1区分1両が多い721系のなかで特に忘れ去れがちなクハ721形2000番代

今回は北海道遠征4日目、最終日(5/27)の話しです。

ゆっくりと遠征記録を書き過ぎましたね、もう10日以上も前のことになりました。

 
この日は全道で雨予報だったので、早朝起床はやめてゆっくり寝坊しました。

毎日6時には札幌駅にいて、ホテルに戻るのも夜中でしたので寝不足が続いてましたので、久しぶりに気持ちよく朝を迎えました。

でも、外は予報どおり雨…

 
どこに行っても無駄だろうと雨雲レーダーをチェックしていたら、雨の降っていないエリアを発見!後志の小樽地区です。

もし雨が降っていたとしても小樽駅の発着番線がチェックできるから無駄足にはならないだろう。そう思って札幌運転所(札サウ)の状況をチェックしつつ小樽に向かいました。

 
小樽駅に着いてみたら目を疑うような光景が…

“uシート”先頭車 クハ721-1009 を含むF-1009編成が側線に留置されていたのです。
何とラッキーなことでしょうか。

 
札サウ721系 F-1009編成(右側が岩見沢・新千歳空港方)

札サウ721系 F-1009編成(右側が岩見沢・新千歳空港方)

 

クハ721-1009モハ721-1009 は撮影済みですが、この編成の小樽方に連結されている クハ721-2009 は未撮影。

721系の未撮影区分は快速「エアポート」用の721系5100・5200番代のみだったと以前書いていましたが、1つ忘れてました。1区分1両のクハ721形2000番代(クハ721-2009)です。

F-1009編成は“uシート”なのに先頭車という クハ721-1009 にばかり目が行ってしまいますが、反対側の クハ721-2009 もレアな車両です。見た目は地味ですが…

 
ということで、小樽駅の1番ホームから クハ721-2009 を撮影しようと三脚をセット。
でも、雨が上がったばかりで車体の水滴が目立っていたので乾くの待つために時間潰しをしていたら、いつの間にかF-1009編成は余市側に引き上げてしまいました。

奥側の側線に移動してしまうのかと心配しましたが、嬉しいことに2番ホームに入ってきました。

F-1009編成を目撃してから30分以上経ったので、車体の水滴も乾いてサッパリ。
しかも、充当列車の発車時刻にはまだ余裕があるので、我先に乗車するお客もいない。

完全に1人撮影会状態… こんなことがあるのですね。

 
今回はそんな状況で撮影した クハ721-2009(札サウ)をアップしたいと思います

 
クハ721-2009

クハ721-2009(札サウ)  2017年5月27日 小樽駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クハ721-2009 が落成したのは1994(平成6)年です。
このときは千の位の数字(奇数または偶数)が連結方向を示してました。

2010(平成22)に721系0番代をVVVFインバータ制御に改造したときにクハ721形2100番代(←クハ721形0番代)とクハ721形2200番代(←クモハ721形0番代)が誕生しましたが、こちらは百の位が連結方向を示しています。

この前後に登場した「エアポート」用の721系3100・3200番代、4100・4200番代、5100・5200番代は、百の位を見れば連結方向が分かるようになっています。
でも、同時期の誕生したクハ721形5000番代は例外的にどちら側の先頭車も方向転換が不可なのに同じ区分を名乗っています(クハ721-5001・5002)。まるで昭和40年代の国鉄形式のようです。

とは言え、最近は百の位が連結方向を示している例が多いので、これが定着したのかと思っていましたが、2016(平成28)年に登場した「はこだてライナー」用の733系1000番代は千の位が連結方向を表すかたちに戻りました。
クハ733形1000番代の反対側に連結されているのはクハ733形2000番代、という区分です。変ですよね…

 
JR北海道の721系は車両形式と番代区分の付け方が滅茶苦茶で感覚的に理解するのが難しいのですが、現場では混乱しないのでしょうか?

 
もう少し今後のことを考えて形式や区分を割り当てた方がいいと、素人目に思ってしまいます。
余計なお世話ですが…



この形式写真に関連するタグ: 721系 , JR北海道

JR各社から“冬の臨時列車のお知らせ”がありました(クモハ721-3020)

本日10/21(金)に、“冬の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、リストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

 
まだ出揃っていない感もありますが、発表が追加されたら追加していきますので、リンク集としてご活用ください。

【追記】その後、すべてのJRおよび支社から発表がありましたので、リンクを追加いたしました。

 
 * * *

 
今回も北海道・青森遠征の成果をアップしたいと思います。

おもに函館本線小樽〜旭川間で使用されている クモハ721-3020(札サウ)です。

 
クモハ721-3020

クモハ721-3020(札サウ)  2016年10月11日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

