房総地区転用に合わせてトイレが追設された通勤形車両(モハ208-2168)

先々週にやっと新しい事務所の引っ越し後の片付けが終わり、5月下旬からは日の出の早い時期を利用して早朝にしか撮れない車両を撮ろう!そう気合いを入れまていしたが、今年は2日以上曇ってくれる日がほとんどなくて意気消沈です。

5月なのに夏日や真夏日が続いていましたのでバテ気味でしたし、もう11月までシーズンオフにしたくなるような湿気と暑さです。

それにもめげず、曇り予報が出たらいつでも撮影に出ようとスタンバイ状態を続けていたところ、日曜日(5/31)に関東地方南部で曇り予報が出ましたので、千葉県まで出撃してきました。

 
前日(5/30)までは沼津に行って「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」のクハネ285形を撮るつもりでいましたが、午前3時半過ぎに起きてみると雨予報に変わっていたので、急遽、総武本線の酒々井(しすい)駅に出撃先を変更。

酒々井駅は、「I TRENI ~失われし鉄道車両を求めて」の冨田さんからの情報でE217系付属編成のクハE217形2000番代が撮れるということだったので、これを撮りに行きました。

しかし、つきみ野からの鉄道移動ではクハE217形2000番代が撮れるスジには間に合わないので、クルマで総武本線の稲毛駅に向かい、それ以降は鉄道を利用するというプランで発ちました。

 
しかし、日曜日(5/31)は天気予報が大ハズレで関東地方全域で晴れ。

もし、沼津に行ったとしても雨予報だったのに、実際は晴れ。

 
クハE217形2000番代が顔を出すスジまでに酒々井駅に着きましたが、カメラを出すことなく、帰途に就きました。

惨敗です。

しかも悔しいのは、伸び放題のブッとい雑草が床下機器に丸かぶりで邪魔だったのです。

撮り直しは来年ね!のパターンです。

 
ということで、日曜日(5/31)は8時過ぎには帰宅で、いつものように出撃してなかったかのような1日を過ごしました。

 
「撮影できなかった報告」だけでは終われないので、先日(5/29)撮影したときの写真をアップしたいと思います。

209系の房総地区転用に合わせてトイレが追設された中間電動車 モハ208形2100番代、モハ208-2168(千マリ)です。

 
モハ208-2168

モハ208-2168(千マリ)  2015年5月29日 木更津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

通勤形車両を地方転用する際にトイレを追設する例はよく見られますが、通常は自重の軽いクハやサハなどの付随車両に取り付けられます。
209系の場合は台枠などの関係で制御車のクハにトイレが設置できなかったので、パンタグラフなしの中間電動車モハ208形にトイレが追設されています。

しかし、トイレ付きとなったのが4・6両編成共通で2号車のモハ208形だったので、6両編成の4号車に連結されるのモハ208形については従来どおりトイレ未設置となっています。

追設されたトイレは車いす対応の大形の真空式トイレで、同部分の側窓はトイレ設置にともないステンレス板により埋められています。

 
房総転用の209系は2000・2100番代を名乗っていますが、電動車に関してはすべての種車が3次車以降のため電気式ドアエンジンを装備しているので、モハ209形、モハ208形ともに空気式ドアエンジンの2000番代は欠番で2100番代だけになっています。

 
写真の モハ208-2168(マリ416編成)は東急車輌製造製の モハ208-62 からの転用改造車ですが、房総転用の中間電動車は川崎重工業製の車両が種車から外されていますので、いずれの車両とも妻面にリブがなく、妻部の縦トイが丸管になっています。

この他に、川崎重工業製以外の車両の特徴として、側窓の窓枠部分の幅が広く、角部分の曲率がきつくなっています。

また、後年改造により大形の固定窓が開閉可能な構造に改造されていますが、このときに取り付けられた縦サンは黒色焼き付け塗装のものになっています(川崎重工業製のクハにはステンレス無塗装の縦サンが取り付けられた)。



