711系奇数向き制御車の冷房改造車(クハ711-109)

JR北海道は、快速「エアポート」に通勤形電車733系3000番代(6両編成×5本=30両)を投入し、これにともない711系は今年度末で引退すると発表しました。

この発表は5月のことでしたが、その後、8/30(土)のJR北海道のダイヤ改正で711系は運転本数が半分以下に減るとの追加発表がありました。

 
711系は日本で初めて量産された近郊形交流電車で、1967(昭和42)年に試作車(900番代)が製造され、第1次量産車(0番代)は1968(昭和43)年8月の小樽〜滝川間の電化開業に向けて量産されました。

その後、1969(昭和44)年の滝川〜旭川間の電化延伸に備えて第2次量産車(50番代)が増備され、千歳線・室蘭本線の札幌〜苫小牧〜室蘭間の電化に合わせて改良形の100番代が増備されました。

 
国鉄末期の1986(昭和61)年からだいたい毎年北海道に行ってましたので、北海道の電車の代名詞である近郊形711系と特急形781系の2系列についてはほとんどの形式区分を撮影しました。

急行「かむい」のサボを付けていたモハ711形なんて撮った記憶もあるくらいです。
モノクロですけどね。

でも、それは鉄道趣味をやめた1994(平成6)年までのことで、その後登場した車両や後年改造についてはまったく記録していませんでした。

 
その後、711系100番代は、

(1) 非冷房車(旧塗色復元車)… 2編成
(2) 冷房改造車 … 9編成
(3) 3ドア改造車(非冷房車)… 5編成

と3つのタイプに分かれましたが、最近の姿を撮ったことがなかったので5月に北海道に行きました。

でも、(2)の冷房改造車については1両しか撮影できませんでした。

 
8月30日のダイヤ改正までにもう1回渡道できれば711系の撮影ができますが、多分行けないでしょうね。

秋ごろに行けるように調整するつもりですが、ダイヤ改正後に運用離脱するのは何番編成か?来年3月の引退ギリギリまで活躍するのは何番編成か?そんなことを気にしている今日この頃です。

 
 * * *

 
今回は、岩見沢駅で撮影した711系の冷房改造車、クハ711-109(札サウ)をアップします。

 
クハ711-109

クハ711-109(札サウ)  2014年5月13日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 711系 , JR北海道

3扉車に改造された奇数向き制御車(クハ711-116)

このブログのタイトルのとおり、ちょっとだけ呟きます。

 
この4月に高校2年生になった息子が最近音楽にはまっていて、毎日を楽しんでいるようです。

高校では軽音楽部(けいおん)に所属し、部内の同級生5人でバンドを組んで、10年くらい前の何とかというハードロック系バンドの曲をカバーしています。

私も高校時代は軽音楽部洋楽研究会(ようけん)にも所属し、写真部と2足のワラジで高校生活を満喫してましたので、中学時代のスポーツ系の部活とは違った楽しさを味わっているようです。

年配の先生が70年代のハードロックの良さを伝授してくれているようで、ギターのリフを教えてもらったり、音楽的な基礎知識についても講義してもらっているみたいです。
私にも、60〜80年代のロックの名曲と言われるような何曲かをiPodに入れてくれるようにリクエストしてきたりと、親子で2人で楽しむことも多くなりました。

 
7月末には神奈川県内で高校生バンドの大会があるみたいで、それに向けて作曲を勉強し、思い浮かんだコード進行やメロディーを Mac 入れて(打ち込んで)、デモのレベルでバンドっぽく仕上げています。
できあがった曲はボーカロイドでメロディーが入っているので軽めの曲に聞こえますが、少しずつ自分で演奏したギターやベースギターに置き替えていっているので、だんだんバンドの曲っぽく聞こえてきたり… メイキングの過程を聴いているみたいでなかなか面白いのです。

 

 
客観的に見れば大したギターテクニックがあるわけではないので、おふざけ程度のレベルですが、趣味としては充分に充分に楽しんでいます。

受験勉強だけで終わってしまうよりも、楽しかった思い返せるような高校時代を過ごしているようなので、親として適度な距離感を保ちながら見守っています。

 
中学1年生の娘もピアノがだんだん上手くなってきたので、そのうち家族でセッションしてもいいかも知れません。演奏できない楽器は Mac に任せればいいので…

でも、簡単な曲じゃないと私が足を引っ張ってしまうかも。

 
 * * *

 
前にも同じようなことを書きましたが、国鉄時代から活躍していた711系電車が2014(平成26)年度中に引退することがJR北海道から発表されました。

これによって、旧塗色に塗り戻された札幌運転所(札サウ)のS-110・114編成が注目されると思われますが、現在のJR北海道の近郊形電車を語るうえで忘れてはいけないのが、オハ51 41 と711系の3扉化改造車ではないでしょうか?