札幌地区では普通に走っている721系ですが、今回アップした クモハ721-3020 は1992(平成4)年に製造された4次車です。

 
クモハ721形は721系3両編成の小樽方に連結されていますが、この クモハ721-3020 は落成当初 クモハ721-20 を名乗っていました。

721系第19〜22編成の4次車は、クモハ721形の屋根上に搭載されている発電ブレーキ用抵抗器のキセのデザインが変更されているのが特徴になっています。

1〜3次車の抵抗器キセは幅の狭い無骨なものでしたが、4次車以降は冷房装置のようにかまぼこ形のスッキリしたデザインに変更されました。といっても、8次車(5100・5200番代)になるとVVVFインバータ制御に変わってしまったので、ブレーキ用抵抗器というものがなくなってしまいましたが…

 
2002(平成14)年に130km/h運転対応の改造を実施したため3000番代に改番されましたが、733系の増備や130km/h運転の取りやめ、711系の引退などもあって、現在は岩見沢〜旭川間のローカル運用に就くことも多くなりました。

歴史は繰り返すといいますが、数年前の711系運用を721系が引き継いでいます。

 
あれだけ雑多で複雑なJR北海道オリジナルの721系も2018(平成30)年から置き替えが始まるようです。

札幌地区で転換クロスシートの普通列車に乗れることに感謝しながら、これからも721系のバリエーションを記録していきたいと思っています。



この形式写真に関連するタグ: 721系 , JR北海道 , プレス発表

札幌地区のローカル運用に入っているF-1009編成の モハ721-1009

前回、3両単独編成の運用に入っていたF-1009編成の クハ721-1009 をアップしましたが、今回はその隣に連結されている中間電動車の モハ721-1009(札サウ)をアップしたいと思います。

 
江別駅で クハ721-1009 が偶然撮影できたので モハ721-1009 も撮ろうと思って岩見沢に向かいましたが、F-1009編成を組み込んだ6両編成はすでにホーム脇の留置線に引き上げており、パンタグラフを降りていてお昼寝に入ってました。

この運用が夕方にパンタグラフを上げて運用に戻るのを前回の渡道で確認していたのと、この日は天気予報に反して晴れてしまい午後まで曇らないと理屈抜きで予想したので、この モハ721-1009 を撮るために岩見沢ホームで6時間ほど待つことにしました。

 
途中、お昼を食べに駅近くの喫茶店に入ったりしましたが、基本的には駅ホームにずっと滞在してやっと撮れた形式写真です。

駅ホームから撮影した写真ですが、可能なかぎり三脚を下げて電車区で撮影したかのような構図に収めたので、大満足の1枚になりました。

 
モハ721-1009

モハ721-1009(札サウ)  2016年7月31日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

721系1000番代は落成当初からVVVFインバータの制御装置を採用した721系の7次車です。

モハ721-1009 を含む1000番代最終編成のF-1009編成は、1995(平成7)年頃に731系開発のための試験車としてVVVFインバータ装置の半導体素子が IGBT タイプに変更されており、ブレーキ装置が発電ブレーキから電力回生ブレーキに変更されています(モハ721-1001〜1008は GTO タイプで、のちにモハ721-4101〜4104・4201〜4204に改番)。

そのため、モハ721-1009 は当時の他の1000番代と床下機器が異なり、屋根上のブレーキ用抵抗器が撤去されて配管の一部と台座が存置されています。

のちに IGBT タイプでVVVF化された モハ721-2107 やモハ721形3100・3200番代はブレーキ用抵抗器の撤去後がきれいに処理されているのとは対照的です。

 
札サウ721系 F-1009編成(右側が岩見沢・新千歳空港方)

札サウ721系 F-1009編成(右側が岩見沢・新千歳空港方)

 

F-1009編成というと全室uシートの クハ721-1009 が代名詞的存在になっていますが、中間電動車の モハ721-1009 も負けず劣らずの珍車ですよ、という話しでした。



この形式写真に関連するタグ: 721系 , JR北海道

顔を出してローカル運用に入っているF-1009編成の クハ721-1009

しばらくは北海道ネタが続くと思いますが、お付き合いいただきたいと思います。

昨年の秋以来、何度も渡道して非効率ながらもJR北海道の車両を撮ってきましたので、こちらにアップして出し切っていきます。

 
今回はちょっと珍しい721系車両をアップしたいと思います。
札幌運転所(札サウ)のF-1009編成の旭川・室蘭方に連結されている クハ721-1009 です。

快速「エアポート」用として客室が座席指定用の“uシート”仕様に改造されていますので、サハ721形の“uシート”車のように腰部のカラー帯が濃青色と赤色に変更されています。