この形式写真に関連するタグ: 209系 , JR東日本

南武線に1本だけ残った209系0番代編成の クハ209-68

南武線のE233系8000番代が10/4(土)から運行を開始する、とJR東日本から発表されました。

 
横浜線にE233系が投入されたときは、6ドア車のサハ204形100番代を除くすべての形式が撮影済みだったので、特に慌てることはありませんでしたが、南武線は使用車両の種類が多いので未撮影の形式がいくつか残ってしまいました。

それらの車両を追いかけようと思っても、南武線は循環運用で各編成を回していないので、当日になってみないと撮れるかどうかの判断ができません。

撮影地が限られるうえに、天気が味方してくれなかったので、209系については年単位で追いかけることになってしまいました。

 
特に機器更新を行っていない209系はナハ32編成の1本しかないのに、これまで嫌われっぱなし。

あと4日でE233系が運行を開始してしまう…

そんな曇りの日の今日、矢向駅の留置線(中3線空きの場所)にナハ32編成が入ってくれたので、このチャンスを逃したくなかったので、お昼過ぎにプチ出撃して川崎方の先頭車、クハ209-68(横ナハ)を撮影してきました。

 
あとは、クハ208形0番代が撮れればOK。

10/4(土)にどの編成が置き替えられるのか分かりませんが、ギリギリまで粘ってみようと思います。

 
クハ209-68

クハ209-68(横ナハ)  2014年10月1日 矢向駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 209系 , JR東日本

川越・八高線用のクハ209形3000番代(クハ209-3003)

昨日(8/12)の未明に帰ってきましたが、約1週間ほどアメリカの西海岸まで家族旅行に行ってました。

 
下の娘が生まれてから2年に1回のペースで夏休みに東南アジアへ旅行に行ってましたが、暑いのが苦手な私にとっては酷な地域ばかりだったので、ようやく念願が叶いました。

 
これまでは、バリ島(インドネシア)、プーケット(タイ)、グアム(アメリカ)、シンガポール。会社員時代の出張も、ヤンゴン(ミャンマー)、バンコク(タイ)。湿度の高いところばかり…

でも今回は、ロサンジェルス(LA、カリフォルニア州)に4泊、ポートランド(オレゴン州)に3泊、いずれも日本よりも過ごしやすくて十分に避暑できました。

しかも、後半のポートランドは弟の自宅に泊めさせてもらい、普通の日本人観光客では絶対に味わえないような4日間を過ごしたので、思い出深い家族旅行となりました。

 
LAは30度を超えないぐらいの気温で湿度の低い天気でしたし、ポートランドも滞在中は25度くらいで、夜になると20度以下になる10月下旬のような感じでしたので、暑さ嫌いにとっては過ごしやすい天気でした。

 
LA滞在中は現地ツアーを活用しながら色々な場所に行きましたが、1日だけ何も予定を入れない日を設定し、LA郊外のノートン・サイモン美術館に電車を乗り継いで行ってきました。

ツアーと違って移動も面倒でしたし、慣れない土地での交通機関を利用するのが不安でしたが、教科書に載っているような有名な絵画やブロンズ像がたくさん展示されている知る人ぞ知る美術館の訪問でした。

美術館があるのがパサデナ(Pasadena)という街で、街並みがきれいだったので(奥さんが)写真を撮りましたが、後で弟に聞いたらお金持ちの人たちが住む地域だそうです。

 
パサデナ・オールドタウンの街並み

パサデナ・オールドタウンの街並み

 
 * * *

 
気の利いた写真が用意できそうにないので、まだこちらにアップしていない形式写真を貼っておきます。
川越・八高線で使用されている209系の偶数向き先頭車、クハ209-3003(宮ハエ)です。

 
クハ209-3003

クハ209-3003(宮ハエ)  2014年5月5日 高麗川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 209系 , JR東日本

南武線に1本だけ残った209系0番代編成の モハ209-135

今日は沖縄地方で猛威を奮っている台風11号ですが、地元つきみ野も朝からほとんど小雨。

 
今朝は予定が入ってない日だったので、日の出前に撮影地に移動すれば早朝からから撮ろう!そんなことを考えてましたが、天気予報が安定してなかったので遠征は見送りました。