 
扉を増やしたために格好悪くなったので不人気車になっているような気がしますが、こういう改造車を毛嫌いしていると3扉化された711系の姿が残らないんですよね。

なので、最近は好き嫌いに関わらず何でも撮るようにしています。

 
クハ711-116

クハ711-116(札サウ)  2014年5月14日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 711系 , JR北海道

国鉄時代の旧塗装に塗り戻された クハ711-110

先日の北海道遠征の直前に、父が誤嚥のため肺炎となり先週の5/12(月)から入院してしまいましたが、本日(5/21)無事に退院いたしました。

両親ともにパーキンソン病でしたので、歳とともに誤嚥する可能性が高くなっています。
残念ながら母は誤嚥をきっかけに3月に亡くなりましたが、今回の父の場合は心肺停止というレベルではなく、肺に影ができているレベルでしたし、これから北海道に行くというときだったので、何かあった戻りますということで遠征に出掛けました。

 
おかげさまで遠征中は病院に呼び戻されることなかったので、先日までのこちらでの報告のようにまずまずの成果を得ることができました。そして、帰宅後は何度も病院に見舞いに行ってましたので、今日の退院で少し安堵しました。

鉄道とはぜんぜん関係ないですが、明るい話題がありましたので、かなり個人的なことを書いてみました。

 
 * * *

 
話題を変えますが、
先週の北海道遠征のような遠出のときは日頃お目にかかれない人と会うことがあります。

 
ほとんどは遠征先で偶然一緒になる形式写真仲間の例で、これは意図していないパターンです。関西の知り合いと苗穂駅のホームで会ったときにはビックリしましたが、大抵はこのパターンです。

一方で、トレインブックスはネットショップなのでお得意様が全国に散らばっているので、遠征の機会にお目にかかりたいということで、プチオフ会を開催を現地で急遽お願いすることがあります。

そう何度もやっているわけではありませんが、今回はせっかくの渡道でしたので、鉄道模型(おもにNゲージ)のキットやパーツを企画・販売をされている「トレジャータウン」の猪股さんとプチオフ会を開催することにしました。

 
メールのやりとりでは、在庫のお問い合わせや同封した形式写真ポストカードなどをきっかけに盛り上がったことはありましたが、今回は初対面。でも、そうだと思えないほど“鉄道模型目線”での鉄道談義に花が咲き、5時間近くも居酒屋に居座ってしまいました。

 
ここで、カメラ目線で2人が並んだ写真を載せればいいのですが、そういう写真がないのでトレジャータウンのNゲージのキットと見本完成品をアップします。

 
トレジャータウンのサヤ7590形(キットと完成見本)

トレジャータウンの東急サヤ7590形(キットと完成見本)

 
上の写真は車体構体部分と完成見本だけですが、キットにはエッチングで抜いたパーツ部品がたくさん含まれていました。

相当プロトタイプの実車を調査しているとのことで、現場まで出向いて許可を取ったうえで採寸しているとのことです。

 
dscf1167_20140515

トレジャータウンのキハ58形と東急デヤ7200・デヤ7290形

 

我が地元を走っていた東急電鉄の検測車デヤ7200・デヤ7290形や山陰地区を走っていたキハ58形を並べてみましたが、現車の知識は相当なもので、そのくらい調べ抜かないと高精細のNゲージ・キットはできないのだと感心しました。

私が鉄道模型をやっていたのは昭和の時代ですから、それ以来模型の知識がほとんど止まってので当然かも知れないですが、プロトタイプの実車調査がしっかりしているので、1両1両を作り分けできるレベルでパーツが製品化されているんですよね。

とにかく、Nゲージのパーツの高精細さにはビックリしました。

 
トレジャータウンからは、これからも数多くのキットやパーツが発売されるようですが、その陰に実車の調査があるということを心に留めておきたいと思います。

猪股さん、楽しい時間をご一緒させていただきまして本当にありがとうございました。

 
 * * *

 
最後に形式写真を1枚アップします。

JR北海道の711系が2014(平成26)年度中に引退することが北海道遠征中に改めて発表されましたが、国鉄時代の旧塗色に塗り戻された札幌運転所(札サウ)のS-110・114編成が特にこれから注目されると思われます。

今回の遠征では旧塗色の711系に出会うことがほとんどなくて、撮影できるチャンスも滞在最終日に1回しかありませんでした。
残念ながらその1回のチャンスに雨が降ってしまったので満足のいく写真が撮れませんでしたが、ブログのサイズくらいでは問題にならないと思うので S-110編成の クハ711-110(札サウ)をアップします。

 
クハ711-110

クハ711-110(札サウ)  2014年5月17日 小樽駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 711系 , JR北海道