 
クハ721-1009

クハ721-1009(札サウ)  2016年7月31日 江別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

721系1000番代は落成当初からVVVFインバータの制御装置を採用した721系の7次車で、1994(平成6)年に増備されました。

 
快速「エアポート」に“uシート”車を組み込むため、6両編成の4号車に入る クハ721-1003・1005・1007・1009 の前位側半室が“uシート”仕様に改造されました。

落成当初、「エアポート」の最高速度は120km/hでしたが、2002(平成14)年3月から「エアポート」が130km/h運転に引き上げられるので、721系1000番代に対してブレーキ装置の強化や前照灯のHID化などの130km/h対応化改造が行われました。

 
2003(平成15)年には、721系1000番代の3両編成に新製の中間車(モハ720形・サハ721形)を組み込んで6両固定編成に変更する組み替えが行われました。

この大掛かりな編成組み替えによって、721系1000番代の3両編成×8本は、721系4100・4200番代(6両編成×4本)と721系5100・5200番代(6両編成×3本)、そして721系5000番代(3両編成×1本)に生まれ変わりました。

しかし、721系1000番代は3両編成1本(F-1009編成)だけが6連化されずに未改造のままで残り、2003(平成15)年9月に クハ721-1009 の客室がすべて“uシート”に改装されました。

721系5000番代(F-5001編成)と組んで「エアポート」用の6両編成の予備編成となり、uシート車(4号車)の クハ721-1009 は中間に封じ込まれました。

 
F-1009(+ F-5001)編成は快速「エアポート」や札幌地区の普通列車で活躍しましたが、2013(平成25)年ごろにF-1009編成だけが運用から離脱して札幌運転所に長期間留置されました。

そのあいだに733系3000番代が「エアポート」に投入されたのでF-1009編成の クハ721-1009 は“uシート”仕様車から普通車に復元されると思われましたが、2016(平成28)年1月に機器更新を施したうえで“uシート”編成のまま運用に復帰しました。

2016(平成28)年3月改正で「エアポート」が721・733系に統一され、札幌地区で増発があったためF-1009編成が復活したものと思われますが、すでにF-5001編成が単独で運用に就いていたのでF-1009編成は他の721系3両編成と同じように札幌地区のローカル運用に入りました。

 
札サウ721系 F-1009編成(右側が岩見沢・新千歳空港方)

札サウ721系 F-1009編成(右側が岩見沢・新千歳空港方)

 

札幌地区の721系は731・733・735系と共通で3両または6両編成で使用されるので、F-1009編成の各車両を追いかけるのは至難の業で、確率だけで見るとアルミ製試作車の735系よりも撮影が困難になります。

今回アップした クハ721-1009 は江別駅ホームで曇るのを待っているときにたまたま撮った写真ですが、日差しが弱かったのと架線の影が車体に掛からなかったのできれいな形式写真に仕上がりました。

 
運がよかった… と思える1枚です。

こんなこともあるんですね。



この形式写真に関連するタグ: 721系 , JR北海道

721系1次車の制御電動車(クモハ721-6)

前回の写真に引き続き、今回の北海道遠征のときの形式写真をアップします。

JR北海道が発足した翌年の昭和63(1988)年に登場した721系1次車(3両編成×8本)の1両で、小樽方に連結される制御電動車の クモハ721-6(札サウ)です。

 
クモハ721-6

クモハ721-6(札サウ)  2014年5月13日 江別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

721系は、北海道向けの新製交流電車として初めて3扉を採用した車両で、客室に転換クロスシートを配置して接客サービスを改善するなど、民営化直後ではほどほど豪華な装備を有した近郊形電車です。

 
国鉄が分割民営化して1〜2年ほど経った昭和63〜平成元(1988〜1989)年は、JR東海に311系、JR西日本に221系、JR九州に811系がそれぞれ投入され、これらの転換クロスシート車が快速列車などで使用されました。

一方、JR東日本の近郊形電車211系は、国鉄時代に設計されたロングシート車の211系2000・3000番代だけを増備していましたので、JR各社の近郊形電車がうらやましく見えました。

 
今もシートが堅いE233系がどんどん量産されているので、その状況はあまり変わっていません。

JR東日本の置かれている状況を考えるとロングシート車が量産されるのは仕方ないのですが、もう少し座り心地のいい車両を作ってくれないかなぁ〜 その気持ちはここ10年ほど変わっていません。

 
こうやってJR初期の車両を見るたびにJR東日本の残念さに目が行ってしまいます。仕方ないのは分かっているのですが、どうにかならないのでしょうか…



この形式写真に関連するタグ: 721系 , JR北海道