛けたのは、元日に娘の高校受験の合格祈願のために鎌倉市の荏柄天神社にお参りしたくらい。

 
元日の荏柄天神社

 

鎌倉駅のそばで奥さんがお土産を買っているときに、娘を撮ってみたり…

 

 

鎌倉から帰りに江の島弁天橋に寄って黄昏時の富士山を見たり、ほんの2区間だけども小田急ロマンスカー「えのしま」に乗車して新年早々少しだけリッチな気分に浸ったたり。

近場の家族旅行みたいなものでしたが、お正月休みは十分に楽しみました。

 
江の島弁天橋からの富士山

 

ところで、

つきみ野からは富士山がほとんど見えません。

手前に丹沢の山々がそびえ立っているからで、日常生活で見える富士山は山頂部分の少しだけ。
丹沢に雲が掛かるとそれすら見えなくなります。

この写真のように富士山の左右の稜線が揃って見えると何かワクワクしてしまいます。

 
小さいときにヒガハス(東北本線東大宮〜蓮田間)の沿線に住んでましたが、そのときの方が富士山がよく見えました。私にとっては遠い過去のことですけどね…

 
 * * *

 

年末年始にテレビを見ているとピコ太郎が売れているのに気付きます。

普段はほとんどテレビを見ないのでとても新鮮ですが、このキャラクターを見ているとどうしても先月末に撮影した「或る列車」を思い浮かべてしまいます。

 
「或る列車」はJR九州がキハ47形の2両編成を改造した豪華スイーツ列車です。

JR九州の前々身にあたる九州鉄道が発注したアメリカ製の豪華客車(のちに“或る列車”と呼ばれた)をモチーフにしてますが、これは一ひねりが加えられたためにややこしい物語に仕上げられました。

 
素直に「当時のアメリカ製客車を現代風に!」となればよかったのですが、JR九州の“或る列車”は原信太郎氏が当時実際に見た車両をもとにオリジナルのデザインを加えて製作した真鍮製模型車両をプロトタイプにしました。

 
水戸岡鋭治氏のデザインでスイーツ列車として現代風にアレンジされた。

そこまではいいのですが、真鍮製未塗装の模型がプロトタイプだったので、JR九州の“或る列車”は、日本人のデザインとは思えない品位のない金色の豪華車両に仕立てられてしまいました。

何しろ真鍮製の模型をモデルにした本物の車両なのですからね…

 
そして、最近のピコ太郎の活躍です。

 
JR九州のD&S(デザイン&ストーリー)列車は応援していますが、もう少し多様性がないと飽きられてしまいそうで怖いです。

もう少し若手のデザイナーを育てるように路線を拡張した方がいいのでは、とお節介な気持ちが出てしまいます。

 
キロシ47 9176(或る列車)

キロシ47 9176(分オイ)  2016年12月23日 長崎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ40系 , ジョイフルトレイン

「リゾートしらかみ」から「クルージングトレイン」に転職した キハ48 540

先週の北海道遠征は臨時特急「旭山動物園号」用車両の撮影をきっかけに出掛けましたが、前回までの保護報告のとおり晴れの天気に泣かされっぱなしでした。

こちらのブログにはキッチリ撮影できた形式写真だけをアップしているので、それほどでもなかったような印象をお持ちかも知れないですが、実際は散々な結果。

散々というのは書きすぎかも知れないですが、遠征前の週間予報から勝手に予想していた期待値が大きかったので、その落胆は大きいものでした。

 
朝起きるたびに晴れていて落胆してましたからね…

このまま北海道に滞在していては遠征費用が無駄に終わりそうな予感がしたので、深川や留萌に滞在していた撮影2日目(10/11)の時点で北海道を離れて青森に移動する決心をしました。

北海道新幹線に乗りたかった、というミーハーな気持ちもあって、その日のうちに青森入りし、本州に戻ってきました。

 
ということで、撮影3日目(10/12)は青森周辺の撮影地に移動して地道に形式写真を撮影してきました。

具体的には、午前中は青い森鉄道(元東北本線)の東青森駅、午後は奥羽本線・五能線の川部駅(青森県南津軽郡田舎館村)。

いずれも曇りの天気予報が出ていた地域でしたが、残念ながら東青森はメインのEH800形が撮れるタイミングに雨が降ってしまいました。

とほほ…

 
気を取り直して川部に移動しましたが、こんどは晴れ。

天気を読むのは難しいですね。
いずれも曇り予報なのに、東青森は雨で、川部は晴れですから…

 
いつもなら撮影の邪魔になるバラスト輸送のホッパ車ホキ800形が2両しか止まっていないので撮影に好適な条件でしたが、川部はいい天気。

撮影まで時間があったので駅舎で時間を潰していたところ、だんだんと雲が拡がり始め、やがて撮影方向が縛られない程度まで雲が厚くなりました。

 
条件が揃ったところで、「リゾートしらかみ4号」のHB−E300系、「五能線クルージングトレイン」のキハ48形が相次いで到着。

停車時間が長いのでリゾート車両の各車をゆっくり撮影することができました。

 
今回は、快速「五能線クルージングトレイン」の2号車、キハ48 540(秋アキ)をアップしたいと思います。

 
キハ48 540(クルージングトレイン)

キハ48 540(秋アキ)  2016年10月12日 川部駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ48 540 は1997(平成9)年3月に土崎工場で一般形車両からリゾート車両への大改造が行われたうえで、同月から2010(平成22)年11月まで快速「リゾートしらかみ」の初代“青池”編成の一員として使用されました。

新「青池」編成としてHB−E300系が投入されたため初代“青池”編成の中間車が“くまげら”編成に転用されたので、残った編成端の展望車だけで2両編成の“クルージングトレイン”が組成されました。

その際、“リゾートしらかみ”と“青池”がロゴが“CRUISING TRAIN”に変わっただけで、室内も手が加えられなかったので、“青池”編成時代とほとんど外観の印象が変わっていません。

それでも撮り直す必要があるのか?と問われたら何も言い返せませんが、JR東日本のクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島(トランスイート しきしま)」が営業を開始したら改名せざるを得ないので、どんなことでも記録に残すのは悪いことではないように思います。

 
“クルージングトレイン”と“クルーズトレイン”の双方がJR東日本で走っているというのは紛らわしいですよね?



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , キハ40系

「リゾートみのり」の1号車(キハ48 546)

前回、8月末に引退が発表された和式気動車「ふるさと」の キハ48 2501 をアップしましたが、配置区の小牛田運輸区(仙ココ)にはキハ40系のジョイフルトレインが他にも2編成が配置されています。

2両編成のトロッコ気動車「びゅうコースター風っこ」と、3両編成のリゾート気動車「みのり」です。

 
すでに「びゅうコースター風っこ」の キハ48 547、「みのり」の2号車(通常は中間に連結)は キハ48 549 はアップしてましたが、「みのり」の先頭車についてアップしてませんでした。

何となくタイミングが合わなくてアップしてなかっただけですので、今回はリゾート気動車「みのり」の青森方の先頭車、キハ48 546(仙ココ)をアップしたいと思います。

 
キハ48 546

キハ48 546(仙ココ)  2016年4月21日 福島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , キハ40系 , ジョイフルトレイン