 
ここ大和市も昼間は晴れるような天気予報が出てましたが、朝からが霧雨が止みません。

でも、東京都下水道局が提供している「東京アメッシュ」では雨が降っていないことに。

もちろん、Yahoo!地図に雨雲レーダーを被せてみても、降水なし。

 
東京アメッシュ

 

東京近郊では重宝している「東京アメッシュ」。
このまま使っていて降水地域が分からないのでは日常生活にも問題がありそうなので、国土交通省の「XRAIN(XバンドMPレーダ)」を試してみました。

iPhoneアプリがあるので大和市周辺を確認すると、こんどはキチンと降水量0.1〜1mmのエリア内に。

 
XRAIN(XバンドMPレーダ)

 

雨雲レーダは上空の雨粒を観測しているので、実際の降水とはズレがあるのは仕方ないですが、XRAIN(XバンドMPレーダ)の方が小雨をしっかり捉えているようです。

 
 * * *

 
以前、209系2200番代の モハ209-2203 をアップしたときに、「1年前から撮影のチャンスをうかがっていた南武線用の209系2200番代のパンタグラフ付き中間車を撮りにプチ出撃してきました。」と書きましたが、今日は1年以上も前から狙っていた209系0番代のナハ32編成が武蔵溝ノ口駅の留置線に入る運用に就いたので、209系0番代の中間車を撮りにプチ出撃してきました。

 
今日は武蔵溝ノ口駅でナハ32編成が撮れるだけでなく、矢向の留置線にも209系2200番代のナハ54編成が入ってくれたので、クハ209形2200番代も同じ日に撮ることができました。

ただ、残念ながら武蔵溝ノ口では雨に降られてしまったので、ベストな条件でありませんでしたし、だいぶ雑草が伸びてきたので、あまりいい条件ではありませんでしたが、機器更新を受けていない209系0番代の中間車をカメラに収めることができました。

 
モハ209-135

モハ209-135(横ナハ)  2014年7月9日 武蔵溝ノ口駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

京浜東北線から209系0番代が撤退してから久しいですが、南武線に1本だけ残った中原電車区(横ナハ)の209系0番代(ナハ32編成)の モハ209-135・136 はパンタグラフがシングルアーム式のPS33Fに換装されています。

ナハ32編成も機器更新の対象車でしたが、E233系8000番代への置き替えがもうそろそろ始まるので、更新されずに廃車されるのでしょうね。



この形式写真に関連するタグ: 209系 , JR東日本

南武線用のモハ209形2200番代(モハ209-2203)

1年前から撮影のチャンスをうかがっていた南武線用の209系2200番代のパンタグラフ付き中間車を撮りにプチ出撃してきました。

 
南武線には、京浜東北線(浦和電車区)へのE233系投入にともない余剰となった209系が3本転入してきました。
これらの転入編成は機器更新などの再整備がおこなわれたため209系2200番代を名乗っていますが、南武線の209系は205系と共通で運用されているため、209系を選択的に撮ろうとすると出会うのが難しいのが現状です。

今回アップする写真のように、曇った日に、中2線空きで、パンタグラフが上がった状態で形式写真を撮るとなるとさらに難しくなります。

そのチャンスを1年前からねらっていましたが、中2線空きで撮れる場所が武蔵溝ノ口駅しか思い浮かばないので、これまで撮影機会に恵まれませんでした。

 
そんな中、今日は209系2200番代のナハ53編成が武蔵溝ノ口駅の留置線に入る運用に就くことが分かったので、パンタグラフが上がる16時過ぎに武蔵溝ノ口駅に行ってきました。
運よく現地にいるあいだに曇ってくれたので、209系2200番代の中間電動車、モハ209-2203(横ナハ)を撮影することができました。

 
モハ209-2203

モハ209-2203(横ナハ)  2014年5月22日 武蔵溝ノ口駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

なんてことのない普通のJR車両の写真ですが、撮るとなると1年がかりになってしまうという話しでした。



この形式写真に関連するタグ: 209系 , JR東日本